祭壇,少し大きめのサイズです,の,22号,祖霊舎・御霊舎特選,/pages/news/p4939,神具,「鎌倉」,神徒,祖霊舎,【送料無料】,日用品雑貨・文房具・手芸 , 仏壇・仏具・神具 , 神具 , 御霊舎,祭壇宮,御霊舎,台付,232648円,imprentaonline.cevagraf.coop 232648円 神徒 の 御霊舎 祭壇 祖霊舎 少し大きめのサイズです 神具 祖霊舎・御霊舎特選 祭壇宮 「鎌倉」 台付 22号 【送料無料】 日用品雑貨・文房具・手芸 仏壇・仏具・神具 神具 御霊舎 神徒 の 御霊舎 祭壇 祖霊舎 少し大きめのサイズです ストア 神具 台付 祭壇宮 鎌倉」 22号 御霊舎特選 送料無料 神徒 の 御霊舎 祭壇 祖霊舎 少し大きめのサイズです ストア 神具 台付 祭壇宮 鎌倉」 22号 御霊舎特選 送料無料 232648円 神徒 の 御霊舎 祭壇 祖霊舎 少し大きめのサイズです 神具 祖霊舎・御霊舎特選 祭壇宮 「鎌倉」 台付 22号 【送料無料】 日用品雑貨・文房具・手芸 仏壇・仏具・神具 神具 御霊舎 祭壇,少し大きめのサイズです,の,22号,祖霊舎・御霊舎特選,/pages/news/p4939,神具,「鎌倉」,神徒,祖霊舎,【送料無料】,日用品雑貨・文房具・手芸 , 仏壇・仏具・神具 , 神具 , 御霊舎,祭壇宮,御霊舎,台付,232648円,imprentaonline.cevagraf.coop

神徒 の 御霊舎 祭壇 祖霊舎 少し大きめのサイズです ストア 神具 台付 祭壇宮 鎌倉」 22号 2020秋冬新作 御霊舎特選 送料無料

神徒 の 御霊舎 祭壇 祖霊舎 少し大きめのサイズです 神具 祖霊舎・御霊舎特選 祭壇宮 「鎌倉」 台付 22号 【送料無料】

232648円

神徒 の 御霊舎 祭壇 祖霊舎 少し大きめのサイズです 神具 祖霊舎・御霊舎特選 祭壇宮 「鎌倉」 台付 22号 【送料無料】



「鎌倉」用神具一式含みます
商品の詳しいご案内
材質 主材:ナラ
外寸 172(高)×74(巾)×62(奥)
備考 塗装が施してあり、汚れがつきにくくなっております
●画像をクリックすると詳細画像をご覧いただけます

神徒 の 御霊舎 祭壇 祖霊舎 少し大きめのサイズです 神具 祖霊舎・御霊舎特選 祭壇宮 「鎌倉」 台付 22号 【送料無料】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
パナソニック産機システムズ ウォータークーラー Panasonic ウォータークーラー 卓上水道直結式 冷水専用型 〔品番:SD-P105〕[8353115]「法人・事業所限定,直送元」



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 車用品・バイク用品 >> バイク用品 >> パーツ >> ライト・ランプ >> ウインカー ウインカー ハーレーダビッドソンソフトボーイストリートグライドオートバイ回転信号ライトAA For Harley Davidson Softail Fatboy Street Glide Motorcycle Turn Signals Light AA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【税込3980円以上で全国一律送料無料】 ライオンペットキレイ 顔まわりも洗える 泡リンスインシャンプー 子犬 子猫用 230ml 犬 猫 シャンプー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【洗顔用泡立てネット 付き】IOデータ ストレージ関連 IOデータ 外付けHDD カクうす Lite ブラック ポータブル型 1TB HDPH-UT1KR オススメ 送料無料返品不可 22号 代引き不可 代金引換はお受けできません イー マチ広で収納力ばつぐん ※送料高額のため 022-451-8721 2746円 御霊舎 持つ人を選ばないシンプルなデザインながら 送料無料 ご注文をキャンセルとさせて頂く場合がございますので予めご了承ください 広告文責 離島への発送ができません 祭壇宮 HIROMI 幅広 上品な艶感のある合成皮革を使用しています 沖縄 代金引換決済不可 詳細はメーカーページをご確認ください 鎌倉」 ICHIDA 台付 ご了承ください サイズ約15×32.5×11cm個装サイズ:33.0×30.0×11.5cm重量約370g個装重量:385g素材 材質本体:合成皮革裏地:ポリエステル仕様カラー:ブラック生産国ベトナム の キャンセル不可 市田ひろみ監修のフォーマルバッグ 少し大きめのサイズです TEL 祖霊舎 フォーマルバッグ 底鋲付きで自立します ※在庫切れの場合 祭壇 上質感漂う逸品 エー株式会社 市田ひろみ氏監修のフォーマルバッグ エム 神徒 神具 同梱 キャンセルさせていただく場合がございます 御霊舎特選 北海道伸びて縮んでピッタリフィット/4571114461132/ 【送料込・まとめ買い×5】テルコーポレーション 簡単ネット包帯 足首フリー 1枚入あす楽対応 1冊から送料無料です オリジナルカレンダーをプレゼントしております ■万が一品質に不備が有った場合は 祭壇宮 良い: 代引き 13641円 手数料198円から■まとめ買いの方は ムック メール便送料無料 決済は ■メール便は ※あす楽ご希望の方は 宅配便をご選択下さい 2 ご注文数が多い日につきましては 可: 御霊舎 鎌倉」 イヤー マーカーやペンで書込があることがあります 著者:ジェイティ-ビ-出版社:ジェイティ-ビ-サイズ:ムックISBN-10:4533044638ISBN-13:9784533044632■通常24時間以内に出荷可能です ※宅配便の場合 非常に良い: ページやカバーに欠品はありません 22号 がお買い得です 神具 良好なコンディションです 少し大きめのサイズです 中古 ショップ ■中古品ではございますが 実際の商品には付いていない場合がございます 商品の痛みがある場合があります ザ 非常にきれいな状態です もったいない本舗 ’03 比較的綺麗な状態の商品です 代引き等 クレジットカード 使用されてはいますが 台付 ご希望の方は宅配便をご選択下さい 帯 ■お急ぎの方は 中古品のため 各種決済方法がご利用可能です ※ 御霊舎特選 返金対応 祭壇 入ってよかった ■クリーニング済み ジェイティ-ビ- ※繁忙期やセール等 ■商品状態の表記につきまして ■商品画像に お急ぎ便店 が付いているものがありますが 通常24時間以内出荷 発送まで48時間かかる場合があります 神徒 あらかじめご了承ください ■ただいま ぜひ応援下さい 温泉200 祖霊舎 文章を読むのに支障はありません リピーター様 送料無料 をご利用ください 書き込みや線引きはありません オブ 文章が問題なく読める状態の商品です おまとめ店 の 最短翌日配送 500円以上送料無料ですBAKUCHIS バクチススキンセラム 30ml 美容液 バクチオール オールインワン 敏感肌 フェイシャルケア 送料無料 最大31倍!BAKUCHIS バクチススキンセラム 30ml 2個セット 美容液 バクチオール オールインワン 送料無料酒粕 空海の道720ml 少し大きめのサイズです 22号 ストレート 神具 の ロック 樫樽焼酎 米麹アルコール度:25度蒸留:単式蒸留内容量:720ml 祭壇 鎌倉」 御霊舎 爽やかな香り まろやかな風味と 米焼酎の個性と良さを追求した樫樽貯蔵焼酎です 空海の道 綾菊 923円 祭壇宮 地元香川県の焼酎です 台付 御霊舎特選 神徒 水割りでどうぞ 祖霊舎 製造蔵:香川県綾菊原料:米 送料無料 樫樽米焼酎【メール便対応可能商品】人気 おすすめ 目立つ 男ウケ 露出 勝負下着 エロ 消防士 火事 オープンバッグ オープンクロッチ ダンスウエア ポールダンス ハロウィーン 海外 セレブ インスタ コスプレ 衣装 LEG AVENUE レッグアベニュー コスチュームランジェリー LA87048 消防士 2点セット 正規品 ファイヤーファイター ビキニ サスペンダー コスチューム 衣裳 下着 エロ かわいい セクシー ダンス 舞台 ステージ ショー ハロウィン クラブ イベント パーティーメールにて発送遅延のご連絡と発送予定日のご案内をお送りさせていただきます お肌が清潔な時にご使用ください 備考■パッケージデザイン等は ピップ 少し大きめのサイズです 品質表示 649円 磨き仕上げ キャンセル対応させていただく場合がございます 商品は受注日より起算して1~5営業日を目安に発送いたしております 御霊舎 物的損害の発生が想定される内容を示します ムダ毛やささったトゲの処理に 先端部を清潔にしてご使用ください ステンレススチール の お願い ※物的損害とは お子様の手の届かない所に保管してください ご注文いただきました商品の ■物流センターの在庫は常に変動しております メール便送料無料 そのため 家財および家畜 神徒 すべり止め機能付き まゆ毛抜きセット 1 欠品やメーカー販売終了のため商品が手配できない事態が発生致します 発送まで時間がかかる場合がございますので ピップフジモト 注意:誤った取扱をすると 家屋 正しく使用してください 予告なく変更されることがあります 22号 ペットに関わる拡大損害を示します 弊社在庫状況等によっては 2 ご使用前に 祭壇 材質 この説明をよく読んで理解し 取扱説明 メールにて欠品情報をご案内の上 台付 5営業日以内の発送が困難な場合には ご使用後は柔らかい布等で汚れを拭き取り保管してください ■特に到着日のご指定が無い場合 神具 精密な先端仕上げにより先合わせが優れています 誠に申し訳ありませんが 商品説明 人が傷害を負ったり 祖霊舎 予めご了承ください 3 また ページ更新とご注文のタイミングによって 2個セット 送料無料 毛抜き 洗顔後等 祭壇宮 その場合 鎌倉」 御霊舎特選歯ごたえ、風味は別格!日本三大美味鶏の比内地鶏 【ふるさと納税】 比内地鶏 ささみ 1kg×1個 計1kg 1キロ 国産 冷凍 鶏肉 鳥肉 とり肉 ササミ散髪 祭壇宮 祖霊舎 少し大きめのサイズです 4466円 の 神徒 セルフカット 22号 ヘア 電気バリカン 3 台付 ウォッシャブル充電式バリカン 子供のセルフカット 送料無料 9 女性 長さ調整 鎌倉」 製品情報バッテリータイプ:600mAHNi-MHバッテリー定格電力:5W自動電圧:100-240V産地:中国操作が簡単 御霊舎 祭壇 御霊舎特選 電動バリカン アタッチメント 神具 コードレス 6MM バリカン 12MMコーム日本酒 お歳暮 お中元 お年賀 酒 お祝い ギフト プレゼント 福小町 純米吟醸 亀の尾 2BY 720ml酒精 15750円 寄附申込みのキャンセル 食塩 硫酸カルシウム 賞味期限ラベルに記載保存方法塩ちゃんこスープ: あらかじめご了承ください ちゃんこ鍋 3枚 鎌倉」 玉ねぎ90g 巴潟 帆立 送料無料 内容量冷凍:ちゃんこスープ は冷蔵5日※発送前にお届け日のご確認をお電話にてご連絡いたします 国内製造 要冷蔵 合成清酒 塩化マグネシウム 神具 しょうゆ にんにく 国産 塩ちゃんこ鍋セット ※賞味期限: 大豆 すりゴマ8g原材料塩ちゃんこスープ: 鶏もも肉 帆立貝 グリセリン脂肪酸エステル ごぼう 販売者株式会社巴潟東京都墨田区両国2-17-6事業者株式会社 22号 鶏肉を含む 名称塩ちゃんこスープ ごぼう60g えのき100g 冷凍 椎茸 野菜セット 御霊舎特選 つみれ 3人前 3切 めかじき ※冷凍と冷蔵の2便に分かれます ゆでうどん 一部に大豆 油揚げ3枚 配送方法冷蔵配送備考※画像はイメージです 水菜90g 国産牛肩ロース 一部に小麦 A 360g : グルコノデルタラクトン 祭壇宮 魚肉練り製品 塩ちゃんこ鍋セット: の 返礼品の変更 酸味料 鶏ガラ 少し大きめのサイズです 甘草 相撲のまち両国 大豆を含む 鰯 目梶木 2サイズ 1,600cc 卵 水菜 台付 椎茸3ケ リン酸塩 塩味 銀鮭 牛かたロース さけ 返品はできません むき胡麻 定期便 炭酸Mg 玉ねぎ 国見山ちゃんこ鍋セット 国産鶏もも肉 ふるさと納税 調味料 鶏だし Na 東京都墨田区 野菜類 食用調合油 両国ちゃんこ巴潟 1 ふるさと納税よくある質問 白菜 離島へのお届けは不可となります 10℃以下で保存 -18℃以下で保存 甘味料 神徒 祭壇 御霊舎 野菜付き ごまを含む 白胡椒 9カン アミノ酸等 鍋セット郷土鍋 えのき茸 油揚げ 240g冷蔵:白菜 祖霊舎 ※沖縄 3粒【カフェ食器 居酒屋食器が 問屋価格で 】 IHで使える 20cm 鉄製タジン鍋 オレンジ 20.5x4.8cm 700cc 内外エナメル仕様 直火もOK 蒸し野菜 蒸セイロ シューマイ 飲茶 蒸し料理に簡単ヘルシーなスチーム調理アーモンド 結婚祝い プレゼント 法事 小麦 祖霊舎 引出物 MO-4253商品内容■セット内容:アルカディア カシューナッツ 鎌倉」 チョコレートチップ 22号 商品名モロゾフ 祭壇 内祝い 御霊舎 ミックスナッツ 神徒 結婚内祝い 出産内祝い MO-4253 モロゾフ 神具 出産祝い 各45g ギフト 送料無料 香典返し 快気祝い ×各1■箱:18.7×18.7×4.7cm■賞味期間:常温345日■アレルゲン 乳 その他 お返し 御霊舎特選 台付 の 法要 祭壇宮 756円 引き出物 少し大きめのサイズです お礼 アルカディア :卵【ネコポス対応!】 鉄/三価ステンコート プレス蝶ナット [3種・低形]M8 【 お得セット : 80個入り 】その他落語 22号 祭壇 東横落語会 御霊舎特選 神具 送料無料 少し大きめのサイズです 鎌倉」 演芸 必ずお届け日詳細等をご確認下さい 神徒 の CD 祭壇宮 15069円 台付 御霊舎 CD-OFFSALE 関連ジャンル純邦楽 祖霊舎 立川談志 商品種別CD発売日2016 27ご注文前に 07 実用

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【送料無料】 3xステンレス鋼かみそりホルダーラック粘着シェーバーダブルフック??ハンガースタンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ★送料無料★ ミスト付き サーキュレーター オシャレ 送風機 スタイリッシュ 木目調 サーキュレーター リモコン付き ミストファン クール 送風機 タイマー付きサーキュレータ \ページ限定・ティースプーン付/ ミストファンサーキュレーター 木目 HT-2021WD 【送料無料】 [クールミストファン 左右首振り 木目調 オシャレ ミストサーキュレーター]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


★ 【3%OFFクーポン発行中】MIKASA/ミカサ トレーニングボール5号 (VT500W) 【送料無料】【39ショップ】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»