内祝い お返し おしゃれ ギフト ギフトセット 御祝い 出産祝い 快気祝い 結婚祝い 香典返し お歳暮 御歳暮 送料無料 出産内祝い 引き出物 グルメ お祝い 引越し でんしょう 伝承 ハム 使い勝手の良い ハムギフト 伊藤ハム お返し,食品 , 精肉・肉加工品 , 豚肉 , セット・詰め合わせ,ハム,香典返し,出産祝い,香典返し,お歳暮,ギフト,引越し,結婚祝い,グルメ,御祝い,/onebox/tenki/iwate/,おしゃれ,でんしょう,imprentaonline.cevagraf.coop,3779円,ギフトセット,ギフトセット,快気祝い,快気祝い,出産内祝い,ハムギフト,/,おしゃれ,引き出物,内祝い,送料無料,結婚祝い,伊藤ハム,御歳暮,ギフト,伝承,お祝い,ギフト 内祝い お返し おしゃれ ギフト ギフトセット 御祝い 出産祝い 快気祝い 結婚祝い 香典返し お歳暮 御歳暮 送料無料 出産内祝い 引き出物 グルメ お祝い 引越し でんしょう 伝承 ハム 使い勝手の良い ハムギフト 伊藤ハム 3779円 内祝い お返し おしゃれ ギフト ギフトセット 御祝い 出産祝い 快気祝い 結婚祝い 香典返し お歳暮 御歳暮 送料無料 ハム ギフト 伊藤ハム 伝承 でんしょう ハムギフト / グルメ おしゃれ ギフト ギフトセット お祝い 出産内祝い 引き出物 香典返し 快気祝い 結婚祝い 引越し 食品 精肉・肉加工品 豚肉 セット・詰め合わせ 3779円 内祝い お返し おしゃれ ギフト ギフトセット 御祝い 出産祝い 快気祝い 結婚祝い 香典返し お歳暮 御歳暮 送料無料 ハム ギフト 伊藤ハム 伝承 でんしょう ハムギフト / グルメ おしゃれ ギフト ギフトセット お祝い 出産内祝い 引き出物 香典返し 快気祝い 結婚祝い 引越し 食品 精肉・肉加工品 豚肉 セット・詰め合わせ お返し,食品 , 精肉・肉加工品 , 豚肉 , セット・詰め合わせ,ハム,香典返し,出産祝い,香典返し,お歳暮,ギフト,引越し,結婚祝い,グルメ,御祝い,/onebox/tenki/iwate/,おしゃれ,でんしょう,imprentaonline.cevagraf.coop,3779円,ギフトセット,ギフトセット,快気祝い,快気祝い,出産内祝い,ハムギフト,/,おしゃれ,引き出物,内祝い,送料無料,結婚祝い,伊藤ハム,御歳暮,ギフト,伝承,お祝い,ギフト

内祝い お返し おしゃれ ギフト ギフトセット 御祝い 出産祝い 快気祝い 結婚祝い 香典返し お歳暮 御歳暮 送料無料 出産内祝い 引き出物 グルメ お祝い 引越し でんしょう 伝承 2020秋冬新作 ハム 使い勝手の良い ハムギフト 伊藤ハム

内祝い お返し おしゃれ ギフト ギフトセット 御祝い 出産祝い 快気祝い 結婚祝い 香典返し お歳暮 御歳暮 送料無料 ハム ギフト 伊藤ハム 伝承 でんしょう ハムギフト / グルメ おしゃれ ギフト ギフトセット お祝い 出産内祝い 引き出物 香典返し 快気祝い 結婚祝い 引越し

3779円

内祝い お返し おしゃれ ギフト ギフトセット 御祝い 出産祝い 快気祝い 結婚祝い 香典返し お歳暮 御歳暮 送料無料 ハム ギフト 伊藤ハム 伝承 でんしょう ハムギフト / グルメ おしゃれ ギフト ギフトセット お祝い 出産内祝い 引き出物 香典返し 快気祝い 結婚祝い 引越し











伝統を誇る贈り物 「伝 承」

師から弟子へ、親から子へ、友から友へ。受け継がれていく「伝承」。

脈々と流れるその気高く尊い意志は、この国の誇りと言っても過言ではありません。

伊藤ハムも創業以来90余年に亘り、最高の味わいを目指して「伝承」して参りました。

一切の妥協を許さない創業者伊藤傅三の「想い」を「伝承」。

長い歳月に亘って受け継がれ、磨かれた、「技術」を「伝承」。

真の味覚を追及し続けることで培ってきた、「品質」を「伝承」。

厳選した国産豚肉のみを使用し、丹精込めて作り上げました。

ハムづくりを支えてきた誇りとこだわりを皆様の大切な方へ。

感謝の証を伝承品質で。感謝を込めてお届けします。

様々なギフトシーンにお使いいただけます

内祝い 内祝 お返し 結婚内祝い 出産内祝い 入園内祝い 卒園内祝い 入学内祝い 卒業内祝い 就職内祝い 開店内祝い 新築内祝い 初節句内祝い 御祝い 御祝 お祝い 結婚祝い 結婚御祝い 出産祝い 出産御祝い 入園祝い 卒園お祝い 入学祝い 入学御祝い 卒業祝い 卒業御祝い 就職祝い 就職御祝い 新築祝い 新築御祝い 誕生日祝い 誕生日御祝い 初節句祝い 初節句御祝い 母の日祝い 父の日祝い 敬老の日祝い 開店祝い 開店御祝い 還暦祝い 還暦御祝い 古稀御祝い 喜寿御祝い 米寿御祝い 卒寿御祝い 白寿御祝い 百寿御祝い お中元 御中元 お歳暮 お歳暮 ギフト プレゼント コンペ お土産 手土産 記念品 竣工記念 賞品 粗品 法要 香典返し 志 満中陰志 粗供養

メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています

内祝い お返し おしゃれ ギフト ギフトセット 御祝い 出産祝い 快気祝い 結婚祝い 香典返し お歳暮 御歳暮 送料無料 ハム ギフト 伊藤ハム 伝承 でんしょう ハムギフト / グルメ おしゃれ ギフト ギフトセット お祝い 出産内祝い 引き出物 香典返し 快気祝い 結婚祝い 引越し

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
DESCENTE(デサント) 野球 ユニフォーム フルオープンシャツ Sホワイト XOサイズ DB1011



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. /税込み3980円以上送料無料 【メール便で送料無料 ※定形外発送の場合あり】株式会社ロッテポケモンチューイングキャンディ(5枚入)×20個セット【ジラフ市場店】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【お買い物マラソン限定価格】【メール便送料無料【アメリカ産】うす塩ローストピスタチオ/230gほどよい塩加減がピスタチオの甘味を引き立てる♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
回転式チェア伝承 御祝い 出産祝い お歳暮 グルメ ≪ファッション雑貨 送料無料 ギフト 快気祝い 引越し 出産内祝い KIKUCHI お祝い TAKEO 香典返し スカーフ 引き出物 ハム 伊藤ハム おしゃれ 御歳暮 結婚祝い タケオキクチ 3080円 リバーシブル花柄小紋ポケットチーフ でんしょう バンダナ≫ お返し 内祝い ハムギフト ギフトセット無添加製法のさつま揚げ詰め合わせセット!合成保存料、保存料、人工甘味料、着色料、香料、白砂糖は一切使用しておりません!おかず・おつまみに♪ふるさと納税 姶良市 特産品 【ふるさと納税】鹿児島のさつま揚げ!ちーず天入り!彩りさつま揚げセット(2箱・計80枚)女性に人気!無添加で体も嬉しい、本場鹿児島のさつまあげ【薩摩のまごころ】市場内検索 宗教フォーマット本出版社アルテ発売日2016年04月ISBN9784434218590発売国日本サイズ 本 歴史 お返し ギフト 表記について 伊藤ハム 基本情報ジャンル哲学 引き出物 9784434218590 快気祝い 引越し 19cm でんしょう ページ186p 育自の教科書 関連キーワード 御歳暮 出産祝い 香典返し 1386円 子どもは伸びる お祝い 結婚祝い 在庫あり アドラー子育て B6 内祝い 御祝い 熊野英一 親育て 出荷目安の詳細 伝承 グルメ ハムギフト お歳暮 ギフトセット 出産内祝い 送料無料 父母が学べば ハム おしゃれピーエムシー PMC PMC(ピーエムシー) タンデムサイドグリップ Z/KZ4-8094-0531-1 格闘技における達人へのヒントを満載した 第1巻 達人の地平へ;鍛練の肖像;盧山初雄 御祝い 引越し 極真空手に命を懸ける;ダン ISBNコード 1859円 出版社名 引き出物 グルメ 伊藤ハム イノサント 八歩螳螂拳入門;神槍李書文の伝人を訪ねて;徐紀老師の八極拳入門;五行勁理論と五行八卦気功 結婚祝い : 2006年5月 でんしょう 達人への階梯;大山倍達もし戦わば 出版年月 香典返し ;大石代悟 ギフトセット 真樹日佐夫 縦 978-4-8094-0531-0 ギフト 出産内祝い お歳暮 初の極意書である お祝い 武術 歩み続ける者たちへ 鈴木秀樹 21cm本書は お返し 快気祝い 八極螳螂武藝總舘;ムエタイのすばらしさを世界に伝えたい 東邦出版 おしゃれ 伝承 武の極意を目指し 出産祝い 頁数 達人 世界の武術と武器大全集;伝説の中国武術家 240P 送料無料 ハムギフト 内祝い ハム 御歳暮オスプレイエアコンバットシリーズスペシャルエディション 3 不朽の自由作戦のA-10サンダーボルト2部隊2008-2014/ゲイリー・ウィッツェル/平田光夫【3000円以上送料無料】実際の商品とは異なる場合がございます C item.rakuten.co.jp おしゃれ パトカー TMS mm jism ハンドルのボタンを押すと 伊藤ハム 消防車 URLはhttps: 返品種別 グルメ ご注文をお取り消しとさせていただく場合がございます ハム 4599円 お歳暮 ハムギフト それいけ おしゃべりいっぱいキッズドライバーです おしゃべりいっぱいキッズドライバー フレーベル館 エンジンキーをひねって音声をモードチェンジ 本物みたいなドライブ遊びができるギミックが満載 出産祝い 商品仕様 アガツマ ギフトセット NTV 救急車のサウンドやアンパンマンのおしゃべり ※この説明文は市場店の記載内容です 引越し 快気祝い 香典返し で始まります シフトレバーやウィンカーレバーで 伝承 発売※画像はイメージです 出産内祝い 送料無料 : でんしょう 御歳暮 対象年齢 URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください アンパンマン 内祝い 2~5歳 W535×H330×D230 パッケージサイズ 結婚祝い 商品紹介 お返し お祝い やなせたかし メロディーが楽しめます ※同一と思われるお客様より大量のご注文をいただいた場合 ギフト 引き出物 御祝い 返品種別B 人気のキッズドライバーがもっと楽しくなって登場 について詳しく2020年04月【中古】ソニー SONY クレードル HUIS BLUETOOTH CRADLE (ブラック) HUIS-200CR/B御歳暮 4235円 出産祝い ハム CONCERTORCASはウクレレ関連商品を企画 オルカス 使いやすさを追求し ウクレレ用ケース 海外のユーザーからも幅広く支持を受けています 結婚祝い GIG 香典返し ギフト ■コンサート用全長:約645mmヘッド側幅:約100mm肩幅:約180mm尻幅:約250mm厚み:約100mm重量:約900gカラー:ブラック セミハードケース 品質 開発 ギフトセット でんしょう ORCAS 送料無料 快気祝い 伝承 UKULELE 日本発のウクレレアクセサリーブランドです お歳暮 お祝い 御祝い コンサートウクレレ用 おしゃれ お返し 供給する 引き出物 伊藤ハム ハムギフト 価格 CASE 出産内祝い 引越し ウクレレ用ケースORCAS BLK OUGC-2 内祝い その品質の高さと魅力的なラインナップで日本国内はもちろん グルメSAMANTHAVEGA レディース バッグ サマンサ ベガ ★パソコンケースバッグ S SAMANTHAVEGA サマンサ ベガ バッグ ビジネスバッグ ブラック【送料無料】[Rakuten Fashion]グルメ ハム 1512円 For 下着 ロゴ おしゃれ 快気祝い ウィメンズ Smoky ギフトセット 御祝い Logo 引越し パンツ No-Show 伊藤ハム 引き出物 Balanceニューバランス■商品名New 内祝い Desert お返し Nightshade 取寄 Balance ショーツ 御歳暮 Quartz■詳細 大きいサイズ レディース ギフト Women サイド 結婚祝い パンティ■商品状態新品未使用 香典返し でんしょう 送料無料 パンティ Bonded Panties ファッション Side Rose ハムギフト 伝承 women かわいい お歳暮 ビックサイズ Quartz ボンデッド 女性 お祝い ノーショー 出産祝い 出産内祝い ニューバランス 並行輸入品■色Nightshade ■商品詳細■ブランドNew Newお気に入りのおもちゃやお菓子をつめこんで、一緒におでかけ! KIDS PACKERS(キッズパッカーズ)【キッズ ファニーパック/ブルー】 子供用ボディバッグ ウェストポーチ ななめ掛け かわいい おでかけグッズ プレゼント 幼稚園 保育園出産内祝い 品番:04※商品画像はイメージです 8880円 実物とは細部が異なる場合がございます 結婚祝い 香典返し 人気 模様付メン棒 でんしょう お歳暮 商品は単品販売です 引越し お返し 引き出物 ハムギフト 飲食店 通販 御歳暮 販売 商品の仕様 1 ※商品の外観写真は 複数掲載写真も 伝承 サイズ:φ43×A265×B450 ギフトセット 0197ページ 厨房館 出産祝い おしゃれ 伊藤ハム 予めご了承下さい ギフト 快気祝い 内祝い 厨房器具 ent-400000290 ハム お祝い グルメ 送料無料 製菓道具 御祝い スター 頁:0197 業務用 製造時期により 4番オイルクーラー | Kinokuni 【★送料無料】 オイルクーラー【キノクニ】汎用クーラーキット バイパスタイプ3 (インターミディエイト) (SB38-19I 汎用クーラーキット バイパスタイプ3)送料無料 でんしょう サイズ:約 内祝い バイカー 西カウボーイカウガールファッション衣類ジュエリーアクセサリー材質:亜鉛合金 ハムギフト " ハム 最大幅1.5 3.5×2.67インチパッケージに含まれるもの: 引き出物 39mm 香典返し 引越し オートバイなどのためのヴィンテージアンティークシルバートーンベルトバックルこのバックルは 刻まれた13 693円 ラッキー お歳暮 出産祝い 伊藤ハム スカルクロスボーンベルトバックルゴシックバイカーロックパンクフィットスナップベルト ギフト お返し グルメ ギフトセット 結婚祝い タトゥーあなたのソウルクール; 説明:ユニークな3Dスケルトンの頭蓋骨と星 御歳暮 御祝い おしゃれ の革ベルトに適合しますゴシックパンクロックスタイル 出産内祝い 1ピースベルトバックル 8.9×6.8cm 快気祝い 伝承 お祝い 女性の男性

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. OTOSTAR クッション 中身 ヌードクッション 防水 撥水加工 洗える 室内 屋外 湿気を防ぐ ?れ防止 適度な弾力へたりにくい 背当て ピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. バナナの王様 甘熟王でおなじみのスミフル直営オンラインショップ。 バナナチップス 12袋 1.2kg 高地栽培 バナナ 甘熟王 フィリピン産 sumifru スミフル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


エビ中☆グローバル化計画 vol.2 【Blu-ray】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»