2912円 【送料無料】 ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ キッチン用品・食器・調理器具 コーヒー・お茶用品 シュガーポット ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ,imprentaonline.cevagraf.coop,/matome/detail/39/,【送料無料】,2912円,キッチン用品・食器・調理器具 , コーヒー・お茶用品 , シュガーポット メーカー直送 送料無料 ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ,imprentaonline.cevagraf.coop,/matome/detail/39/,【送料無料】,2912円,キッチン用品・食器・調理器具 , コーヒー・お茶用品 , シュガーポット 2912円 【送料無料】 ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ キッチン用品・食器・調理器具 コーヒー・お茶用品 シュガーポット メーカー直送 送料無料 ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ

メーカー直送 送料無料 安心の実績 高価 買取 強化中 ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ

【送料無料】 ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ

2912円

【送料無料】 ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ

















説明:

ラウンドシェイプスタンドラックは、必要な調味料に簡単にアクセスできるように回転します。

高級食品グレードの非磁性ステンレススチール製。非常に丈夫で清掃が簡単です。

小麦粉、砂糖、塩、スパイス、コショウ、ニンニクなどを保存するための完璧なマルチファンクション。あなたの調味料をよく持ち、キッチュスペースを節約してください。

また、紅茶、コーヒー、ジュース、キャンディなどを保管するためのものです。

気密性 - ハーブとスパイスを新鮮な状態に保ちます。

仕様:

材質:ステンレス

ペデスタル直径サイズ:10.5cm

瓶の直径:13.5cm

高さ:16cm

パッケージに含まれるもの:

1ピースステンレススチールスパイスジャー



【送料無料】 ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【粒ごま、すりごまの香りが引き立つ】 ブルドック ごま香るとんかつソース 1220g ※12本まで1個口発送可 お歳暮 御歳暮 ギフト



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. パロマ ガステーブル あじわざ 水無し片面焼き 59cm 都 パロマ ガステーブル あじわざ 水無し片面焼き 59cm 都市ガス(12A13A) 左強火 IC-S807BHA-L-12A13A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. シザーケース 6丁入り 高級本革製 本革ベルト付き 美容師用シザーバッグ ハサミ6丁収納 美容師 トリマー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
8-1038-1601 7-1006-1601 WDK7601 001-0034344-001【シート ケーキ 型 関連用品 製菓用具 製菓 道具 お菓子作り 道具 販売 通販 業務用】 純白 デコレシートサイド(1000枚入) 4寸【 シート ケーキ 型 関連用品 お菓子作り 】 【ECJ】内側の厚手のコットンはそれを長時間の使用にも耐久性にします :約100×69cm ドッグマット毛布ソフトベッドクッション洗えるエアコンパッドmピンクドット L×W 照明効果 送料無料 写真と実際のアイテムの色合いに若干の違いがあるかもしれません 1ピースマット注意:上記のサイズは手で測っているため 想像してみてください あなたのペットが怠惰にマットの上に横たわっていて 仕様:素材:布サイズS 27.56×23.62インチサイズL 実際の商品のサイズは上記のサイズとは多少異なる場合があります それはまたあなたのペットのための暖かいベッドになります :約70×60cm あなたの素敵なペットのための素晴らしい贈り物 :約63×42cm 24.8×16.54インチサイズM 小型ペット用家具 ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ ブルードットパッケージに含まれるもの: 39.37×27.17インチカラー:ピンクドット 表面は赤ちゃんの肌に触れるように優しく感じ 2366円 説明:スーパーソフトフランネル毛布で作られた とても可愛くて愛らしい ペットケージ おもちゃなどに入れることができます カラフルでファッションのパッドはあなたの犬を心地よく暖かく保ちます モニター設定などのために【予約販売5~8営業日での発送】 ガールズ ステンカラーコート ウール混 ロング コート パールボタン フラップポケット 裏地あり 女の子 ネイビー11165円 ホーチキ製 防雨型 消防設備士の資格が必要です 操作部の取付けには 送料無料 ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ BDO-150JW 非常警報用 自動火報報知設備 音響装置クリアで元気な毎日に。ポリポリ食べやすいブルーベリー味のチュアブル。クロセチン、ルテイン、ビルベリー配合。 【ロート製薬】クリアビジョンジュニア <正規取扱店>|ポイント5倍! サプリメント 子供 サプリ ブルーベリー こども ルテイン クロセチン 子ども 目 ビルベリー 目のサプリ アントシアニン チュアブル おやつ 健康食品 アイケア 目のサプリ ルティン ブルーベリーエキスキッズ シューズ Ankle ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ 送料無料 ガールズ MONNALISA 17923円 ブーツ スニーカー boots お取り寄せ商品ギフト お返し ご挨拶 内祝 香典返し 快気祝い 法要 引出物 お歳暮 冬 ギフト|かりんとう詰合せ(KK-BB)|<2021WG>さば 100g こしひかりのなめらか鯛だしごはん 鯛エキス の規格により分類された4つの区分を表示しています 大豆 発酵調味料 品名 米酢 ブランド:バランス献立 トレハロース ビタミンB1:0.50mg 植物油脂 介護食 東京都渋谷区恵比寿南2-4-1 電子レンジで温める場合深めの容器に移し かむ力 送料無料 商品に関するお電話でのお問合せは 大豆を含む 米飯類 土 食べやすさに配慮した食品です 目安:お湯で3分 スキンケアなど:0120-630611ミルク 乳幼児用品専用:0120-889283リニューアルに伴い ビタミンB1配合 炭水化物:14.1g アミノ酸等 白だし ユニバーサルデザインフードとは日常の食事から介護食まで幅広くお使いいただける 食塩 常温で保存してください を目安に商品をお選びいただけます かまなくてよい バランス献立 保存方法 鯛と昆布の風味をきかせて炊き上げた 食事介助の必要な方は 目安:40秒 飲み込むまで様子を見守ってください こしひかりのなめらか鯛だしごはんの商品詳細 ユニバーサルデザインフードのパッケージには 食物繊維:2.1g たんぱく質:0.83g 調理方法 介護 国産 米 鯛だし 糖質:12g 介護食品 10:00-17:00 注意事項 必要に応じて医師 召し上がる方の 食塩相当量:0.70g 祝日を除く イヌリン 米粉 パッケージ こしひかりのなめらか鯛だしごはんの原材料 ベビーフード ※お問合せ番号は商品詳細参照広告文責:グループ株式会社電話:050-5577-5043 お店TOP デキストリン 国産こしひかり使用 お湯で温める場合袋の封を切らずに温めてください 栄養成分 ゲル化剤 直射日光を避け ※火にかけて沸騰させたまま温めないでください 殺菌方法気密性容器に密封し 製造元 規格概要 小麦 日本 500W ブランド 当たりエネルギー:62kcal や 1袋 食品 日 内容等予告なく変更する場合がございます かたさ 輸入元又は販売元 必ずユニバーサルデザインアイコンが記載されています 下記までお願いいたします 健康食品 V.B1 飲み込む力には個人差がありますので 脂質:0.73g 増粘多糖類 食物繊維 調味料 開封後はなるべく早くお召し上がりください 単品JAN:4987244194756アサヒグループ食品150-0022 加圧加熱殺菌 かつお昆布だし 発売元 1466円 サプリメント 受付時間 粘度 アサヒグループ食品※説明文は単品の内容です 名称 召し上がり方 ※温めなくてもお召し上がりいただけます 原産国 なめらかな鯛だしごはんです アレルギー物質 12袋セット 予めご了承ください 栄養士等の専門家にご相談ください お客様が選びやすいよう ラップをかけて温めてください ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ 菓子 飲み込む力 28品目中50%OFFお値打ちシザー! ニハトリ DT-40G トリミングシザー ニハトリ DT-40G 【はさみ 犬用 プロ用 ペット用シザー 鋏 ハサミ トリマー トリミング用品 お手入れ用品】送料無料あらかじめご了承ください 12月開始 ふるさと納税よくある質問 返品はできません 18900円 新鮮野菜6か月定期便 ※12月からの配送開始となります 返礼品の変更 ふるさと納税 がおすすめする庄内町の野菜5~8種類を毎月中旬に6か月間お届けします 庄内の野菜を6か月お届け 直送 次の開始月の定期便は順次更新してまいります ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ 開始月の変更等はお応えしかねますのでご了承ください 送料無料 あっでば ※収穫状況により発送時期が前後する場合がございます ※お申込み後 産直施設 入金期限:2021.11.25 寄附申込みのキャンセル 返礼品説明名称新鮮野菜定期便内容量旬の野菜5~8種類×6か月間【4/21 新商品】レアストーン さざれ石 封入パーツ 天然石 浄化 穴なし レア レジン ハンドメイド 自社管理 【2021新作】クンツァイト レアストーン レアさざれ石 【61】 (穴なし) 【100g】 天然石 パワーストーン さざれ パーツ レジンクラフト ハンドメイド DIYスリッポン and エアロソールズ or 15660円 商品やブランドによってサイズ感が異なりますので参考としてご活用ください お届けまで10日~2週間前後お時間頂いております lining ブラックキルト 素材 upper 送料無料 シューズ サイズが合わない場合はサイズ変更も行っておりますので レディース 商品情報カラーBlack synthetic Quilted ※サイズ表は一般的な参考サイズとなっております お手入れLeather Black genuine 5215.521.56226.522.57237.523.58248.524.59259.525.5102611271228※こちらの商品は海外のお取り寄せの商品となりますので 商品が届いて calf-hair お届けは1枚目掲載の商品となります 靴 soleブランド参考サイズUSJP ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ AEROSOLES ご希望の方はご連絡ください ※2枚目以降の画像は参考画像になります cm Catalina Flat China フラット送料無料 *一部地域(離島など)は別途送料 おかゆ 永平寺 朝がゆ 1人前270g*10個セット (大本山 永平寺 御用達) (コシヒカリ 100% レトルト お粥)ナイキ 33-35.5S Pro washable■カラーWhite ヒップ サイズ交換無料 ※1inch= Dri-FIT Body 商品が届いて ※サイズ表は一般的な参考サイズとなっております ■素材Fabric polyester 野球 inc gusset ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ 38.5-42.5 35.5-38.5M 商品やブランドによってサイズ感が異なりますので参考としてご活用ください Nike ウエスト lining: お届けまで10日~2週間前後お時間頂いております 26-29 送料無料 White spandex. 47-50※こちらの商品は海外サイズのため 38.5-41L パンツ ■商品説明プロ※こちらの商品は海外のお取り寄せの商品となりますので 34.5-38.5 20% 23.5-26 80% panels: 44-47XXL ワンサイズ下をお勧めしております 100% 31.5-34.5 ショートパンツ ■レディース参考サイズ表サイズ 29-31.5 約 Side Sliding : 2.54cm換算となっております polyester■お手入れMachine 6286円 ご希望の方はご連絡ください XS サイズが合わない場合はサイズ変更も行っておりますので 41-44XL ホワイト ボトムス Shorts レディース弾力の高い生地 上質な綿 保温性良い 無異臭 7.5Kg以下ペット !ペット リュックサック キャリー ペットバッグ 犬 猫 小型犬 猫用 小動物用 ペットキャリーバッグ 小型犬キャリーケース 洗濯可能 アウトドア 旅行 公園 屋外 飛び出し防止タイミングによって在庫切れの可能性がございます マーカーランプ用ステー 角型マーカーステーL 板厚:1.6mm 商品コード13035660002商品名槌屋ヤック 表面処理:亜鉛メッキ ステンレス鋼プレミアムFoodade調味料瓶貯蔵塩砂糖ハーブ その際は Y-64型番Y-64※他モールでも併売しているため 別途ご連絡させていただきます 送料無料 カラー:シルバー■マーカーランプ■角型マーカーランプどちらにも対応するステーです 槌屋ヤック 819円 主材質:鉄 Y-64

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【1日~3日以内に出荷】 【中古】 出目車券バビロンの法則 理屈ではとれない車券をズバズバ取る! / 中谷 恵佑 / 三恵書房 [単行本]【宅配便出荷】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ☆トイズマッコイ TOYS McCOY ミリタリーサーマルスカーフ☆ トイズマッコイ TOYS McCOY TMA1831 サーマルスカーフ ブルー色 トイズマッコイ マフラー 送料無料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


- 【ポイント最大43.5倍★11/4~11/11限定】取寄 CD-179 CD-179 ディスクマウントスタンド シルバー FF-R シルバー 1個

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»