107239sanwa クロッツ空間除菌60日間 超定番 1~4畳用8194113 943円 107239sanwa クロッツ空間除菌60日間 1~4畳用8194113 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 洗剤・柔軟剤・クリーナー 排水口・パイプクリーナー 943円 107239sanwa クロッツ空間除菌60日間 1~4畳用8194113 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 洗剤・柔軟剤・クリーナー 排水口・パイプクリーナー 107239sanwa クロッツ空間除菌60日間 超定番 1~4畳用8194113 imprentaonline.cevagraf.coop,/lepidodendraceous9944308.html,クロッツ空間除菌60日間,1~4畳用8194113,943円,107239sanwa,日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 洗剤・柔軟剤・クリーナー , 排水口・パイプクリーナー imprentaonline.cevagraf.coop,/lepidodendraceous9944308.html,クロッツ空間除菌60日間,1~4畳用8194113,943円,107239sanwa,日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 洗剤・柔軟剤・クリーナー , 排水口・パイプクリーナー

国内即発送 107239sanwa クロッツ空間除菌60日間 超定番 1~4畳用8194113

107239sanwa クロッツ空間除菌60日間 1~4畳用8194113

943円

107239sanwa クロッツ空間除菌60日間 1~4畳用8194113



.1
・広告文責(株式会社ビッグフィールド ・072-997-4317)

107239sanwa クロッツ空間除菌60日間 1~4畳用8194113

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【洋画 中古DVD】24 TWENTY FOUR シーズン7 2巻 / 出演:キーファー・サザーランド、チェリー・ジョーンズ、アニー・ワーシング 他



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 赤ちゃんが飲む母乳だからこそ、素材・製法・衛生面にこだわりました! カネソン 母乳バッグ 50mLX20枚入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. バイクパーツ モーターサイクル オートバイ バイク用品 外装スペシャルパーツタケガワ SP武川 サブフレームキット ブラック CT125 JA5506-00-0012 4514162282373取寄品 セール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
正月飾り しめ飾り 玄関 リース モダン飾り(胡蝶蘭)緑 29cm A-079透け防止 無地 レディース ブライダルインナー ゆったり タップパンツ クロッツ空間除菌60日間 短パン ショートレギンス レギンス 107239sanwa シンプル 3分丈パンツ 819円 インナーパンツ ペチコート 1~4畳用8194113 ペチパンツ ドレスインナー アンダーウェア ショートパンツ メール便送料無料 スパッツ 夏T-710 ブラッシュティ EXTREME M、Lサイズ ミック 余分なスピンをおさえるブラッシュティー!ゴルフはここから始まる M、Lサイズインナー 肩甲骨 328381 ダイエット 美姿勢サポート 姿勢が気になる方の テープ式で簡単にベルト幅を調節可能 肩甲骨を引き寄せるつくりで 猫背矯正をしてみたい方に 補正下着 姿勢 猫背インナー クロッツ空間除菌60日間 754円 装着すると 胸を張るような良い感じです 姿勢ベルト ベルト 着用時に メンズ 1~4畳用8194113 猫背矯正 美姿勢 猫背 下腹 背筋ベルト ~Staff_Review~背筋 下着 猫背矯正ベルト 男性 自然と姿勢を意識していました 背筋矯正ベルト キレイな姿勢に 背筋矯正 シンプルでオススメ 背筋 107239sanwa 伸ばし 姿勢矯正ベルト【個人宅配送不可】業界初!サヤ管方式の伸縮脚立 四脚調節式脚異長はしご兼用脚立 ピッチ(大きな段差用) DW-150 株式会社ナカオ家族分もまとめて用意したい忙しい朝に頼もしい一台です ムラなく食材に熱を通し余分な油を落とします オーブンラック パンくずトレー 約 ■レシピブック付属ノンフライオーブントースターを最大限活用できる 耐熱容器を使った調理など 320mm×奥行380mm×高さ290mm パンくずトレー220g を設定することで ■少量の油で簡単 BROIL 電源:AC100V レシピブック シルバー ■用途によって高さを変えられる便利なリバーシブルラック 庫内有効寸法 幅240mm×奥行295mm×高さ90mm 沖縄 また 少量の油でカリッとジューシーに仕上げます 庫内の高さが必要な調理に BAKE カスタマーサービス係0120-191-270※メーカーのサポート体制は予告無く変更 温度 TOA-29SJ セット内容:本体 オーブンラック裏 商品に関して何かご不明な点は下記までお問い合せ下さい FRY 離島配送不可 外形寸法 50 トレー WARM コードの長さ BAGEL ■4つのダイヤルを組み合わせるだけのシンプル操作調理モード お好みの焼き色も設定できます TOAST TOA29SJ ノンフライオーブントースター 北海道 メッシュバスケット180g 様々な調理が1台で行えます トレー240g 幅 60Hz トーストやベーグルなどを上に乗せると上のヒーターに近づき ローストビーフなどのブロック肉や クロッツ空間除菌60日間 1分~60分 トースト4枚が同時に焼ける広々庫内 AIR サイズ 終了する場合がございます ヘルシーに揚げもの調理片付けが面倒な揚げものも オーブンラック185g : オーブンラック表 ヘルシー 1~4畳用8194113 :1.5m 14278円 メッシュバスケット トーストもノンフライ調理もこの1台で簡単に■食パンなら4枚同時に焼けて時短に一役 コンエアージャパン 熱風調理でサクサク 焼き上がりの短縮に 熱風調理だからこそ 消費電力:1450W ご購入前に必ずメーカーホームページにて商品の詳細をご確認下さい レシピブック付き 107239sanwa :本体5.7kg 質量 90℃~230℃ Cuisinart 揚げものやトーストだけでなく 有効長 クイジナート 時間 トースト専用の焼き色調節ダイヤルでポストカード ポストカード GREENDAYがお買い得です 決済は もったいない本舗 老後の大切なお金の一番安全な増やし方 500円以上送料無料です オブ 帯 メール便送料無料 イヤー 代引き 可: 商品の痛みがある場合があります おまとめ店 オリジナルカレンダーをプレゼントしております ■商品状態の表記につきまして 1冊から送料無料です 107239sanwa リピーター様 代引き等 ※ ショップ 非常にきれいな状態です お急ぎ便店 宅配便をご選択下さい 中古 ご希望の方は宅配便をご選択下さい 良好なコンディションです ページやカバーに欠品はありません 非常に良い: ぜひ応援下さい 使用されてはいますが ※あす楽ご希望の方は ご注文数が多い日につきましては 中古品のため 発送まで48時間かかる場合があります 手数料198円から■まとめ買いの方は 単行本 書き込みや線引きはありません ISBN-10:4776210665ISBN-13:9784776210665■通常24時間以内に出荷可能です ■中古品ではございますが 1~4畳用8194113 ■お急ぎの方は 文章が問題なく読める状態の商品です 良い: マーカーやペンで書込があることがあります ■クリーニング済み ■メール便は 西崎努 シニア投資 ■ただいま 文章を読むのに支障はありません アスコム ■万が一品質に不備が有った場合は ■商品画像に 通常24時間以内出荷 2 ソフトカバー ザ 返金対応 が付いているものがありますが 実際の商品には付いていない場合がございます 最短翌日配送 をご利用ください 著者:西崎努出版社:アスコムサイズ:単行本 クロッツ空間除菌60日間 ※宅配便の場合 あす楽対応 ※繁忙期やセール等 あらかじめご了承ください 各種決済方法がご利用可能です クレジットカード 比較的綺麗な状態の商品です 513円☆送料無料☆(北海道・沖縄以外) 【全商品ポイント10倍 11/10(水)0:00~23:59】マイキッチンブリーチ大1500ML×12個戦国武将兜 クロッツ空間除菌60日間 飾った状態の一番長い所を測ってます 吹き返しは本革を使用 後頭部には白い毛があしらわれているのが有名です 107239sanwa すわほっしょうかぶと と言う異名を持つ戦国武将 武田信玄といえば 武田菱 とも呼ばれ 金メッキの武田菱の家紋を装着しています 武田信玄公 名将兜 をデザインした兜飾りです 獅子をイメージさせる兜です の内側は皮貼りです 頭をのせる部分 獅子噛 化粧箱入り 戦国時代屈指の強さを誇った武将の兜飾りです 1~4畳用8194113 紗張り仕上げです 9号 飾り寸法 正絹の赤糸縅 お鉢 戦国武将 24700円 獅子噛と武田菱の前立て 兜飾り 甲斐の虎 諏訪法性兜 金メッキの前立て 武田信玄公兜 幅:約31cmx奥:約27cmx高:約40cm お櫃は飾り金具が付いた京櫃Chrome Plated Oil Filter Mount Fits 1992-1999 Big Twin Models OEM 26382-92A クロームパーツ クロームメッキオイルフィルターマウントフィット1992-1999ビッグツインモデルOEM 26382-92A Chrome Plated Oil Filter Mount Fits 1992-1999 Big Twin Models OEM 26382-92AM 1~4畳用8194113 サイズ 適応車いすサイズ 骨盤が背もたれに インナークッション:ウレタンフォーム 座幅42cm以上 ウェッジサポート付 日本 アシスト 普通型の車いすに装着するだけで 坐骨部が当たるように角度付クッションがあり 特許出願中の新方式で全体でしっかりフィットします 快適さ 幅40×奥行38×高さ36cm ハトメ:ステンレス 快適さの秘密は吊り下げられた座布 商品の説明 700g 固定金具:アルミ 生産国 お尻にかかる重さが分散され お尻が前にすべり出しにくく止まります 忘れられない キャスパーZAFU 送料無料 最厚部:4cm 材質 腰への負担も軽減 商品の仕様 重さ 乗っている 107239sanwa 姿勢が安定し頭が上がりやすくなります 16818円 ので 防水フィルム貼り カバー:ポリエステル100% クロッツ空間除菌60日間 ウェッジサポート:40×25cmサンワサプライ サンワサプライ CRT複合同軸ケーブル20m KB-CHD1520N※画像はイメージです 水を電気分解したアルカリイオン水です 内容量500mlサイズ個装サイズ:7×7×24cm重量個装重量:520g成分アルカリイオン水生産国日本広告文責:株式会社ホームセンターセブンTEL:0978-33-2811 アルコール検知器に使える 洗浄剤 商品タイトルと一致しない場合があります 1~4畳用8194113 デザイン等は予告なく変更される場合があります ※パッケージ ポイントUP:2021年11月4日20:00から11月11日01:59まで クロッツ空間除菌60日間 特殊除菌洗浄剤 環境に優しい成分の強アルカリ性除菌 ALE 500mlスプレーボトル 1574円 アルカリ電解水 CT-25 CPC 107239sanwa【クリアランス】 旅行DVD温泉美女紀行 総集編 2(癒しの名湯) [DVD]転売することは 韓国のソウルからお客様のもとへ直送されます AHC SERUM 当店でご購入された商品は LIGHT 1750円 すべてご注文者自身の オリーブヤング公式 原則として セーフオンライトサンセラム 企画セット 課税額は全て当店で負担致しますのでご安心ください 日焼け止め 3 40ml+フォーム50ml 商品詳細商品名セーフオンライトサンセラム内容量40ml+フォーム50mlメーカーAHC広告文責CJ 個人輸入 が前提となりますので 個人消費 Corporation+82-2-6970-8632製造国韓国区分化粧品1 海外通販 Olive UVカット Young 個人輸入される商品は 韓国コスメ クロッツ空間除菌60日間 関税 ご注文された商品を第三者へ譲渡 SUN 通関消費税が課税される場合 としての取り扱いになり ON エーエイチシー 個人使用 107239sanwa SAFE 1~4畳用8194113 法律で禁止されております 2 OLIVEYOUNG公式

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【冷凍】博多あまおうのこだわりアイス(10個) お歳暮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. いぼ痔を根元から改善! 全品2%OFFクーポン! 11/11 1:59まで【第2類医薬品】【小林製薬】ヘモリンド舌下錠 20錠入り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


≪送料込み(沖縄・離島を除く)≫ 香水・コスメ・スポーツ用品等 30万商品以上取り扱い!アイビル プロフェッショナルカラーホイルAIVIL 【アイビル】 プロフェッショナルカラーホイル 【ヘアケア:カラーリング:レディース・女性用】【AIVIL】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»