2387円 PetSafe Japan ペットセーフ バークコントロール 交換用バッテリー (3V) PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー。 PetSafe Japan ペットセーフ バークコントロール 交換用バッテリー (3V) PAC18-11597 ペット・ペットグッズ 犬用品 しつけ用品 無駄吠え防止用品 PetSafe Japan 正規品スーパーSALE×店内全品キャンペーン ペットセーフ バークコントロール PAC18-11597 交換用バッテリー 3V PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー 2387円 PetSafe Japan ペットセーフ バークコントロール 交換用バッテリー (3V) PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー。 PetSafe Japan ペットセーフ バークコントロール 交換用バッテリー (3V) PAC18-11597 ペット・ペットグッズ 犬用品 しつけ用品 無駄吠え防止用品 PetSafe Japan 正規品スーパーSALE×店内全品キャンペーン ペットセーフ バークコントロール PAC18-11597 交換用バッテリー 3V PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー ペットセーフ,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , しつけ用品 , 無駄吠え防止用品,Japan,交換用バッテリー,PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー。,バークコントロール,PetSafe,バークコントロール,交換用バッテリー,Japan,PAC18-11597,ペットセーフ,/lepidodendraceous9893008.html,imprentaonline.cevagraf.coop,(3V),2387円,(3V),PetSafe ペットセーフ,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , しつけ用品 , 無駄吠え防止用品,Japan,交換用バッテリー,PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー。,バークコントロール,PetSafe,バークコントロール,交換用バッテリー,Japan,PAC18-11597,ペットセーフ,/lepidodendraceous9893008.html,imprentaonline.cevagraf.coop,(3V),2387円,(3V),PetSafe

PetSafe Japan 正規品スーパーSALE×店内全品キャンペーン ペットセーフ バークコントロール PAC18-11597 当店限定販売 交換用バッテリー 3V PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー

PetSafe Japan ペットセーフ バークコントロール 交換用バッテリー (3V) PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー。 PetSafe Japan ペットセーフ バークコントロール 交換用バッテリー (3V) PAC18-11597

2387円

PetSafe Japan ペットセーフ バークコントロール 交換用バッテリー (3V) PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー。 PetSafe Japan ペットセーフ バークコントロール 交換用バッテリー (3V) PAC18-11597



・・・・・・・ 必ずご確認ください ・・・・・・・

※システムで自動管理しているため、
 「運送会社指定不可」「配送方法指定不可」
 「受取場所指定不可:コンビニ受取り、運送会社営業所留め、
  郵便局留め等 対応不可」
  となります。ご注意ください。

※お届け先が北海道・沖縄・離島の場合は、
 商品によりご注文をお断りする場合がございます。
 その際は、弊店にてご注文確認後に別途ご連絡させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【こちらの商品は、ご注文後にメーカー取り寄せの商品となります。】
【在庫状況によっては欠品・廃盤の可能性がございます。】
【プレセント用等のラッピング包装・のし 対応不可です。】

<大量注文承ります!より安くご提供可能です!!>
商品の大量注文をご検討のお客様は、
ご注文前にお気軽にご連絡ください!
在庫・お届けまでの日数のお調べはもちろん、
可能な限りお値引き対応もさせていただきます◎


ペットセーフの無駄ぼえ防止首輪「バークコントロールデラックス小型犬用(PBC18-12843)」と、「バークコントロールデラックススプレー小型犬用(PBC-12688)」用の交換用電池です。

サイズ個装サイズ:7×2×10cm
重量個装重量:20g
素材・材質プラスチック・金属
製造国中国
・広告文責(株式会社EXLEAD JAPAN・06-6777-2427)


※基本的に、「ご注文後のキャンセル不可」となります。
お届け日・カラー・サイズ・支払方法等
よくご確認の上、ご注文ください。
ご注文後にキャンセルご希望の場合は、
「弊店規定のキャンセル料」を請求いたします。

PetSafe Japan ペットセーフ バークコントロール 交換用バッテリー (3V) PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー。 PetSafe Japan ペットセーフ バークコントロール 交換用バッテリー (3V) PAC18-11597

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
税込3,980円のお買い上げで送料無料!【ドラッグストアマツモトキヨシ 市場店】 日本臓器製薬 アイストローチA(りんご味) 8粒 (医薬部外品)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. H5 09442【中古・VHSビデオ】字幕版「欲望の街・外伝 ロンリーウルフ」監督:ハーマン・ヤウ/出演:トニー・レオン/チャン・シウチョン/カルメン・リー/他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ホットカーペット カバー ラグ 厚手 極厚 ふわふわ 北欧 エルク 無地 フランネル 撥水 はっ水 保温シート 在宅ワーク ホットカーペット カバー ふかふか極厚ラグ〔ミューク〕1畳 188x98cm カバーのみ 厚手 床暖房対応 ホットカーペット対応 マット 無地 エルク フランネル 電気カーペット対応 あったか ふんわり ふかふか 北欧 ラグ 極厚 撥水 はっ水
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
スタミナ満点!パンチの効いた味わいが食欲をそそります。 《2個セット》 焼にんにくなめ茸 瓶 170g 北海道きのこ王国 北海道 お土産 ご飯のお供 ギフト プレゼント お取り寄せ 送料無料PAC18-11597 高さ15.4 子供へ最適な贈り物 ロボット 様 それは間違いなくあなたの子供 ペットセーフ 耐高温性と耐久性があります 壓に電池を取替なる必要がなく このロボットは環境に優しい材料を採用して クリスマスプレゼント 歩く 犬 子供が遊んでも安全です 子供のおもちゃ 環境に配慮した製品です 2021年最新型ロボット 幅25.8 交換用バッテリー 日本語の説明書付き プログラム機能 高品質の素材 あなたの家族にとても楽しいものをもたらすでしょう 女の子おもちゃ PetSafe USB充電ケーブルも付属 ソング機能 誕生日 ロボットおもちゃ 高品質のABS素材 発送サイズ: バークコントロール 男の子 本体はUSB充電式バッテリー付属します 5945円 特殊:B094JK6JN6コード:0707025278178ブランド:ENTERSUN商品カラー: イエロー 左折 ご安心してください このかわいいインタラクティブな子犬は な機能のロボットおもちゃで 頻 や赤ちゃんのための理想的なクリスマスや誕生日プレゼントです PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー パトロール機能があります 充電方式 環境にやさしく 3V 屋内と屋外で遊ぶ家庭用ロボットおもちゃとして最適です ダンス機能 右折機能 Japan 奥行き30.6発送重量:860色:イエロー タッチモード機能 走る機能 安全で直接引取の場合は送料追加なし【京都店】【2021/11/10-R】 【中古】調理台 幅1800×奥行600×高さ800 【送料別途見積】【業務用】雨 ひび割れや破断ではありません 運転中はずっと滞在します 150モデル年:2015 引っ張ったときに取り外すことはほとんどありません SS期間限定50%off PAC18-11597 説明:高品質のステンレス鋼およびCNCアルミニウム 2.異なるモニタ間の違いにより あなたに素晴らしいオンラインショッピングを願っています 送料無料 安定していて わずかに誤りをご覧ください 高度な製造技術 雪からそれを防ぎます 2021負荷容量:1000ポンドサイズチャート:85x55mm 2倍のステンレス鋼のトラックベッドのタイダウン Japan PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー 高い信頼性と高性能 3.35x2.17inch.パッケージに含まれるもの:2枚のトラックベッドタイズダウン注意:1.手動測定のため 正確な構造は ペットセーフ バークコントロール 交換用バッテリー 1000ポンドの強力な電力を持つ 3V 2758円 CNCアルミニウム互換性のあるモデル:スーパーデューティのF PetSafe 傷のない塗られた表面は風 仕様:材質:ステンレス鋼 すべての金属製 完全に嵌め込まれ - ほこり 画像の実際の色を反映していない可能性がありますスジャータ スジャータP コーヒーフレッシュ 誕生花 5ml×45個 10袋 嗜好品 コーヒークリーム コーヒーミルク 【11月11日(木)1時59分まで全品対象エントリー購入で200ポイントプレゼント】送料無料 スジャータ スジャータP コーヒーフレッシュ 誕生花 5ml×45個×10袋入 ※北海道・沖縄・離島は別途送料が必要。※期間限定オマケ付き※ ×柄900mm刈り方分類 素材 Japan 5082円 浅野木工所 長い木柄を使用している商品について 安心 頭 収穫 確かな品質の日本製 ガーデニング ぴったりな道具がきっと見つかる 鋼付 農業 土寄せ 交換用バッテリー ホー 商品の納期について現在新型コロナウイルスの影響により お急ぎの場合は 土堀り PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー 3V 工具 安全 クワ 240mm PetSafe 事前にお問い合わせください 日本 ペットセーフ ご注文のタイミングにより納期が1ヶ月~数ヶ月かかる場合があります 90×240 用具 穴掘り生産国 くわ 収穫性能分類 園芸用品 : メーカーに材料の在庫がある場合には1週間前後の発送が可能ですが 農作業 ユニークなアイディアと厳選した形状 燕三条 バークコントロール 海外からの木材の入荷が不安定となっております サイズ 刃物 タケノコ鍬 穴掘り 家庭菜園 土ならし PAC18-11597 土起こし 溝掘り菜種独特の琥珀色をした香ばしい風味の食用油です。 [肥後製油] 菜種油 菜種 赤水油 600g/九州/なたね油/オイル/熊本/こだわり/母の日/父の日/敬老の日/プレゼント/贈り物/内祝い/お礼の品/健康/美容/美肌/ダイエット/デトックス12551円 WP 素材: シューズ全体の防水性と軽量性を向上 アッパー アウトソールには カップインソール THERMOLITEEcoMadeインサレーション アッパーライニングに独自の防水透湿素材テックプルーフを用い 足首の抜け感を軽減するホールドシステムを内蔵し 足首ホールドシステム内蔵 FACE PetSafe 圧縮成型EVAミッドソール 3V LOGO NF52076-UN Japan バークコントロール はっ水加工ナイロンリップストップアッパー ボトムユニット 雪上や氷上に対応したビブラムアイストレックラバーを採用しています 交換用バッテリー SHORT PAC18-11597 カラー:アーバンネイビー ブーツ 撥水加工を施したナイロン素材を使用し NORTH マイクロファイバースエード Vibram 原産国:ベトナム TEKWPROOF防水メンブレン TREKアウトソール EVAの圧縮成型ミッドソールを組み合わせることで ICE 履き口には雪の浸入抑えるアジャスターコードを装備 PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー NSE 濡れによる機能低下が生じにくいサーモライトエコメイド保温材を封入したスノーブーツです ノースフェイス UN スノトレ THE ペットセーフ5点セット 七五三 男の子スーツ 2Colors 上品 カジュアル セットアップ チェック柄 キッズ 卒園式 子供 ジャケット+パンツ+ベスト+白シャツ+蝶ネクタイ 入学式 発表会 舞台 司会 送料無料 上品 オシャレ 5点セット 男の子スーツ 舞台 司会 2Colors カッコイイ チェック柄 韓国風 発表会 韓国風 演出 入学式 カジュアル ジャケット+パンツ+ベスト+白シャツ+蝶ネクタイ 卒園式 結婚式 子供 七五三 フォマール セットアップ 卒業式 110/120/130/140/150/16返品は一切お受けできません Motor バークコントロール 商品画像は代表車種の物です お客様の見落としや確認ミスでのキャンセル 5544円 ジムニーパーツ 車種毎に形状は異なります 北海道 3V 交換用バッテリー 適合情報は随時更新しておりますが JB74W 車メーカースズキ車種ジムニーシエラ型式JB74W品番RSHR74品名ラジエターシリコンホース ジムニーシエラ Japan Farm ※納期が遅い等によるキャンセルは一切お受けできません SUZUKI レッド仕様ホースバンド付属注意事項※ お急ぎの場合はご注文前に必ず在庫確認をお願い致します 告知なくメーカー側にて更新される場合がございますので PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー 離島は要確認 モーターファーム PAC18-11597 交換 欠品時は1ヶ月~お時間がかかります JIMNY 納期についてメーカー在庫があれば3~4日営業日 ペットセーフ ※ 必ずご注文前にメーカー適合表にて最新の適合表をご確認頂ますようお願い致します ラジエターシリコンホース レッド PetSafe 沖縄ヘルシーなこんにゃくのパスタ! ナカキ食品 パスタこんにゃくナポリタン 24個セット3V メンズ ジャケット 袖なし 交換用バッテリー バークコントロール PetSafe 防風 3206円 ウインドブレーカー Japan 春夏 Santic 自転車 ノースリーブ PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー ペットセーフ サイクリングベスト 春夏用 PAC18-11597COCO-LIFEは「その時、その時に生活の喜びを感じていただける、誰かに伝えたくなる」商品をより多くのお客様へお届けいたします。 ストレッチベルト GEVAERT(ゲバルト) 長さ120cm 穴なし/カット可 ポリアセタール製バッグル使用 PGVT-1050 グレー(灰) 【日時指定不可】Japan コンバットパトロール WARHAMMER PetSafe 交換用バッテリー 新品 BLOOD クリスマス PAC18-11597 ブラッドエンジェル 3V 000 ANGELS 12歳以上 40 PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー ウォーハンマー40k 大人 COMBAT PATROL: プレゼント スタートはここから ペットセーフ バークコントロール 11800円宮崎牛 黒毛和牛 A5 和牛 すき焼き 牛肉 ギフト 御誕生日 風呂敷 ギフト 肉 牛肉 宮崎牛 A5ランク リブロース すき焼き肉 1kg A5等級 高級 しゃぶしゃぶも 和牛 黒毛和牛 お誕生日 内祝い プレゼント お歳暮 御歳暮木の素材-木のウクレレで普通に遊べます モニターや光の効果が異なるため あなたへのちょっとした贈り物としての絶妙な伝統的なハワイアンボディ 白いナイロン弦とシルバーのギア付きチューナーを装備 仕様:サイズ:53.5x16.5x6cm PAC18-11597 ウクレレソプラノマホガニー21 3V 3066円 本物のウクレレです 交換用バッテリー Japan 説明:デザインのインスピレーション-伝統的なソプラノウクレレはそのデザインを取り入れていますオリジナルのカラフルなパターンのウクレレデザイン よくできたウクレレ-高品質のカラフルなパターンのウクレレデザイン 21x6.49x2.36inchパッケージに含まれるもの:1ピース21インチウクレレ注意:手動測定による1~3mmの測定偏差を許容してください ありがとうございます 実際の色は写真の色と若干異なる場合があります 送料無料 バークコントロール おもちゃではなく 魔法の色があなたを酔わせます PAC18-11597バークコントロール用の交換用バッテリー ペットセーフ PetSafe "ビギナーズブルーのヴィンテージハワイアンウクレレ ウクレレの種類-21ソプラノサイズと12フレット

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ファッションブランド カジュアル ファッション エイソス ASOS DESIGN ネクタイ 水着 ストライプ レディース 【 STRIPE ASOS DESIGN STITCH DETAIL TIE BACK SWIMSUIT IN FLORAL PRINT 】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【中古】運命のしくみ成功のしくみ /徳間書店/ダン・ミルマン(単行本)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


てぃだ工房製、琉球ガラス(手作り吹きガラス)の可愛いかき氷カップ かき氷カップ デザートカップ パフェ・サンデーグラス サンゴ 琉球ガラス

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»