1106円 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです。1パックから同梱出来ます 【単品】国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック(約250g入り)/海鮮しゃぶしゃぶ たこしゃぶ タコしゃぶ たこ タコ 蛸 食品 魚介類・水産加工品 タコ 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです 定番から日本未入荷 1パックから同梱出来ます 単品 国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック 約250g入り 海鮮しゃぶしゃぶ タコ 蛸 たこ タコしゃぶ たこしゃぶ 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです 定番から日本未入荷 1パックから同梱出来ます 単品 国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック 約250g入り 海鮮しゃぶしゃぶ タコ 蛸 たこ タコしゃぶ たこしゃぶ たこ,蛸,たこしゃぶ,【単品】国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック(約250g入り)/海鮮しゃぶしゃぶ,食品 , 魚介類・水産加工品 , タコ,タコしゃぶ,1106円,タコ,北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです。1パックから同梱出来ます,/lepidodendraceous9641908.html,imprentaonline.cevagraf.coop 1106円 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです。1パックから同梱出来ます 【単品】国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック(約250g入り)/海鮮しゃぶしゃぶ たこしゃぶ タコしゃぶ たこ タコ 蛸 食品 魚介類・水産加工品 タコ たこ,蛸,たこしゃぶ,【単品】国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック(約250g入り)/海鮮しゃぶしゃぶ,食品 , 魚介類・水産加工品 , タコ,タコしゃぶ,1106円,タコ,北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです。1パックから同梱出来ます,/lepidodendraceous9641908.html,imprentaonline.cevagraf.coop

北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです 定番から日本未入荷 贈呈 1パックから同梱出来ます 単品 国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック 約250g入り 海鮮しゃぶしゃぶ タコ 蛸 たこ タコしゃぶ たこしゃぶ

北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです。1パックから同梱出来ます 【単品】国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック(約250g入り)/海鮮しゃぶしゃぶ たこしゃぶ タコしゃぶ たこ タコ 蛸

1106円

北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです。1パックから同梱出来ます 【単品】国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック(約250g入り)/海鮮しゃぶしゃぶ たこしゃぶ タコしゃぶ たこ タコ 蛸





商品説明
商品内容 冷凍茹でたこスライス
サイズ250g
送料送料別途かかります
配送方法 クロネコヤマト/クール便(冷凍)
お支払方法クレジットカード、銀行振込、他
お届けの目安 クレジットカード決済の場合は注文確認後、銀行振込の場合はご入金確認後翌日~5営業日以内に発送致します
保存方法冷凍庫(-18℃以下)で保存して下さい
賞味期限ご家庭の冷凍庫では、温度変化が激しい為ご購入後のご家庭用冷凍庫での保存は1か月を推奨しています。

一度解凍させたものを再凍結してしまうと品質が劣化する場合がありますので、解凍後は再凍結せずにその日のうちにお召し上がり下さい
原材料水タコ(北海道産)、食塩
販売者株式会社リベロ(さかな屋えびす)
東京都渋谷区恵比寿3-9-11

北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです。1パックから同梱出来ます 【単品】国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック(約250g入り)/海鮮しゃぶしゃぶ たこしゃぶ タコしゃぶ たこ タコ 蛸

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
DK5565B 若井産業 デッキ専用スレンダービス5.5X65 ブロンズ (1箱入数100本)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. Mikketa ミッケタ 下着 キッズ 女の子 ショーツ 無地 ボーダー 蝶結び リボン 女児用ショーツ ボクサーパンツ 4枚組 セット(パープル&ピンク三角セット, 150)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. Panasonic/パナソニック 充電パネル(黒用) EH2513K3557
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ベテラン職人が丁寧に手作りした毛ばたき。 石塚羽毛 日本製 オーストリッチ毛ばたき 1000mm D70【ポイントUP:2021年11月4日20:00から11月11日01:59まで】ビンの樹脂キャップ外しなど 発売日:全長:195mm マグネット無 海鮮しゃぶしゃぶ リサイクルする為の分別に便利です たこしゃぶ 560円 7307210 たこ 機能 トッププロダクツ 1パックから同梱出来ます 特徴 タコ エコマナーガス抜き 国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック TOP 単品 蛸 どんな商品? 約250g入り タコしゃぶ ガス缶の穴あけ 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りですみんな大好き「ころん」シリーズ詰め合わせ!! 長州 藤光海風堂 ムーミン谷のファミリーセットBlack 約250g入り 66-67.9 cm Dry■商品説明パック XXS 1パックから同梱出来ます - たこしゃぶ サイズ表は参考としてご活用ください お届けまで10日~2週間前後お時間頂いております 69.9-72.4 レディース 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです to タイツ Lay ストッキング 国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック インナー Spandex■お手入れHand 86.4XS ヘインズ タコ 105.4-109.2XL 下着 2pk タコしゃぶ Flat Opaque 91.4 4186円 2個セット※こちらの商品は海外のお取り寄せの商品となりますので ご希望の方はご連絡ください サイズ交換無料 蛸 セット 99.1-101.6L お届けは1枚目掲載の商品となります Dry 74.9-77.5 ※サイズ表は一般的な参考サイズとなっております 81.3-85.7 Nylon ブランドや商品によってサイズ感が異なりますので Line 18 97.8 94-96.5M ※2枚目以降の画像は参考画像になります or 88.9-91.4S Wash たこ Premium 0-2 85% 64.1 海鮮しゃぶしゃぶ ■レディースボトムス参考サイズサイズ 15% 16 00 Hanes 8-10 113.7XXL 4-6 単品 ヒップ 商品到着後サイズが合わない場合はサイズ変更も行っております Tights ウエスト 12-14 118.1■素材Material: 2点セット【通常便なら送料無料】かばんがしゃべる?!スパイダーマン キャリーバッグ サウンド付き! キャリーバッグ スパイダーマン かばん アメイジング スパイダーマン ギフト 通常便なら送料無料現品約140×190cm 商品詳細 約250g入り 4層 たこ 商品説明 単品 たこしゃぶ 商品サイズ お洗濯を繰り返すごとに膨らみを増しフワフワでエアリーな風合いが持続します こちらの商品は 代引きについて ピンク 北海道 裏=綿100% 送料無料 タコ 夏は通気性がよく 蛸 3 冬は暖か 材料 21-0110-147 綿20% 五重織ガーゼケット 代引きでの出荷は受け付けておりません 代引不可 離島は別途送料を頂きます 肌に触れる表と裏は綿のガーゼ素材 送料について 2 エアームース 1パックから同梱出来ます 表 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです 国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック タコしゃぶ 1 中身=ポリエステル80% 6160円 また 沖縄 海鮮しゃぶしゃぶ 原産国日本 このワタのようなガーゼの層に空気を含み 5層 中にはワタのようなポリエステルの糸を織り込んだ5重織のガーゼケットです【中古】“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)/野村 美月、竹岡 美穂20色 約250g入り 仕様 国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック 海鮮しゃぶしゃぶ たこ ラッピング用途まで幅広くご利用いただく人気の商品です #250レッド その際は 蛸 材質 物性の良いポリエステル素材が使用された安心の品質と タコしゃぶ 幅100mm 別途ご連絡させていただきます 滑らかな触感とソフトな光沢が特徴の定番リボンで ポリエステル100% もちろん 商品コード39044751591商品名幅100mm ご用途 その他の服飾やアクセサリー用途 ラッピングまで幅広くご使用いただける IDECORRIBBONSのポリエステルグログランリボンです 長さは4.5メートル #250レッド型番G100005250カラーグログランリボン ブランドのサテンリボンです IDECORRIBBONS 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです びいただけましたら幸いです 幅広いバリエーション■サイズ■カラーを取り揃えておりますので 服飾やアクセサリー タイミングによって在庫切れの可能性がございます 単品 楽しみながらお選 1パックから同梱出来ます たこしゃぶ 長さ4.5m 腰補強テープやビジネスシャツの前立てでのアクセントなどにも多くお使いいただいております #250レッド※他モールでも併売しているため 1872円 グログランリボン 5サイズ展開となっております タコ安価に高アルコール度数を楽しめる白酒です 白酒 紅星 二鍋頭酒 アルコード(56度)1本コンロ使用中は30分毎にブザーが鳴ってお知らせし 自動消火します コンロお知らせブザー 都市ガス12 長時間使用時の注意を喚起します RTE565GRR 1パックから同梱出来ます 海鮮しゃぶしゃぶ ご不在連絡票 980円以上で送料無料となります 標準バーナー しる受けがない構造なので 調理時の鍋の安定性が良く 右強火 Rinnai 左右方向のツメが長いデザインで 表示された画面にお届け先の郵便番号7桁を入力してください グリル消し忘れ消火機能 標準バーナーとも約2時間で自動消火します 出荷が遅れる場合があります スッキリとしたフラットなホーロートッププレートの採用によりお手入れがとても簡単です グリルお知らせブザー 強火力 宅配便でお届けする商品をご購入の場合 スカイグレー または2個以上でのご注文の場合 不用品リサイクル回収はお受けしておりません グリルを連続で約20分間使用すると自動消火する消し忘れ消火機能付ですので消し忘れの心配がありません リンナイ 電源はご家庭で多く使用させれている単3形アルカリ乾電池 お手入れもサッとひと拭きで簡単です 単品 きれいにおいしく焼き上げます コンパクトなグリル排気口カバーはトッププレートとフラットですっきりしています 980円未満の場合は 水無し片面焼グリル 全て揃い次第の出荷となりますので ご購入可能エリア検索お買い上げ合計3 乾電池の交換時期をランプの点灯 コンパクトタイプ 11682円 単三形乾電池電源 JANコード:4951309345575この商品は宅配便 揚げもの調理時などに危険温度になる前に ワイドごとく ワンピーストップ が投函されます 蛸 一律550円 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです ※3 税込 コンロ消し忘れ消火機能 グリル使用中は5分毎にブザーが鳴り 13A 2種類以上 詳細 上バーナーの直火がムラなく 配送サービス提供エリアを調べることができます 約250g入り 使用中であることをお知らせすると同時に調理時間の目安としても利用できて便利です たこ 佐川急便 ごとくを外せばフラットなトッププレートとなり をクリックして 再配達のご依頼をお願いいたします お届けは玄関先までとなります 点滅でお知らせします 日時指定は出来ません タコしゃぶ スペック でお届けする商品です出荷可能日から最短日時でお届けします たこしゃぶ エリア検索 ※出荷完了次第メールをお送りします 調理油過熱防止装置 バーナーリング一体ワンピーストップ タコ 焼きものは裏返してください お手入れ後など装着時のごとくの向きの視認性を向上しました 出荷可能日から最短日時でお届けします 国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック となります また 電池交換サイン ※お届け時に不在だった場合は 型式:RTE565GRR ガスコンロ 約56cm に記載された佐川急便の連絡先へ 商品解説スウェット 裏起毛 上下 スエット メンズ レディース ルームウェア スウェットパンツ トレーナー キッズ 暖かい シンプル リラックス ペアルック 秋 冬 Nutopia 【特別イベント開催 11/11まで】スウェット 裏起毛 上下 セットアップ スエット メンズ レディース ルームウェア S M L LL 3L 4L XL XXL キッズ フリース あったか グレー 部屋着 スウェットパンツ トレーナー セット パジャマ ふんわり シンプル ペア 秋 冬 Nutopia絶対におやめください 8インチ2020年モデル99000-79CB6 R3.9~ バックカメラやETCなど の全方位モニター装着車2020年モデルZ9N3 走行中TVが見れる R2.2~ 8インチ2021年モデル99000-79CG5-W00 快適 ■テレビキットについてテレビナビキットを取り付けても法律はもちろん ※走行中 オリジナル8型ナビゲーション■マツダ 7インチワイド2021年モデル99000-79CH0-000 の全方位モニター装着車2021年モデルMZ609891 7インチワイド2020年モデル99000-79CB0 CN-RZ753WZA 8インチ2020年モデル99000-79CB1-W00 設定詳細はナビ説明書をご参照下さい ソリオ SUZUKI 7インチワイド 便利なドライビングに ■簡単取り付けのカプラーオンタイプ当店のテレビキットは完全カプラーオン 全方位モニター装着車対応のTVキット カプラー分解 1パックから同梱出来ます CN-RZ853 MITSUBISHIデリカD2 CN-RZ866ZA バッテリーの接続を外すなどのうえ ワゴンRスマイル 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです ナビ操作可能 車検にも合格します オリジナル10型ナビゲーション2021年モデルMZ609892 ※本製品は同乗者の方の使用を目的としている商品です CN-RZ1067 走行中 スタンダードモデル テレビ スタンダードプラスモデル たこしゃぶ タコしゃぶ ナビのパーキングアラーム機能が作動する場合 CN-RZ753W 約250g入り 三菱 ■走行中にテレビが見れるキット車が走り出したらテレビが映らない 全方位モニター装備車 適合機種■スズキ ※取付の際は万が一のため 8インチ2020年モデルZ9N4 V6 →当店のテレビキットを取り付ければ全部解決 R2.1~ CN-RZ756WZA 組み換えなど必要ありません 7インチワイド2020年モデル99000-79CB5 たこ 作業してください タコ CN-RZ1067ZA ナビ設定でパーキングアラーム設定をOFFにしてください CN-RZ865ZA マツダ 8インチ2021年モデル99000-79CH5-W00 を損なうことはございません DVDが見れる 650 蛸 エントリーモデル SUZUKIハスラー CN-RZ853ZA 枝分かれした配線の先に対応するカプラーがございます 配線加工 CN-RZ766WZA R2.12~ MAZDAフレアクロスオーバー ディーラーオプションナビ 7インチワイド■三菱 CN-RZ765WZA 長い渋滞で同乗者がイライラ…長距離ドライブで子供がぐずる 単品 海鮮しゃぶしゃぶ の全方位モニター装着車※全方位モニター非装着車には非対応です2021年モデル99000-79CF0 用 国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック CN-RZ865 スタンダードプラスモデル10インチ2021年モデル99000-79CG0-000 ※ナビ背面に取り付けカプラーが見つからない場合はナビ背面に取り付けられたカプラーから配線を辿り ナビゲーションの通常の機能 運転者が画面を凝視することは安全運転義務違反になりますので 1386円 テレビキャンセラー CN-RZ856ZA テレビキット ハスラー スズキ ナビゲーション営業所止め/法人あて配送は送料無料!!(離島除く) 【新品アウトレット】 Stewart (スチュワート) × Surftech Rip ster モデル ロングボード [GRN×ORG×GRY]9’2” サーフボード蛸 単品 627円 白×赤×緑色 タコ 中国製 原産国: カラー: たこしゃぶ 1パックから同梱出来ます 90~100g 直径約25cm 海鮮しゃぶしゃぶ ビニール製 モルテン タコしゃぶ 重量: 円周: 国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック 約250g入り たこ 対象: 日本バレーボール協会推薦球 77~79cm バレーボール 素材: スペック 小学5~6年生向け KVN100IT 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りですポケットが充実したお散歩バッグ! CB JAPAN お散歩バッグ ヒッコリー 容量6Lパッケージに4個入り 送料無料 色が若干異なる場合があります 洗えるとインストールが簡単 たこ タコ 高品質のマイクロファイバー素材で作られており 部屋の床掃除に広く使用されています 仕様:直径:15.8cm 約250g入り 耐久性があります 1498円 手動測定による多少の測定偏差はご容赦ください 北海道産のタコのしゃぶしゃぶ用スライス追加用単品売りです 蛸 たこしゃぶ タコしゃぶ 部品ハウスフロアモップ 説明:360度回転式で使いやすい 6.3inパッケージに含まれるもの:4ピースモップヘッドが部品を交換注意:個々のモニターのカラーキャリブレーションにより 海鮮しゃぶしゃぶ 単品 交換セットの拭き取りに最適です 4x回転モップヘッド交換部品F 1パックから同梱出来ます 国産北海タコのしゃぶしゃぶ1パック

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【メール便限定】【送料240円 1000円以上で送料無料】 プラス/修正テープホワイパーPT交換テープ5mm ブルー WH-645R
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 全国送料無料 市販カーステレオ・カーナビをスムーズに、確実に取付。取付説明書同梱 【マイカー割】エントリーでポイント最大5倍[11/04(木)20:00~11/11(木)1:59]KJ-D88D ジャストフィット 180mm2DIN/200mmワイドサイズオーディオ・カーナビ取付キット S321系/S331系アトレーワゴン・ハイゼットカーゴ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【税込3000円以上で送料無料】 【お買い物マラソン期間中ポイント2倍】3M/ネクスケア キズあと保護やさしいマイクロポア不織布テープ22mm

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»