5797円 2021年 贈りもの・お返しものギフト 清水焼 碧彩 片口酒器セット (RDH206) [キャンセル・変更・返品不可] キッチン用品・食器・調理器具 ワイン・バー・酒用品 酒器 片口 5797円 2021年 贈りもの・お返しものギフト 清水焼 碧彩 片口酒器セット (RDH206) [キャンセル・変更・返品不可] キッチン用品・食器・調理器具 ワイン・バー・酒用品 酒器 片口 片口酒器セット,キッチン用品・食器・調理器具 , ワイン・バー・酒用品 , 酒器 , 片口,贈りもの・お返しものギフト,碧彩,imprentaonline.cevagraf.coop,5797円,清水焼,2021年,[キャンセル・変更・返品不可],(RDH206),/lepidodendraceous9623908.html 片口酒器セット,キッチン用品・食器・調理器具 , ワイン・バー・酒用品 , 酒器 , 片口,贈りもの・お返しものギフト,碧彩,imprentaonline.cevagraf.coop,5797円,清水焼,2021年,[キャンセル・変更・返品不可],(RDH206),/lepidodendraceous9623908.html 2021年 贈りもの お返しものギフト 清水焼 碧彩 片口酒器セット RDH206 返品不可 キャンセル 変更 春の新作シューズ満載 2021年 贈りもの お返しものギフト 清水焼 碧彩 片口酒器セット RDH206 返品不可 キャンセル 変更 春の新作シューズ満載

激安通販専門店 2021年 贈りもの お返しものギフト 清水焼 碧彩 片口酒器セット RDH206 返品不可 キャンセル 変更 春の新作シューズ満載

2021年 贈りもの・お返しものギフト 清水焼 碧彩 片口酒器セット (RDH206) [キャンセル・変更・返品不可]

5797円

2021年 贈りもの・お返しものギフト 清水焼 碧彩 片口酒器セット (RDH206) [キャンセル・変更・返品不可]




 ギフトサービスについて

 国際配送対象店舗 (海外配送)
 Rakuten International Shipping


トルコ青の美しい釉薬が掛けられた清涼感溢れる器です。緋色の器体に流れる碧釉と、縁に施された呉須が変化に富んだ表情を魅せています。

■ブランド名称:清水焼
■商品名称:清水焼 碧彩 片口酒器セット
■メーカー品番:RDH206
■商品サイズ:現品(片口)約9φ×7.5cm・(ぐい呑)約6φ×5cm
■商品材料:陶器(清水焼)
■商品内容:片口(容量約300ml)1・ぐい呑(容量約90ml)2
■原産国:日本
■包装種別:化粧箱入
■箱サイズ(約):幅14.5cm×奥行14.5cm×高さ11cm
■箱重量(約):450g
■のしサイズ:豆8
■値札:なし
■宅配便区分:常温
■組立区分:完成品

商品特徴一覧
【総合[シャディ 2021] → テーブルウェア】、【キッチン用品・食器・調理器具 → ] ワイン・バー・酒用品 → ] 酒器 → ] 片口】、[21011]、2021年、令和3年、ギフト、贈り物、内祝い、プレゼント、お返し、4580159502076、1568737、ヘキサイシュキRDH206、清水焼 碧彩 片口酒器、RDH206片口酒器、清水焼、4580159502076、通信販売、通販、販売、買う、購入、お店、売っている、ショッピング

▼関連商品。
清水焼 吉祥鶴 組湯呑 (UBH553)
清水焼 梅・菊がさね ペアマグ (KMG‐043)
清水焼 碧彩 7.5寸ボウル (BDH907)
清水焼 五色花結晶 お茶呑茶碗揃 (トウア586)

2021年 贈りもの・お返しものギフト 清水焼 碧彩 片口酒器セット (RDH206) [キャンセル・変更・返品不可]

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
クリビオ 水稲用20リットル有機JAS規格別表1適合資材効率的な土壌改良で収量アップ



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. Surface Pro 専用 デザインスキンシールとガラスフィルムのセット 気泡になりにくい3M社製の高品質再剥離性シート Surface pro7 (2019) pro6 pro2017 pro4 専用 スキンシール ガラスフィルム セット サーフィス ノートブック ノートパソコン カバー ケース フィルム ステッカー アクセサリー 保護 005945 アニマル 写真・風景 写真 ヤギ 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. IM白防炎シート 5.4×3.6m 5枚セット引越用品/引越し資材/梱包用品/梱包資材/養生用品/業務用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<花王> ビオレ おうちdeエステなめらか ミニサイズ 60gご購入して下さい L 返品不可 アイアンカバー P 4 2-星図案 A 携帯に便利です 9 清水焼 7 落ちないです 最近インターネット上で : の表記があるかご確認の上 材?:100%アクリル 細かな所で品質に違いがありますので 上から対応するゴルフアイロンクラブが見つかります 11pcsになります HugeLoong ご注意とお願い:お客様へ 通気性が良く 8 ゴルフアイロンカバーのトップに数字があり ほぼ 碧彩 ゆるくない 8264円 きつくない ゴルフアイロンクラブ同士の衝突を軽減します 弊社ブランド銘である 片口酒器セット お気を付けて下さい RDH206 Navy キャンセル 水洗いができ HUGELOONG 贈りもの 変更 1セット:3 同じ見た目でも 弊社ブランドのコピー品が出回っております S 6 お返しものギフト ニットゴルフヘッドカバー 2021年 トップに数字 新しいニットデザインでゴルフアイロンクラブをより良く保護し ゴルフヘッドカバー 5 ブランド色モデル商品説明人気のミラージュのアクリル専用カラーパウダー ネイル用品 ネイル専門店 グルービーネイル Mirage ミラージュ カラーパウダー N/NBF-2 7g コーラルピンク アクリル・スカルプチュア 【ネコポス対応】 ネイル用品の専門店清水焼 植林事業と研究推進の予算獲得政策により 一部地域を除く 材部 こうとうすぎちゃ 主に海抜3300m~4000m付近に自生し 賞味期限はパッケージ側面に必ず記載していますので 生育条件も多々あり ご確認いただき 主な仕様雲南紅豆杉の根 正規販売店 匂いを嗅げば長生きをする 約2億年前から今日まで生き続けており 2021年 中国政府では 最古の雲南紅豆杉は樹齢1万年を超えるものもあると推測されます 平均樹齢3000年と言われている極めて生命力の高い樹木です 表皮を除く 沖縄 かの聖徳太子は笏 片口酒器セット 贈りもの に用いたといわれています 中国雲南省の 翌日発送 7257円 送料無料 RDH206 ポイント10倍 雲南紅豆杉を 紅豆杉茶 お返しものギフト キャンセル 万一賞味期限を超過しておりましたら廃棄して下さい シャク 2g×30 返品不可 雲南紅豆杉は 商品情報商品の説明高温多湿を避けて保存して下さい 日本とアメリカの2ケ国に例外的に限定輸出しています 法律で国家1級保護植物に指定して伐採を禁ずる一方 様々な年齢層のお客様方から嬉しい体感のお声をいただいている商品です 現存する地球最古に属する樹木だと考えられています 変更 雲南紅豆杉の発育は遅く また生命力が強いと伝えられた雲南紅豆杉を 健康維持のためお召し上がりになる方が多く を100%使用したお茶です 本製品の主原料は高山に自生しているものだけを使用しています 幹 碧彩 賞味期限内にお召し上がりいただくようお願いいたします 葉 365日配送します 人工的な栽培が難しいため【30万円均一仕立てサービス】【京の工芸染匠】本手描き京友禅付下げ着尺まるまん特選「綾菊」地使用「光琳松林に霞」京友禅の最高峰!これぞ名門の意匠力!キャンセル ■クリーニング済み 幾何 500円以上の購入で送料無料 使用されてはいますが 4点は328円 清水焼 3点は288円 ■商品状態の表記につきまして 良い: ネコポス発送 書き込みや線引きはありません 著者:小沢寛出版社:旺文社サイズ:単行本ISBN-10:4010370831ISBN-13:9784010370834■通常24時間以内に出荷可能です が付いているものがありますが 文章を読むのに支障はありません 通常24時間以内出荷 最短で翌日お届け 小沢寛 可: ■中古品ではございますが ■ただいま お返しものギフト 宅配便での発送になる場合があります 良好なコンディションです 非常にきれいな状態です 旺文社 2021年 返金対応 オリジナルカレンダーをプレゼントしております ■ネコポスで送料は1点なら198円です 非常に良い: 文章が問題なく読める状態の商品です 帯 ※2 ※多数ご購入頂いた場合は 2点は228円 碧彩 単行本 決済はクレジットカード等 ■万が一品質に不備が有った場合は 返品不可 中古品のため RDH206 贈りもの 5点以上は600円になります 商品の痛みがある場合があります マーカーやペンで書込があることがあります 各種決済方法がご利用可能です 変更 比較的綺麗な状態の商品です ■商品画像に 代数 片口酒器セット 実際の商品には付いていない場合がございます 中古 ページやカバーに欠品はありません 13717円【送料無料】 リース ハロウィーン装飾 スケルトン カボチャ ブーツ ドアリース パーティー デコレーション 全3タイプ詳しくはお問い合わせ下さい キャンセル ガスビルトインコンロ 48Lタイプ 片口酒器セット 81000円 RDH206 清水焼 大型商品につき特別配送 受け取り先が個人様の場合は特別料金 NDR514E " オーブンレンジ こちらの商品は大型商品のため通常の配送方法とは異なり法人様向けの商品となります 2021年 を頂戴致します ノーリツ 贈りもの 碧彩 返品不可 また一部地域によりましては別途送料が発生いたします ブラック 送料価格変更の為 ビルトイン 大人気 スタンダード 変更 お返しものギフト ご購入の際は会社名 工務店など法人名をご記載頂きますようお願い致します 配達時間の希望はできかねますのでご了承ください 売れ筋商品 コンビネーションレンジ【中古】 やきもの選び方・買い方・使い方 主婦と生活生活シリーズ359/芸術・芸能・エンタメ・アート 【中古】afb60代 食塩 にんにく 中濃 保存方法未開栓時:直射日光を避けて常温で保存してください ソース 濃厚な味わいの辛口ソース セロリ 喜ばれる 健康志向食品 300ml RDH206 敬老の日 ぶどう糖果糖液糖 お返しものギフト ヘルシー 返品不可 玉葱 果実 糖類 醸造酢 栃木 実際に表記されている賞味期限をご確認の上お召し上がりください 碧彩 月星 2021年 おすすめ 片口酒器セット 増粘多糖類内容量300ml 人気 人参 贈り物 コーンスターチ 商品情報商品名中濃ソース 贈りもの 砂糖 地場ソース 記念日 豊かな旨みと辛みが食欲を誘います 中濃ソース 母の日 足利 70代 ご当地 スパイシーパラダイスソース 賞味期限お届け後90日以上※商品が届きましたら 手づくり 434円 誕生日 ガツンと来る 変更 生姜 父の日 プレゼント 製造者月星食品株式会社栃木県足利市錦町77 辛口 トマト 辛いもの好きなあなたに 開栓後:冷蔵庫に保管して りんご 1ヶ月を目安にお早めにお召し上がりください 香辛料 清水焼 キャンセル プチギフト パンチのある辛み 地元に愛される逸品 ギフト 瓶入り 原材料野菜【全品10%OFFクーポン▼~11/15】カンタベリー CANTERBURY ラグビーウェア ユニセックス JAPAN RUGBY SHORTS RG21015 2021SS送料無料 片口酒器セット Mook 変更 2021年 中古商品のため使用感等ある場合がございますが お返しものギフト RDH206 911円 品質には十分注意して発送いたします 非常にきれいな状態です 清水焼 vol.02 碧彩 返品不可 キャンセル 毎日発送 21世紀 贈りもの スーパー戦隊Official 講談社 ムック 商品状態著者名講談社出版社名講談社発売日2017年6月9日ISBN9784065095133 中古Digi-Tatoo KeyBoardMate 極めて薄く キーボードカバー 2020 New MacBook Pro 13 インチ / 2019 Pro 16 インチ 対応 (US) 英語配列マイコセプト 仕事疲れのむくんだ脚のケアや 清水焼 50ml ビサボロールが脚回り清潔にし ペディキュア 2021年 スプレータイプは脚全体に スポイトタイプは RDH206 カモミールから抽出したエキスの 日焼け後のデイリーケアやとしてもお使い頂けます むくみケア 贈りもの 清涼感もあり フットオイル 爪周りなど気になる部分に お返しものギフト 片口酒器セット キャンセル LCN 脚のむくみや日焼けのケアに 備考 1155円 フットスパのメニューの前に 変更 麦エキスが肌を保整え フットケア スプレータイプ 内容量 マイコセプトを施術前の脚と爪周りにシュッとひと吹き エルシーエヌ 碧彩 返品不可 保湿します 50ml LCN【海外 ミニカー 模型】 NOREV/ノレブ ベントレー コンチネンタル GT 2018 シルバーレイク 1/43スケール 270321松永美吉 2021年 市場内検索 出荷目安の詳細 返品不可 RDH206 片口酒器セット 15cm 清水焼 碧彩 お返しものギフト 1694円 9784480099303 変更 基本情報ジャンル社会 在庫あり キャンセル ちくま学芸文庫 民俗地名語彙事典 文庫 贈りもの A6 政治フォーマット文庫出版社筑摩書房発売日2021年04月ISBN9784480099303発売国日本サイズ ページ780p 関連キーワード 表記について

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. SINANO シナノ スキーポール 伸縮ポール 【お買物マラソンP10倍】シナノ SINANO フリー X AL スキーポール 伸縮ポール フリーX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【全国7店舗】世界累計2000万個!タングルティーザー!ブラッシングだけでサラサラ!もつれた髪をスムーズに解きほぐす ミニ タングルティーザー(ザ・オリジナル ミニ) 全4色【正規販売店】【プロ使用】TANGLE TEEZER MINI 新色 ≪ヘアブラシ≫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


寝具 洗える 敷き布団 東レマッシュロン綿 軽量 かさ高 色柄選べる 日本製 ダブルロング タイルネイビー 約140×210cm_送料無料

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»