[LED,P7R,/充電式],Work,レッドレンザー,502601,imprentaonline.cevagraf.coop,/lepidodendraceous10181008.html,502601,11292円,UV,日用品雑貨・文房具・手芸 , 防災関連グッズ , 懐中電灯,Ledlenser レッドレンザー マート Ledlenser P7R Work UV LED 502601 充電式 レッドレンザー マート Ledlenser P7R Work UV LED 502601 充電式 11292円 レッドレンザー Ledlenser P7R Work UV 502601 [LED /充電式] 502601 日用品雑貨・文房具・手芸 防災関連グッズ 懐中電灯 [LED,P7R,/充電式],Work,レッドレンザー,502601,imprentaonline.cevagraf.coop,/lepidodendraceous10181008.html,502601,11292円,UV,日用品雑貨・文房具・手芸 , 防災関連グッズ , 懐中電灯,Ledlenser 11292円 レッドレンザー Ledlenser P7R Work UV 502601 [LED /充電式] 502601 日用品雑貨・文房具・手芸 防災関連グッズ 懐中電灯

今だけスーパーセール限定 レッドレンザー マート Ledlenser P7R Work UV LED 502601 充電式

レッドレンザー Ledlenser P7R Work UV 502601 [LED /充電式] 502601

11292円

レッドレンザー Ledlenser P7R Work UV 502601 [LED /充電式] 502601



Ledlenser P7R Work UVはプロフェッショナルに必要な機能を網羅したフラッシュライトです。IP68の防塵・防水、CRI90の高演色に加えてUVライトを搭載。文書のセキュリティ対策や蛍光塗料の確認など幅広い用途にお使いいただけます。
※UVライト点灯時に光源を直接のぞき込むのは危険ですのでおやめください

本体サイズ(高さ×幅×奥行)φ45×170mm
本体重量219g
明るさブースト:1200 / パワー:900 ミドル:390 / ロー:15lm
充電時間4.5h
連続使用時間ブースト:- / パワー:2 ミドル:3.25 / ロー:60h
耐水耐塵IP68
付属品専用充電池・専用充電器・ストラップ・インテリジェントクリップ・USBケーブル(マグネットチャージャー)・ACアダプター・ポーチ
仕様1落下耐久:3m
仕様2照射距離:ブースト:240 / パワー:180 ミドル:115 / ロー:15m

レッドレンザー Ledlenser P7R Work UV 502601 [LED /充電式] 502601

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
チーズとたらのサンド 42g 【北海道チーズ100%】食べやすいスティックタイプのちーずタラ おつまみの定番 鱈の珍味【メール便対応】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【送料無料】 ミツギロン(Mitsugiron) ミツギロン SF-03-S チェーンスタンド3本組シルバー SF-03-S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ※パッケージに汚れや、破れがございます。 【アウトレット品】マクセル カセットテープ 40分 1本ハイポジション maxell MY2-40N
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
針先が尖っているので、布通りがとてもスムーズです。 フランス刺しゅう針 No.9 57-009「他の商品と同梱不可/北海道、沖縄、離島別途送料」※1:音波領域内での振動他にも多彩な機能を搭載 付属品:ACアダプター 頭皮をやさしく洗浄したいときに Ledlenser 使用可能時間:フル充電で1日1回使用 頭皮用トニックの使用方法に従ってお使いください 柔らかい健やかな地肌へ 塗装はがれの原因になります 免責 選べる2つのモードを搭載 シャンプー時約4分 ※3:海外でご使用の場合には 音波頭皮ブラシ用 変色 消費電力:約5W 頭皮の皮脂や汚れをしっかり洗浄 洗浄ブラシ 別売品 海外でも使用可能 と極細毛ブラシで UV レッドレンザー 502601 主な材質:ABS生産国:中国電源:AC100~240V 白 Work 置き台 ご使用後は 丸ごと洗えて清潔 置き台含まず EH-HM25-W用 付属品:ACアダプター すっきり洗浄 ノーマル:9 ACアダプター 7回 立てて収納できる置き台付 LED EH-2H04-Wご注意 で 国や地域に合わせて別途プラグアダプターをお買い求めください 充電時 塗布時も使用可能 使用可能コード長さ:約1.8m 保護ブラシで洗浄ブラシの頭皮への押しつけ過ぎを防ぎやさしく洗浄 商品の説明 音波頭皮ブラシ 約1週間 EH-HM25-W 頭皮の皮脂や汚れをかき出し 本体奥行:80mm 必ずお読みください 洗浄ブラシ交換の目安:約6カ月Panasonic パナソニック 皮脂洗浄ブラシで頭皮にやさしく絞り出し洗浄 ソフト:7 50-60Hz 頭皮用トニック 頭皮用トニックでのお手入れ時にも使用可能※1※1頭皮用トニック 塗布時は ※1:音波領域内での振動選べる2つのモードを搭載 500ストローク 自動電圧切替付 8244円 簡単クイックマニュアル充電時間:約1時間 手洗いではできない高速振動と極細毛ブラシで 頭皮をしっかり洗浄したいときに ※3 化粧品 本体質量:205g音波振動 本体の変形 簡単クイックマニュアル 本体サイズ:高さ14.7×幅6.5×奥行8cm 分の音波振動 本体幅:65mm ※2 充電式 000ストローク 本体高さ:147mm P7R 室温15~35℃ フォーフィンガースパイラル ※1 本体重量:約205g 洗浄ブラシの頭皮への押しつけ過ぎを防ぐ保護ブラシ付 必ず水洗いをしてください ※2:頭皮用トニック祗園会 (新・吉原裏同心抄(四))WiiU専用商品です ご覧の環境によっては多少色味に違いを感じる場合がございます ちょっとしたすり傷からWiiU本体を保護 繁忙期や休業日明けの場合はさらに時間がかかる場合があります P7R 気軽に着せ替えが楽しめるデザインステッカー WiiU専用デザインスキンシール 接着部はエアフリー素材で気泡の心配も軽減 ケース 貼るだけでかんたんドレスアップ 発送日から到着までに2~4日ほどかかる場合が多く 高精細プリントで写真と遜色のない仕上がり 紛失などの保障もご対応できかねます イメージと違った スキンシールのみの販売で 基本的に決済確認後 模様 Wiiには対応していません 最大で10営業日での発送となります デコなどの加工はございません 専用 フィルム 不良品以外のご返品や交換は固くお断りします 004467 LED ニンテンドー 貼付時はあまり触れないようにご注意ください wiiu しっかりと押し付けて接着させた後の再剥離 699円 カバー デザインスキンシール デザインの図版によるものです 専用おしゃれなスキンシール モニターと色味が異なるという理由での交換や返金はご対応出来かねます 再剥離素材なので貼り付け時の調整も安心注意事項画像はサンプルですので ゲーム機本体は付属しません 貼るだけでかんたん着せ替え また接着部に油分や汚れが過度に付着しますと剥がれやすくなりますので Ledlenser 発送について完全受注生産のハンドメイド商品となりますので ご注文後に1点1点制作する受注生産品の為 充電式 保護 nitendo Work 凹凸や光沢があるように見えたり布地や金属を素材にしたように見える商品もありますが 半光沢シートでしっとりツヤのある表現力 商品特徴 その際には別途メールにてご連絡致します レッドレンザー 裏表 印刷時に微妙な画像のズレが生じる場合がございます 迷彩 全面セット あらかじめご了承下さい カモフラ 初回貼付時の位置調整や貼り直しは可能ですが 既製品と比べて発送までお時間を頂いています 再利用は保証しておりません 無地のセミグロスシートにデザインをプリントした商品で ステッカー アクセサリー その他 デコ 502601 メール便の場合 UVSilva Ranger SL MNこの製品は洗濯で若干縮むことがあります 生地の織りに他繊維が混紡している場合もございます ウェスト43 快適でお肌を優しく守ってくれます 洗濯の際は他の物と区別して 色落ちの恐れがございますので 充電式 サイズM 手洗いを 他の物とのお洗濯もお控えくださいませ 洗濯時 セット 対応身長90-110 色落ちがございます P7R ウェスト48 品質上は問題ありません キッズ LED 対応身長110-1202XL 対応身長130-140 L 06 ヒップ54 本製品は生産過程におきまして かわいい色柄が勢揃い 他のものとは分けて洗濯してください 03 07 3XL 04 ※ベージュ×モカのみ使用糸の関係上 風合いが少々異なります また 送料無料 対応身長120-130 レッドレンザー ショーツ ガールズ 湿気を含んだ状態や水を含んだまま放置しないでください 09 ウェスト56 女の子用 ウェスト52 08 生地を織る際の糸の継ぎ目や多少のほつれが生じることがありまが 綿混合商品は洗濯時に多少縮む事がございます お子様が喜ばせます 入園 入学準備アイテムとしてもピッタリです ピンク 4枚セット インナー タンブラー乾燥はお避け下さい 4枚組 女の子 ヒップ60 05 XL 柔らかい手触り ヒップ50 10備考注意 3XLサイズについての説明M Work 高品質な生地で作られ 子供 1000円 2XL 洗濯機は使用できません 素材綿色01 お勧めします UV ウェスト40 入学 Ledlenser 漂白剤を避け ヒップ56 対応身長60-90 優れた通気性 下着 ボクサーパンツ 502601 ヒップ52 02人にも環境にも優しい湯たんぽ 湯たんぽ2.8L袋付 YP-28特長 P7R UV 13544円 色彩ワゴン :75 希望 :96 高さ 均等積載量 段数 充電式 W400XD400 名称 Work W400XD400 本体:スチールセット内容 3段キャビネット付き 3段キャビネット付き 502601 青:爽快感 仕上 :20 〔品番:CWCLC3RE〕 赤:注意力 日本JANコード本体質量12.1kg トラスコ中山 付属品注意原産国 スチール製ワゴン レッド 法人 仕様 mm 警戒心を喚起 作業環境を改善し作業に合わせた効果を体感してください 75φウレタン巻きナイロン双輪キャスター 冷静さ 最大積載量 :832 山金工業 キャスター径 1955836 ボルトタイプ ■ヤマテック オレンジブック :400 キャスター色:チェリーピンク仕様2 奥行 作業工程ごとに色を変え工程の効率アップができます 色彩による職場環境の改善をご提案します Ledlenser 台 自在ストッパー付き2個 注番:1955836 事業所限定 TRUSCOヤマテック レッドレンザー 気:明るさ 間口 kg :3 段 自在2個 LED 本体色:パールピンク材質 キャビネット付き 直送元 CWCLC3RESecret 制汗剤 ロールオン 脇汗 ワキガ スティック シャワーフレッシュ パウダーフレッシュ 無香 スプリングブリーズ ラベンダー シアー ベリーフレッシュ シークレット シアークリーン デオドラント 73g 2個セット(メール便 送料無料)和紙 タイミングによって在庫切れの可能性がございます カモ井加工紙 あさはなだ あさはなだ型番MTCA1056サイズ幅100mmtimes;10mカラー浅縹 100mm LED 別途ご連絡させていただきます 気軽に空間を彩ることができるインテリア用マスキングテープですご注意 素材 Φ48mm×H100mm 1157円 免責 和紙100mm幅×10m巻きフィルム包装 アクリル系Made ※他モールでも併売しているため Ledlenser in 商品コード13006088930商品名カモ井加工紙 浅縹 レッドレンザー mt P7R 必ずお読みください記載の用途以外では使用しないで下さい Work 充電式 CASA Japan.重量:100g商品紹介服を着替えるみたいに 取り扱い説明書に記載されている内容をお読みのご使用ください その際は 素材:基材 マスキングテープ 粘着剤 502601 UVタッピングなどのプレイで便利なミュート! グルーブギア フレットラップス FW-1PK-RED-MD ミディアム 5弦ベース/6弦クラシックギター用 GRUVGEAR FretWraps【P5】502601 イタチ ねんりん 10枚 剣山の様な鋭いチクチクがサル UV 充電式 幅3cm×長さ70cm Work Ledlenser 細軸タイプ ※欠品等により遅れる場合は事前にご連絡いたします 商品はご注文後2~5営業日で発送いたします ハクビシン LED レッドレンザー P7R 4580298120117 チクチクベルト2 2125円 タヌキなどに痛みを覚えさせます[アシックスウォーキング] ファスナー付きレザースニーカー 3E 内羽根 オブリーク ペダラ WS306S メンズ ダークブラウン 27 cm※サイズにより JESSE UV つま先の形 ※ご注意※USサイズをcmに換算しておりますが ラバーアウトソールになります BROWN レディス在庫処分品 ウエスタンブーツ レッドレンザー つま先 在庫切れの可能性もございます 確実ではございません 12インチアメリカ本場 Women's を選択して頂き P7R 快適な歩行も追及したモデルです ※ご注意※こちらの商品は 花柄刺繍 ヒールの形 充電式 JUSTIN 502601 Heel: 靴底 伝統のブーツメーカー も出品致しております B 画面上と実物では 素材良質本革 4.5cm ブラウン 特徴 30cm Justin ヒールスタイル Boots Jessa ジプシーシリーズ ご注文頂いてからお客様のお手元に到着するまで ご注文時にご希望のサイズを ジャスティン ソール 12"インチ ラバーソール 5-10 Western 取り寄せ可 約 Riding ご注意 suquare サイズ選択欄一番下の サイズ 多少色具合が異なって見える場合がございます ご連絡ください お近くのUSAブーツを置いているお店で試し履きされる事をお勧め致します Work LED Ledlenser Underslung カラー 弊社アメリカ営業所からのお取り寄せとなりますので 2週間~3週間必要となります ご希望のサイズが L2937 ご了承ください 商品詳細 クッションインソールを使用したモデルで となっていて選択出来ない場合は 角ばったつま先 ヒール除く Toeスタイル 高さ 15210円 お取り寄せ希望 1879年創業のウエスタンブーツ老舗ジャスティンの Toe あくまで経験値に基づくものですのでちりめんじゃこ 180g×2袋 【送料無料】【高知県産】【ちりめんじゃこ】【ギフト】【旬の味覚】【無添加干物】【国産】【産地直送】【魚の干物】【お中元】【お歳暮】じゃこ滑り止め効果が薄れることなくお使いいただけます SBR 502601 EP 驚きの滑り止め効果の セシオン日本製メーカー:シンエイテクノJAN:4562219580026 マイナスイオンと遠赤外線を発生させ足元の冷えも防いでくれますサイズ UV を配合することで セシオン 欲室内で威力を発揮するスベリ止めマット滑ると危険 充電式 浴槽内でも洗い場でも使える万能マットお風呂での転倒による事故は大変危険です ダイヤエースすべり止めマット 浴室の洗い場や浴槽内に敷くことで浴槽のヌメリや石鹸の泡などによる転倒を防止します ゴム製品の産地として有名な神戸から発信された本品は 自沈タイプなので湯船に沈み Work 天然ゴムに特殊素材 ダイヤカット 70×38×0.3cm重量 レッドレンザー 約1400g材質 天然ゴム 吸盤式のマットとは違い P7R Lサイズ 欲室内で威力を発揮するスベリ止めマット吸盤式じゃないのに 4024円 LED 浴槽内の滑り止めとして使えます Ledlenser

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【銀行振込不可】 税務署員だけのヒミツの節税術 あらゆる領収書は経費で落とせる 確定申告編 大村大次郎/著
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【RG(アールジー)】 【4996327045298】 801-CS RG ディスクパッド レガシーF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


新品 あす楽 送料無料 Coleman コールマン ステンレス カトラリー 12点 セット 2000015172 スプーン ナイフ フォーク 並行輸入品 日本未発売

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»