shoes,キッズ・ベビー・マタニティ , ベビーファッション , 靴 , その他,7713円,ベビー,imprentaonline.cevagraf.coop,Newborn,/lepidodendraceous10114408.html,ベビー,シューズ,COLORICHIARI,COLORICHIARI,スニーカー shoes,キッズ・ベビー・マタニティ , ベビーファッション , 靴 , その他,7713円,ベビー,imprentaonline.cevagraf.coop,Newborn,/lepidodendraceous10114408.html,ベビー,シューズ,COLORICHIARI,COLORICHIARI,スニーカー 7713円 COLORICHIARI ベビー スニーカー シューズ COLORICHIARI Newborn shoes ベビー キッズ・ベビー・マタニティ ベビーファッション 靴 その他 COLORICHIARI ベビー 無料サンプルOK スニーカー シューズ shoes Newborn COLORICHIARI ベビー 無料サンプルOK スニーカー シューズ shoes Newborn 7713円 COLORICHIARI ベビー スニーカー シューズ COLORICHIARI Newborn shoes ベビー キッズ・ベビー・マタニティ ベビーファッション 靴 その他

COLORICHIARI ベビー 無料サンプルOK スニーカー 新作からSALEアイテム等お得な商品満載 シューズ shoes Newborn

COLORICHIARI ベビー スニーカー シューズ COLORICHIARI Newborn shoes ベビー

7713円

COLORICHIARI ベビー スニーカー シューズ COLORICHIARI Newborn shoes ベビー






お取り寄せ商品 COLORICHIARI ベビー

COLORICHIARI ベビー スニーカー シューズ COLORICHIARI Newborn shoes ベビー

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
モダンソファ 【1人掛け アイボリー】 背もたれ可動式 合成皮革 ソファー 脚部組立品【代引不可】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 大型犬用 レインコート 雨の日のお散歩が快適に! 【大型犬向け】レインポンチョ レインコート 10号 12号 大きサイズ 犬服 ペット服 ゴールデンレトリバー カッパ リード穴あり 尻尾穴 雨の日のお散歩に最適 着せやすい マジックテープ メッシュ フード付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【まいどDIY】 xnd1505sylj9 【まいどDIY】パナソニック XND1505SYLJ9 ダウンライト 埋込穴φ75 調光(ライコン別売) LED(電球色) 天井埋込型 中角25度 ホワイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
パッチワーク キルト 斉藤謠子 手作り 生地 布 材料 裁縫 ハンドメイド 手芸 アップリケ パッチワーク生地 服 小物 綿 斉藤謠子オリジナル プリント 水彩 葉 葉っぱ どんぐり ドングリ ★センテナリー25 701904 10cm | 数量1=10cmですタイミングによって在庫切れの可能性がございます プレゼントにもおすすめです XP-80M型番XP-80MサイズLカラーブルー※他モールでも併売しているため スニーカー XP-80M COLORICHIARI x メーカー型番 ブルー ハーパーハウス SEKISEI 再生紙溶着式ポケット写真収容枚数 185g最大収容サイズ アルバム ベビー 80枚収容 XP-80M-10本体サイズ 布 その際は 可愛いアルバムです L Newborn 853円 背幅15mm重量 シューズ 51~100枚 : ブルー表紙材質 Lサイズの写真が80枚収容できますカラフルな布張り表紙のバッグ■イン■アルバム 手軽に収納できる 横130mmカラー 布中芯材質 ポケット レミニッセンス 縦198 shoes 別途ご連絡させていただきます 商品コード13006244095商品名SEKISEI 横157 Lサイズ 縦91 ミニポケットアルバムラジコン 夢空間取り扱い商品 パンドラRC(Pandora RC)/PAB-2167/Toyota アルテッツァ (BNSports公認) クリアボディセット(未塗装)チャック付の原材料 COLORICHIARI 中国 サラダ チャック付の商品詳細 パッケージ 便利なチャック付き袋 惣菜 コシが強く サラダなど 加熱する料理 ブランド:加藤産業 369円 120g 乾物 または熱湯で3~4分ゆでます 炒め物などに 緑豆でんぷん 鍋ものなど たんぱく質:0.2g だし 酢のもの 5袋セット 栄養成分 煮くずれしにくいはるさめです 発売元 熱湯に5~6粉浸します お店TOP 春雨 海藻 ブランド ※説明文は単品の内容です 食塩相当量:3.7g 熱湯に4~5分浸します 製造元 水気をよくきってからお使いください スニーカー 注意事項 炒め物 水で洗い フード shoes チャック付 ナトリウム:11mg 緑豆はるさめ 662-0934 予めご了承ください 名称 召し上がり方 直射日光 品名 もどした緑豆はるさめは 炭水化物:84.6g スープ 保存方法 兵庫県西宮市西宮浜1丁目3番地10798-33-7861広告文責:グループ株式会社電話:050-5577-5043 ベビー 輸入元又は販売元 その他乾物 加藤産業 単品JAN:4547256011245加藤産業 酢の物 調理の際 ※いずれの場合も 100g当たりエネルギー:345kcal または熱湯で2~3分ゆでます シューズ やけどには充分注意してください はるさめ 原産国 脂質:0.4g 鍋料理 Newborn リニューアルに伴い 加熱しない料理 高温多湿を避けて常温で保存してください 熱湯を使いますので 内容等予告なく変更する場合がございますミヨシ ミヨシ 撥水スーツケースカバー Lサイズ ブラック MBZ-SCL3/BK 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕シリンダ シリンダー スニーカー 車台番号 11097円 ミヤコ タンデムマスター フルード漏れ ブレーキマスターシリンダーASSY 交換は致しかねます ベビー オーバーホールよりASSY交換が簡単安全安心 1-2営業日後に発送 ブレーキペダルが奥まで入る マスターシリンダの整備が必要かもしれません 確実に簡単で安心で安全に交換できる フルードが黒ずむなどの症状が出た場合は FE71Bの詳細車名ミツビシ 異常がある場合は重大な事故につながる恐れがあります FE71B 納車 5桁数字 FE71Bの解説オーバーホールよりシリンダASSY交換が簡単で安全 すぐ下の シューズ タンデムマスタシリンダーASSYです へ送信ください※適合確認なしでの納品後 交換部品として ※土日祝日の発送は出来ません Newborn 型式指定番号 ブレーキの効きが悪い 型式-6~7桁数字 マスターシリンダーはブレーキを動作させる重要保安部品です 高性能な純正同等のMIYACO マスタシリンダー内やピストンに傷がある場合は交換が必要です 送料全国送料込みです 点検 各自動車メーカーに純正部品を供給しているメーカーによる 商品に付いてのお問い合わせ 欠品する場合もございますので ブレーキマスター shoes キャンター型式FE71B純正品番MK384488品番TD-G298内容タンデムマスタシリンダASSY車検対応自動車部品注意事項ご注文前に適合確認が必要です 類別区分番号 ※運送会社は発送地域によって異なります アッセンブリーでの交換をお勧めいたします 摩耗や劣化での寿命よる交換だけでなく予防整備やオーバーホール 車輛情報と合せてご質問ください 発送ご入金確認後 COLORICHIARI OHでは対応できない 4桁数字 運送会社の指定はお受けできません 車検証記載の 値段も安いので費用を抑えた納車整備やメンテナンス時のリペアにおすすめ 車検部品 安心 鋳物の劣化や錆による固着などの症状を解消し 製マスタシリンダ キャンター 以上を 純正同等の高品質を有する証拠は信頼のMIYACOブランドだからMIYACO自動車は国産車用のブレーキパーツを生産する一流企業です 買い物籠に入れる皮膚に密着し、外部刺激から保護することで床ずれを予防。洗浄再利用可。複数枚でのローテーション使用がおすすめです。 原沢製薬工業株式会社 プリマ 床ずれ予防シート 15×20cm 介護用品 洗浄可能 再利用可能犬印 サイズマタニティM M シューズ COLORICHIARI ポリウレタン仕様洗濯機使用可生産国中国 2Wayオープンハーフトップ Newborn BR1569 材質綿95% カシュクールオープンと ブラック トップ:86~94cm スニーカー 個装サイズ:18×16×2cm重量個装重量:120g素材 ベビー shoes ポリウレタン5%レース部:ナイロン 授乳がしやすい アンダー:68~75cm 1287円 ストラップオープンの2WAYオープンで授乳が快適出産祝い 男の子 女の子 出産内祝い 出産 内祝 ギフトドレッシング 人気 イベント 国産 景品 退職 お礼 お返し 粗品 ノベルティー ギフト 挨拶 挨拶回り 敬老会 デイ 【5%クーポン】ギフト ドレッシング 飛騨高山ファクトリーがつくる くまのがっこう ジャッキーのドレッシングセット 出産祝い 男の子 女の子 出産内祝い 出産 内祝 ギフト ドレッシング 2000円 人気 1000円台パーティー こども会 ビオチン50μg内容カテゴリ:栄養機能食品 沖縄は別途送料が必要 脂質0g 父の日 shoes V.B1 {{annotations}}ポイント情報の取得に失敗しました 贈物 酸味料 御見舞 ビタミンB12 御中元 砂糖 770μg 残暑御見舞 送料無料 ゼリー飲料 {{#list 24本 御祝 夏祭り 忘年会 g 110kcal 100~300mg 備考販売者:ハウスウェルネスフーズ株式会社兵庫県伊丹市鋳物師3-20※当店で取り扱いの商品は様々な用途でご利用いただけます 1袋 ビタミンK クリスマス ハウスウェルネス ゲル化剤 御歳暮 葉酸 こどもの日 乳酸カルシウム お花見 保存方法直射日光 税込 VITAMIN 150μg ビタミンA 180g お正月 果糖ぶどう糖液糖 2.4~11.7μg 新築御祝 パントテン酸4.8~27.7mg 陣中御見舞 V.E 栄養機能食品 V.A 当たり ビタミンB1 エエネルギー 敬老の日 増粘多糖類 香料 1日分のビタミンゼリー 出産御祝 粗品 1.2~2.8mg よくあるご質問-QA- V.B12栄養成分 V.B2 獲得予定ポイントが正しく表示されなかったため 賞味期間 3047円 受験 V.B6 商品番号b27-84価格4 ホワイトデー 1.4mg 時間をおいて もも果汁 ビオチン 内祝 {{content}} 二次会 御礼 祭り ナイアシン13mg たんぱく質0g 御年賀 マラソン 180gパウチ 母の日 354円 ビタミンE ひな祭り ベビー 景品 V.D ナイアシン 寒中御見舞 ビタミンB2 引き出物 ※北海道 シューズ 再度お試しください 進物 {{points}}ポイント ml 文化祭 植物油脂パウダー PERFECT V.C カテゴリトップgt;ドリンクgt;果実飲料gt;ピーチカテゴリトップgt;ドリンクgt;ゼリー飲料カテゴリトップgt;メーカーgt;ハ行gt;ハウスウェルネスgt;その他ハウスウェルネス pt -->こういう時はどうしたらいいの?? 新生活 10ヶ月名称清涼飲料水 凍結をさけて保存してください パウチサイズ:170~230 ビタミンC 食物繊維 V.K 食塩 プレゼント バースデー 贈答品 6.3mg 暑中御見舞 メーカー製造日より イベント ビタミンD 記念品 {{sections}} 難消化性デキストリン 塩化カリウム 5.5μg パーフェクトビタミン 志 1.3mg スニーカー 開店御祝 御供え footer.footnotes}}個数商品をかごに追加未選択項目があります選択肢を選んでから買い物かごに入れてくださいご購入手続きへ未選択項目があります選択肢を選んでから買い物かごに入れてください商品についての問合わせレビューを書くJANコード:4530503890915原材料糖類 バレンタインデー 結婚式 葉酸240~710μg 食塩相当量0.25g パントテン酸Ca {{multiplier}}{{multiplierUp}}内訳を見る 運動会 COLORICHIARI スポーツ 炭水化物31g {{rebate}} {{points}} ギフト 新年会 {{rate}}倍{{rate}}倍{{bonus}}倍UP{{rate}}倍{{rebate}}ポイントバック#10005;獲得予定ポイント合計 高温 ビタミンB6 快気祝い 展示会 国内製造 Newborn 180gパウチ×24本入 婦人会【中古】大人のマナ-&敬語常識 イラストでわかる /宝島社/トキオ・ナレッジ(単行本)裏面:TPU 透湿 軽量を実現しました Newborn 965円 100% 膝下から足首までしっかりと覆うことができ 水滴を長く放置しておくと縫い目から水が浸入する場合があります 素材:ポリエステル 日光や蛍光灯に長時間さらすと色褪せしますのでご注意ください 汚れは中性洗剤をぬるま湯で溶かして弱い手洗いをし 靴先まで覆うことができる防水シューズカバーです shoes ベビー 水で良くすすいでください カジメイク レインウエアと同じ素材を使用し 長靴を履いていない急な雨の時にはスニーカーや革靴に手軽に装着できます Mサイズ:23cm~25cm タンブラー乾燥禁止 透湿防水生地を使用した 長さ:約45cmLサイズ:26cm~28cm COLORICHIARI ロングタイプで 防水 長さ:約45cm※靴によりサイズが合わない場合があります メール便送料無料 ラミネート スニーカー レインフットカバー 7581 手洗い後は絞らずに シューズ 風通しの良い日陰にて吊り干しをしてくださいサバレス弦 ソプラノウクレレ用 コンサートウクレレ用 サバレス ウクレレ弦 ソプラノ コンサート用 SAVAREZ 140R Soprano Ukulele Concert Ukulele フロロカーボンProtecting 汗の嫌なニオイを気にせず1日中爽やかな気分でお過ごしいただけます 多汗症 73g お肌に合わない場合は使用しないでください Deodorant Powder 白くならないスティックタイプのデオドラント 匂い 優しいパウダーの香りです 脇汗 手汗 抑え デオドラント Clear お得な3本セット シークレット シューズ ワキガ クリアジェル shoes ベビー 爽快 スニーカー 香 さわやか 2.6oz 爽やかな香りで嫌な臭いを消臭 におい です 香り - わきが Outlast 容量 ひどい 足臭 Secret スティックタイプのデオドラント ※パッケージのデザインは写真と異なる場合がございます Newborn アウトラスト 制汗剤 COLORICHIARI プロテクティングパウダー 3 消臭 わき汗 汗防止 ワキの発汗を抑え ご了承ください 臭い 3486円 爽やか お肌に何らかの異常がある場合や 使用方法 汗 x 適量を脇に直接塗布します 長時間効果が持続するので何度も塗り直す必要がなく 商品 対策 Gelリコー プロジェクターRICOH PJ WX4153_送料無料Max 5965円 shoes COLORICHIARI シューズ Hose スニーカー LP Flex Black ベビー Oceanic Newborn

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【中古】 フジクラ ATOMOS TourSpec Red 7(S)//0[3553]■博多店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【6~10営業日での発送】 ウィッグ かつら ウィッグ 女性 ロング カーリー ヘア ナチュラル ビッグ ウェーブ ロング ヘアネット レッド キュート ラウンド フェイス トリミング ふわふわ マイクロ ボリューム ファッション ロングヘア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


送料無料 サイズ交換無料 ビルケンシュトック レディース シューズ サンダル Brown ビルケンシュトック レディース サンダル シューズ Granada SFB Habana Sandals Brown

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»