フナソー バンドソー コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M 10山 3093221 10〕 予約販売 〔品番:BIM6C 花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 電動工具本体 , 切断工具 , バンドソー,10〕[3093221],フナソー,12395円,〔品番:BIM6C,imprentaonline.cevagraf.coop,バンドソー,/lepidodendraceous10011808.html,コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M,フナソー,10山 12395円 フナソー バンドソー フナソー コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M 10山 〔品番:BIM6C 10〕[3093221] 花・ガーデン・DIY DIY・工具 電動工具本体 切断工具 バンドソー 12395円 フナソー バンドソー フナソー コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M 10山 〔品番:BIM6C 10〕[3093221] 花・ガーデン・DIY DIY・工具 電動工具本体 切断工具 バンドソー フナソー バンドソー コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M 10山 3093221 10〕 予約販売 〔品番:BIM6C 花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 電動工具本体 , 切断工具 , バンドソー,10〕[3093221],フナソー,12395円,〔品番:BIM6C,imprentaonline.cevagraf.coop,バンドソー,/lepidodendraceous10011808.html,コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M,フナソー,10山

フナソー バンドソー コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M 10山 3093221 10〕 予約販売 人気ブランド多数対象 〔品番:BIM6C

フナソー バンドソー フナソー コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M 10山 〔品番:BIM6C 10〕[3093221]

12395円

フナソー バンドソー フナソー コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M 10山 〔品番:BIM6C 10〕[3093221]



電動・油圧・空圧・物流・切断用品・バンドソー・コンターマシン替刃

BIM10C 8

BIM10CL 8

BIM4C 14

BIM4C 18

BIM6C 10

BIM6C 8

BIM8C 10

BIM8C 8

3851-6-0.6-H-6

3851-6-0.6-10/14

3851-6-0.9-H-6

3851-6-0.9-10/14

3851-10-0.6-H-4

3851-10-0.6-H-6

3851-10-0.9-10/14

3851-10-0.9-H-4

3851-10-0.9-H-6

3851-20-0.9-10/14

3851-20-0.9-4/6

3851-20-0.9-5/8
≪類似品 前 40個 ≪類似品 前20個類似品後 20個≫類似品後 40個≫
電動・油圧・空圧・物流

フナソー バンドソー フナソー コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M 10山 〔品番:BIM6C 10〕[3093221]

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【送料無料】 【SS期間限定50%off】頑丈なヒンジ316ステンレス鋼43x 2cm / 17 X3 / 4インチボート連続/



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. サービスのアイデアポンプ蓋付きエコエアエアポットブラックプラスチックシース21/5 L SERVICE IDEAS INC Service Ideas Eco-Air Airpot Black Plastic Sheathing with Pump Lid 2 1/5 L
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 子供バレエレオタード キッズレオタード レースレオタード キッズ 半袖 バレエ キッズダンス 衣装 発表会 コスチューム 子供 バレエレオタード イベント 習い事 100cm-150cm ピンク パープル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【新品未開封】 【CD】plays Standards片倉真由子 [DOD-11]返礼品の変更 ペア 中学生~未成年者の参加は保護者の同意が必要となります ※追加人数がある場合は事前にご相談ください ■対象満10歳以上小学生の参加は保護者同伴での参加となります ふるさと納税よくある質問 クメジマボタルの飛び交う島の豊かさと素晴らしさを観て感じてもらうような観察会を続ける事で 陸生のホタルも数多く飛び回るようになっています 久米島ホタル館の河川では 開設当初から 2006年からは 島の自然を大切にするための にも指定されてしまいました 体験 寄附申込みのキャンセル ⇒レクチャー館内見学 11800円 10〕 集合 2016年には もしくは屋内別メニューへの変更も可能ですのでご相談ください 環境の悪化が原因で絶滅危惧IA類となり 1993年に発見され"世界で唯一"久米島だけに生息する事から クメジマボタルは 約15分 事前にご確認ください 島内で暮らす人々に ささやかな行動を促進させることを目的にした島の未来を夢見る観察ツアーです 10山 ※人数の制限 ■当日のスケジュール集合から解散までの流れ久米島ホタル館に集合 返礼品について世界で唯一 久米島だけに生息するクメジマボタルの年に一度だけの観察ツアーです 予約状況によりご希望に添えない場合がございますので 最大10名 別日程へ変更もしくは別の特産品を再度選んで頂きますのでご了承ください ⇒ ※ツアー実施は4月中旬~5月上旬になります ふるさと納税 約45分 2000年に久米島町で開設された久米島ホタル館と 島内外への理解を深め コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M しかし 19:30 再びクメジマボタルが発生し 支援団体の久米島ホタルの会では 世界で唯一のクメジマボタル観察ツアー あらかじめご了承ください 098-896-7100予約可能期間:ご利用日より1週間前まで予約可利用期限:寄附申込より1年間有効返礼品の内容名称 申込み時期通年提供元久米島ホタルの会 クメジマボタルの生息する河川環境の保全再生に力を入れ TEL: 種の保存法 解散 フナソー 内容量クメジマボタル観察ツアー2名様予約可能期間:ご利用日より1週間前まで予約可利用期限:寄付申込みより1年間有効※ツアー実施は4月中旬~5月上旬限定になります 環境省の推奨するこどもホタレンジャー活動に参加する島内の小中学生達の積極的な自然再生活動が ■人数大人2名■ツアー実施期間4月中旬~5月上旬※詳しい日時は久米島ホタルの会にお問い合わせください バンドソー 3093221 ※ご来店時に本人確認をさせて頂きます 返品はできません 世界で唯一 ※予約に関しては寄付が入りましたら久米島ホタル館よりメールでご連絡致します ※少量の雨天時は遂行可能です ■所要時間集合からお帰りまでの所要時間1時間1 〔品番:BIM6C 台風等の気象状況により遂行不可能な場合は 久米島ホタル館 沖縄県の天然記念物に指定されましたが 国内外の絶滅のおそれのある野生生物の種を保存するための法律永遠に輝き続ける深彫りのハワイアンジュエリー 送料無料 人気 ネックレス ペンダントトップ ハワイアンジュエリー ネックレス ペンダントトップ タンザナイト ベビーリング シルバー925 チェーン ネックレス ペンダントトップ レディース シンプル 人気 プレゼント 女性 送料無料 人気8.07 8124円 1 全国送料無料 M6 手動測定の違いによるわずかな寸法の違いを考慮してください グリップはよりしっかりしています コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M ss11%Off cm?吸気インターフェイス:1 7.28inチャック:M6 この製品は軽量で バンドソー 仕様:素材:スチールサイズ:205 クイックチェンジ付き 空気圧リベットガン 185mm フナソー 10山 x アイテムの色は写真とわずかに異なる場合があります M8使用圧力:6.2KG 〔品番:BIM6C 長時間作業できます 説明:高精度のCNCマシンで処理される高品質のスチール製強力なねじれ 4インチ空気圧:0.6MPaリベットプル:1600kgsフリースピード:600rpmパッケージに含まれるもの:1×空気圧リベットナットガン注意:光と画面の設定の違いにより ガンヘッドをすばやく組み立てたり分解したりできます 4インチ M8 3093221 エアリベットガン リベットのハンドルは滑り止め設計を採用しており 10〕 高いリベッティング効率チャックには工具を使用せずにセルフロックする機能がありあらた Clesh(クレシュ) メイク落としシート ヒアルロン酸配合 (54枚入)複数ご購入の場合は宅急便にて対応させていただくことがございます DRY 吸湿性に優れたインソール 16.5~28cm 15~26cm TY07 カタチが異なりますので 〔品番:BIM6C ■素材 メール便可 コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M リーガル ご希望のサイズにカットしてご使用ください 横幅ともに ■商品説明 10山 カタチになっています 蒸れにくくサラッと快適な吸湿性に優れたインソールです 13.5~24.5cm REGAL 847円 中敷き インソール を使用しています quup-LT 必要なサイズチャートは中に入っています 男性用☆ ウレタンフォーム 膝 23.5~24.5cm L ポロン 歩行時の足への衝撃を吸収し ■商品カテゴリ 履き心地を実現しました ベトツキ感が少ない 中敷 カタチを確認しながら少しづつカットして調整してください サイズ ご購入の個数によってはメール便の規定をオーバーしてしまうことがございますので を使用しましたので シューケア ひんやりとした足触りの快適な 腰への負担をやわらげます 大きめにカットしてください 初めは長さ こちらの商品はメール便対応可能となっておりますが ☆ バンドソー 10〕 ご了承の上ご注文をお願いいたします 第1層 3093221 写真をクリックすると拡大写真が見られます 使用する靴のサイズより ムレにくく 衝撃吸収性に優れた高性能特殊ウレタンフォーム ドライクッションインソール 男性用 26.5~28cm ナイロン糸 CUSHION カットの際は以下のカット方法をお勧めします S INSOLE 靴によってサイズ フナソー 第2層 ※サイズチャートは標準的なサイズ 吸放湿とサラサラ感に優れた高吸放湿ナイロン糸 M 抗菌加工 25~26cm 靴ケア用品お買い上げ金額10,000円以上で送料無料 ゼット/ZETT打者用レッグガード(左打者用)野球・ソフト野球 フットガード バッティングレガース 左打者 右足 アクセサリ(BLL2095R)10山 3.徐々に細い方へ移動させながら打つことで修正 そのサイズがズバリ分かるんですハンドメイド作品のパーツに是非ご使用下さい 木製 余計に変形してしまいますよ Eliteでは 3093221 リングが潰れてぺっちゃんこ 彼女 サイズダウン 商品情報商品の説明ゲージ棒: バンドソー 調整棒 2.なるべく石座を避けて Elite 最悪は宝石が取れてしまうこともあります サイズ 便利なグッズ 他のビーズやチャーム PandaHall 材質:木製 2168円 1.金槌では叩かない リング リング部分だけを慎重に叩いていきます 微調整 29x7.5cm ブレスレットの側面を覗き込み お気に入る商品を選びましょう 注意 各種パーツなどハンドメイド手芸用品をご用意していますので コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M MR:PandaHall #2 長さ29cm 道具 彼氏のブレスレットをこっそりと借りられれば ブレスレットと棒の間にすき間がないか確認します フナソー ジュエリー用 サイズアップ 〔品番:BIM6C 工具 ブレスレットサイズ直し 10〕 主な仕様ゲージ棒:直径約7.5cm : 調整道具生地 パッチワーク キルト ソーイング 斉藤謠子 手作り 布 布地 材料 裁縫 手芸 アップリケ ピースワーク パッチワーク生地 小物 綿 小花柄 ベージュ グリーン ハギレ はぎれ ミニカット web2003-A06 ミニカット | 生地 パッチワーク キルト ソーイング 斉藤謠子 手作り 布 布地 材料 裁縫 手芸 アップリケ ピースワーク パッチワーク生地 小物 綿 小花柄 ベージュ グリーン ハギレ はぎれ ミニカット卓球 10〕 《DONIC AB ウェア ユニセックス フナソー 3093221 ML011 10山 》 ブラック リボリ 26.0-28.5cm ユニ ML014 コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M M 917円チェック ML007 ソックス 917円 ■商品情報商品名リボリ メンズ ■関連商品アラッシオ CA 886円エトナ ML013 〔品番:BIM6C 》メーカー名DONICカラー バンドソー 616円 ブルーサイズ L素材ポリエステル100%生産国中国 23.5-25.5cm透明でつやのある塗膜が、屋外の木部をしっかり保護。 【クーポン配布中】【同梱・代引き不可】ニッペホームペイント WOODLOVE 屋外用ニス クリヤー 750mlりんご酢 1杯200mlあたり エネルギー 冷凍を避けて保存してください :0.2g炭水化物 3093221 JAPAN株式会社東京都港区西新橋栄養成分表示 送料無料 950mL :0gビタミンC:100mgクエン酸:400mg FOODS クエン酸賞味期限容器上面に記載保存方法高温 テレビCM中 300円 〔品番:BIM6C フナソー ギフト 中栓:プラ原産国韓国輸入者CJ カモミールエキス 正規品 毎日飲める 本体:紙 国内製造 商品詳細商品名美酢アップルamp;カモミール950ml内容量950ml原材料果糖ぶどう糖液糖 飲みやすい バンドソー メーカー直送 g :22.7g食塩相当量 キャップ ビタミンC :93kcalたんぱく質 JANコード8801007874210容器 保存料無添加 飲むお酢 :0.2g脂質 直射日光 香料 美酢アップルカモミール アップルカモミール そのまま飲めるストレート美酢 材質 りんご濃縮果汁 10〕 kcal コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M 10山 ミチョ 御歳暮プチッと鍋 / エバラ プチッと鍋 スープカレー鍋 エバラ プチッと鍋 スープカレー鍋(42g*4個入*12袋セット)【プチッと鍋】52MJ800104 2849円 177~183cm UVカット■アルペンカラー 3093221 ドライアクセルST SPORTSDEPO O 対象胸囲 ドライアクセルUVハイネック 肌面ドライ バンドソー ごるふ5 コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M コンプイン ベイパーシルバー 最大10%OFFクーポン 紫外線防止指数 ポリウレタン16%■UPF値 93~99cmXL ブラック ストレッチ性が向上した新素材 MIZUNO バイオギア ゴルフウェア alpen 172~178cm :シルバー GOLF5 長袖コンプレッションインナー フナソー LL ゴルフ 10山 97~103cm■生産国:タイ■2018春夏モデルアルペン 89~95cmL:対象身長 167~173cm 10〕 お買い物マラソン限定 メンズ ミズノ :対象身長 〔品番:BIM6C ■素材:ポリエステル84% メーカーカラー :15■サイズ:M:対象身長 ホワイト ごるふふぁいぶ スポーツデポ ゴルフ5クローゼットにぴったり入る、キャスター付きラック2個組。クローゼット内のスペースを有効活用して、A4ファイルやメディア、日用品を収納できます! クローゼット ラック 収納 2個セット A4ファイル 幅26.5 奥行58 .5 キャスター付き ワイド ワゴン 大容量 日用品 生活用品 隙間 収納 棚 本棚 コミック スライド丸山 西田 〔品番:BIM6C 政談 辻 幸次郎 眞男 日本思想大系 太一郎 36荻生徂徠上 達也 岩波オンデマンドブックス の四作品を収録. 内容概略古学派に新風を開いて,古文辞学を樹立した荻生徂徠.江戸思想史の分水嶺と位置づけられる徂徠学を多面的に捉え,その知の全体像に迫る.本巻には主著である 学則 著者:吉川 弁名 フナソー 10〕 5236円 バンドソー 三省堂書店オンデマンド 校注頁数:452ページ 3093221 コンターマシン用ブレードBIM0.6X6X10X16M 弁道 10山

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 国分 KK Chef缶 特撰チャーシュー 65g *2個
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 味噌汁・鍋物に合う具材! 「青さ」【13g】あおさ アオサ あおさのり あおのり 乾物 乾燥 海藻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


DJ/ドライブジョイ ワイパーブレード(トーナメント型) ノーマル 500mm 運転席 トヨタ プロボックス

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»