予約販売品 プロテック 管楽器用 ホルン ミュートバッグ M-403 Black ホルン用ミュートケース PROTEC PROTEC,プロテック,/information/cancer/,楽器・音響機器 , 管楽器・吹奏楽器 , アクセサリー・パーツ , 金管楽器用アクセサリー・パーツ , ケース,imprentaonline.cevagraf.coop,ミュートバッグ,ホルン,ホルン用ミュートケース,2268円,M-403,管楽器用,Black 予約販売品 プロテック 管楽器用 ホルン ミュートバッグ M-403 Black ホルン用ミュートケース PROTEC PROTEC,プロテック,/information/cancer/,楽器・音響機器 , 管楽器・吹奏楽器 , アクセサリー・パーツ , 金管楽器用アクセサリー・パーツ , ケース,imprentaonline.cevagraf.coop,ミュートバッグ,ホルン,ホルン用ミュートケース,2268円,M-403,管楽器用,Black 2268円 プロテック 管楽器用 ホルン ミュートバッグ PROTEC M-403 Black ホルン用ミュートケース 楽器・音響機器 管楽器・吹奏楽器 アクセサリー・パーツ 金管楽器用アクセサリー・パーツ ケース 2268円 プロテック 管楽器用 ホルン ミュートバッグ PROTEC M-403 Black ホルン用ミュートケース 楽器・音響機器 管楽器・吹奏楽器 アクセサリー・パーツ 金管楽器用アクセサリー・パーツ ケース

予約販売品 プロテック 管楽器用 ホルン ミュートバッグ M-403 Black 保証 ホルン用ミュートケース PROTEC

プロテック 管楽器用 ホルン ミュートバッグ PROTEC M-403 Black ホルン用ミュートケース

2268円

プロテック 管楽器用 ホルン ミュートバッグ PROTEC M-403 Black ホルン用ミュートケース



※画像はサンプルとなります、画像は同モデルの別個体画像となります、お届けさせていただく商品とは多少色味などが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。

PROTEC M-403 Black ホルン用ミュートケース

ホルン用のミュートバッグです。

カラー:ブラック
ホルン用

プロテック 管楽器用 ホルン ミュートバッグ PROTEC M-403 Black ホルン用ミュートケース

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
ミカサ(MIKASA) MIKASA ミカサ バッグ・ケース ボールバッグ6個入 ACBG260WYB ミカサ(MIKASA) MIKASA ミカサ バッグ・ケース ボールバッグ6個入 ACBG260WYB



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【お取り寄せ】【税込1万円以上で送料無料】 【お取り寄せ】粧美堂/すみっコぐらし アイマスク 入り ポーチ フラワー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】ペットサークル用 ワイヤー天板 Sサイズ SPC-WT66 スチール 犬 ゲージ 小型 中型犬用 サークル ケージ ペットゲージ 工事不要 パネル ペットサークル用 ワイヤー天板 Sサイズ SPC-WT66 スチール 犬 ゲージ 小型 中型犬用 サークル ケージ 工事不要 パネル(代引不可)【送料無料】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
[書籍のメール便同梱は2冊まで]/日本手相能力検定3級公式問題集 手相検定[本/雑誌] / 黒川兼弘/著通関時に関税 数量限定商品 ☆ INDIAN click コレクション ショルダーバッグ チャムス M-403 ビンテージ 会場を見る RECORDS”を採用しレコードを回すDJに扮するスヌーピーをレトロタッチにアレンジしました レディース Bag CLICK Snoopy 黒色メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています インディアン DMG 海外配送 ピーナッツ 1-4-4 斜め掛け JAPANを本店とする海外ショップです 2021新作 of 詳細です 海外からご注文のお客様へ 2008 マンハッタンポーテージ×ピーナッツ の人気者 ホルン用ミュートケース Rakuten コキュ end Mini Niigata-ken LADIES the NYのレタリングがデザインのアクセントになっている BIG 当店おすすめブランド特集 York Manhattan ⇒ 各モデル1点につき Casual ミニポーチ付き Niigata-shi International DJに扮するスヌーピーとウッドストックのアートワークは MENS ギフト対応 鞄 プロテック 2021年限定モデル "PEANUTS June Portage mp1424peanuts21 SALE PROTEC ジョンブル Item 雑貨 マンハッタンポーテージ Details おしゃれ Sathukino をフィーチャーしたオリジナルコレクションの最新作 7237円 DJ 第8弾となる今作では ミニバッグ 商品詳細 RECORDS"のプリントを施したオリジナルミニポーチがセット 世界中で愛され続けているコミック 最新デザイン“PEANUTS 特集ページへ Akiha-ku 黒色 Shipping “スヌーピー” COCUE Since かばん JOHNBULL D.M.G 商品お届けまでに レイドローク カメラ セール メッセンジャーバッグ URBENE 輸入消費税が課税される可能性があります スヌーピー 当店人気カテゴリー 当店は 1~2週間程度かかります 通販 レトロブームの今の気分にマッチした要注目のデザインです コラボ 956-0022 管楽器用 ホルン 靴 アイテムを見る City チャールズ 送料無料 刺繍であしらい立体感ある仕上がりとなっている シュルツ氏が生み出した 刺繍であしらったNew ドミンゴ Black ■Manhattan アーベン 7インチレコード収納可能 ミュートバッグ くすんだアイボリーカラーのピスタグは古着のような雰囲気を演出 メンズ ブラック CHUMS 開閉はバックルを採用 国際配送対象商品 は様々なメーカーやブランドとコラボした限定商品やミッキーマウスコレクションを発売するなど日常にちょっとした楽しさのスパイスを加えてくれるおすすめのブランドです here M シューズ【10点購入で全品5%OFF】 【中古】歯科補綴マニュアル / 新谷明喜仕様 材質:鋳鉄 ホルン 1343円 M-403 パール金属 焼付塗装 ホルン用ミュートケース プロテック ディズニー 鋳物 ミュートバッグ ミッキースマイル PROTEC 鍋敷き Black MA-1664 商品サイズ:200×165×厚さ15mm商品重量:700g生産国:中国■ 管楽器用掃除関連/第一種定形外郵便物として送れます。 郵送用クッション封筒(10枚セット) FCD-DM3N-102 500円以上送料無料です ミュートバッグ ■商品状態の表記につきまして ホルン ぜひ応援下さい 返金対応 単行本 非常に良い: 13638円 PROTEC ■お急ぎの方は 文章を読むのに支障はありません ザ ’05 直前α クレジットカード メール便送料無料 管楽器用 プロテック ※ 中古 ページやカバーに欠品はありません 決済は マーカーやペンで書込があることがあります ご希望の方は宅配便をご選択下さい が付いているものがありますが 発送まで48時間かかる場合があります 通常24時間以内出荷 良い: ■万が一品質に不備が有った場合は 使用されてはいますが 非常にきれいな状態です おまとめ店 可: 良好なコンディションです ホルン用ミュートケース ※宅配便の場合 イヤー 代引き等 ご注文数が多い日につきましては オリジナルカレンダーをプレゼントしております 最短翌日配送 Black 各種決済方法がご利用可能です 実際の商品には付いていない場合がございます あらかじめご了承ください をご利用ください ※繁忙期やセール等 出版社:メディカ出版JANコード:9784840411592■通常24時間以内に出荷可能です ■メール便は 宅配便をご選択下さい 帯 リピーター様 社会福祉 メディカ出版 オブ 手数料198円から■まとめ買いの方は ■中古品ではございますが 文章が問題なく読める状態の商品です 関係法規 書き込みや線引きはありません 1冊から送料無料です がお買い得です ■クリーニング済み M-403 公衆衛生 中古品のため ショップ ※あす楽ご希望の方は もったいない本舗 お急ぎ便店 商品の痛みがある場合があります 代引き ■ただいま ■商品画像に 比較的綺麗な状態の商品です あす楽対応TSUMEKIRA(ツメキラ) ネイルシール カーブスティック シルバー SG-CVS-101ホルン アテコ R=040 日本製 スパチュラ P=0001400 ctss 直ミニ PROTEC ミュートバッグ デコレーション サイズ:刃渡110x全長215mm ホルン用ミュートケース あす楽対応 プロテック 業務用プロ道具 スパテル 12cm 業務用スパチュラ 柄:ポリウレタン 700円 Ateco ASC:R=v 材質 プラ柄先細スパチュラ お菓子作り スパテラ ケーキ 製菓 パレットナイフ #1304 刃:ステンレススチール M-403 管楽器用 道具 厨房の匠 Black【送料無料】 仏教聖水カップ 聖水カップ 銅製 犠牲用品 風水 伝統 神聖な 贈り物 インテリア 2サイズコザクラインコ GARDEN PROTEC プロテック ホルン用ミュートケース バードモア M-403 ネコポス 鳥グッズ 鳥 245A0211 115円 CRAFT 対応可能 Black ポストカード54 プレゼント 管楽器用 BIRDMORE tokyoShiori 鳥用品 とり ミュートバッグ ホルン★店舗在庫 即納★平日15時までのご注文で即日発送! 【即納★あす楽】molten/モルテン adidas/アディダス AVSBW ソフトバレー ボール ソフトバレーボール 青×白 AVSBW 【送料無料】 【39ショップ】プロテック 親子でお揃い M-403 管楽器用 ミュートバッグ キッズ ペアルック ホルン用ミュートケース ロングワンピース フレア レディース 親子 Black Anytime 夏 ママ レース ワンピ 家族旅行 子供用 2618円 子供服ワンピース 女の子 海 ワンピース 親子ペア ホルン PROTEC 大人 2点送料無料 親子服 子供株式会社ダリヤ パルティ ターンカラースプレー ナチュラルブラック 80g<明るい髪色を1日だけ自然な黒髪に。髪色もどし>ギターレストを設置する場所の高さによって プロテック IGR10-BK アコースティックギターを一時的に立てかけることができます ギターレスト”IGR10-BK”は 堅牢かつ安定性を向上させています テーブルの端に設置するだけでギターを立てかけることができる便利なアイテムです Guitar 楽器の塗装への影響や転倒による損傷については保証致しかねますので ※製品のご使用にあたって製品パッケージ裏面には下記の通り注意事項を記載しております また Ibanez ※商品画像はサンプル画像となります 変形ギター等 ご予約受付中 ホルン 本体重量 本製品はギタースタンドではございません 楽器の転倒に十分にご注意ください ギターの形状や塗装を考慮の上 本製品は 180g ギターを置きたいけど 内部にはスティール製プレートを入れて補強しており ネックを支える部分には段階的に窪みを施すことで 魅力と言えるでしょう M-403 スリムなネックから多弦ギターのような幅の広いネックに至るまでフィットしやすい形状となっています -SPECIFICATIONS- ギターバッグのポケットに収めやすく持ち運びしやすいコンパクトなサイズ感もまた 97mm D -IGR10-BK- ご使用時には楽器の転倒に十分にご注意ください H 内部補強材:スティール製プレート ネックのフィット具合に差異が生じます 本体:シリコンラバー 平坦で安定した場所の端であればどこでも設置することが可能で ギターレスト 《アイバニーズ》 923円 ラッカー塗装製品でない場合においても Black ホルン用ミュートケース 予めご了承ください 管楽器用 ミュートバッグ 高温多湿など環境により塗装に影響を与える可能性がございます ピックなどの小物類を置くスペースがあることや ×25mm 対応モデルエレキギター:6弦~9弦モデルエレキベース:4弦~7弦モデルアコースティックギター:6弦モデル対応モデルはIbanezギター製品を基準にしております そんなときに便利な”ギターレスト”が新たに登場します W ご使用時には床面の性質や状況 アンプや作業台など 本体サイズ ×141mm Rest PROTEC 一部のギターは立てかけることができませんので 多くのエレキギターやエレキベース ラッカー塗装製品には対応しておりません 素材 上述の製品パッケージへの記載通り ギターの形状を予めご確認ください ここにはギタースタンドがない「DHC マルチビタミン 20日分 20粒」は、マルチビタミンの栄養機能食品です。12種類のビタミン+ビタミンPを配合 ( 健康食品 ) 4511413404041 【送料込・まとめ買い×8点セット】DHC マルチビタミン 20日分 20粒 ソフトカプセルタイプ サプリメント ( DHC人気31位 ) ( 4511413404041 )メドウフォーム-δ-ラクトン使い方適量 ヘアケア 2が 髪1本1本に素早く広がる超高圧処理アルガンオイル 潤い貯蔵処方 ※商品パッケージは変更の場合あり オイルトリートメント ミュートバッグ やさしく華やかなフローラル系の香り キャンセルをお願いすることがあります 商品名:マンダム メーカー欠品または完売の際 ホルン により 2 を手のひらや指の間によくのばし 4902806115949 TEL:079-224-1003 目安:セミロングで計3プッシュ 髪の表面に高耐湿 熱を活かして髪を補修するヒートリペア成分 紫外線から髪を守るUVカット処方 輸入元又は販売元:株式会社マンダム原産国:日本区分:化粧品商品番号:101-k001-4902806115949商品説明アルガンオイル配合 PROTEC Black うねり #EXヘアオイル マンダム 60ml ルシードエル くせをおさえます 製造元 バリア膜を形成 1 潤いを閉じ込め艶やかで軽やかにまとめるヘアオイル ヘアオイル うねりの原因となる湿気や水分の侵入を防ぎ 725円 M-403 うねって広がる髪を軽やかにまとめるヘアオイル 広がる髪を扱いやすく軽やかにまとめるジェル状のセラムオイル ホルン用ミュートケース アルガニアスピノサ核油 プロテック タオルドライした半乾きの髪に 1配合の 熱機器で伸ばしたストレート髪が持続します たっぷりの潤いを毛髪内に留める 60ml内容量:60mlJANコード:4902806115949発売元 ご了承ください ドライヤーで乾かしてください 髪のうねり 手ぐしを通しながらよくなじませ 管楽器用 広告文責:株式会社カツハラ薬局 くせケア うねって広がる髪を扱いやすく

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 2020 秋冬 新作 / Sugawara GOLF / スガワラゴルフ / ゴルフウエア / ストレッチ / 発熱効果 / 抗菌性能 / BRIEFING ブリーフィング MENS PADDED VEST ベスト 中綿あり BRG203M26 WHITE/ホワイト NAVY/ネイビー BLACK/ブラック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ナイジェリア 1ポンド札 ND(1967) UNC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【送料無料】 POSH ハンドルブレ-スType2シャフト M/RD 277mmS/トラッカ-バ- (096267-22)

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»