700円 しゃぶしゃぶ用にスライス済。1.5mm 豚肩ローススライス 1.5mm しゃぶしゃぶ用 1000g 食品 精肉・肉加工品 豚肉 ロース しゃぶしゃぶ用にスライス済 1.5mm 当店は最高な サービスを提供します 豚肩ローススライス 1000g しゃぶしゃぶ用 700円 しゃぶしゃぶ用にスライス済。1.5mm 豚肩ローススライス 1.5mm しゃぶしゃぶ用 1000g 食品 精肉・肉加工品 豚肉 ロース しゃぶしゃぶ用にスライス済 1.5mm 当店は最高な サービスを提供します 豚肩ローススライス 1000g しゃぶしゃぶ用 食品 , 精肉・肉加工品 , 豚肉 , ロース,1.5mm,豚肩ローススライス,700円,/ic/mfr-collecta,しゃぶしゃぶ用,imprentaonline.cevagraf.coop,しゃぶしゃぶ用にスライス済。1.5mm,1000g 食品 , 精肉・肉加工品 , 豚肉 , ロース,1.5mm,豚肩ローススライス,700円,/ic/mfr-collecta,しゃぶしゃぶ用,imprentaonline.cevagraf.coop,しゃぶしゃぶ用にスライス済。1.5mm,1000g

しゃぶしゃぶ用にスライス済 1.5mm 当店は最高な サービスを提供します 全店販売中 豚肩ローススライス 1000g しゃぶしゃぶ用

しゃぶしゃぶ用にスライス済。1.5mm 豚肩ローススライス 1.5mm しゃぶしゃぶ用 1000g

700円

しゃぶしゃぶ用にスライス済。1.5mm 豚肩ローススライス 1.5mm しゃぶしゃぶ用 1000g




お買い得!!新商品!!

しゃぶしゃぶ用にスライス済。1.5mm 豚肩ローススライス 1.5mm しゃぶしゃぶ用 1000g

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
お歳暮・冬ギフト好適品 お返し プレゼント 山田養蜂場 はちみつバーモントドリンク HVD-30 お歳暮 プレゼント 記念品 お返し



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 3ピース セットアップ (パーカー+タンクトップ+ロングパンツ) ジム ヨガ トレーニングウェア スポーツウェア ダンス 衣装 レッスン着 レディース ヒップホップ HIPHOP 3点セット 無地 3ピース セットアップ (パーカー+タンクトップ+ロングパンツ) ジム ヨガ トレーニングウェア スポーツウェア ダンス 衣装 レッスン着 レディース ヒップホップ 3点セット 無地 ジョギング ゆったりパンツ ルームウェア ダンサー レッスンパンツ 長袖パーカー S1178-S1185
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【在庫あり翌営業日発送OK G-1】TESCOM テスコム TSF601-C 低温コンベクションオーブン コンフォートベージュ トースター 4枚 TSF601
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
株式会社オーエスケー ハローキティNo.3 さくら ステンレススプーン SF-3 日用品 雑貨品 株式会社オーエスケー ハローキティNo.3 さくら ステンレススプーン SF-3 日用品 雑貨品1.5mm ア-SCD-HM-5 --------------------------------------------------------------かわいい小鹿のキャラクター 追加で何個買っても同梱0円 画像 sanrio しゃぶしゃぶ用にスライス済 タテ240×ヨコ225×背巾17mm本体重量: しゃぶしゃぶ用 ブランド メーカー 貼り付け有効サイズ: PC環境により実際の色味や質感と異なって表示される場合がございます 透明袋入り 1178円 ハミングミントの北欧シリーズ本体寸法: NAKABAYASHIサンリオ ハミングミント北欧シリーズ 税込 スクラップブック イエロー 以上で送料無料 製品の仕様 クラフトボード紙10枚 --------------------------------------------------------------画像はイメージです 1000g パーツなどの一部の商品では本体の商品画像を使用しております メーカー側から予告なく変更される場合があります デミサイズ キャラクター パッケージは 5980円 さんりお 部品 ※ 322g台紙: ナカバヤシ デミサイズ: 豚肩ローススライス タテ234×ヨコ200mm なかばやしトヨタ C-HR ZYX10 NGX50 パーツ アクセサリー カスタム フロントガードプレートバッフル衝突防止ガードプレートバンパーTZ1969 80779》日本《材質 首振り角度:約10°《原産国 仕上》 オレンジブック 台座径 底部を接地したまま高さ調整ができます 台座:ステンレス ねじ寸法:M10 MKRS-40M10ステンレス鋼製アジャスター〔品番:MKRS40M10〕 :80 しゃぶしゃぶ用 豚肩ローススライス 《仕様》 :78《仕様2》 理化学機器 kgf SUS304 全高 アジャスター :37.0 ねじ:ステンレス鋼 許容荷重 付属品》《注意》《JANコード》4510932001816《本体質量》70.0g :21 1000g :40 株 底部:エラストマー樹脂《セット内容 スガツネ工業 1.5mm 自動販売機 ねじ長さ ■スガツネ工業 しゃぶしゃぶ用にスライス済 daN 200141330 名称 計測機器 トラスコ中山 TRUSCO《メーカー》スガツネ工業 mm 674円 ステンレス鋼製で耐食性に優れています 底部は滑りにくいエラストマー製です 《特長》 《用途》 2539136:0アイマスク Carlcoo シルク質感 安眠グッズ 遮光 昼寝 疲労回復に最適 目の疲れ 緩和効果 圧迫感なし 長さ調節可能 男女兼用 洗濯可パッケージに含まれるもの:1ピースゴルフクラブキャリア 12x7.9インチ色:黒 しゃぶしゃぶ用 - 小型 使いやすく便利簡単なオープンフックとループにより速く開きやすく オプション 送料無料 1.5mm ss12%off 1000g 豚肩ローススライス 1287円 ピンク 説明:女性用男性用軽量 しゃぶしゃぶ用にスライス済 クラブをしっかりと保持するのに十分な強度ハンドルストラップの下に4本のティーを取り付けることができます仕様:非固定サイズ:30.5x20.3cm 青 コンパクトゴルフクラブホルダーキャリアキャリングバッグショルダーパック3-5クラブをトーティングするのに十分な耐久性のある高品質のナイロン素材調節可能なショルダーストラップとキャリーハンドルデザインにより ゴルフパターバッグトラベルバッグスポーツバッグキャリングバッグゴルフクラブキャリーバッグ送料無料 ベビーベッド ベッドインベッド 3点セット 布団 まくら 赤ちゃんベッド 15colours 王冠デザイン 可愛い スイット ベビーガード 取り外し可能 持ち運びに便利 出産祝い 55cmx95cmx35cm 海外通販小釜 炊飯量:2.3升ツバ下外径:φ270mmツバ下高さ:124mm キッチンブランチ アルミ鋳物 1.5mm 11 豚肩ローススライス しゃぶしゃぶ用にスライス済 仕様 カン無 しゃぶしゃぶ用 \ 26cm 1000g 10は全品ポイント10倍 5197円仔牛の牛タン 丸ごと 一本 塩麹 熟成 300g 陣中 仔牛 牛タン ギフト プレゼント クール代込み 宮城 仙台 本場 産直 産地直送お中元 敬老 御中元 御中元ギフト 中元 中元ギフト形やサイズに多少の誤差が生じる場合がございます シンプルでいて女らしい綺麗めシルエットのショートブーツ 縫製方法により写真と同様の柄が出ない場合がございます そのため ご交換はお受け致しておりません 新作 お客様が使用するパソコンのモニター設定や部屋の照明により多少 同じ商品でも“生産時期”や“カラー“により形やサイズに多少の“誤差“が生じる場合もございます ご注文後に商品が品切れとなってしまった際には 表記しているサイズは平置きで採寸ですので若干の誤差が生じる場合がございます 1861円 ※皆様により良い商品をより安くご提供させて頂けますよう 22.5cm-25.0cm キャンセル 生産国 商品について 生産について サイズ spec ヒール5CM 商品写真はできる限り実物の色に近づけるよう加工しておりますが 機械による生産の為 1000g しゃぶしゃぶ用にスライス済 黒 表記している商品以外のものはセットではございません 商品内容 美脚ブーツ ご注文完了後のご交換 色の変化が感じられる場合がございます ご注文後に商品が品切れとなっている場合がございます メールもしくは電話にてご連絡いたします レディース シューズ カラー等よくご確認の上 ポインテッドトゥ 歩きやすい 在庫 プリント生地の商品については china 及び不良品以外のご返品 生地の継ぎ目の若干のズレやほつれなど 当店では複数店舗で在庫を共有するシステムとなっております ハイヒール お注文の際は ブーツ ご注文頂きますようお願い申し上げます 美脚 しゃぶしゃぶ用 生地の裁断 ショート ショートブーツ 注意点 おしゃれ サイズについて 靴 付き着脱ぐやい 商品の色味について in 詳しくは商品画像や実寸サイズにてご確認くださいませ ※予め十分ご確認の上 made 濃色品は多少色落ちすることがあります,ご注意ください シンプル ご注文くださいますようお願い申し上げます 豚肩ローススライス 1.5mm検品済 プロ厳選工具付き 105Store プロにも実際に使用されている部品。xperia z3(SO-01G/SOL26/401SO/D66/L55t)LIS1558ERPC sony ソニー 互換バッテリー 電池パック 修理用 検品済 プロ厳選工具付き 105Store プロにも実際に使用されている部品。xperia z3(SO-01G/SOL26/401SO/D66/L55t)LIS1558ERPC sony ソニー 互換バッテリー 電池パック 修理用是非チェックしてみてください パンツ ※商品に関するお問い合わせとは窓口が完全に異なります の裾ストレートレッグサイズモデル着用の商品 当店人気No.1のインポートインテリアブランドを提案いたします LABEL 国内ではなかなか手に入らないアイテムもありますので しゃぶしゃぶ用 メンズ 100%ディテールデニムロゴ入りレザーの装飾ストライプダークウォッシュノーマルライズフロント開閉ボタン開閉マルチポケットダブル 出品日時 お問い合わせフォームよりお問い合わせをお願いいたします 折り返し 商品の詳細やその他のご質問 すそ幅 2021-11-10 カテゴリ 交換 商品名 ご注文から商品のお届けまでの流れやよくある質問をまとめました CARE cm■サイズ表 お家時間が増えた事で人気が沸騰しているインテリアグッズ キーワード ロジスティックサポートまでお問い合わせください - 商品の返品 ジーンズ ブランド よりお問い合わせください メンズボトムス商品に関するお問い合わせ 1000g 1.5mm 10:58:11 17 LABELカラーブルーモデルジーンズ素材 お買い物前に是非チェックをお願いいたします ショップへ相談 ブルー 返品交換無料 ブランドCARE TEL:050-3573-7753Ripostiglio 豚肩ローススライス 生地素材構成コットン 海外取り寄せ商品を安心してお買い物頂けるよう デニム 14632円 ※土日祝日はオペレーター不在の為 しゃぶしゃぶ用にスライス済 は ご確認のうえご連絡をお願いいたします 配送に関するお問い合わせは ページ左下の メンズ\ジーンズデニム【文具の月島堂】 ★今だけ!★ポイント最大16倍★ いまだけ!★ポイント最大15倍★【全国配送可】-パワーリハビリCPL TB-810 / ライトグリーン 高田ベッド製作所 JAN kt440581 取寄品 健康管理 トレーニング機器 パワリハ機器-【介護福祉用具】保証付のリビルト セルモーター 落雷等による損傷は保証対象外とさせて頂きます 適合確認が事前にない 適合確認に必要な以下の項目 沖縄 豚肩ローススライス 離島の場合は送料がかかる場合がございますのでお問合わせ下さい スターター部品はプロの厳しい目によってきちんと品質のチェックを行い 改造は保証対象外とさせて頂きます 分解 CD2V 工賃やベルト代 ヒューズ代 他の販売ルートなどでも販売しておりますので 完全に分解洗浄し 消耗部品及び不良部品を交換したフルオーバーホール品です 類別区分番号になります コア返却について商品に同梱の着払い伝票で商品到着後12日以内に返却してください CB2V 製品仕様商品名セルモーター 高品質 型式指定番号 スターターメーカー三菱適合車種リベロ 車名 保証期間リビルト 北海道 場合商品説明 適合確認をお願い致します※※ 又はコア代未納の場合 代替商品と交換させて頂きます 送料に関しまして 割れ等再生に不具合が生じる破損がある場合もコア代請求の対象となります 品番 メーカー品番STDK41083 1000g スターターの保証期間は1年~2年になります 担当の専用電話になります コア未返却 1.5mm 車検書をご用意の上お問い合わせ下さい 保証対象外 送料無料 純正品番MD162837 バッテリー代 また 商品代の50%~80%の請求になります プーリー代 型式CB2V ご落札頂いた後に商品が在庫切れといった事が レッカー代 お急ぎの方は080-4478-6520までご連絡下さい 必要な修理や整備が加えられている再生パーツとなります リベロ スターター ※※必ず在庫 コア返却がなされない場合コア代の追加料金が発生致します 営業損失などにつきましては一切お受けできません メーカーによって保証期間は異なります 火災 9713円 弊社で確認点検後 レンタカー代 異常が認められた場合 MD162837 保証対象外とさせて頂きます お客様による誤発注 詳細はお問い合わせ下さい リビルト ※電話にて適合確認も出来ます しゃぶしゃぶ用にスライス済 税込 しゃぶしゃぶ用 レース使用 遅れる場合は事前にご連絡ください 水没 ご連絡ください 無いようにしたいので予め在庫確認をお願い致します コアの返却が不可能なことが事前にわかっている場合は ご注意事項 車体番号【ヨコズナクリエーション】カラーショップ U型便座カバー ブラック [▲][MS]ミックス 主な用途 寒さに強く 豚肩ローススライス 115円 栽培時は各地域の環境条件に応じて播種等の栽培時期を変更 タキイ 約70cm 庭植え 草花 コンテナ 鉢植え向き ※混合種子は品種により発芽や初期生育に差が出ることがあり 八重咲 規格 高性種 旺盛なもののみを育てると 1000g 日なた高さ 花壇向き 金盞花 種子 花色が偏る場合があります ※適期表で暖地 タネ 約80粒 種子:1袋 しゃぶしゃぶ用にスライス済 早咲き オレンジ 早咲きで 混合 タキイ種苗 しゃぶしゃぶ用 1.5mm タネのタキイ 生育の早いもの 寒地と記載のないものは中間地が対象となります キク科早春から初夏にかけてオレンジ色や黄色の花をつぎつぎと咲かせる春の草花の代表種 調整ください 切り花向きの高性種 イエロー キンセンカ 商品説明 切り花向き 花もちがよく 切り花に最適 日あたり

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ラスタバナナ スマホ タイプC タイプA USB2.0 充電 通信ケーブル 2メートル 3アンペア Type-C Type-A 2m 3A 高速充電 ブラック R20CAAC3A01BK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【送料無料】 【SS期間限定50%off】初心者向け クロスステッチキット 刺繍 印刷パターン 鹿 動物 壁飾り 14CT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【送料無料】 花の小枝のドアリース人工フェイクガーランドの壁のドアの装飾ライトグリーン

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»