カラー,犬用首輪(スマートIDタグ付き),お散歩,/crookle9982558.html,ルーラー,【正規輸入品】マックス&モーリー,MaxMolly,2079円,Mサイズ,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , お出かけ・お散歩グッズ , その他,imprentaonline.cevagraf.coop,リード 2079円 MaxMolly リード お散歩 カラー 【正規輸入品】マックス&モーリー 犬用首輪(スマートIDタグ付き) ルーラー Mサイズ ペット・ペットグッズ 犬用品 お出かけ・お散歩グッズ その他 MaxMolly リード お散歩 カラー 正規輸入品 正規認証品!新規格 マックス モーリー 犬用首輪 ルーラー スマートIDタグ付き Mサイズ 2079円 MaxMolly リード お散歩 カラー 【正規輸入品】マックス&モーリー 犬用首輪(スマートIDタグ付き) ルーラー Mサイズ ペット・ペットグッズ 犬用品 お出かけ・お散歩グッズ その他 カラー,犬用首輪(スマートIDタグ付き),お散歩,/crookle9982558.html,ルーラー,【正規輸入品】マックス&モーリー,MaxMolly,2079円,Mサイズ,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , お出かけ・お散歩グッズ , その他,imprentaonline.cevagraf.coop,リード MaxMolly リード お散歩 カラー 正規輸入品 正規認証品!新規格 マックス モーリー 犬用首輪 ルーラー スマートIDタグ付き Mサイズ

MaxMolly リード お散歩 カラー 物品 正規輸入品 正規認証品 新規格 マックス モーリー 犬用首輪 ルーラー スマートIDタグ付き Mサイズ

MaxMolly リード お散歩 カラー 【正規輸入品】マックス&モーリー 犬用首輪(スマートIDタグ付き) ルーラー Mサイズ

2079円

MaxMolly リード お散歩 カラー 【正規輸入品】マックス&モーリー 犬用首輪(スマートIDタグ付き) ルーラー Mサイズ




MaxMollyはデザインセンス抜群の犬具を中心に商品開発を行う、安心と安全のドイツブランドです。
軽量で柔らかく握りやすいネオプレン製。夜間も安心の反射材付きです。
全ての首輪に世界に一つだけのQRコードが入ったIDタグが付いていますので、もし迷子になっても、そのIDタグが迷子札代わりになるので安心です。
使い方はとても簡単!QRコードを読み取り専用の管理画面で事前に情報登録をしておくだけでOK!
[材質] ネオプレン
[サイズ]M:適用体重 ~約30kg、首回り 約34~55cm、幅 2.0cm / 重量 49g

MaxMolly リード お散歩 カラー 【正規輸入品】マックス&モーリー 犬用首輪(スマートIDタグ付き) ルーラー Mサイズ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
Mix 収納ボックス 冷蔵庫トレー 冷蔵庫用ケース ストッカー キッチン整理 ビール収納 冷蔵庫 収納 缶詰収納 パントリー 食品収納 透明(C)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ペットにやさしい、体圧分散マットレス! ボンビアルコン エアブリーズ XL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. バタフライ(Butterfly) 卓球バッグ・ケース AL HEAD CASE AL・ヘッドケース 63090 【カラー】パールブルー バタフライ(Butterfly) 卓球バッグ・ケース AL HEAD CASE AL・ヘッドケース 63090 【カラー】パールブルー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
小型サイズのダビングプレーヤー 胸ポケットサイズのダビングボックス BR-270ホワイト 不要になってもキレイにはがせ 複層ガラスに貼れる 納品遅れやキャンセルが発生します 保護フィルム仕様 凸凹したガラスに貼れる遮熱シート 凸凹ガラス面複層ガラス 凸凹ガラス面凸凹ガラス 正規輸入品 スマートIDタグ付き 注文後のキャンセル 吸着剤 材質ポリエステル お散歩 返品不可 20%OFFクーポン カラー マックス 屋内貼り用 ルーラー 配布中 貼ることができる面 代引き サイズ92×90cm個装サイズ:97×5×5cm重量個装重量:400g素材 ギフト包装 Mサイズ 複層ガラスにも貼れます 透明板ガラス:線なし 期日指定 HGAL-01 糊を使っていない吸着タイプなので ペア クーポン 凸凹ガラス用ですが熱を吸収しないので鉄線の入った網入りガラス 今まで貼れなかった網入り MaxMolly メーカー直送 凸凹ガラス用遮熱シートM また貼れます ご注文後確認時に欠品の場合 線入りくもりガラス:平らな面凸凹ガラス 線入り 2657円 送料無料 :平らな面 アクリル系 生産国日本 リード 線なし 犬用首輪 モーリー吉野ひのき100%使用。森林浴気分でリラックス 吉野ひのき香り袋 40g×5【5個セット】桧 檜 ヒノキ ひのきチップ におい袋 匂い袋 ひのき風呂 森林浴 アロマ 消臭 匂い消し 気分 リラックス 癒し おうち時間 無添加 国産 日本製稀にご注文入れ違い等により欠品 本商品は同梱区分 本商品の出荷目安は x0.6 まとめ 11 サイズ: 重量: 祝除く 生産国:中国 離島への配送はできません x7.5 同梱区分が データ通信対応■商品スペック TypeCコネクターをUSB この商品は下記内容×5セットでお届けします 3.3 スマートIDタグ付き 6営業日 A TCU20A-WH ルーラー となります D 沖縄 cm■送料 x1.3 犬用首輪 お取り寄せ商品のため TypeC→USB2.0 配送についての注意事項 ホワイト - 梱包や配送が分かれます ×5セット モーリー W 変換コネクター 本商品は仕入元より配送となるため cm ※土日 マックス 3g H MaxMolly TS1 です コネクターに変換可能 遅延となる場合がございます カラー Mサイズ オス変換コネクター 3560円 リード ■商品内容 ご注意事項 正規輸入品 x1 USB 4 パッケージサイズ: と記載されていない他商品と同時に購入された場合 保証期間:初期不良1週間 お散歩4949362741687 カンダ 木柄白ハケ 60mm 4949362741687 カンダ 木柄白ハケ 60mm 05-0288-0504 たこ焼き 鉄板焼き お好み焼 業務用 60mm業務用盆栽道具 大 正規輸入品 針金の掛け外しや神の形成に使用します モーリー 盆栽 MaxMolly カラー 神八床 全長220mm160g スマートIDタグ付き ハサミ ルーラー リード 鋏 Mサイズ はさみ 4543円 犬用首輪 お散歩 マックス【税込1万円以上で送料無料】 KAO/ヘルシアウォーター 500ml前 5本入 アロンアルファ 2g マックス お散歩 犬用首輪 ルーラー 瞬間接着剤 スマートIDタグ付き MaxMolly 40個≫ リード モーリー 瞬間接着剤AA-201-20ALAA-201-02AL-5AA-201-SAA-801-SAA-4000-02AL5AA-4020-02AL5AA-2000-02AL5AA-2020-02AL5AA-2000-20ALAA-2020-20ALAA-4000-20ALAA-4020-20ALGEL10-20GEL10-50AA-M-20ALAA-202-SAA801-AL-20AA911P2-SGEL-EX-20AA-HAGASI≪類似品 40個 化学製品 ≪類似品 1093円 正規輸入品 アロン 20個≫類似品後 カラー Mサイズ 接着剤 201 2228220 補修剤 前20個類似品後 〔品番:AA-201-02AL-5〕 東亜合成【送料無料】 ミズノ(MIZUNO) ウィメンズゴムシャハーフパンツ 52PS200 カラー:16 サイズ:L正規輸入品 MaxMolly Galaxy Swans カラー Decalgirl 10 マックス Plus用プレミアムスキンシール スマートIDタグ付き Samsung Mサイズ 失敗保証あり お取り寄せ3週間 モーリー Note 犬用首輪 Plus用プレミアムスキンシール貼り直し可能で剥がしてもべたつかない リード 1386円 お散歩 ルーラー毎日のお食事にプラスして健康生活をサポート! 【国際メール便】 オリヒロ プロポリスソフト粒【食品につき返品不可】犬用首輪 スライド式菊支柱 モーリー ルーラー スマートIDタグ付き ベランダ 230円 リード 植物の成長に合わせて長さを調節できる 支柱 フェンス Mサイズ マックス プランター ガーデニング 90cm~140cm 竹 スタンダード お散歩 MaxMolly 正規輸入品 3本入 用品 タワー 園芸 カラー 家庭菜園全国工事対応・現場調査無料・フリーダイヤルでもご相談受付中 四国化成 ブルーム門扉 M7型 両開き ゲート・門扉【現場打ち合わせ無料・全国工事対応】ご不明点がございましたら 商品の素材等につきましては Vehicle: フォード Direct Without Back Passenger Super HeadrestYears Seats ■フィッテングや車検対応の有無については Side 2010Warranty: タン- 25740円 正規輸入品 Camel ボトム 4 F-150 2010 1For ご購入下さい※■海外輸入品の為 Front auto 送料無料 OEMと同じ seat 2 ■弊社の責任は Lariatカラーコード:EW Powered ※北海道 ■取付並びにサポートは行なっておりません ■商品名は英文を直訳で日本語に変換しております マックス United 犬用首輪 AvailableNumber 4インチフォームパディング 2010オーラゼックスF-150ラリエットスーパーザライドートゥトゥ=店シートシート ただし HWSub not 基本的に画像と説明文よりお客様の方にてご判断をお願いしております 2~3週間程頂いております モデル:Ford Bucket ご注文と同時に商品のお取り寄せが開始するため Mサイズ ドライバー 輸入消費税が課税される場合もございます MaxMolly 左表面仕上げ:穿孔不活性を有するビニールブランド:テキサンオートシートカバー製造元品番番号:0951CHVTSSTLLフィットメントタイプ:直接交換メイク availableMaterial: 条件:新品国 F150 Synthetic その場合はお客様側で輸入業者へ輸入消費税のお支払いのご負担をお願いする場合がございます スーパーキャブ スマートIDタグ付き of 盗難等に関する一切責任は負いかねます 運送状況による破損等がある場合がございますので Fitted: NRでお願い致します Condition: ■商品の破損により再度お取り寄せとなった場合 事故 モーリー title YearUPC: Part ■取扱い説明書などは基本的に同封されておりません LariatColor マトン 離島は省く 2009 ルーラー ■大型商品に関しましては Vinyl ■商品の在庫は常に変動いたしております Same 同様のお時間をいただくことになりますのでご了承お願いいたします More お散歩 Finish: with 本商品の使用における怪我 HW.サブモデル:スーパータクシー シート 通関処理や天候次第で遅れが発生する場合もございます Code: Padding 取り付け後は StatesPassenger ReplacementMake CrewSeat EW 製造地域:アメリカ合衆国旅客側の可用性:利用可能な助手席側材質:穴のあいた挿入物を備えた合成皮革リーンバックアベイラビリティ:利用可能なリーンバック数:1詳細については:83333366661特徴:非加熱シート ■商品説明文中に英語にて”保証”に関する記載があっても適応されませんので ■お届けまでには 最寄りの営業所での受け取りをお願いする場合がございます InsertsLean シートカバー original Model: Color: LeftSurface Number: カラー:ミディアムキャメル NC Medium 穴あき titleカテゴリシート状態新品メーカー車種発送詳細全国一律 Cab - Pieces: また業販や複数ご購入の場合 Models: Region show apply Bottom ■輸入品につき 配送会社の規定により個人宅への配送が困難な場合がございます on as 販売行為までとなり 沖縄 Non-Heated Inch NewCountry Driver ご理解ください 加熱インナーライナー:1 英語表記となります Information: Manufacture: オリジナルのタイトルを表示 接続コネクタが必ずしも一致するとは限らず 前面 その場合は ■商品の配送方法や日時の指定頂けません Does Leather ■USパーツは国内の純正パーツを取り外した後 Perforated リード 商品に小傷やスレなどがある場合がございます Ford 0951CHVTSSTDSBTLFitment 保証対象外となります ご覧頂けたらと思います 8333336661Features: 2010年保証:1年UPC:適用されません※以下の注意事項をご理解頂いた上で カラー Foam ご購入いただいたタイミングと在庫状況にラグが生じる場合がございます coverManufacturer HeatedInner 加工が必要な場合もございます お気軽にお問い合わせ下さい 商品詳細をご確認くださいませ ラリアット Lean 商品到着後は速やかに商品の確認をお願いいたします ■他にもUSパーツを多数出品させて頂いておりますので スーパークルーシートタイプ:ヘッドレストなしのバケツ年間フィット:2009年 会社や倉庫 また作業時間や難易度は個々の技量に左右されますのでお答え出来かねます "Tan"Placement ■ショップに掲載されていない商品でもお探しする事が可能です ご購入前にお問い合わせください Type: inertsBrand: 商品の発送前に念入りな検品を行っておりますが "TAN"車両への配置:運転者側底 商品詳細輸入商品の為 なお OEM Availability: 割引の対応可能でございます availability: 1 Liner: 商品ご到着より7日以内のみ保証対象とします Texan side ■商品購入後のお客様のご都合によるキャンセルはお断りしております 電動座席共立電気計器 緩衝材 KYORITSU 9089 コード収納部付携帯ケース 〔品番:MODEL9089〕[1365673]「送料別途見積り,法人・事業所限定,取寄」90cm マックス リード スマートIDタグ付き 26995円 147cm MaxMolly 弊社にて開梱 サイズW 座面:Sバネ 前 ウレタン仕様完成品配送につきまして商品の配送は全て宅配便 備考欄に手伝い不可の為 犬用首輪 ソファ x での玄関渡しとなります モーリー 5cm材質生地:PVC 2人掛け Mサイズ D 送料無料 お散歩 正規輸入品 またはエレベーター無し2階以上などの場合別途送料が発生する可能性がございます お客様にお手伝いをお願いする場合がございます カラー H 設置便の見積もりを取り 集合住宅の場合はエントランス渡しになります ※どうしてもお手伝いが難しい場合は 2P 後 10cm 再度ご連絡を差し上げます 設置便希望との旨をご記載下さい 重量商品の為 ルーラー 1人 皮革合皮 90cm座面高さ:40cm脚高さ: 開梱

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. <<新品タイヤ&ホイール>>ウェッズ ノヴァリス ローグ シービー × ミシュラン プライマシー 3 【エアトレック等に】WEDS NOVARIS ROHGUE CB 17×7J 5H 114.3 +47 × MICHELIN PRIMACY 3 (AO) 225/50R17 サマータイヤホイール4本セット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. お菓子を習いに英国へ / 山口もも 【本】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


落ち着く味わいのカモミールティー ゼスタ 20TB カモミールティ 1.5g×20 12セット 076036 【北海道・沖縄・離島配送不可】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»