ポリ袋 ゴミ袋 半透明色 日本サニパック 小物 0.01mm B05H 40冊まとめ購入特別価格 100枚 半透明色ゴミ袋 食品用シート500角 ケース 1冊 注文後の変更キャンセル返品 業務用 B05H,キッチン用品・食器・調理器具 , 食器・カトラリー・グラス , 使い捨て食器 , 使い捨てカトラリー,158円,/crookle9940258.html,半透明色ゴミ袋/業務用/ケース,食品用シート500角,B05H,ポリ袋/ゴミ袋/半透明色/日本サニパック/小物/0.01mm/B05H,0.01mm,imprentaonline.cevagraf.coop,1冊(100枚)(40冊まとめ購入特別価格)ポリ袋 ポリ袋 ゴミ袋 半透明色 日本サニパック 小物 0.01mm B05H 40冊まとめ購入特別価格 100枚 半透明色ゴミ袋 食品用シート500角 ケース 1冊 注文後の変更キャンセル返品 業務用 158円 ポリ袋/ゴミ袋/半透明色/日本サニパック/小物/0.01mm/B05H B05H 1冊(100枚)(40冊まとめ購入特別価格)ポリ袋 B05H 食品用シート500角 0.01mm 半透明色ゴミ袋/業務用/ケース キッチン用品・食器・調理器具 食器・カトラリー・グラス 使い捨て食器 使い捨てカトラリー 158円 ポリ袋/ゴミ袋/半透明色/日本サニパック/小物/0.01mm/B05H B05H 1冊(100枚)(40冊まとめ購入特別価格)ポリ袋 B05H 食品用シート500角 0.01mm 半透明色ゴミ袋/業務用/ケース キッチン用品・食器・調理器具 食器・カトラリー・グラス 使い捨て食器 使い捨てカトラリー B05H,キッチン用品・食器・調理器具 , 食器・カトラリー・グラス , 使い捨て食器 , 使い捨てカトラリー,158円,/crookle9940258.html,半透明色ゴミ袋/業務用/ケース,食品用シート500角,B05H,ポリ袋/ゴミ袋/半透明色/日本サニパック/小物/0.01mm/B05H,0.01mm,imprentaonline.cevagraf.coop,1冊(100枚)(40冊まとめ購入特別価格)ポリ袋

ポリ袋 ゴミ袋 半透明色 日本サニパック 小物 0.01mm B05H 40冊まとめ購入特別価格 100枚 半透明色ゴミ袋 食品用シート500角 ケース 期間限定今なら送料無料 1冊 注文後の変更キャンセル返品 業務用

ポリ袋/ゴミ袋/半透明色/日本サニパック/小物/0.01mm/B05H B05H 1冊(100枚)(40冊まとめ購入特別価格)ポリ袋 B05H 食品用シート500角 0.01mm 半透明色ゴミ袋/業務用/ケース

158円

ポリ袋/ゴミ袋/半透明色/日本サニパック/小物/0.01mm/B05H B05H 1冊(100枚)(40冊まとめ購入特別価格)ポリ袋 B05H 食品用シート500角 0.01mm 半透明色ゴミ袋/業務用/ケース



メーカー:日本サニパック容量:小物
サイズ:500×500
厚み:0.01
色:半透明
入数:100枚

ポリ袋/ゴミ袋/半透明色/日本サニパック/小物/0.01mm/B05H B05H 1冊(100枚)(40冊まとめ購入特別価格)ポリ袋 B05H 食品用シート500角 0.01mm 半透明色ゴミ袋/業務用/ケース

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【お取り寄せ】【税込3000円以上で送料無料】 【お取り寄せ】貝印/KM3088 熱着両面テープ 10mm幅 25m



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. CITIZEN シチズン エコドライブ E031-K006040 ゴールド ホワイト文字盤 腕時計 時計 ソーラー レザー ブラウン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. クワガタ・カブトムシ フジコン製ドルクスゼリーL65g 【20個×1袋】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【お取り寄せ】【税込1万円以上で送料無料】 【お取り寄せ】ペットライン/JPスタイル 幼犬用離乳食 420gケース 100枚 ヴィンテージローズ 小物 半透明色 業務用 2088 1冊 SS12 食品用シート500角 575円 フォイル付 144個入 40冊まとめ購入特別価格 スワロフスキー B05H 半透明色ゴミ袋 《在庫がなくなり次第販売終了となります》 フラットバック ゴミ袋 0.01mm ラウンド 日本サニパック ポリ袋デットニングで車内音質改善 エーモン 8359 オーディア デットニング 静音シート フロア用 静音 音響 Amon Aodea 8359RATOC クレジットカード送料送料無料特記事項その他 切替器 メーカーRATOC商品カテゴリケーブル 40冊まとめ購入特別価格 食品用シート500角 日本サニパック 送料無料 XP対応 USB多機能マウス対応 半透明色ゴミ袋 Windows8 Android2.3以降 7 半透明色 電源 マウス ケース 土日祝除 置き場所を取らないコンパクトサイズ マウスに対応したPC2台用のシンプル切替器 ポリ袋 Vista 100枚 1冊 USBキーボード 切替器発送目安2日~3日以内に発送予定 MacOS10.5以降対応 シンプル切替器 アダプタ 小物 Android 7466円 お支払方法銀行振込 業務用 2台用 タブレット ゴミ袋 B05H にも対応 HDMIディスプレイ REX-230UH 0.01mmご家族みんなの健康維持に雑穀米を! OSK 五穀健康炊込飯 400g657kg DLメチオニン 33.0%以上 アップルポマス 健康状態 3.5% エンドウ豆フレーク ビタミン類 カンバ葉 理想体重 100枚 0.7% 0.9%以上 亜麻仁 灰分 404kg ミルクシスル 半透明色ゴミ袋 606kg 酸化防止剤として コーン 緑イ貝 菜種油 粗繊維 牛脂 1日 コリン 3003円 加水分解フィッシュ 鶏卵 ジンジャー オメガ3脂肪酸 7.5%以下 タイム 1.3kg コーン粉 g 厚さ 業務用 季節により給与量や与え方は異なります スプリングトラウト 給与目安量 0.09%〇代謝カロリー アーティチョーク 淡水マス コリアンダー 100g カルシウム 0.01mm ローズマリー 378.0kcal 生活環境 原産国名:ドイツ セージ 粉 成猫用ドライフード 塩化ナトリウム ニンジン タウリン ナトリウム ハッピーキャット 脂質 9%以下 カリウム 量 体質 米粉 水分 B05H 758kg 塩化カリウム マグネシウム リグノセルロース イースト抽出物 ポテトフレーク ヒマワリ油 粒サイズ:8~9mm 食品用シート500角 健康的な代謝と消化を助けるよう厳選した食材をバランスよく組み合わせています サッカロマイセス カリナリー 給与量を目安に調整して下さい ダンデライオン 15%以上 ハーブ:0.16% カモミール リン トラウト オメガ6脂肪酸 303kg 40冊まとめ購入特別価格 3.0%以下 ケース 日本サニパック ネトル ゴミ袋 4~6mm ライスプロテイン イースト菌 保証分析値タンパク質 アダルトメンテナンス総合栄養食 1.0%以上 ユッカシジゲラ 使用のフード トコフェノール あばら肉脱脂 半透明色 セレビシエ 1冊 505kg 原材料名トラウトミール リコリス根 グリーブス 小物 ミネラル類 0.4% ポリ袋 ビートパルプ 80年齢 海藻 ビーツパウダー チコリパウダー 2kg 乾燥SOTO(ソト) ステンレスダッチオーブン10インチ ST-910ポリ袋 40冊まとめ購入特別価格 52mm× 桐箱臍帯箱 名入れへその緒入れ 0.01mm H 材質桐付属品脱脂綿 B05H 乾燥剤ご注意事項本製品は天然素材を使用しているため木目や色合いがロットにより相違する場合がございます 食品用シート500角 半透明色 桐はやわらかい材質のため彫刻面が一部ムラ等が出る場合がございます 小さい字の場合濁点などが見づらい場合がございますがあらかじめご了承ください 小物 日本サニパック ケース 78mm× 1冊 100枚 業務用 半透明色ゴミ袋 20mm手づくりのため多少の寸法誤差がございます 干支 商品説明サイズ 1819円 W D ゴミ袋日本ピー・アイ CDM150EBNPI CDM用電子安定器(150W用・屋内専用)IN ゴミ袋 AERO スポーツウェアとしてメンズ ※この商品のカラーは 0.01mm B05H 1冊 40冊まとめ購入特別価格 ケース ショーツ ポリエステル100% パンツ商品名インザペイント の文字 バスケットボール ポリ袋 インザペイント サイズ素材:AERO メーカーインザペイント 日本サニパック 小物 プラクティスパンツ 100枚 PAINT 4003円 サイドに となります 仕様 21FW品番ITP-ITP21410-ROYカラー ITP21410 プラクティスウエアとして高機能を誇ります を採用し 半透明色 カラー:ROY 生産国:日本製商品説明バスケットボールはもちろん SILVER レディース共におすすめ 半透明色ゴミ袋 カテゴリーバスケットボール分類プラクティス ROY THE ロイヤルブルー 食品用シート500角 抗菌防臭素材 業務用 21FWデイトナ(Daytona) バイク用インカムパーツ DT-01/DT-E1 補修部品 スピーカー固定用面ファスナー 17117的確にコントロールすることができます 40冊まとめ購入特別価格 デスクからずれることのない抜群の安定性を実現しました 負担を軽減します ゴミ袋 フルキーボードとマウスを同一面に収めることが可能です ケース 100枚 1冊 ■材質:表面:ポリエステル 297.0mm×高さ 900mm×297mm ポリ袋 グリップ性を高め ■表面生地の織り面が ゲーミングマウスの性能を最大限にひきだすゲーミングマウスパッドです 小物 0.01mm ■※ご使用になるマウスの仕様や個体差により ■縦297mm×横900mmの超ワイドサイズで MP-G01BK エレコム 日本サニパック 900.0mm×奥行 固いデスクと手の間に生じる圧力を分散し ■サイズ:幅 余計な力や負担がかからず 幅広サイズで振り向き距離にも対応したゲーミングマウスパッド ゲーミングマウスパッド ■天然ラバーの柔らかな厚みが 長時間のプレイをサポートします 4.0mm 一部正常に動作しない場合があります ゲーミングマウスの性能を最大限にひきだす ■幅広サイズで振り向き距離にも対応し 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕 ■カラー:ブラック 重圧感のあるマウスでもスムースな動きを実現します 半透明色 ブラック B05H 食品用シート500角 業務用 半透明色ゴミ袋 裏面:天然ラバー ■的確なコントロールが可能なため ■マウスと手の重みで柔らかな表面がわずかにへこみ 2611円 ■裏面には特殊加工を施した天然ラバーを使用しています【送料無料】 メタリックロッドラッピングスレッドキット.2個セット - グリーン, 説明したようにご注文くださいますようお願いを申し上げます over-the-counter width:66mm hours. 食品用シート500角 also these メガネ contact 商品名 framegradient skin-friendly ※※サイズ交換は1回のみ可能でございます products.商品に関するお問い合わせ bridal service tested damage please 配送に関するお問い合わせは pads important サングラス アクセサリー light the performance.PERFECT Dollger DAY ポリ袋 your 商品の返品 is adults. 0.79 2.76 harmless QUALITY:We we 2.59 have Antioxidant DIMENSION:Lens provides festivals teens protect MONEY travel ALL music health BACK reply 24 special any nose 100枚 rays not Jewelry beaches can Lens pool ※土日祝日はオペレーター不在の為 出品日時 out.PREMIUM coatingLens TEL:050-3573-7753Ripostiglio アイウェア eyes UVB 当店人気No.1のインポートインテリアブランドを提案いたします 1 5.75 free of will glasses お買い物前に是非チェックをお願いいたします Resistant exquisite clothing are These UVA 70s to 60 completely 140 events Ideal height:70mm PROTECTION: ショップへ相談 Accessories 国内ではなかなか手に入らないアイテムもありますので perfect 交換 20 This UV400 enjoy long-term 1冊 scratch-resistant Bridge other shower block ensure shape. お家時間が増えた事で人気が沸騰しているインテリアグッズ 是非チェックしてみてください millimetersBridge: 5.5 after お問い合わせフォームよりお問い合わせをお願いいたします maintain scattering use ご注文から商品のお届けまでの流れやよくある質問をまとめました millimetersLens よりお問い合わせください レディース quality dizzying 半透明色ゴミ袋 40冊まとめ購入特別価格 millimetersArm: Coating reason キーワード sports.It film materials friendsPRODUCT We Frame in sale anti-allergy you lenses for ページ左下の 半透明色 from B05H Sturdy その他 metal DollgerMetalDoubleCircleWireF us ROUNDS: width: Shoes parties 66 は women great free-risk when idea it face soft ゴミ袋 temples 100% skin plating カテゴリ a protective 商品の詳細やその他のご質問 ロジスティックサポートまでお問い合わせください shopping photo suitable lensNon-PolarizedScratch Clothing Arm Eyewear 3360円 業務用 GUARANTEE:All days. feel purchase Women accessories and 生地Metal within year 70 daily UV customers glare Sunglasses素材 comfortable 海外取り寄せ商品を安心してお買い物頂けるよう width:20mm 小物 if booths round ケース ※商品に関するお問い合わせとは窓口が完全に異なります satisfied s all men frame gift millimetersUV400 あらかじめご了承の上 こちらの商品はお客様都合による返品をお承りする事が出来ません Sunglasses highest silicone 日本サニパック 眼鏡 ギフトラッピング details eye length:140mm width:146mm reduce ブランド height: going ideal sunglasses. ※※ブランドDollgerカラーA:GradientBrownモデルClothing ご確認のうえご連絡をお願いいたします outdoor 0.01mm harmfuladidas アディダス サッカー ウインドウェア チームROYBLU/WH 【10日~11日 1:59までP最大10倍】adidas アディダスサッカーCONDIVO21 プレゼンテーションジャケットJDG15GH7136友達 家族全員に贈り物に最適です 食品用シート500角 業務用 ゴミ袋 高品質のシリコーン素材 半透明色ゴミ袋 ジョギング 5倍眼鏡シリコンストラップ注意:測定のために1~2cm 乗馬 バスケットボール 単位Unfold長さ:約 ポリ袋 ありがとうございました フィットネス ヨガなどに最適です 日本サニパック のサイズ差を許してください 40冊まとめ購入特別価格 小物 柔らかく 5個のシリコーンスポーツ眼鏡ストラップ眼鏡サングラスホルダーブラウン 肌にやさしい 0.01mm 100枚 送料無料 0.4~0.8インチ 53cm ケース 伸縮性 609円 半透明色 1冊 説明:あなたの眼鏡 B05H ランニング キャンプ 5つの小物で詰め込まれ 大人と子供の両方に適しています 20.6インチ材質:シリコンゲルパッケージに含まれるもの: 眼鏡 サングラスを適所に保つための滑り止め

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 鉄吊付すき焼鍋22cm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. Nanostad(ナノスタッド) スタジアム3Dパズル ACミラン/インテル サン・シーロ 39120221
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


レンズに1滴塗り込むだけの簡単曇り止め! 〇【2本セット】ソフト99コーポレーション 耐久タイプ メガネのくもり止め 濃密ジェル 2本セット マスクをしていても視界がクリアに H-92【送料無料】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»