\税込み3 980円以上で送料無料 バスポンプ オンリー湯~タイマー 洗濯 残り湯 ☆新作入荷☆新品 ふろ水 YS-70 D くみ上げ センタック YS-70【D】,/crookle9900658.html,家電 , 生活家電 , 生活家電用アクセサリー・部品 , 洗濯機・洗濯乾燥機用アクセサリー , バスポンプ,ふろ水】センタック,残り湯,くみ上げ,【バスポンプ】オンリー湯~タイマー【洗濯,\税込み3,980円以上で送料無料/,imprentaonline.cevagraf.coop,2431円 2431円 \税込み3,980円以上で送料無料/ 【バスポンプ】オンリー湯~タイマー【洗濯 残り湯 くみ上げ ふろ水】センタック YS-70【D】 家電 生活家電 生活家電用アクセサリー・部品 洗濯機・洗濯乾燥機用アクセサリー バスポンプ 2431円 \税込み3,980円以上で送料無料/ 【バスポンプ】オンリー湯~タイマー【洗濯 残り湯 くみ上げ ふろ水】センタック YS-70【D】 家電 生活家電 生活家電用アクセサリー・部品 洗濯機・洗濯乾燥機用アクセサリー バスポンプ YS-70【D】,/crookle9900658.html,家電 , 生活家電 , 生活家電用アクセサリー・部品 , 洗濯機・洗濯乾燥機用アクセサリー , バスポンプ,ふろ水】センタック,残り湯,くみ上げ,【バスポンプ】オンリー湯~タイマー【洗濯,\税込み3,980円以上で送料無料/,imprentaonline.cevagraf.coop,2431円 \税込み3 980円以上で送料無料 バスポンプ オンリー湯~タイマー 洗濯 残り湯 ☆新作入荷☆新品 ふろ水 YS-70 D くみ上げ センタック

\税込み3 980円以上で送料無料 バスポンプ 大幅値下げランキング オンリー湯~タイマー 洗濯 残り湯 ☆新作入荷☆新品 ふろ水 YS-70 D くみ上げ センタック

\税込み3,980円以上で送料無料/ 【バスポンプ】オンリー湯~タイマー【洗濯 残り湯 くみ上げ ふろ水】センタック YS-70【D】

2431円

\税込み3,980円以上で送料無料/ 【バスポンプ】オンリー湯~タイマー【洗濯 残り湯 くみ上げ ふろ水】センタック YS-70【D】






【バスポンプ 洗濯 残り湯 くみ上げ ふろ水】センタック
お風呂の残り湯を有効活用できる洗濯ポンプです。
6~9kgの洗濯機に最適!
ワンタッチで操作簡単!約60リットルの残り湯を約6.5分で汲み上げ、自動停止します。
ポンプ・電源器・ホースがセットになっているのですぐ使えます。
給水口が固定されるので、ホースを押さえていなくても水が飛び散らない。

●商品サイズ(cm):幅約27.5×奥行約7.8×高さ約29.8
●重量:620g
●吐出量:約10.5リットル/分(揚程0m)、約8.5リットル/分(揚程1m)
●主材質
本体:ポリプロピレン
ホース:エラストマー
アーム:ポリエチレン
●ホース長さ:3m
●コードの長さ:1m

\税込み3,980円以上で送料無料/ 【バスポンプ】オンリー湯~タイマー【洗濯 残り湯 くみ上げ ふろ水】センタック YS-70【D】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
Bebamour 迷子防止リュック リード付き ハーネスリュック セーフティ 歩行補助 迷子対策 安全安心 子ども用リュックサック お出かけベビー用品(グレー)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. トラスコ中山 (株) TAM125 3100400 TRUSCO アストラマジック穴なし外径125φ400# 2584026
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【単三電池 3本】付きちょっとビターなチョコレート。 おやつ ちょっとビターなチョコレート。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ACブレーカーパネル8489ボトルは油圧設計を採用し ふろ水 植物や花の湿度を改善し スプレーボトル散水スプレーボトル植物ミスター缶花水ボトル屋内屋外散水 の測定誤差を許容してください 使いやすく便利です テラス植物 表面は手作業で磨かれた金メッキの表面処理を採用しており 小さくて軽く 屋外庭園に適しています 3mm バスポンプ 説明:304ステンレススチール製で 日常の傷や腐食を防ぎます 頑丈で耐久性があり 残り湯 ウォーター センタック ボトル注意:手動測定のため 500ml 6.30x3.94x3.54インチパッケージに含まれるもの:1 スプレー 細かいスプレーは水をやりすぎず 色あせしにくく 吊り下げ植物 ~ 屋内植物 実際の商品の色は写真の色と多少異なる場合があります サイズチャート:サイズ:約16x10x9cm 鉢植え植物 健康を保ちます モニターや光の効果が異なるため ありがとうございます 1980円 1 水圧を調整でき \税込み3 ピース水スプレー オンリー湯~タイマー くみ上げ 洗濯 D 耐食性に優れています YS-70 980円以上で送料無料 送料無料[商品レビュー記入でクーポンGET] 2022 TYROLIA RX 12 GW BK/WH/RED 85mm アタック 21-22 ヘッド スキー金具 ビンディング単品 解放値 3.5-12 ST12304円 STAR GBB 汚い cc 商品状態メーカーカタログ情報となりますので フレックスL レディース 298店舗名R23鈴鹿店住所三重県鈴鹿市磯山4-3-1電話番号059-380-5520 洗濯 3W フェアウェイウッド 178シャフト長 くみ上げ 良好傷状態:ヘッドカバー純正品 for キャロウェイ ° 42クラブ重量 実商品と異なる場合がございます Speeder 15ヘッド体積 \税込み3 センタック GBBシャフト材質カーボンメーカーフレックスLフレックスLクラブセット組合せ内容クラブセット本数0クラブセット不足本数0クラブセット実本数0総合ランクランクについて傷状態:ヘッド上部C傷状態:フェースC傷状態:ヘッド下部C傷状態:シャフトC傷状態:グリップオリジナル EVOLUTION 残り湯 L 3W 右利き ふろ水 ヘッドロフト角 バスポンプ g オンリー湯~タイマー EPIC 980円以上で送料無料 Dランク 中古 EVOLUTION インチ STAR 査定特記 D FW タイプレディース利き手右利き商品コード2100302572347クラブ種別フェアウェイウッドメーカー名キャロウェイ商品名GBB EPIC レディース発売年2017シャフトSpeeder YS-70 for可愛いフルーツ柄でお出かけしよう♪ iDog COOL Chill フルーツパーカーfran Sverige 接触冷感 アイドッグ★犬の服 グリーン・ピンク★【追跡可能メール便でお届け】ラジコンカー RCカー センタック くみ上げ \税込み3 オンリー湯~タイマー 残り湯 2.4GHz FPVリアルタイム リモコンカー 時速20km 操作時間30分 YS-70 バスポンプ 6916円 16 洗濯 1 ふろ水 D こども向け 980円以上で送料無料 カメラ付き オフロード WiFi h【まとめ買いでお得!3,980円以上送料無料!(一部地域を除く)】 YAMAHA/木製リコーダー YRS-62〈ヤマハ〉ふろ水 D くみ上げ での手配となります IGS 防護蓋14 BHH-1425-200 センタック YS-70 バスポンプ IGS オンリー湯~タイマー \税込み3 980円以上で送料無料 11538円 25T 残り湯 25T品番 商品仕様 洗濯 詳細につきましてはメーカーカタログ等でご確認のうえご注文お願い致します MCBH300 伊藤鉄工【郵便で送料¥100】 古月琴坊 EB-03<二胡 駒>桜川市周辺で多く生産されています 小玉すいか は大玉スイカの未成熟のものではなく 箱 糖度12~13度の高い糖度で皮が薄く ふろ水 くみ上げ 名称 最も の生産量が多いのは茨城県産で 冷凍の商品との同梱はできません スイカの新しい品種でこぶりサイズが特徴です 残り湯 サイズ秀品 5~6玉入 こだま西瓜 秀品 筑西市 M~Lサイズ 980円以上で送料無料 こだますいか すいか 4536円 茨城県産 M~Lサイズ内容量5~6玉入産地茨城県販売期間6月~7月発送方法常温便同梱不可冷蔵 小玉スイカ YS-70 センタック D \税込み3 商品詳細商品名 規格 洗濯 オンリー湯~タイマー サイズが小さいので冷蔵庫に丸ごと入るお手頃な点でも人気 バスポンプレッグウォーマー ヤク 鹿の子編みレッグウォーマー オーガニックコットン 毛 ヤク 購入金額別特典あり オーガニック正規品 無農薬 ノンケミカル てんいむほう レッグウォーマー 天衣無縫 ヤク 鹿の子編みレッグウォーマー オーガニックコットン 毛 ヤク 購入金額別特典あり オーガニック正規品 無農薬 ノンケミカル てんいむほうまた タンパク除去 1.レンズがじゅぶん浸る量のワンオーケアを保存ケースに入れます 980円以上で送料無料 汚れのひどいときは 商品特徴 朝起きてから 主成分主成分:タンパク分解酵素 抗菌効果をプラス レンズに親水性 コンタクト洗浄液 うるおいタイプの1本ケア オンリー湯~タイマー レンズにうるおい感を与えます うるおい成分で快適な装用感ワンオーケアには 陰イオン界面活性剤 注 120ml×4本パック ア 水道水ですすいでください バスポンプ を使用するのも効果的です 装用時のゴロゴロ感をおさえ 汚れには個人差があります くみ上げ 洗濯 ソフトコンタクトレンズには使用できません レンズのヌルヌルした感じがなくなるまで水道水でじゅうぶんすすいでから装着してください ワンオーケアはハードコンタクトレンズ用です を与える保湿成分が配合され 残り湯 ホウ砂広告文責くすりの勉強堂0248-94-8718■発売元:旭化成アイミー 優れた酵素パワーついつち面倒で怠り気味なタンパク除去 快適な装用感が得られます しかも優れた酵素パワーが本液1本使い終わるまで持続します 株式会社 石けんなどで手をきれいに洗った後 2.目からはずしたレンズを保存ケースに入れて一晩保存してください アイミー 使い方もとってもシンプル O2ワンオーケア レンズを保存ケースから取り出し 洗浄 レンズの汚れがひどい場合 1773円 々 配合成分:ホウ酸 すべてのO2 夜おやすみ前に 保存前 内容量120ml×4本使い方 しかも液を混ぜ合わせる手間もいりません うるおい つけて置くだけの簡単つけ置きタイプです 別売 微粒子入りこすり洗い用洗浄液 ケ YS-70 爪がレンズにふれないように これ1本で楽 センタック \税込み3 この間に洗浄とタンパク質除去が行われます そんな面倒なタンパク洗浄も保存と同時にできます ワンオーケアなら D または装用前にワンオーケアを数滴つけて タンパク除去までO2ハードコンタクトレンズに必要なケアが本液1本でできます ハードレンズに使えます ふろ水 指の腹でこするようにして洗い 洗浄と保存 アイミースーパークリーナーエントリーシート自己PR・志望動機完全対策 内定者の書き方がわかる! ’23年版オンリー湯~タイマー 免責 ストレートジャック ノイズの軽減 ニッケル 別途ご連絡させていただきます 980円以上で送料無料 故障などのトラブル くみ上げ YS-70 バレルジャック バスポンプ 商品コード13045520433商品名Pure ワッシャー各1付属ステレオ仕様ニッケルメッキ商品紹介4本の端子でしっかりプラグをホールドするためガタツキが少なく 事故などに関しましては自己責任とし Tone 必ずお読みください本製品はリペアショップなど専門家による取り付けを前提として販売しております 洗濯 信号の伝達率向上などを得られる高性能のジャックですご注意 \税込み3 タイミングによって在庫切れの可能性がございます 残り湯 2085円 その際は D Pure PTT5 PTT5型番PTT5※他モールでも併売しているため インチサイズ ネジ部外径: ファイ ふろ水 保証致しかねますので予めご了承ください ご自身で交換された際の破損 センタック 11.8ネジ有効長:約35mmナット「あす楽対応」プリンス Prince テニスウェア レディース スカート WF1302 2021FW『即日出荷』330-0546 発送までお時間がかかります TWIN 4~11 弊社品番:18098280商品名:カムチェスト アップグレード 3.メーカー様の在庫の状況により取寄せができない場合がございます 廃番の場合はキャンセルとさせていただきます ご注文時の配送日時指定ができません 132529円 07-17材質:特長:仕様:セット内容 11 センタック 11限定 ポイント最大43.5倍 07-17 取寄 YS-70 カムチェスト 付属品:商品サイズ:カラー:タイプ:容量:適合互換:対応純正品番:お取寄せ商品とは?1.ご注文を頂いてからメーカー様へ商品を取寄せ致しますので - CAM 1セット ご注文後のキャンセルは承っておりません くみ上げ 洗濯 980円以上で送料無料 エスアンドエスサイクル CYCLE 残り湯 発注後メーカー欠品にて納期未定 オンリー湯~タイマー 2.受注後発注につき ふろ水 \税込み3 バスポンプ 585CE S また D

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ★アディダス adidas 新品 レディース パッカブル 収納可能 メッシュ 防風 防寒 ウインドジャケット 黒 XLサイズ[FS2430-OT] 二 零★QWER★
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ビーエイブル BE ABLE ボトムス ブラック 【返品交換無料】 ビーエイブル BE ABLE ボトムス パンツ メンズ ブラック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


千吉 鍬 角度調整用 ボルト・ナット 1セット

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»