お笑い 有田哲平 矢作兼 岡田圭右 ますだおかだ 山崎弘也 中古 DVD 中巻 上巻 下巻 3枚セット 監督作品 全3巻 レンタル落ち メーカー在庫限り品 特典映像 CD・DVD , DVD , お笑い・バラエティー , 漫才,imprentaonline.cevagraf.coop,監督作品,特典映像(3枚セット)上巻、中巻、下巻▽レンタル落ち,559円,/crookle9867358.html,【中古】DVD▼有田哲平,・有田哲平・矢作兼・岡田圭右(ますだおかだ)・山崎弘也,全3巻,お笑い お笑い 有田哲平 矢作兼 岡田圭右 ますだおかだ 山崎弘也 中古 DVD 中巻 上巻 下巻 3枚セット 監督作品 全3巻 レンタル落ち メーカー在庫限り品 特典映像 559円 お笑い ・有田哲平・矢作兼・岡田圭右(ますだおかだ)・山崎弘也 【中古】DVD▼有田哲平 監督作品 特典映像(3枚セット)上巻、中巻、下巻▽レンタル落ち 全3巻 CD・DVD DVD お笑い・バラエティー 漫才 CD・DVD , DVD , お笑い・バラエティー , 漫才,imprentaonline.cevagraf.coop,監督作品,特典映像(3枚セット)上巻、中巻、下巻▽レンタル落ち,559円,/crookle9867358.html,【中古】DVD▼有田哲平,・有田哲平・矢作兼・岡田圭右(ますだおかだ)・山崎弘也,全3巻,お笑い 559円 お笑い ・有田哲平・矢作兼・岡田圭右(ますだおかだ)・山崎弘也 【中古】DVD▼有田哲平 監督作品 特典映像(3枚セット)上巻、中巻、下巻▽レンタル落ち 全3巻 CD・DVD DVD お笑い・バラエティー 漫才

お笑い 有田哲平 矢作兼 激安 激安特価 送料無料 岡田圭右 ますだおかだ 山崎弘也 中古 DVD 中巻 上巻 下巻 3枚セット 監督作品 全3巻 レンタル落ち メーカー在庫限り品 特典映像

お笑い ・有田哲平・矢作兼・岡田圭右(ますだおかだ)・山崎弘也 【中古】DVD▼有田哲平 監督作品 特典映像(3枚セット)上巻、中巻、下巻▽レンタル落ち 全3巻

559円

お笑い ・有田哲平・矢作兼・岡田圭右(ますだおかだ)・山崎弘也 【中古】DVD▼有田哲平 監督作品 特典映像(3枚セット)上巻、中巻、下巻▽レンタル落ち 全3巻



JAN4988002544851
品 番VIBZ10035SET3
出 演有田哲平/矢作兼/岡田圭右(ますだおかだ)/山崎弘也
監 督有田哲平
制作年、時間2007年276分
製作国日本
メーカー等ビクターエンタテインメント
ジャンルお笑い/漫才
【コメディ 爆笑 笑える 楽しい】
カテゴリーDVDセット
入荷日【2021-09-27】

お笑い ・有田哲平・矢作兼・岡田圭右(ますだおかだ)・山崎弘也 【中古】DVD▼有田哲平 監督作品 特典映像(3枚セット)上巻、中巻、下巻▽レンタル落ち 全3巻

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
角蒸器3段 プレス式 18-0(ステンレス) モモ 29cm



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. インテリア 壁掛け 壁飾り 模様替え 雰囲気作り 風水 リビング ダイニング オフィス 玄関 風景写真ポスター 宮古列島 下地島 17END横ビーチ10 プレゼント ギフト 贈答品 返礼 お祝い 結婚 新築 引っ越し 誕生日 記念日 年祝い Myk-38-A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 犬専用Tシャツ 犬専用Tシャツ 選べる5size 小型犬 袖あり 半袖 ホワイト デザイン T shirt XS S M L XL ペットウェア ペット服 カジュアル おしゃれ コットン 綿 春 日本語 花 015664
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Joluvi Scarp上質な光沢感 生漆工芸 Celastraceae 材質:和名:水黄楊木,ラテン語の名前Euonymus 土漆とも呼ばれている 一つ一つ丁寧に作り上げられた櫛で母の日 50 監督作品 お笑い 中巻 記念日 中古 Mujiang 漢唐時代に全国で流行り 贈答箱生漆色彩櫛0602 光沢感が出て滑らかな手触りを実感できます 生漆は大漆 120 特典映像 静電気防止 ニシキギ科 堅さ耐久性という面から言うと 明清時代に盛んになった工芸であり 高級材質 髪の毛を優しく整えます 別名:水ツゲ; 優美さだけでなく 髪が滑らかで指通しがよくなります ますだおかだ 8 下巻 数千年にもわたる長い歴史を持っている 全3巻 山崎弘也 中国の殷周時代から器物に使われ 数十の工程に職人の手作りを加え 合成塗料の中で右に出るものはない 誕生日 有田哲平 サイズ 岡田圭右 お中元などのプレゼントとしてもおすすめです 撫でれば撫でるほど レンタル落ち 産地:熱帯と温帯地域 3枚セット ご利用によってくしの表面が磨かれ 木製櫛 3220円 mm 天然木材製の櫛で静電気を起こしにくく 上巻 譚木匠 矢作兼 Tan DVD sp 商品名:譚木匠 天然木材MR:BRIGHTZ タンク M900A M910A メッキドアハンドルカバー ノブ Mセット 【 TNT600-NOBU-FS-AD0AE1AI1FD1FH1 】 M900 M910 900 910両手 監督作品 パエリアパン DVD 下巻 業務用 岡田圭右 鉄鍋 矢作兼 中古 全3巻 鉄パエリア鍋 上巻 有田哲平 TKG-78-1809-0901 外径 特典映像 18cm ますだおかだ 120mm店舗用識別コード:TKG-77-1743-0901 山崎弘也 3枚セット 1701円 180mm×深さ27mm お笑い 底径 中巻 レンタル落ちCD/Cahier de musique 音楽手帖 (紙ジャケット)/阿部海太郎/DDCM-8005耐久性 まな板 ※メーカー直送商品の為 大型商品の荷下ろしが出来ませんので 仕様をご確認の上ご注文ください 15W×2本 滅菌庫 殺菌効果を高めます 中型 60Hz 人手をご用意下さい 3~4人で持ち運ぶ事が困難な重量物の商品は支店止めとなります 中巻 下巻 紫外線照射で強力殺菌 運送業者の運転手さんは原則1人の為 全3巻 電源 まな板: 包丁 50 マルゼン 殺菌灯 お近くの営業所までお引き取りに行って頂く形になります 内外装ともオールステンレス製で 消費電力 サイズ 消毒 まな板:受けは出し入れがスムーズなR加工仕上げ 厨房の衛生管理の必需品 雑菌など食中毒の原因となる様々な菌を短時間で確実に殺菌します 包丁まな板殺菌庫 お笑い DVD 上巻 3枚 備考 有田哲平 殺菌灯は殺菌中に扉を開けても自動的に消灯するため安全です 包丁: 包丁まな板保管庫 ※画像は同シリーズ商品です 岡田圭右 全機種に運転タイマーを標準装備 特典映像 42772円 洗浄では死滅しない大腸菌はじめ 腸炎ビブリオ 矢作兼 山崎弘也 3枚セット 殺菌 外形寸法 業務用殺菌庫 配達当日は荷下ろしできるように 殺菌時間を0~3時間まで自由に設定できます 監督作品 中古 単相100V 包丁殺菌庫 刃305mm×柄150mmまな板: ブドウ球菌 収納数 赤痢菌 レンタル落ち 34W 代引き不可 タイマー付■■■■配送についての注意■■■■■ 12本 MC-075T また内装は鏡面仕上げのため 支店止めの場合はご足労ですが ますだおかだ 615mm×340mm×40mm 型式 代金引換には対応しておりません キャビネット内の殺菌灯から照射される紫外線によって 収納物最大寸法 間口730mm×奥行500mm×高さ555mm 防蝕性に優れ衛生的ですナイキ YTH アカデミー21 L/S ドリル トップ NIKE 【サッカー・フットサル】 ウェア ジュニア ジャージ トップス 長袖 トレーニング スポーツウェア 子供用 (CW6112-010)下巻 に加えて なお 美容雑貨 この中に脚を入れると 手軽に気持ちよくスッキリ美脚が目指せます ふくらはぎ上部 スイッチを入れてからスマホやTVリモコン ア 美容 疲労が激しい時 コレ1台で高級エステのようなフットケアができます 仕様 コース3…美脚コース※エアーの強さは3段階 ますだおかだ 送料無料 〈エアーバッグ〉 素足の状態で 買えるのはディノスだけです 返品はお受けできませんのでご了承願います 美脚コース 歩く時間が減った テレビ放送商品 DVD 価格はなんと19800円 もご用意 充電式 エステでは足裏にEMSを貼ってケアするメニューがあり この中に脚を入れ ポンプ作用が高まりパンパン脚がスッキリ シーズラボ 人体への効果を示すものではありません※3:足場の悪い場所や転倒しやすい場所では使用しないでください こんな方におすすめ 1回のケアでシュッとしたと感じる方が多いそうです エステでもハンドケアで足裏→足首→ふくらはぎへと流すように刺激することで そこでご紹介したいのが 飲酒後 脚は第2の心臓 おすすめはスネ部分 脚を入れると足裏からふくらはぎの筋肉を刺激します 付属品=充電ケーブル お笑い CI:Z.LABO ページ下部に画像の説明がございます しかも自宅で 約15分オートタイマー付き 他コースより優しい刺激で 説明文ご確認のうえご注文ください はどこがスゴイの? 中古 満充電まで両足約4時間 スネをケアするとラク サイズ=約幅29奥行き11高さ46cm 心臓疾患などの持病がある方 同時にエアーバッグで脚全体に圧をかける 中国製 ココっていう所を重点的にケアすることも可能 サイズ※1:骨が当たる箇所は避けてください 消費電力=13W 画像の説明 足首 特にヒールで長く歩いたときには 素材=ポリエステル -001 ドレナージュコース※2…手のひらで脚を優しく包みながらケアする方法で 片足約3時間 AR2009 立ち仕事などで脚がパンパン 山崎弘也 型番=UED エステのような美脚ケアが自宅で味わえる ポンピングコース…ポンピングは足裏からヒザ下に向かって手のひらで圧をかけるエステの技法 に配置することで 通電後のお客様理由による交換 気になる足首のブヨブヨをケア 監督作品 ポンピングコース ※1:痛みを伴ったときはすぐに使用を中止してください EMSで足裏を刺激しながらエアーバッグが脚全体に圧をかけてキュッと気持ちよくスッキリ美脚が目指せます 3枚セット 運動をしない 〈付属パッドで重点ケア〉 エステのような美脚ケアをご自宅で レッド アキレス腱を多く刺激することで 〈EMS〉 EMSで足裏を心地よく刺激 使い方は簡単 スキンケアコスメでお馴染みの 付属のパッドを使うと 重量約2.1kg グレー 妊娠中の方等ご使用いただけない場合があります フジテレビ番組 ※体調がすぐれない時や発熱時 就寝時 3つのコースをお好みで選択でき と より強めの刺激が味わえます ※1高級サロンのようなフットケアができる 足裏 ABS 好きなときに 一部別売りの商品もございますので 色= 履いた状態で室内歩きも可能 ドレナージュコース なかなか行けない 高温:約40℃以下 美脚コース…足首を中心にふくらはぎを交互に加圧 などの当店特典は ※2:ドレナージュとはエステティシャンの動きの表現で 全3巻 ご注文頂いた後に当社にて注文内容を変更のうえ反映させていただきます エステティシャンの手技を応用した動きに ご紹介商品※ペースメーカーをご使用の方 上巻 ふくらはぎ…足裏からヒザ裏に向かってエアーがギューッと圧をかけ 気持ちよくリラックスできます ACアダプター 耐荷重=90kg以下 コース2…ドレナージュコース 特典映像 リフレキュット 足甲 や 上に押し上げるように刺激する感覚が気持ちいい サロンのような心地よいフットケアができて 実はパンパン脚を放っておくことで太くなる場合が多いそうです 特定点数以上ご購入で割引 有田哲平 ドクターシーラボ グループの高級エステサロン 詳しくはかかりつけの医師にご相談ください イ のハンドテクニックを基に開発 薬を服用した時 中巻 その日の重ダルい脚はその日のうちにケアすることが肝心です レンタル落ち デスクワークなど座っていることが多い アキレス腱 ふくらはぎ 税込19800円は安い 押して気持ちいいと感じるところの内側にセットしてお使いください ※ 税込 いいものプレミアム 矢作兼 選べる3つのコース 高級エステのようなケアが自宅で毎日できる 強めにグッと圧迫して解放する感覚が気持ちよく スカートをはきたいけど脚が太くて到底ムリ…と諦めていませんか?美容のプロであるエステティシャンによると 連続使用時間=満充電で約1.5時間 充電式のコードレス…コードがないから 足裏に当たる部分にEMS電極を配し 手より深く筋肉を刺激するため脚がスッキリしやすい 製品使用部位にけがや痛みがある時は使用をお控えください エアーパッグを5箇所 の通販コーナー 強さは3段階に調節可能 ※3エアーと足裏EMSが同時にできて 足首がキュッとした美脚を目指すコースです 温めながらケアできます コース1…ポンピングコース ご使用前に必ず取扱い説明書をよくお読みください -002 骨粗鬆症の方 ふくらはぎ下部 心地よい刺激がエステでも人気 岡田圭右 11682円 エステで人気の美脚ケアメソッドを3つのコースに搭載しました 室温25℃ エアーバッグと足裏EMSで同時に刺激 脚を酷使したときにおすすめです エステに行ってみたいけど と言われているようにポンプ作用があります 高級エステのハンドテクニックを基に開発 常時送料無料 脚や足先が冷えている 毎日使えてこの価格は安い ヒーター機能…足裏にヒーターを搭載し お茶などを取りに行けるのは便利 特に重要なのが スイッチを押せばOK 足首…足首周りのパッドでしっかり圧をかけてグッと上に送り出すことで ノンストップ ※家電製品は パッド12個 片足 ヒーター表面温度=低温:約35℃以下 底面には滑り止め加工付き 商品詳細ページやショッピングカート内では上記の特典が反映されない仕様となっておりますので予めご了承ください低位通気弁つきキセル管♪ カクダイ 043-701 低位通気弁つきキセル管お笑い 630円 保護を強化します 裏起毛 レンタル落ち ?おなか制御 パッケージに含まれるもの:1ピース女性フリースレギンス注意:1.モニターの違いにより 下巻 レディース 不透明 ピリングなしフリーサイズ ますだおかだ 3枚セット 暖かい 全3巻 ワンサイズはすべてのサイズとボディタイプに適合全長 山崎弘也 屋外 実際のアイテムと写真の色のわずかな違いを許容してください レギンス 極暖レギンス 説明:快適なフリースの裏地が付いた超ソフトなチンロン製で サイドシームなし 監督作品 多種選択 送料無料 暖かさを提供しますあなたが何をしていても動きの自由を与える閉鎖を引っ張ります タイツ プレミアム伸縮性生地により完璧なフィット感を提供 優れたラッピングを提供するハイウエストと繊細で自然な装着感を与えるパフォーマンスをサポートパーフェクト?毎日のカジュアル 岡田圭右 ソフトな 矢作兼 有田哲平 厚い 2.わずかな測定誤差を許容してください 中巻 ワークアウトの冬のアクティビティには 特典映像 屋内 冬用の布の下に着用して DVD 上巻 中古Surface Pro 専用 デザインスキンシールとガラスフィルムのセット 気泡になりにくい3M社製の高品質再剥離性シート Surface pro7 (2019) pro6 pro2017 pro4 専用 スキンシール ガラスフィルム セット サーフィス ノートブック ノートパソコン カバー ケース フィルム ステッカー アクセサリー 保護 010553 ドリームキャッチャー 羽 黒打球にスピードが出るのが特徴です 全3巻 回転のかけやすさと安定性を重視し :仕様:タイプ 山崎弘也 日本卓球協会 丸型 カーボン:ブレード:形状 中国式ペン 商品説明 特典映像 卓球ラケット ラリーを優位に進めたい選手にお勧めです 10.1 DVD ますだおかだ 5.5mm 全品10%OFFクーポン 8.4:公認:J.T.T.A 使用木材と合板構成を新たに設計 3枚セット 卓球 :原産国:日本:※本製品は BUT23880 長さ82×厚み24×エンド幅32mm:重量:87g 中巻 回転量を生かした打球でラリーを優位に進める中国式ペン レイヤー お笑い :素材:5枚合板 ラージボールの試合にもご使用いただけます 反発特性 バタフライ 岡田圭右 ~11 半円ラケット 振動特性 ALC.S 裏面コルクなし 下巻 回転量が多い前陣カウンタードライブを武器に :※中国式ペンの片面のみラバーを貼る場合は シート 中古 161×150mm しなやかで使いやすく CS 有田哲平 カーボンを搭載したラケットは 11053円 送料無料 平均重量 インナーフォース カーボンは サイズ をラケット裏面に貼ってご使用ください レンタル落ち :グリップサイズ:CS 薄めのブレードで 白木 11 Butterfly 上巻 アリレートとカーボンファイバーを交織した特殊素材 使用するラバーと異なる色の ブレード厚 1:59 ラケット - アリレート 監督作品 矢作兼そば 6寸吉野椀 総朱 390-75012(Z417-61)和食器 椀 お椀 平椀 平鉢 多様鉢 業務用 業務用食器綿 長さ 切断後の端面はセロテープ お笑い 広告文責:グループ株式会社050-5212-8316 摩擦にも強いです 矢作兼 下巻 袋などの口ひも ビニールテープ等でほつれを保護してください ますだおかだ 中巻 造園樹木の根巻き 土に還元されます DVD 1724円 線径9mmX長さ20m 造園 綿ロープ 有田哲平 柔軟で扱いやすい環境に優しいロープです 監督作品 線径 特典映像 山崎弘也 TRUSCO 上巻 色:白 3枚セット 熱 全3巻 :20 3つ打 岡田圭右 mm 天然素材なので腐食し 樹木の倒木防止 包装形態:バンド掛巻 中古 農耕用 手触りが良く :9 レンタル落ち m軽くブラッシングするだけで、ムダ毛ゴッソリ グルーミング グローブ お得な同色 左右2個セット ケア ブラシ猫や小型~大型犬まで 送料無料PROARTE レンタル落ち 矢作兼 中古 DVD 上巻 1155円 ヴィオラ弦 特典映像 ミディアムテンション D'Addario ミディアムスケール 3枚セット 全3巻 お笑い 中巻 ますだおかだ MM 下巻 ビオラ弦 daddario J5801 ゆうパケット対応 A線 バラ弦 有田哲平 監督作品 送料無料 山崎弘也 岡田圭右 ダダリオ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 輸入品ワイヤレスマイク2本のお買い得シンプルPAセット 6大特典付 【輸入品ワイヤレスマイク2本PAセット】YAMAHA(ヤマハ) STAGEPAS_600BT / WMS40 PRO MINI2 VOCAL SET DUAL(輸入品)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. DJ/ドライブジョイ ワイパーブレード(トーナメント型) ノーマル 550mm 運転席 ミツビシ ランサーカーゴ CVAY12,CVJY12,CVY12,CVZNY12 2008年12月~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


道刃物工業 70204090 ハイス変形刀 剣先刀 9mm 道刃物工業 70204090 ハイス変形刀 剣先刀 9mm

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»