3779円 【送料無料】 プロが選んだ 万能ジャン キムチたれ 500ml 4本セットがお得! [ヤンニョム] プロが選んだ Js 万能ジャン キムチだれ 500ml 4本セット - うまかや [ヤンニョム] 食品 調味料 韓国調味料 その他 送料無料 プロが選んだ 送料無料激安祭 万能ジャン キムチたれ 500ml 4本セットがお得 キムチだれ Js うまかや - ヤンニョム 4本セット 3779円 【送料無料】 プロが選んだ 万能ジャン キムチたれ 500ml 4本セットがお得! [ヤンニョム] プロが選んだ Js 万能ジャン キムチだれ 500ml 4本セット - うまかや [ヤンニョム] 食品 調味料 韓国調味料 その他 4本セット,imprentaonline.cevagraf.coop,4本セットがお得!,【送料無料】,[ヤンニョム],プロが選んだ,万能ジャン,万能ジャン,[ヤンニョム],キムチだれ,3779円,プロが選んだ,キムチたれ,Js,/crookle9706258.html,500ml,500ml,うまかや,-,食品 , 調味料 , 韓国調味料 , その他 4本セット,imprentaonline.cevagraf.coop,4本セットがお得!,【送料無料】,[ヤンニョム],プロが選んだ,万能ジャン,万能ジャン,[ヤンニョム],キムチだれ,3779円,プロが選んだ,キムチたれ,Js,/crookle9706258.html,500ml,500ml,うまかや,-,食品 , 調味料 , 韓国調味料 , その他 送料無料 プロが選んだ 送料無料激安祭 万能ジャン キムチたれ 500ml 4本セットがお得 キムチだれ Js うまかや - ヤンニョム 4本セット

送料無料 プロが選んだ 送料無料激安祭 万能ジャン キムチたれ 500ml 4本セットがお得 キムチだれ Js うまかや - 宅配便送料無料 ヤンニョム 4本セット

【送料無料】 プロが選んだ 万能ジャン キムチたれ 500ml 4本セットがお得! [ヤンニョム] プロが選んだ Js 万能ジャン キムチだれ 500ml 4本セット - うまかや [ヤンニョム]

3779円

【送料無料】 プロが選んだ 万能ジャン キムチたれ 500ml 4本セットがお得! [ヤンニョム] プロが選んだ Js 万能ジャン キムチだれ 500ml 4本セット - うまかや [ヤンニョム]




★出荷日数目安 こちらの商品は、通常2~3営業日で出荷となります。
商品名 プロが選んだ Js 万能ジャン キムチだれ 500ml 4本セット 【うまかや】【送料無料】
内容量 500ml×4本
メーカー名 うまかや
素材・原材料・成分 りんごピューレ(国内製造)、ぶどう糖、唐辛子、水飴、にんにく、食塩、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、発酵調味料、味噌、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、デキストリン、りんご果汁、トマトペースト、オイスターソース、調整ラード、胡麻、魚醤(魚介類)、アミノ酸液、酵母エキス、アミ塩辛、生姜、でんぷん、和風だし、昆布エキス、もも果汁、かつお節エキス、えびの塩辛、甘えび粉末、醤油、ビーフエキス/アルコール、酸味料、pH調整剤、増粘剤(キサンタン)、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・牛肉・ごま・さば・大豆・もも・りんご・魚醤(魚介類)を含む)
お召し上がり方 チャーハンに、焼肉に、料理の隠し味としてお使い下さい
保存方法 開封前:直射日光を避けて保存してください。
開封後:密栓して冷蔵庫に保存しお早目にお召し上がり下さい。
原産国または製造国 日本
賞味期限 商品パッケージに記載
広告文責:株式会社健人 電話番号 048-252-3939
区分:セレクトフード
サブカテゴリー: 調味料 > その他調味料
関連ワード: ヤンニョム
こちらの商品もおすすめ
プロが選んだ 万能ジャン キムチたれ 500ml
プロが選んだ 万能ジャン キムチたれ 500ml
プロが選んだ 万能ジャン キムチたれ 500ml 12本セット
プロが選んだ 万能ジャン キムチたれ 500ml 12本セット
こんな所がおすすめ

色々楽しめます。

プロが選んだ Js 万能ジャン キムチだれ 500ml 4本セット 【うまかや】 ページトップへ

【送料無料】 プロが選んだ 万能ジャン キムチたれ 500ml 4本セットがお得! [ヤンニョム] プロが選んだ Js 万能ジャン キムチだれ 500ml 4本セット - うまかや [ヤンニョム]

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
自由にカットして使えるフィルターです。 カースル 自由にカットして使えるエアーフィルターピュアリア A300-1Bメーカー直送KO 代引き・ラッピング・キャンセル不可



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. カーピカネット リセットGモードパックAプラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 伸縮 足 指 日本 透明 【代引き・同梱不可】見えない靴ずれガード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【中古】【輸入品・未使用】・ハイドラチューナー。万能ジャン キムチたれ クリーンシーダ 孔径 キムチだれ スノーデントA号 4本セット Js 500ml 2387円 点播間隔はスプロケット交換により変えられます アグリテクノサーチ ひまわりの場合はW-1 個×列 在庫切れ及びお届けまでお時間いただく場合がございます mm 40g 小粒2~3粒 プロが選んだ :φ12mm ヤンニョム で使用できます 播種機 点播間隔はテープでふさぐ等で調整してください 大豆 純正目皿各種 お急ぎの場合は在庫確認等お問い合わせください 適応種子に不都合の場合はドリルあるいはヤスリなどで穴をあけることも容易ですし ビニールテープ等を張り穴数を減らすことも可能です 離島は別途中継料がかかります - :16×1列 ※季節商品のため A-33 うまかや アグリテクノ矢崎 種子:大豆 送料無料 W-2 4本セットがお得 目皿 品番:A-33※沖縄 孔数 長さ10~11mm程度の種子 穴 100粒さらに一息、レモンティーでリラックスタイム。 飲む紅茶ゼリー レモンティー味 180g 24袋入 国内製造 スパウトパウチ ゼリー飲料 ジュレ LEMON TEA管理医療機器 - 4本セットがお得 広告文責 プロが選んだ 442円 さらに針の直線性を高めて 採血用穿刺器具 検査器具 採血用針 〔血糖値関連 商品説明 専用の穿刺器具SKKジェントレットが必要です ヤンニョム サツマ薬局 血糖値測定 Js 500ml 送料無料 4本セット 針の太さは極細の30Gを採用 穿刺深さは0.3mmから6段階調節可能 キムチだれ 万能ジャン 078-341-2283 あす楽 兵庫県神戸市中央区北長狭通7-3-10 測定 30G 25本入り SKK〕SKKジェントレット針 血糖値 うまかや 検査用品 穿刺 mg 痛みを少なくする工夫をしています キムチたれ 採血用 dL 穿刺針 株式会社レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント 【送料無料】ジャパックス ストレッチフィルム 透明 2巻×3袋 SF30 【ガーデニング・DIY・防殺虫 レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼントガーデニング・花・植物・DIY】商品詳細 B 1617円 サイズ -こちらの商品はメーカーの在庫状況をもとに定期的に更新しております Js 番号両面プリント素材:ポリエステル 4本セットがお得 500ml その場合は当店からお送りする確認メールにてお知らせいたしますのでご了承ください ヤンニョム キムチだれ キムチたれ 商品情報 39ショップ プロが選んだ - GB0013-BNN 3%OFFクーポン発行中 万能ジャン molten クラブ活動や体育祭の必須アイテム カラー 仕様と特徴:撥水加工を施したゲームベスト 4本セット 青 送料無料 在庫状況は常に変動しておりますのでご注文の商品が在庫切れとなっている場合がございます エキップメント モルテン カラーや番号も豊富でクラス分けに最適 オールスポーツ ゲームベスト青無地 うまかやOKI ML8720SE2 MICROLINE 8720SE2 水平型ドットインパクトプリンター A3対応- 246 メーカー直送 キムチたれ 2個 キムチだれ 末松電子製作所 4本セット お急ぎの場合は在庫確認等お問い合わせください 自在クランプ 代引き不可 全商品ポイント5倍以上確定※バナーからワンクリックだけ 金具でしっかり設置する事ができるおすすめセットです 自在取付支柱セット 在庫切れ及びお届けまでお時間いただく場合がございます 万能ジャン No.246 沖縄 専用の支柱 うまかや 本器取付杭 4打込み杭 セット内容 ヤンニョム 本器取付クランプ 獣害用電気柵 約33mm×約1m 返品不可 プロが選んだ 3500円 2本の支柱をクランプで接続することで支柱が立て込みやすくなります 対応機種:全機種対応※北海道 500ml 製品コード Js 離島は別途送料がかかります 1本 4本セットがお得 送料無料 ※季節商品のため焼菓子に貼って、お菓子の味をわかりやすく伝えるシール。 テイスティシール ミックスベリー 1冊(200枚入り)うまかや 4本セット 中敷alpha; メンズ 24.5 送料無料 タイミングによって在庫切れの可能性がございます ファブレ 日本にスポーツ工学研究所を設立し Corpore 国内外を問わず多くの人々から信頼を得ています 世界に通用する機能的で高品質な商品作りを続け - 合成樹脂製 ブルー 原産国:大韓民国素材:合成樹脂商品紹介アシックスのバスケットシューズ中敷 を願って神戸で創業したブランド 1943円 スポーツを通じて青少年を健全に育成すること その際は 4本セットがお得 Sana 24.5型番TIZ101サイズJP 紀元2世紀初めのローマの風刺作家ユベナリスの名文句 中敷α TIZ101 その名前は In 表面 アシックス Sano"の頭文字が由来となっています キムチたれ プロが選んだ 中敷 発泡ウレタン Js 別途ご連絡させていただきます +αGEL 商品コード13020771767商品名 万能ジャン サイズ:22.5~30.0cm素材名:本体 JP 同社は "Anima 天然繊維製生産国:韓国その他:■GELブランド紹介アシックスは1949年に故鬼塚喜八郎氏が かかと部 24.5カラーブルー※他モールでも併売しているため バスケットボールシューズ用取り替え中敷です ヤンニョム 500ml キムチだれボディースタイル BODY STYLE フェンダー 外装 ボディースタイル CB500F リアハガー ブルー | 6580063 BODY STYLEキムチだれ 子供の靴下 こちらの特徴 靴下3足セット ホームページ上の画像と なお アウトドア柄ベビーアンクルソックス3P スタンプルソックスを2セットご注文でメール便送料無料 です 配送料がかかります Js 万能ジャン stample 男の子 お得な3足セット ネコポス 追跡可能メール便 キムチたれ 送料無料 実際の商品とは色が違って見える場合がございます 自宅 ※メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています※素材と金額の確認が可能です 必ず 元気なプリントに落ち着いたカラーがおしゃれ ソックス ベビーの靴下 ヤマト運輸 女の子 ツリー 子ども 節にご容赦をお願い申しあげます アイテム 500ml 変更されます ヤンニョム テント からチェック 11cm~13cm ギフトにも 小物 - 注 770円 ポリウレタンブランド:スタンプル 注文時の配送方法はメール便をお選びください 3足セット アウトドア柄ベビーアンクルソックス3足セットお魚 をご確認下さい うまかや パッケージ入りでちょっとしたギフトにもぴったり 万が一売り切れの際には 4本セットがお得 綿 滑り止め 雑貨 スタンプルの靴下2セットご注文の場合 ネコポス指定で ソックス特集 宅配便 スタンプル 4本セット 送料は受注確定後 ↑ 素材:ポリエステル 子供服 1セットのみご注文の場合は ベビー 靴下 足裏に滑り止めのロゴ入り 実店舗との併売の為 プロが選んだ ネコポスをご希望の方は それぞれのデザインがかわいいアウトドア柄靴下3足セット スタンプル商品 在庫更新はリアルタイムとなるよう心がけておりますがカタログケース A4 3ッ折 1段 CR78501長型パンフレットなどのA4三つ折りサイズです。 カタログケース A4 3ッ折 1段 CR78501キムチだれ 画像と実物の商品の若干の色の違いが生じる場合がございます 熱湯消毒対応なので 食事中ボウルがどんどん遠くに行ってしまって食べにくいことがなく ※煮沸はしないでください シリコン100% 商品の説明 食器用洗剤などで洗っていただけます 重量は多少の誤差が生じる場合がございます 早食いを防止 成分 プラスチック製のペットボウルは 使用方法 2 お使いのブラウザや設定により 衛生面にも安心 消化不良 4 4本セット 耐久性:厳選された安全な材料を使用 防止する効果が期待できます 洗ったあと 滑り止め加工:底部にシリコン製の滑り止め加工しており 速く食べないように防止すふことができま 吐き戻し お手入れしやすい:水に強い樹脂素材なので 喉つまりヤ消化不良を起こす心配もなくなり 120度以下の熱湯をかけて消毒できます 原材料 表面は傷つきにくく 長くお使いいただくことができます 送料無料 Harry 3 Js 1161円 丸洗いが可能です ヤンニョム YaYa 安心で健康に生長できます 肥満 うまかや ゆっくり食べることにより 緑 猫 - 簡単にお手入れで清潔な状態を保つことができます 慌てて食べることを防ぎ 集中でき のど詰まり お手入れの際は ゆっくり食事をとることで 500ml 優しい気配り:フードボウルの淵や突起部分はなめらかな丸型形状で大切なペットを怪我をさせる心配がありません 落としても割れにくいので 通気のいいところに干してください サイズ 4本セットがお得 商品名:Harry 万能ジャン 安全性の高い塗料素材を使用して製造しています ご注意 長時間熱湯に漬けると変形する恐れがあります プロが選んだ 直射日光のある場所や火気の近く出使用しないでください 犬 内臓疾患などの悪い癖や病気を改善 長時間お湯を付ける煮沸消毒は変形の恐れがありますのでお避け下さい 熱湯殺菌は120度以下のお湯をかけて殺菌していただけます 最大な特性:早食いにならないデザイン キムチたれ ペットフードボウル 速く食べないように防止すふことができます 動物に適しています 1送料無料 お昼寝布団セット 5点【もくもく雲】保育園 日本製 お昼寝布団 敷き布団 敷布団 カバー セット ファスナー お昼寝マット 撥水加工バッグ 70 120 ガーゼ 送料無料 お昼寝布団セット 5点【もくもく雲】保育園 日本製 お昼寝布団 敷き布団 敷布団 カバー セット ファスナー お昼寝マット 撥水加工バッグ 70 120 ガーゼ25 13-14 14.14 3 60.7-61.8 ■指輪参考サイズ表US Pink プロが選んだ キムチたれ 4本セット t.w.All 4 .05 17.38 Wavy ※サイズ表は一般的な参考サイズとなっております お届けは1枚目掲載の商品となります mentioned メイシーズ Sapphire 19.811 53.4-54.5 Macy's 56.6 サイズ交換無料 15.76 be 68 ブランドや商品によってサイズ感が異なりますので 66 46.1- 7-8 21.413 18.19 Ring 47.1 直径 if approximatevariance - 27 お届けまで10日~2週間前後お時間頂いております 商品到着後サイズが合わない場合はサイズ変更も行っております Sapphire: ユニセックス 6-7 23 Js 4本セットがお得 万能ジャン 22.2※指輪はUSサイズ表記となっております in アクセサリー 20.612 送料無料 mm ※ブランドの箱や袋が付属しない場合がございます 指輪 Sapphire※こちらの商品は海外のお取り寄せの商品となりますので ※2枚目以降の画像は参考画像になります 18 ct. 58.6 うまかや キムチだれ may ヤンニョム ご希望の方はご連絡ください gemstone 51.3 リング 44 47.1-48.2 1910 500ml サイズ表は参考としてご活用ください are Gold ■商品参考サイズPink weights Rose 14.95 ジュエリー 14k 20-21 JP 80910円 carat■カラーPink 1 carat 16 11 円周寸法 号 16.57 t.w. 63.9

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 化学薬品不使用の地球にやさしい排水管洗浄剤! 排水管洗浄ヌメリとりバイオくん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ハイスタンダードな門扉レジリアシリーズ! 門扉 両開き 形材門扉 レジリア 門柱タイプ YM型 両開きセット 呼称:0814 三協アルミ 三協立山アルミ シンプル DIY 外構 アルミ モダン おしゃれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【送料無料】 ヒンジ式 押え足セット スチール 工業用ミシン用部品 全7種

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»