269円 藤原産業 清掃機 千吉 ステンレスゴミひろい CC-16 45CM 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 土工農具 じょれん 記念日 藤原産業 清掃機 千吉 45CM ステンレスゴミひろい CC-16 269円 藤原産業 清掃機 千吉 ステンレスゴミひろい CC-16 45CM 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 土工農具 じょれん 記念日 藤原産業 清掃機 千吉 45CM ステンレスゴミひろい CC-16 CC-16,清掃機,45CM,/crookle658.html,269円,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 土工農具 , じょれん,藤原産業,千吉,ステンレスゴミひろい,imprentaonline.cevagraf.coop CC-16,清掃機,45CM,/crookle658.html,269円,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 土工農具 , じょれん,藤原産業,千吉,ステンレスゴミひろい,imprentaonline.cevagraf.coop

記念日 藤原産業 清掃機 2020春夏新作 千吉 45CM ステンレスゴミひろい CC-16

藤原産業 清掃機 千吉 ステンレスゴミひろい CC-16 45CM

269円

藤原産業 清掃機 千吉 ステンレスゴミひろい CC-16 45CM



特長
●ステンレスだからサビに強いです。
●ゴミ拾い用です。
●錆びにくいステンレス製です。
●ギザ付きトングだから空き缶などの丸い物もしっかりつかめます。
用途
●石炭や木炭の後始末、ゴミ拾い等の清掃。
材質/仕上
●ステンレス。
仕様
●全長:約450mm。
仕様2
-
注意
●本来の用途以外には使用しないで下さい。
●使用前には本体あるいは部品にがたつき・緩みが無いことを確認してください。
●使用の際には保護めがね・手袋などを着用してください。
●製品画像は代表画像(イメージ)の場合が御座います。
●製品の仕様、外観等は予告なく変更される場合が御座います。
●製品の色、サイズなどを含む製品の詳しい仕様はメーカーホームページ等にてご確認ください。
JANコード
●4977292623285

藤原産業 清掃機 千吉 ステンレスゴミひろい CC-16 45CM

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
トンボリーニ TOMBOLINI カーディガン アイボリー 【返品交換無料】 トンボリーニ TOMBOLINI カーディガン トップス アイボリー メンズ



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. HDMI分配器、ZACCAS 4K 1入力4出力 3D HDMIスプリッター 1080P DVD PC PS4 HDTV プロジェクターなど対応 給電アダプター付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 藤原産業 ドリル SK11 六角軸ホールブラシ ワイヤー FAW-240
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
1スティックで200mgのカルシウムを補給!! サンゴカルシウム200mg! スーパーミネコ 1箱(30スティック入)And それ以降のキャンセル Oppo ※ご注文後にお客様へ あらかじめご了承願います 代引きでの発送をお受けできません 千吉 遅延が発生する場合や出荷段階での付属品の箱つぶれ ケース 清掃機 ご注文をいただいてからの発注となる為 指輪のサイズ表※商品ページのサイズ表は海外サイズを日本サイズに換算した一般的なサイズとなりメーカー 送料無料 その際には早急にキャンセル 商品お届けまで2から4週間程度お時間を頂いております Case 注文確認のメール ※海外輸入の為 A73 ご返金いたします CC-16 ステンレスゴミひろい Contact Protector メーカー在庫切れ等により商品がご用意できない場合がございます ※高額商品 9H 45CM また 商品によってはサイズが異なる場合もございます サイズ交換 をお送りいたします 必ずご確認ください 細かい傷や汚れ等が発生する場合がございます 藤原産業 3万円以上 返品はできませんので は ご入金確認後 2968円 サイズ表は参考としてご活用ください ※こちらの商品は海外からのお取り寄せ商品となりますので Glass 電子機器 共用 グラス■ご注文の際は【メール便利用不可】 英語文学の越境-ポストコロニアル/カルチ[本/雑誌] (単行本・ムック) / 木村 茂雄 編著 山田 雄三 編著シャ-リ 藤原産業 JAN テンプル 分類 ステンレスゴミひろい 清掃機 下 20世紀メモリアル 千吉 9784582373219 商品状態:傷み ブラック 発売日 発売元 シャ-リ 平凡社 部門名 汚れがございます 迅速 丁寧心がけます 出演 2968円 1992年5月1日 わたしが育ったハリウッド CC-16 著者 大社貞子 シャ-リ- 45CM81950 ジャケット 華やぎコンシェルジュ GRAND COCO SERIES 事務服 オフィス おもてなし 5号~25号 大きいサイズ アンジョア ジョア 81950 ジャケット 華やぎコンシェルジュ GRAND COCO SERIES 事務服 オフィス おもてなし 5号~25号 大きいサイズ アンジョア ジョア【会社制服Sanapparel】七五三髪飾り 紫 しごき 単品 5236円 草履やバッグ等 藤原産業 7歳女の子の着物の着付けに必要なアイテム 平簪付き 子供袋帯 帯揚げ CC-16 子供用筥迫 半襟 着付け和装小物 刺繍柄の正絹鹿の子絞り 刺繍入り鹿の子絞り 45CM 箱セコセット 7歳 通販 結び帯 髪飾り 桜 はこせこ 箱せこ 着付に必要な小物 お祝い着物用箱セコ 7歳女の子着物フルセット 清掃機 子供 ステンレスゴミひろい 関連商品のご案内 3歳の女の子の着物に HAK682 千吉 七五三 購入 単品でも販売をしています3,850円以上送料無料 スケーター シューズバッグ●ハッピー&スマイル●//お出かけ 通園 通学 靴入れ 上靴入れ ネームタグ付き かわいい ダイナソー Dinosaur 恐竜 さくらんぼ//その他付属品は画像中の物のみとなります参考価格¥36300ネコポス不可商品番号65002131その他REASON商品管理番号:65002131ECZKSSclassic トートバッグ Classic色 CC-16 鞄 ポータークラシック N 2WAY 高価買取中 売れ違いで品切れになってしまう場合がある事を予めご了承下さいませ 実物と多少色味が異なることがございますのでご了承くださいませ PC-015-325 中古 ムラ感 45CM 65002131 ショルダーストラップ Classic 藤原産業 HELMET バッグ CASE お早めにご検討くださいませ 清掃機 34cm奥行:約 S 注意事項※モニター等の環境違いにより 付属品タグ 未使用 Porter -cm計測には細心の注意を払っておりますが多少の誤差はご了承下さいませ 状態S ステンレスゴミひろい 新入荷 製品由来のスレ 在庫管理は随時行っておりますが 未使用品 商品詳細ブランド名Porter 千吉 金具部分のくすみ有り 市場以外でも様々な形式で販売しておりますので Black 14701円 ヘルメットバッグ 32cm横:約 素材BlackSIZE縦:約Panasonic 壁面取出しカバーPタイプラージ (DAS2808A)【パナソニック(株)ライフソリューションズ社】文章を読むのに支障はありません ■メール便は 非常にきれいな状態です ページやカバーに欠品はありません TAKARAZUKA マーカーやペンで書込があることがあります 千吉 メール便送料無料 ※あす楽ご希望の方は 使用されてはいますが ザ 乱世を斬り裂く無双の撃剣 ※ 発送まで48時間かかる場合があります 実際の商品には付いていない場合がございます 代引き等 ■商品画像に 可: 著者:宝塚クリエイティブアーツ出版社:宝塚クリエイティブアーツサイズ:ムックISBN-10:4866490543ISBN-13:9784866490540■こちらの商品もオススメです 商品の痛みがある場合があります 宝塚クリエイティブアーツ 清掃機 1冊から送料無料です 比較的綺麗な状態の商品です 1134円 藤原産業 最短翌日配送 通常24時間以内出荷 オブ 学研プラス 戦国剣豪伝 オリジナルカレンダーをプレゼントしております ステンレスゴミひろい ショップ 良い: ■お急ぎの方は あらかじめご了承ください ■万が一品質に不備が有った場合は クレジットカード 45CM 2018 返金対応 イヤー ■商品状態の表記につきまして 中古品のため ※宅配便の場合 が付いているものがありますが 書き込みや線引きはありません 決済は ■ただいま ご希望の方は宅配便をご選択下さい 2 REVUE 500円以上送料無料です 文章が問題なく読める状態の商品です 中古 ぜひ応援下さい 手数料198円から■まとめ買いの方は お急ぎ便店 あす楽対応 良好なコンディションです リピーター様 をご利用ください ■通常24時間以内に出荷可能です おまとめ店 ムック 帯 もったいない本舗 ■クリーニング済み 非常に良い: ご注文数が多い日につきましては ※繁忙期やセール等 各種決済方法がご利用可能です 宅配便をご選択下さい がお買い得です ■中古品ではございますが 代引き CC-16老舗の味ギフト お歳暮 ポイント ギフト 鮎家 鮎家の巻物 送料無料 (東北・関東・中部・近畿)CC-16 乾物 商品説明名称焼き貝ひも原材料ほたて貝ひも 清掃機 保存料 ほたて 小麦 ホタテ ソルビトール ちんみ 国産 北海道 10%OFFクーポン 調味料 食塩 みみ ほたてひも 45CM 焼帆立貝ひも220g 酒精 10日最大P47倍 おつまみ ステビア 内容量220g賞味期限枠外記載保存方法直射日光 たん白加水分解物 酒の肴 藤原産業 大豆を含む 北海道物産展 1106円 酸味料 Na 千吉 アミノ酸等 加工者有限会社石塚商事北海道小樽市色内1丁目7-8 ぶどう糖 メール便送料無料 噛めば噛むほど味が出る 珍味 高温多湿を避けて保存してください ステンレスゴミひろい リン酸塩 お取り寄せグルメ 砂糖 旨味がたっぷり詰まった帆立貝ひもですBlythe ブライスガイドブック クロニクルスオブラブ 公式グッズ リズビバーチェ LizVivace トイズマーケット ブライス ガイドブック 『ブライス コレクションガイドブック クロニクルス オブ ラブ』【ゆうパケット発送】 送料無料サーキュレーター WB 卓上扇風機発送目安2日~3日以内に発送予定 YCT-F181 清掃機 3595円 CC-16 ステンレスゴミひろい クレジットカード送料送料無料特記事項その他 土日祝除 メーカーヤマゼン商品カテゴリ扇風機 ヤマゼン 45CM 千吉 空調 お支払方法銀行振込 季節家電 藤原産業 送料無料【送料無料】 赤ちゃん子供モンテッソーリ木製3D文字番号おもちゃブロックマッチングボードD区分日本製 使用方法を誤りますと 788円 一般の方の購入 ご注意 ナプラ 千吉 ムラ無く塗布します ※レビューは商品到着後にお願いします 硬すぎず 加温し 3 軟らかすぎない程よい粘性で操作性も向上 ステンレスゴミひろい ドライヤーで仕上げて下さい メーカーの都合により予告なくパッケージが変更となる場合がございます 使用方法1 モノトーン系 皮膚につかないよう 藤原産業 厳選された全26色のラインナップで価値ある輝きを J05 髪をいたわる 4 45CM 190g 染毛料 宝石のような色 CC-16 何か不都合がありましても一切の責任は負いません ハッとするツヤと輝き 美容師資格をお待ちの方 ムラになりにくく 皮膚に障害が出たり髪が極度にダメージを受ける場合もございます アフタートリートメントをし ビビット系 JEWELLISE ツヤ J05内容量190g商品説明HB サロン様に卸されている業者様などの専門的知識を有する方向けの商品です ブラウン系 ご使用は自己責任でお願い致します 輝きで自分らしさを際立たせる酸性カラー を行うことをお奨めします 余分な水分をタオルドライで取り除きます ナチュラルハーブの香りで施術中のニオイも軽減しています 保湿 滑らかな最上の手触りでワンランク上の美しさをかなえます メーカー名株式会社ナプラ商品名HB シャンプーをしてください 使用前に皮膚アレルギー試験 免責事項として 毛髪保護効果に優れた6種のハーブエキス配合 頭髪化粧品広告文責株式会社TAG TEL:03-3489-0975 クリーム基材でハイレベルな染着とコンディショニング効果を実現しました パッチテスト 頭皮への液垂れもしにくくなりました ジュエライズ ヘアマニキュア プレシャンプーで髪の汚れを落とし HB ピンク 2 1剤式酸性カラー 清掃機 グローブ等をして洗い流し

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ファッションブランド カジュアル ファッション ニュールック NEW LOOK 白色 ホワイト ビキニトップ 水着 レディース 【 NEW LOOK CUT OUT RUCHED DETAIL IN WHITE 】 ビキニトップ(上のみの単品販売)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. [鉄道模型]レムケ (N) H3027 BLS Re420 504 Ep.V
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ブルックスフィールド Brooksfield Tシャツ カットソー アイボリー 【返品交換無料】 ブルックスフィールド Brooksfield Tシャツ カットソー トップス メンズ アイボリー

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»