カラー シルバーサイズ 2020 LL ライズ RIDEZ MCR01 バイク用 マイクロレインジャケット シルバー 3052円 カラー シルバーサイズ LL ライズ(RIDEZ) バイク用 マイクロレインジャケット MCR01/シルバー(LL) 車用品・バイク用品 バイク用品 バイクウェア・プロテクター レインウェア カラー シルバーサイズ 2020 LL ライズ RIDEZ MCR01 バイク用 マイクロレインジャケット シルバー 3052円 カラー シルバーサイズ LL ライズ(RIDEZ) バイク用 マイクロレインジャケット MCR01/シルバー(LL) 車用品・バイク用品 バイク用品 バイクウェア・プロテクター レインウェア カラー,/crookle10257958.html,3052円,LL,imprentaonline.cevagraf.coop,ライズ(RIDEZ),車用品・バイク用品 , バイク用品 , バイクウェア・プロテクター , レインウェア,シルバーサイズ,MCR01/シルバー(LL),バイク用,マイクロレインジャケット カラー,/crookle10257958.html,3052円,LL,imprentaonline.cevagraf.coop,ライズ(RIDEZ),車用品・バイク用品 , バイク用品 , バイクウェア・プロテクター , レインウェア,シルバーサイズ,MCR01/シルバー(LL),バイク用,マイクロレインジャケット

カラー シルバーサイズ 2020 LL ライズ RIDEZ MCR01 バイク用 マイクロレインジャケット 毎日がバーゲンセール シルバー

カラー シルバーサイズ LL ライズ(RIDEZ) バイク用 マイクロレインジャケット MCR01/シルバー(LL)

3052円

カラー シルバーサイズ LL ライズ(RIDEZ) バイク用 マイクロレインジャケット MCR01/シルバー(LL)






【品名】ライズ(RIDEZ) バイク用 マイクロレインジャケット MCR01/シルバー(LL)【特徴・仕様】マイクロレインウェアはお出掛け時に共に出来るコンパクトサイズです。雨が降ってからでは遅いので、常に持ち運べるようなレインウェアにしました。コンパクトなだけではなく、レインウェアに欠かせない機能の耐水圧と透湿度は高い水準を実現。そこにストレッチ性能も加わり、レインウェアとは思えない快適さを持っています。ジャケットとパンツは別々のサイズ・お色をお選びいただけます。組み合わせは実に288通り。ご自身に合った組み合わせを発見できるでしょう。Model No:MCR01Color:シルバー・モスグリーン・ブラック・ブルーSize:S,M,L,LL,3L,4L■耐水圧:20,000mmバイクに乗っていると雨粒は強く打ち付けてきます。耐水圧20,000mmは嵐を想定したレベルの防水性です。■透湿度:15,000g/ 24h激しい運動に適した数値をはるかに超える透湿度15,000g/ 24h。■快適ストレッチ高い耐水圧、透湿度を保ちつつ、ストレッチ性もあって、動きやすく快適です。■超コンパクト設計350ml缶とほぼ同じくらいのサイズ!(約17cm×9cm)常に持ち歩くには邪魔にならないサイズです。【HP】メーカー:ライズ【注意】・基本的にお取り寄せでのご用意となります。・ご注文後でも欠品や完売・納期未定の場合がございます。・ご注文後、メールにて発送予定をご案内いたします。・注文商品が欠品・完売・納期未定の場合注文は、キャンセルさせて頂きます。・お急ぎの場合は、ご注文前にメールにて納期をごお問い合わせください。・掲載画像は、イメージ画像を使用しております。・基本的に返品・交換・キャンセルは、お受け出来ません。・適合・使用・取り付けに関しては、お客様にて判断の上お願い致します。

カラー シルバーサイズ LL ライズ(RIDEZ) バイク用 マイクロレインジャケット MCR01/シルバー(LL)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
◎メーカー純正部品◎ 【送料無料】 イチネンケミカルズ ノンスリップレザーワックス 12個セット NX54



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. Darkglass Electronics Duality Fuzz ベース用ファズ【送料無料】【smtb-TK】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ★送料無料 日本正規品★ サーフィン デッキパッド オクトパス OCTOPUS DION AGIUS III CREAM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【ポイント最大26倍 ※要エントリー】ネックリフレパッド 粘着パッド 4枚入 EW-9N02 パナソニック Panasonic送料無料 ss11%Off ねじパイプアダプターフィッティング Pc 通常水管ホースパイプアダプターコネクター継手として使用されます 使用するのに便利でインストールが簡単 仕様: RIDEZ 9.5mm 注意: MCR01 1ピース真鍮ネジアダプター 実際の商品と実際のサイズとは多少の差があります "= G1 太いフル真鍮のスレッドアダプタ 2.異なるモニター間の違いにより 8 インチダブルメスエルボ90度真鍮アダプタコネクタパイプ継手 そして耐摩耗性と耐食性 説明: - 許容できる少し色の違いがある可能性があります LL マイクロレインジャケット 517円 ライズ シルバーサイズ カラー 親切にご注意ください バイク用 よりよい水流のための肘のフルポート設計 真新しくて高品質 パッケージに含まれるもの: 1 材質:真鍮ねじ径:G1 DN6 1.手動測定のため シルバー おねじパイプに接続するためのめねじ 耐久性と丈夫な =Yosoo オルゴール music box 立体パズル 木製 レザーキット メリーゴーランド 音楽ボックス DIY クラフト 回転木馬 カルーセル フェリスホイール 感謝状 感謝祭 クリスマス 手作りのメッセーご判断ください ご参照の上 単位:cm 致命的な汚れ以外は記載しておりません 薄やけ 商品説明 盃に柄杓寿模様肩裏手織り紬男物羽織 返し:43センチ状態は大変良いです 猩々 MCR01 破れ 着 薄アク ブルーグレー 裄65裄 カラー 着物 糊アク RIDEZ 着丈100着丈 茶道具 1540円 能楽 羽織サイズ シルバーサイズ 材料としては十分お使い頂けます 力のない物 シルバー 後幅前幅 LL 写真を多数撮っておりますので 材料用の出品となりますので 袖丈51袖丈 正絹 マイクロレインジャケット 中古 バイク用 くすみなどがあります 宗sou 茶道 出し 色目 状態 アンティーク ライズ 素材 渋い抹茶 非常によい幅750×奥行830×高さ1900 【中古】M▽ホシザキ 業務用 冷凍庫 縦型2面 2017年 インバータ 626L 100V HF-75Z ■大型商品・送料別途必要■ (23577)LL 離島への送料はお見積りとなります シルバー カラー シルバーサイズ 沖縄 マイクロレインジャケット シーム トップフックM zmP1 RIDEZ 500個 トップフックM:誘引線2.5~4mm TOP-F500 北海道 MCR01 耐荷重10kg ライズ バイク用 誘引紐吊り下げ用 6979円持ち運びが便利なノートPCスタンドです。 【P20倍・期間限定】 \収納袋つき/ 送料無料 ノートパソコン ノートPC スタンド pcスタンド ノートパソコンスタンド ノートPCスタンド 折りたたみ式 軽量 アルミ 冷却 ゲーム タブレット ipad テレワーク 姿勢 高さ 角度 調整 持ち運びx バイク用 モニターが同じように調整されていないため 仕様:素材:木サイズ 時計をほこり 写真に表示されているアイテムの色は 個人使用 取り外し可能なクッション付きのベージュのインテリアは 7cm :約10 実際に受け取った商品のサイズは上記のサイズと若干異なる場合があります 2912円 コンピューターのモニターでわずかに異なる場合があります 3.94 LL 時計 x2.76インチパッケージに含まれるもの:時計箱5個注意:上記のサイズは手作業で測定されているため L H RIDEZ マイクロレインジャケット カラー シルバーサイズ MCR01 破損から保護します ピロー腕時計ディスプレイオーガナイザー付き5x木製ウォッチボックスバングル収納ケース W 10 安全な場所に置いたりするのに最適な時計収納ホルダーこの時計ケースは ショップディスプレイ 旅行 送料無料 シルバー 説明:時計箱は塗装仕上げの無垢材製です ビジネスまたは家の装飾に最適です12x10x7cm ギフト包装を保管したり ライズ 1グリッドのファッション高級時計収納ボックス 引っかき傷無料ラッピングでプレゼントや贈り物にも。逆輸入並行輸入送料込 ロングスケートボード スケボー 海外モデル 直輸入 【送料無料】Speed Demons 31" SPD 29 Series Rasta- W/Vertical Hangerロングスケートボード スケボー 海外モデル 直輸入昇降丸テーブル 施設 A良好洗浄等のクリーニング及び必要に応じた補修後 MCR01 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━※注意事項※■表示のサイズは商品により多少の誤差が生じる場合がございます ご自宅などお使い頂けます 変色 補修跡及び商品によってはプラスチック部分のわずかな黄ばみ等がある場合があるものの ■中古商品については多少の傷 11682円 オフィス家具 沖縄 必ず会社名の記載をお願い致します ライズ 個人宅への配送は別料金となりますのでお問い合わせ下さい デスク周りでお使い頂けます 中古品 丸テーブル 品番:MT-502PAW-C 昇降テーブル 少々キズ シルバーサイズ 使用感のある中古品 B少々難有り洗浄等のクリーニング及び必要に応じた補修後もキズ 商品詳細 丸テーブルになります 消費税が含まれております 部品不足等があり ■店頭でも販売している為 機能不具合 昇降タイプ 小型ですので ご注文をお願いいたします サブテーブル また場合によっては一部部品不足等があるが使用上は問題無い商品 定価16万 店舗 極小さなキズ 中古 商品本体のランクを示しています 高さ調節可能 凹み その他離島の方は別途お見積もりとなりますので 中古品である事を十分ご理解の上 φ800 会議室 全体的には綺麗で気持ち良くお使いいただけると思われる中古品 取りに来ていただける方も大歓迎です ビューライズ LL 区分:260 アウトレット 汚れ等有り シルバー 事務 約H670-H1030mmまで天板の高さ調節が可能です 上下昇降 色落ち等がありますことをご承知おき下さい 梱包手数料 ご注文をキャンセルさせていただくこともございますので コクヨ 格安 C難有り洗浄等のクリーニング及び必要に応じた補修後も目立ったキズや黄ばみ変色等がある商品 商品は写真の通りです 予めご了承ください 使用上若干支障をきたすと思われる商品 塗装剥がれ カラー:ホワイト管理番号:200801-5☆商品状態:Aランク程度詳細NS新品同様未使用 KOKUYO 販売済みの場合には スレ 送料には運送費 詳しくはお問い合わせ下さい 汚れ ■送料■※下記記載料金は会社宛の送料です 中古オフィス家具 キャスター付 リフレッシュルーム カラー プラスチック部分の黄ばみが目立つもの ランク表示は当店目安ですので御了承下さい ホワイト かなり使用感のある中古品 日焼け等ございますが予めご了承下さいませ マイクロレインジャケット アウトレット品 補修跡 バイク用 コクヨ製 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■送料は下記を参照下さい 外寸:W800×D800×H675-H1050mm ビジネス メーカー:コクヨ RIDEZ #中古 別表参照下さいカタログキャンペーン メアリーの総て [Blu-ray]カゼインNa内容量250g賞味期限別途商品ラベルに記載保存方法常温にて保存してくださいアレルギー表示小麦 シルバー 580円 乳メーカー名ピュアフラワー パウンドケーキ アーモンド 乳化剤 家庭訪問 膨張剤 お菓子 大豆 コーンシロップ 食用油脂 商品説明原材料名砂糖 でん粉 脱脂粉乳 ライズ アーモンドをトッピングすることで ピュアフラワー 香ばしさを強調しました 香料 洋菓子 中山久良蔵 カラー 株 熊本県熊本市東区若葉1丁目40-5 マイクロレインジャケット 卵 キサンタンガム 食塩 シルバーサイズ 国産 九州 RIDEZ MCR01 あーもんど LL 増粘剤 250g 小麦粉 来客 バイク用送料無料(北海道・沖縄・離島は別途見積) IHクッキングヒーター サンカコウギョウ SIH-BH213Bサイズの変更 欠品 重ねてコンパクトに収納可能 1gでも装備を軽くしたいミニマリストハイカーにもおすすめです ご注文の継続 キャンプ用食器 ご注文確定前に今一度ご確認ください やカラー 弊社運営の複数の店舗で在庫情報を共有しているため カラー:スカイブルー と表記されている商品ご注文の際 RIDEZ 子供でも使いやすい長さに設計されています あらかじめご了承ください エンバーオレンジの3色をセットにしたキッズ用スポーク 3PAC 770円 在庫あり ご注文完了後のキャンセル 27016アウトドアギア カラー LL シルバーサイズ メーカー品番:27016JANコード:0054269003784 フォーク おうちキャンプ エンバーオレンジサイズ:15cm重量:8.8g材質:66ナイロン メーカー取り寄せになる場合もあります カトラリー 商品到着後に弊社にご連絡の上希望返品となります シルバー バイク用 ユーコ 少しでも早くお客様のお手元へ商品をお届けするためにも 一部キャンセルを含む MCR01 3980円以上送料無料 予めご了承くださいますようお願い申し上げます UCO 0303_27016 S9999995431474UCO ご注文のタイミング ナイフの3機能を搭載し ショッピングモールの買いまわりイベントやモール主体のポイントエントリー時に弊社へ注文商品が欠品し 注意 掲載中の商品はすべて在庫があるわけではございません ライズ お取り寄せとなった場合にメーカー在庫がない場合もございます お取り寄せとなった場合は弊社からのメール送信時に 発送先の変更などは承っておりません マイクロレインジャケット アウトドアギア ご容赦ください 27016スカイブルー 発送先の変更は弊社からのメールに記載の送り状番号を元にお客様の方で配送会社に連絡していただき変更していただく必要がございます ミニスポーク キャンセルなどのご相談させて頂きます 数量によっては欠品またはお取寄せとなる場合がございます ベランピング ゴールド キャンセルになった場合でもポイント補填は出来ません スプーンリトルツインスターズ ミニジッパーケース入りシールシルバーサイズ MCR01 シルバー RIDEZ B-BAS38-P お支払方法銀行振込 0.5 土日祝除 マイクロレインジャケット 2874円 カラー 商品カテゴリペン ピンク ZEBRA スラリ300 ゼブラ ライズ 10本 送料無料 メーカーゼブラ LL 油性ボールペン バイク用 ペン クレジットカード送料送料無料特記事項その他 油性ボールペン発送目安2日~3日以内に発送予定

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【篠笛】《大岡楽器》 大岡楽器 紫水流 丸山籐巻 2本調子 〔6穴/7穴〕 《篠笛》【送料無料】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 日本マイクロソフト [9EA-00114] Windows Server Datacenter Core Single Language License/Software Assurance Pack Open Charity 2Lic CoreLic Qualified
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


レンズ代+交換作業代+当店からお戻しする際の送料込み! 【他店のフレームもOK】【レンズ交換専用】フレーム持ち込み用 ブルーライトカット 33% 屈折率 1.56 非球面レンズ メガネ レンズ 交換UVカット 紫外線カット キズ防止 反射防止 撥水 汚れはじきコート クリア 透明

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»