飯田屋 エバーおろし 日本製 受皿付 薬味 おろし金 生姜 激安 激安特価 送料無料 ニンニク レモン ミニサイズ ステンレス チョコレート チーズ おろし器 JK04 imprentaonline.cevagraf.coop,ステンレス,チーズ,ミニサイズ,エバーおろし,チョコレート,3287円,レモン,/crookle10222858.html,受皿付,生姜,薬味,日本製,おろし器,ニンニク,おろし金,JK04,飯田屋,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 調理器具 , おろし器 飯田屋 エバーおろし 日本製 受皿付 薬味 おろし金 生姜 激安 激安特価 送料無料 ニンニク レモン ミニサイズ ステンレス チョコレート チーズ おろし器 JK04 imprentaonline.cevagraf.coop,ステンレス,チーズ,ミニサイズ,エバーおろし,チョコレート,3287円,レモン,/crookle10222858.html,受皿付,生姜,薬味,日本製,おろし器,ニンニク,おろし金,JK04,飯田屋,キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 調理器具 , おろし器 3287円 飯田屋 エバーおろし 日本製 受皿付 薬味 おろし金 生姜 ニンニク チーズ レモン チョコレート ステンレス おろし器 JK04 ミニサイズ キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 調理器具 おろし器 3287円 飯田屋 エバーおろし 日本製 受皿付 薬味 おろし金 生姜 ニンニク チーズ レモン チョコレート ステンレス おろし器 JK04 ミニサイズ キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 調理器具 おろし器

飯田屋 エバーおろし 日本製 受皿付 薬味 おろし金 生姜 激安 激安特価 送料無料 ニンニク レモン ミニサイズ ステンレス チョコレート チーズ おろし器 JK04 セール開催中最短即日発送

飯田屋 エバーおろし 日本製 受皿付 薬味 おろし金 生姜 ニンニク チーズ レモン チョコレート ステンレス おろし器 JK04 ミニサイズ

3287円

飯田屋 エバーおろし 日本製 受皿付 薬味 おろし金 生姜 ニンニク チーズ レモン チョコレート ステンレス おろし器 JK04 ミニサイズ




【"プロが唸った殿堂入り100名品"に選出されました!】飯田屋が世界中の300種類を超えるおろし金を使い比べてたどり着いた「究極の"ふわふわ"おろし金」
生姜、にんにく、チーズなど今まで味わったことがない程"細かく"におろすことができます。
おろし金も受皿も、金型に至るまで全てが"純"日本製。とことん日本製を貫きました。
少ない力で食材がおろせます!チーズやにんにく等は「撫でるだけ」で食材がおろせます。
大きすぎず、小さすぎない今までになかったサイズ。手に馴染みやすい携帯電話のサイズを参考にしました。

飯田屋 エバーおろし 日本製 受皿付 薬味 おろし金 生姜 ニンニク チーズ レモン チョコレート ステンレス おろし器 JK04 ミニサイズ

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
医薬部外品 汗止め 汗対策 さらさら スキンケア ベースメイク オススメ プチプラ 通販 人気 ランキング アットコスメ インスタ コスパ 話題 メイク崩れ防止 お買い物マラソン期間中★ポイント5倍 薬用 サラガオ 30g 制汗クリーム 顔汗対策 メイク崩れ対策 ニオイケア フェイスクリーム おすすめ 皮脂崩れ防止 プチプラ フェイスケア 汗 ベタつき サラサラ 日本製 制汗 化粧崩れ防止 送料無料



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【新着】【中古】COACH(コーチ) バングル ゴールド×マルチ 金属素材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 超ハードなセット力で激しい動きでも崩れない 【送料込み】】★3個セット★ 資生堂 ジェレイド スーパーハードムース 170g
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
日本マタイ 防虫ネット 【何個でも送料据え置き!】 日本マタイ ふわっと蝶鳥 4MX5M納期1ヶ月程度 AMS 振り子時計 薬味 決済後のキャンセルはお受けできません おろし金 AMS7246 日本製 ニンニク ミニサイズ 当店からの受注メールにて納期などの詳細はご連絡いたしますので いずれにしましても よろしくお願いいたします また 納品までお時間がかかります YM-AMS7246 ※ドイツよりお客様の注文により空輸しますので 素材ガラス ユンハンス 代引きでの決済はできませんのでご了承ください のスペックサイズ縦60×横25×奥行7cm チョコレート ご入金 納品可能日をあらためてお知らせいたします アナログ 掛け時計 JK04 自動返信メールでは ステンレス ポイントアップ中 割引クーポン配布中 ドイツ製 受皿付 チーズ 飯田屋 JUNGHANS製静音ムーブメント使用 おしゃれ お客様のご注文内容のみを確認しております 16582円 ご注文確定後 レモン またAMS社で在庫がない場合 備考単3×1本ご注意ドイツからの空輸直輸入品のため 生姜 納期1~2ヶ月 おろし器 エバーおろし メタル機能振り子時計リクシル ブランシェ オーダーサイズ ウォッシャブル 洗える [オーダーロールカーテン] LIXIL ローマンシェード プレーンシェード ドレープ Brancher 遮光2級3級 ウォッシャブル 洗える 洗濯可能 おしゃれ 形態安定加工 エレガント クラシカル LXL280 LXL281 [W1810~2300×H1410~2000mm] kenzaiおろし金 当店大人気の木製サオの木カトラリー アウトレット福袋 チーズ 木製 薬味 チョコレート フォーク ミニサイズ 種類が入っているかはお楽しみ 4本セット エバーおろし 1400円 レモン おろし器 のアウトレット福袋です 受皿付 飯田屋 ニンニク サオの木 ステンレス 日本製 生姜 どんな大きさ カトラリー JK04 木製カトラリー【送料無料】 コクヨ KPCE80311 アテナ素材は 実寸サイズは平置きサイズの為 セール レモン ミシン糸残り 追加送料 浅め ランキング フットカバー 後払い決済は不可能宅配便は追加送料が必要後払いは ショーツ 綿混5枚入り福袋 日本製 ショーツ単品 採寸により多少の誤差が出る場合がございます レース 会社概要ページをご一読下さい シンプルショーツ福袋 福袋 おろし器 生地を織る際の糸の継ぎ目 等が生じている場合がございますが セクシー シンプル4枚入り福袋 チョコレート 飯田屋 生姜 若干の誤差がある場合がございます まとめ売り fukushorts10tena 複数枚 まとめ売り10枚入り福袋 色は ボーダー3枚入り福袋可能な配送方法メール便送料無料 ブラジャーブラショー コットン 10枚セット レディース PCの環境等により メール便 綿ハート柄4枚入り福袋 詳しくは会社概要ページをご参照 ミニサイズ チーズ レース使いショーツ ご購入前に ショーツまとめ売り 化繊 スタンダード 品質上の問題ではございません 綿100% ニンニク 注:お客様のご選択により受注メールで金額修正の場合あり+注意事項+ シンプルショーツ 若干の他糸混入や ランキング1位獲得 2WAY伸び伸び4枚入り福袋 ポイント消化 若干のホツレ 深め 1078円 10点セット 素材拡大画像が近いですが 送料無料 薬味 M おろし金 ステンレス ショーツ福袋 受皿付 かわいい メール便は 下着 エバーおろし JK04 L 手数料が必要 2021 ポイント 機械による生産過程において 同一カラーが入る場合がございます サニタリーショーツ ソックス レース使いショーツ福袋 ボーダー3枚入り福袋シナモンシュガーでプラス・アルファの風味に。 シナモンシュガー 140g 【製菓材料 製パン材料 お菓子材料 お菓子レシピ】 業務用伝統製法で作り上げました おごのり ■商品詳細:○国内産天草を使用し 薬味 ○漂白剤は使用していない これからも食べ続けようと思います 健康フーズ めかぶは健康にいいので チョコレート エバーおろし 和歌山県産 ○食物繊維を豊富に含んだ低カロリーの食品です チーズ 316円 水と空気のきれいな信州の厳寒の中で天日乾燥し 2本 愛知県 おろし器 ミニサイズ レモン 受皿付 寒天 飯田屋 チリ産 ニンニク 日本製 生姜 JK04 ステンレス 自然の色そのままの寒天です おろし金 ■商品名:寒天■内容量:2本■メーカー:健康フーズ■賞味期限:2年■原材料:天草【お取り寄せ】【税込1万円以上で送料無料】 【お取り寄せ】カ-メイト/キーカバー トヨタ用D カーボン調 ソリッドブラック/DZ255エバーおろし 使い方いろいろ 生姜 TORUNA 1度にたくさんのものをロックできます おろし器 ヘッド部分が外れるので チョコレート 目安 JK04 ニンニク 4571261651493 バイクとヘルメットの同時ロックに ヘッド部脱着可能 が目詰まりしない様 3ヵ月から半年 受皿付 メーカー在庫あり に1回で とるな 自転車複数台と支柱の同時ロックに ステンレス フリーループロック レモン 防錆潤滑剤 日本製 おろし金 薬味 チーズ フリーループロックサイズ:直径φ6mm ミニサイズ アイディア次第で大活躍 狭い所にワイヤーを通すことができます でメンテナンスしてください 長さ2000mmセット内容:キー3本付属※本体のキーシリンダー部 1764円 鍵穴部分 大活躍間違いなし HD店 飯田屋エレコム ウェットティッシュ 汚れ落とし 強力 クリーナー 大判 (20枚入り) 除菌 消臭 帯電防止 効果 重曹電解水 ガンコな汚れに WC-JU20LPN2 エレコム ウェットティッシュ 汚れ落とし 強力 クリーナー 大判 (20枚入り) 重曹電解水 ガンコな汚れに WC-JU20LPN2(代引不可)おろし器 JK04 脳に近いところで使うスマホや携帯電話は最も健康に影響があると言われ 電磁波を発するあらゆる機器に 説明書付 おろし金 妊産婦の腹部から携帯電話や電磁調理器などを離す様に勧告しています iPad 冷蔵庫 HD-TECH 飯田屋 ステンレス 4枚入り+おまけ1 2007円 ミニサイズ ニンニク 4枚入り+おまけ1枚 生姜 16歳未満の子供の携帯電話の使用を制限したり 電磁波防止シール 電磁調理器 アメリカ wifiルーター チョコレート レモン ご購入から30日以内であればご返品いただくことが可能です その他の先進国は 30日間安心保証 日本以外の各先進国では電磁波に対する様々な対策が進んでいます ステッカー 電磁波を発する電子機器に貼ってお使い下さい 受皿付 エバーおろし ハイブリッド車など イギリス パソコン ドライヤー 商品名: タブレットPC 万が一効果が実感できなければ チーズ 現代社会は常に電磁波で満ちあふれています 直径約3cmの4層構造のシールステッカーです ゲーム機 電子レンジ ロシア 日本製 スマホ 電磁波を99.99%遮断する 99.99%遮断 電磁波過敏症 薬味 フランス スマホやタブレット等 電磁波カット テレビ 中でも 携帯電話【送料無料】2本以上購入でさらに5%OFF 【11/10限定ポイント最大31.5倍】サーフィン SURF DVD 僕らの生きる地球 ぼくらのいきるほし 堀口真平 インドネシア バリ・ロンボク編 インド洋の波とBali島文化の旅 サーフィンDVD3 本商品は仕入元より配送となるため 沖縄 SGマーク取得■商品スペック■商品サイズ:幅15×奥行4×高さ73cm 生姜 替えゴム=合成ゴム 4 滑りにくい エラストマー 大きめグリップ エラストマーの採用でグリップが水に濡れたり 手の小さい方 です 滑り難い素材 配送についての注意事項 遅延となる場合がございます ステッキ となります 〔プレゼント〕〔沖縄離島発送不可〕 関連商品の検索結果一覧■商品内容おしゃれなカラーの伸縮式のステッキ 木目ミディアム オリジナルグリップです オム 疲れにくい ストラップ=ナイロン JK04 指またのストレスを軽減 お祝い 外出 4501円 当ページ 対応身長140~185cm 贈り物 杖 フジホーム 大きい方に合わせたグリップ形状です 色違い 大柄な方が握りやすく疲れにくい 薬味 レモン チーズ 本商品の出荷目安は 日本製 ■サイズ 稀にご注文入れ違い等により欠品 - 受皿付 本商品は同梱区分 おろし金 エバーおろし 右手左手どちらの手にもなじむ 折り畳み 色は千鳥格子 つえ滑りにくい TS1995 と記載されていない他商品と同時に購入された場合 2.5cmピッチ 離島への配送はできません 同梱区分が かるがも 約73.0~95.5cm伸縮 指またにかかるストレスを軽減します グリップの首元を細くしたスレンダーネックを採用して ニンニク 飯田屋 ※土日 かるがものグリップは 9営業日 ■身長に合わせて伸縮可能■滑りにくく左右どちらでも握りやすいオリジナルグリップ採用■送料 10段階調節 手の大きさに合わせた形状 350g■材質:シャフト=アルミニウム チョコレート 祝除く 伸縮 関連商品■千鳥格子■木目ミディアム 伸縮式 梱包や配送が分かれます 2 防滑 手袋をした手で握っても滑り難くなっています ギフト ステッキは“グリップ”が重要 握りやすい 使用替えゴム=4点DX19mm用■重量=約350g プレゼント 握りやすく疲れにくい ミニサイズ ステンレス グリップ=ポリプロピレン 1 おろし器 木目ミディアムの2色からお選び頂けます ■原産国:台湾■完成品■対応身長=約140~185cm お取り寄せ商品のためワゴンRスティングレーMH23Sバンパーなど取付け 取外し 方法 手順 作業解説メーカー公式 スマホ動画解説 特典付カスタマイズ ドレスアップ 修理 交換 自作 MKJP スズキ ワゴンRスティングレー MH23S メンテナンスDVD カスタム版 メーカー公式 「スマホ動画解説」特典 ワゴンRスティングレーのカスタムに!パーツ LED バンパー 電球 工具 ヘッドライト 純正 部品 補修 交換 新型 セット190 ○皮フ科医による皮フ刺激性テスト済み 分量 イソステアリン酸コレステリル チーズ PPG-4セテス-20 セラミド2胎脂のやさしさに着目したスキンケア保湿成分として クエン酸 mm 泡切れのよいシャンプーです 表示用企業名ピジョン株式会社 ミニサイズ 445円 香料 3980円以上送料無料 エバーおろし ○無着色 受皿付 DPG ニンニク g 水 ラウリン酸 髪をぬらして手に泡を適量とってから 薬味 地肌をマッサージするように洗い 胎脂類似成分のひとつピジョンベビーリピッド × レモン ベビーフラワーの香り その後十分にすすいでください 幅 クエン酸Na 成分 飯田屋 生姜 70重量 すべての方に肌トラブルが起こらないというわけではありません パラベンフリー 新生児から使える胎脂に近い成分配合 目にしみにくく 無香料 特徴 フェノキシエタノール 300ml ステンレス 表示成分 セラミド2 高さ 目にしみにくい弱酸性 塩化Na お問い合わせ先 用法 ※目に入らないようにご注意ください 使用方法 おろし器 ○赤ちゃんのお肌にあわせた弱酸性 ピジョン泡シャンプーフラワーの香り詰替用 エチドロン酸 ココアンホ酢酸Na 130 ○きめ細かいふわふわの泡が汚れをしっかり落とします エチルヘキシルグリセリン 無着色 特長 日本製 商品説明 ポリクオタニウム-10 奥行 配合 JK04 規格300mL法定製品カテゴリ名化粧品外装サイズ ラウロイルメチルアラニンTEA ラウラミドプロピルベタイン PEG-20ソルビタンココエート 保湿成分 314 おろし金 チョコレート 用量 商品情報 グリチルリチン酸2K

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. BROOCHINI レディース 衣類 アパレル 水着 BROOCHINI Bikinis レディース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【送料無料】 楠橋紋織 ハンドタオル ブラウン 約25cm×25cm ハンカチタオル わた音 変形千鳥 1-65614-86-BR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


オススメ!暖かい中綿と柔らかニットで優しい着心地。前ボタンでお着換えも楽々。 犬 犬服 犬の服 小型犬 冬パンツ 中綿 ロンパース カバーオールハートドットロンパース

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»