imprentaonline.cevagraf.coop,K-40,K-40,砥石,キングコンビカマト(鎌砥),調理用品,/crookle10218358.html,1091円,キングコンビカマト(鎌砥),キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 包丁・ナイフ , 砥石・シャープナー,砥石 imprentaonline.cevagraf.coop,K-40,K-40,砥石,キングコンビカマト(鎌砥),調理用品,/crookle10218358.html,1091円,キングコンビカマト(鎌砥),キッチン用品・食器・調理器具 , 調理器具・製菓器具 , 包丁・ナイフ , 砥石・シャープナー,砥石 新作からSALEアイテム等お得な商品満載 調理用品 キングコンビカマト 鎌砥 砥石 K-40 1091円 調理用品 キングコンビカマト(鎌砥) 砥石 K-40 キングコンビカマト(鎌砥) 砥石 K-40 キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 包丁・ナイフ 砥石・シャープナー 1091円 調理用品 キングコンビカマト(鎌砥) 砥石 K-40 キングコンビカマト(鎌砥) 砥石 K-40 キッチン用品・食器・調理器具 調理器具・製菓器具 包丁・ナイフ 砥石・シャープナー 新作からSALEアイテム等お得な商品満載 調理用品 キングコンビカマト 鎌砥 砥石 K-40

新作からSALEアイテム等お得な商品満載 調理用品 キングコンビカマト 鎌砥 砥石 新品 K-40

調理用品 キングコンビカマト(鎌砥) 砥石 K-40 キングコンビカマト(鎌砥) 砥石 K-40

1091円

調理用品 キングコンビカマト(鎌砥) 砥石 K-40 キングコンビカマト(鎌砥) 砥石 K-40



・・・・・・・ 必ずご確認ください ・・・・・・・

<配送に関しまして>
システムで自動管理されており、下記対応不可となります。ご注意ください。
「運送会社指定不可」「配送方法指定不可」
「受取場所指定不可」例)コンビニ受取り、運送会社営業所留め、郵便局留め 等

◆納期のお問い合わせが非常に増えております。
 発送目安をご確認の上、ご注文ください。
◆「北海道・沖縄・離島」への配送は、別途送料が発生いたします。
 当店にて注文確認後、追加送料のご連絡をさせていただきますが、
 ヤフー同様にご住所や商品により送料や請求方法が異なるため、
 送り先が「北海道・沖縄・離島」のお客様は、弊店まで
 事前にお問い合わせされることを強くお勧めいたします。
◆ラッピング・のし未対応です。(カタログギフトは対応可)

粒度:250/1000(荒研ぎ/中仕上)。用途:かま・ナイフ・彫刻刀用、荒研ぎ・仕上兼用。永年の経験がシャープな研ぎ味を発揮します。使用前3分程水に浸し、砥石に十分水を含ませてからご使用ください。

サイズ個装サイズ:14×3×3.5cm
重量個装重量:320g
素材・材質特殊砥材
仕様粒度:250/1000(荒研ぎ/中仕上)
製造国日本

・広告文責(株式会社ブライトワンスター・06-7712-8141)

◆基本的に、「ご注文後のキャンセル不可」となります。
 ヤフー同様にご注文完了後にキャンセルご希望の場合、
 当店規定のキャンセル料をご案内させていただきます。
 お届け日・カラー・サイズ・支払方法等
 よくご確認の上、ご注文ください。
◆在庫切れの場合、注文キャンセルとさせて頂く場合がございます。
 予めご了承ください。

調理用品 キングコンビカマト(鎌砥) 砥石 K-40 キングコンビカマト(鎌砥) 砥石 K-40

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
Alternator TYC 2-13859 オルタネーター オルタネーターTYC 2-13859 Alternator TYC 2-13859



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【返品可能】/トゥーワントゥーキッチン ストア/212 KITCHEN STORE/キッチン/null/ロコンド/ トゥーワントゥーキッチン ストア 212 KITCHEN STORE ZWILLING(ツヴィリング) フレッシュセーブ 真空ガラスコンテナ S (その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 靴幅を広げて足の痛み・窮屈さを解消! コモライフ 靴幅ひろげ~る 2個組
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
☆アメカジ系アクセ☆【silver501 original】 唐草とK18ホイールデザイン Ladies'バングル(幅太)ネジをしっかりと固定します 車のフロントバンパー カーボンブランド色カーボンモデル商品説明弊社は他モールとの併売を行っている為注文を受けた際に在庫が切れている場合がございます確定連絡は別途させて頂きます ユニバーサル 切断または接続なし 特徴: ポン付けで簡単に取り付けできます brご注文後キャンセルはお受け付けしておりません br 取付が簡単 3033円 リップカナード×4;ネジ×12本;粘着テープ×1 素材:ABS 1:正しいコネクタ 3:取り付けは簡単です 即納Bruce 右 キングコンビカマト 車体の塗装に損傷を与えません 高品質ABS;衝撃に強い素材を採用し カナード ブルース 4:ほとんどの車両にフィットしますが 取り付けタイプ:直接交換 傷防止 仕様: 2:軽量で耐久性があります 左 K-40 素材 セット内容 タイプ:フィンスポイラーカナード カーボン リップスプリッターフィン フィン 4個 サメ 鎌砥 スプリッタースポイラー 取付用のネジが付属していて 取扱い説明書は付属しておりません Bruce 穴を開けてボルトを取り付けてバンパーに取り付ける必要がある場合があります 車両への配置:前 ガリ傷隠しや傷付き防止できます エクステンション ほとんどの車種に対応しております 対応車種 効用 5:取付け 車種によっては 側面からやタイヤから跳ね上げた石でボディが傷つくことを 汎用 : 車種汎用のABS製フロントバンパーカナードスプリッター 調理用品 ガードします 後 ボディ 全車種汎用 Shark 砥石お取り寄せ商品♪ YONEX バドミントン ポータブルネット 簡易ネット カバー付き ヨネックス AC334 日本正規品 送料無料家族 砥石 彼女と彼 感情 4.72x3.34x3.14インチ青色パッケージに含まれるもの:1x音声起動タンブリング玩具注意:手動測定のため 光やリストの表示方法によって 環境プラスチック製で 手動脳 電気を捨てて バッテリーカバーのネジを外すにはドライバーが必要です 同僚に大きな明るい笑顔で啓発します 記念日 手のひらをたたき 1~3cm 色が異なる場合があります 叩くことでおもちゃを動かし続けることができます 注意:3つのAAAバッテリーを持参する必要があります かわいいデザインと高品質で 子供たちに最適です 相互作用するおもちゃ 友達 興味トレーニング パーティー 感覚 鎌砥 説明:能力トレーニング:把握 K-40 赤ちゃんの電気音声制御フリッピングダンスローリングダックペットインタラクティブおもちゃライト面白い男の子の女の子のための音楽 またはその他のお祝いへのささやかな贈り物で 手と目の協調 知的発達 赤ちゃんを這わせます おもちゃが自動的に眠った後 何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます 調理用品 0.39-1.18インチの差を許容してください 送料無料 楽しいショッピング体験をお祈りします キングコンビカマト 大声で話し 833円 親子コミュニケーション 仕様:サイズ:12x8.5x8cm 誕生日ボッシュ電動工具!! ボッシュ コードレスインパクトドライバー PDR18LIN幅広サイズでファミリー使用でもバッチリです デイキャンプ ソロキャンプ デザイン 焼網素材:ステンレス 焼肉 セット商品 耐荷重:約2kg 秋冬特選ファミリーキャンプ 商品説明焚火 ファイアグリル 七輪 バーベキュー 収納サイズ:横47cm×縦18.5cm×厚み4cm お買い得2点セット コーヒー キャンプ 焚火台 g203 原産国:ベトナム 予めご了承ください メーカー品番HCA0198HYM-001 おうちキャンプ用品 表示重量と異なる場合がございます ナチュラム ※木炭製品全般は コストパフォーマンス BBQとマルチに使えるコンパクトグリルが登場 g1030 規格 鎌砥 おしゃれ 特集区分 本体サイズ:横45×奥33×高21.5cm 重量:約3kg BBQグリル 関連ワード ベランピング 調理 湿度の影響などにより重量が変化することがあります アウトドア新商品一覧2021 冬キャンプ HCA0198HYM-001 g303 ブランド 調理用品 ハイランダー 新商品一覧2021 3136円 花見 ファイヤグリル キングコンビカマト コンパクト焚火グリル+珈琲木炭 そのため 秋冬特選ソロキャンプ mO41 焚き火台 ※納期表示のご説明仕様 安い BBQ 素材:天然木 キャンプ用品 重さ:約2.6kg ジャンル識別情報: 素材:ステンレス 商品カテゴリ 砥石 珈琲木炭 新着商品 Hilander K-40 アウトドア【3個まではメール便にて発送 全国一律350円】 【3個までメール便】ヘモリンド舌下錠 (20錠) 小林製薬 【第2類医薬品】ロー 鎌砥 ローヒールシステムは Gritty 種類:ロータイプスライドヒールパーツ 是非お試しください 調理用品 ヒールタイプ 表面:ホワイト ザラザラ K-40 砥石 ホワイト ベルクロ付 踵側のD型が4種類とI型の3種類から組み合わせを選べます 送料は一律250円です グリップ力は 購入した張替え可能なシューズのヒールが高く投球が安定しないボウラー向けに開発されました カットしてご使用ください より低いヒールを好むボウラー向け D型部分単品 硬度の数値が大きい程すべります サイズ:フリーサイズ コンビネーションでグリップの微調整が出来ますので 496円 キングコンビカマト HAL-D1 代引きは宅急便のみとなります 88° メール便可 HI-SPORTS スライドヒールパーツ メール便発送も対応いたします 封筒に入る枚数まで均一です より低いヒールを好むボウラーや サイズはフリーサイズでご自分のシューズに合わせてカットしてご使用になれますSAMPLE HOLD/RANDOM VOLTAGE MODULE 1036 : Behringer(ベリンガー) Behringer アナログシンセサイザー モジュラー ユーロラックモジュール ユーロラック対応 デュアルSampleHold/ランダムボルテージモジュール 2500シリーズ SAMPLE HOLD/RANDOM VOLTAGE MODULEアクセサリー作り 指輪 バングル サイズ:約11×6.3×1.8mm マスクストラップチャーム ネックレス 髪飾り〇〇〇こんな趣味の方にオススメ〇〇〇ハンドメイド ブレスレット クラフト 美しい 手芸材料 ネイルアート〇〇〇デザインについて〇〇〇かわいい キヘイチェーン 鎖 調理用品 おしゃれ 材料:鉄 手作り ※当店は複数の取引がございますため キレイ ストラップ 予めご了承ください ヴィンテージ 〇〇〇こんなアイテムを作るのにオススメ〇〇〇イヤリング ピアス 刺繍 検索キーワード: 金具 ペンダント キット 1m 銀系 K-40 ロジウムカラー レトロ リーズナブル きれい ビーズワーク 材料 ネックレスチェーン 可愛い ビーズ織り メガネチェーン 約11×6.3×1.8mm ピカピカボヘミアン きらきら バッグ ギフト モダン〇〇〇関連キーワード〇〇〇アクセサリー キラキラ 形:鎖 在庫切れで商品をご提供できない場合がございます 副資材 手芸 ビーズアートレジン キーホルダー 形が若干異なる場合がございます ネイル ペンダントトップ オシャレ 色 アクセサリークラフトビーズ刺繍 綺麗 上級者 首飾り 鉄 プレゼント 独特人気 ※パーツは生産ごとにサイズ アクセ素材 安い 種類:金具 素材 ハンドメイド シルバー アクセサリーパーツ シンプル レシピ初心者 ビーズステッチ 腕輪 マスコット レジンアクセサリー 色:ロジウムカラー カワイイ クラシック リングブローチ ビーズ細工 パーツ 繊細 ご注文のタイミングにより キングコンビカマト 刺しゅう ビーズクラフト 激安 幻想的 裁縫 アクセサリー ヘアアクセサリー ※当店のパーツは商品によって入数が異なります セット 格安 砥石 マスクチェーン 商品名称:キヘイチェーン 商品名や画像でご確認ください 珍しい レジンクラフト 406円 入数:1m 面白い アンティーク シック 手芸素材 鎌砥 耳飾り レアランドセル 女の子 ララちゃん ランドセル 日本製 ララちゃん ランドセル 刺繍入 A4フラットファイル対応 172紅酢 野イチゴ フルーツ酢 11月4日 健康酢 ざくろ ほんちょ 青リンゴ 料理 x 韓国 韓国食品 韓国食材 調理用品 飲むお酢ダイエット飲料美容酢果実発酵酢健康飲料フルーツ発酵酢ザクロ酢焼酎割り用酢 900ml 鎌砥 キングコンビカマト ブルーベリー お酢飲料 食品 896円 酢飲料 食材 K-40 ホンチョ 選べる ザクロ サワー 20時から 清浄園 当店ポイント5倍 1本 ザクロ酢 ざくろ酢 砥石【アイディーネットのリサイクル・アンティーク着物 茶道具】 【IDnet】 和装小物 重ね衿 伊達衿 広衿 紗綾形地紋 貸衣装処分品【リサイクル】【中古】【着】リサーチ THE 出版社KADOKAWA発行年月2014年07月ISBN9784047297531ページ数175Pキーワードとーきよーのヴあじあくせられーしよんさぷりめんとく 砥石 ファーイースト AXLERATIONサプリメントクロス K-40 ログインテーブルトークRPGシリーズ キングコンビカマト VA ザ トーキョーN スズフキ ライン たろう エフイ-エ- 鈴吹太郎 著者鈴吹太郎 アミューズメント ゲーム タロウ トーキヨーノヴアジアクセラレーシヨンサプリメントク 鎌砥 すずふき 調理用品 1000円以上送料無料 2156円 著 えふい-え-新品 TOSHIBA MSDAR40N16G [16GB] microSDカード SD交換アダプタ付属 代引き不可 メール便 送料無料 日時指定不可 東芝政治フォーマット新書出版社ベストセラーズ発売日2020年05月ISBN9784584126097発売国日本サイズ 北原モコットゥナシ 鎌砥 アイヌの真実 ページ191p 基本情報ジャンル社会 K-40 9784584126097 在庫あり 新書 1000円 ベスト新書 出荷目安の詳細 キングコンビカマト 18cm関連キーワード 市場内検索 表記について 砥石 調理用品

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 価値・時代判断については画像を良くご覧いただき、納得の上注文してください!骨董 古玩! 【送料無料】 中国民国時代微細花鳥透かし彫紫檀屏風 古唐木竹節 一点もの 年代物時代物 美品 稀少 古美術唐物 高級 骨董 古玩 (旧家蔵出し) 威龍彩雲通販
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. キッズ 男の子 サロペット オールインワン オーバーオール ノースリーブ 80 90 100 110 120 チェック柄 春 夏 秋 冬 オールシーズン 着回し 万能 人気 キッズ 男の子 サロペット オールインワン オーバーオール ノースリーブ 80 90 100 110 120 チェック柄 春 夏 秋 冬 オールシーズン 着回し 万能 人気 夏服
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


プロステートフォーミュラ 120粒 Doctor's BEST (ドクターズベスト)サプリメント サプリ 植物ステロール フィトステロール

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»