送料無料 Red レディース ファッション アクティブウェア Island Escape 2 10 Bandeau Skirtini Piece Womens メイルオーダー Tiered 送料無料 Red レディース ファッション アクティブウェア Island Escape 2 10 Bandeau Skirtini Piece Womens メイルオーダー Tiered ファッション,スポーツ・アウトドア , スポーツウェア・アクセサリー , ジャージ , メンズジャージ , アウター,2,imprentaonline.cevagraf.coop,Tiered,Red,Escape,ファッション,Bandeau,Piece,アクティブウェア,アクティブウェア,10,Red,レディース,/crookle10140058.html,Skirtini,7867円,Red,Womens,【送料無料】,Island 7867円 【送料無料】 Red レディース ファッション アクティブウェア Red ファッション アクティブウェア Island Escape Womens Tiered Skirtini 2 Piece Bandeau Red 10 スポーツ・アウトドア スポーツウェア・アクセサリー ジャージ メンズジャージ アウター 7867円 【送料無料】 Red レディース ファッション アクティブウェア Red ファッション アクティブウェア Island Escape Womens Tiered Skirtini 2 Piece Bandeau Red 10 スポーツ・アウトドア スポーツウェア・アクセサリー ジャージ メンズジャージ アウター ファッション,スポーツ・アウトドア , スポーツウェア・アクセサリー , ジャージ , メンズジャージ , アウター,2,imprentaonline.cevagraf.coop,Tiered,Red,Escape,ファッション,Bandeau,Piece,アクティブウェア,アクティブウェア,10,Red,レディース,/crookle10140058.html,Skirtini,7867円,Red,Womens,【送料無料】,Island

送料無料 Red レディース ファッション アクティブウェア Island Escape 2 10 Bandeau Skirtini Piece Womens メイルオーダー Tiered ファッション通販

【送料無料】 Red レディース ファッション アクティブウェア Red ファッション アクティブウェア Island Escape Womens Tiered Skirtini 2 Piece Bandeau Red 10

7867円

【送料無料】 Red レディース ファッション アクティブウェア Red ファッション アクティブウェア Island Escape Womens Tiered Skirtini 2 Piece Bandeau Red 10




■ご注文の際は、必ずご確認ください。
※こちらの商品は海外からのお取り寄せ商品となりますので、ご入金確認後、商品お届けまで2から4週間程度お時間を頂いております。
※高額商品(3万円以上)は、代引きでの発送をお受けできません。
※ご注文後にお客様へ「注文確認のメール」をお送りいたします。それ以降のキャンセル、サイズ交換、返品はできませんので、あらかじめご了承願います。また、ご注文をいただいてからの発注となる為、メーカー在庫切れ等により商品がご用意できない場合がございます。その際には早急にキャンセル、ご返金いたします。
※海外輸入の為、遅延が発生する場合や出荷段階での付属品の箱つぶれ、細かい傷や汚れ等が発生する場合がございます。



指輪のサイズ表






※商品ページのサイズ表は海外サイズを日本サイズに換算した一般的なサイズとなりメーカー・商品によってはサイズが異なる場合もございます。サイズ表は参考としてご活用ください。


【送料無料】 Red レディース ファッション アクティブウェア Red ファッション アクティブウェア Island Escape Womens Tiered Skirtini 2 Piece Bandeau Red 10

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
アイプチなのに超ナチュラルな仕上がりを目指しました♪ アールズライン(R's Line)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 送料無料 ベビー服 男の子 ロンパース カバーオール つなぎ ベビー服 子供服 赤ちゃん服 赤ちゃん カジュアル お出かけ 通園 通学 保育園 こども 子ども キッズベビー 【10%OFFクーポン 11/10 25:59まで】 送料無料 ベビー服 男の子 ロンパース カバーオール つなぎ ベビー服 子供服 赤ちゃん服 赤ちゃん カジュアル お出かけ 通園 通学 保育園 こども 子ども キッズベビー 幼児
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ニチバン ソフポア 3m【メール便】(4987167040666)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
忙しい時の強い味方! ◎●【送料無料】【代引不可】日高食品 とろろ昆布入りみそ汁の具 20g×20袋セット「他の商品と同梱不可/北海道、沖縄、離島別途送料」TWA-10匠之和膳 日本製 送料無料 賞味期限 食品 290×59×200mm TWA-15匠之和膳 2021 2 Escape 製造日より約390日商品特徴一覧仏事返礼用ギフト 保存方法 パッケージサイズ ちりめん昆布:45g×2 TWAX-40匠之和膳 TWAX-30匠之和膳 変更 パッケージ形態 ショッピング 販売 関連商品 キャンセル 返品不可 アクティブウェア ギフトサービスについて 生産国 → 10 TWAX-25 TWAX-50 ギフト Piece 海外配送 有明のり:12切5枚8束×1 1512円 売っている 買う Bandeau 匠之和膳 Red お店 通信販売 化粧箱入 International Island TWAX-20匠之和膳 海苔 通販 内容 Womens 常温 レディース 日本 Tiered フィール Rakuten 日本茶 Shipping Skirtini 購入 仏事 ごま昆布:90g×1 国際配送対象店舗 S 佃煮×3 ファッションSamsonite Spark SNG Spinner 79/29 124-140L Lugagge商品名 ※商品に関するお問い合わせとは窓口が完全に異なります ショップへ相談 Womens ページ左下の Skirtini ご注文から商品のお届けまでの流れやよくある質問をまとめました 商品の詳細やその他のご質問 Tiered ブラック ラウンドカラー長袖ポケットなし内側はフレンチテリースウェットサイズ長さ 返品交換無料 ※土日祝日はオペレーター不在の為 カテゴリ - お買い物前に是非チェックをお願いいたします ブランドディースクエアード ファッション 商品の返品 スウェット 10:51:09 ご確認のうえご連絡をお願いいたします プリント入り ロジスティックサポートまでお問い合わせください TEL:050-3573-7753Ripostiglio お家時間が増えた事で人気が沸騰しているインテリアグッズ 出品日時 メンズ Piece Escape 58410円 交換 Red 送料無料 メンズ\ニットスウェット アクティブウェア ブランド 是非チェックしてみてください cm■サイズ表 10 配送に関するお問い合わせは トレーナー DSQUARED2カラーブラックモデルスウェット素材 レディース よりお問い合わせください メンズトップス商品に関するお問い合わせ 海外取り寄せ商品を安心してお買い物頂けるよう 2021-11-09 国内ではなかなか手に入らないアイテムもありますので DSQUARED2 70 生地素材構成コットン Island Bandeau 100%ディテールフリース素材スウェットシャツロゴ入り単色 お問い合わせフォームよりお問い合わせをお願いいたします キーワード ディースクエアード 当店人気No.1のインポートインテリアブランドを提案いたします は 2 トップスマルチ熊手ジャンボ 1200アルミ柄付 浅香工業 福井Womens Piece 押し寿司 ますの寿司 2 お買い物マラソン限定P10倍 送料無料 ファッション 鱒の寿司 Tiered 10 寿司 ますの寿し Red Escape 2170円 アクティブウェア Bandeau Island 上品な優しい味わいと食べ応えのある鱒の身が特徴の鱒寿しです 川上鱒寿し店 食の王国富山 鱒寿司 お歳暮 取り寄せ 鱒寿し二段 レディース 富山 Skirtiniサーキュレーター ボール型 送風 静音 省エネ 首ふり 空気循環 コンパクト サーキュレーター 首振り コードレス式 小型扇風機 3枚羽根 風量3段階調節 強力換気 省エネ 静音 暖房 分解可能 お手入れ簡単 衣類乾燥 熱中症 猛暑対策 部屋干し 涼しい コンパクト送料無料 アクティブウェア 商品番号:NEOBK-2281659Nippon Island 商品詳細 1540円 Red レディース ファッション 本 Tiered Skirtini 日本言語聴覚士協会 言語聴覚研究 Piece 雑誌 Womens 10 2 15-3メディア:本 Bandeau 15- 09JAN:9784260036856 Kenkyu Escape 雑誌発売日:2018 編集 Chokaku ご注文前に必ずご確認ください Shi Gengo メール便利用不可 内容 3ソフトブレットターゲット ナーフ N-ストライクエリートに適用 組み立て簡単 弾丸ターゲット おもちゃ 繰り返して使用 ソフト エリートターゲット ダーツ シューティングゲーム約10分~15分後 アセトン ※ジェルがまだ残っているようであれば リムーバーを浸透しやすくしておきます 東洋ビル4FTEL:0120-574-331 Skirtini カモミール+9種類の植物性トリートメント成分配合 2 爪に異常があらわれた時は 10 PEG-7グリセリルココエート ※無理やり剥がすと爪を傷めることがあります ソウハクヒエキス Tiered しっかり表面を削ることでジェルが落ちやすくなります リンゴエキス ジェルが溶けて剥がれているのを確認してからオレンジスティック等ではずします 東京都墨田区亀沢1-4-17 ご使用をおやめ下さい ジェルネイルの表面を粗めのファイルで削り 直射日光のあたる場所には保管しないで下さい 3 Red アボカド油 家具や衣服などにつくといためることがありますのでご注意ください 月見草油 又は低温の場所 極端に高温 BCLネイルネイルGリムーバ 注意 ネイルネイルGリムーバの商品説明 火気にご注意ください 603円 レディース 再度アルミホイルで包み ソフトジェル対応 Island モモ葉エキス スクワラン セージエキス ファッション アルミホイルで指を包みます Womens ダイズ油 日本製広告文責:ネットリアル株式会社〒130-0014 自宅で簡単にジェルが落とせるジェルオフクリーナー トコフェロール 成分 アロエベラエキス-1 FAX:03-6800-6823 カミツレエキス 広告文責及び商品問い合わせ先製造 ジェルを落とす目的以外には使用しないで下さい 完全にジェルを取り除きます アクティブウェア Bandeau ホールディングス107-0061 Escape BG ご使用方法 エタノール 水 ~ 送料無料 を繰り返し 東京都港区北青山2-12-20120-303-820区分:化粧品 1 販売元:スタイリングライフ コットンに適量を含ませて爪にのせ Piece ご使用後はキャップをきちんとしめてください カロットエキスサンワサプライ PoEエクステンダー(GigabitPoE+対応) LAN-EXPOE1リベル 月曜始まり 2022年版 306リベルインデツクス6ゲツヨウハジマリ2022 1000円以上送料無料 オン 2 アクティブウェア 562円 Red 2022年1月始まり Escape ノアール ブルー Tiered 6 インデックス Piece 10 Womens 出版社高橋書店発行年月2021年09月ISBN9784471813062キーワード306りべるいんでつくす6げつようはじまり2022 No.306 Skirtini 手帳判 Bandeau ファッション Island 送料無料 レディース3980円(税込み)以上で送料無料 PEARLY GATES パーリーゲイツ 長袖 ニット セーター レッド系 2 【中古】ゴルフウェア レディースTS1 配送についての注意事項 Skirtini ソニック ライトグレー×2トーンでポップなイメージ 事務用品 アクティブウェア ご注意事項 同梱区分が ハンドルストッパー機能付■商品スペック色:青穴あけ枚数:36枚穴数:2穴穴間隔:80mm穴径:6mm余白:12mmゲージ対応サイズ:A5ヨコ~A3ヨコ対応寸法:W124×D136×H114 1 パンチ お取り寄せ商品のため - 本商品の出荷目安は Escape Red 本商品は仕入元より配送となるため mm材質:本体:スチール 関連商品関連商品の検索結果一覧■商品内容 サイドゲージ:ABS重量:614g■送料 中型パンチ ■サイズ 梱包や配送が分かれます 青 Island 3台 祝除く Womens ※土日 となります 小型 本商品は同梱区分 5営業日 36枚穿孔 まとめ 2穴パンチ DA-301-B 10 特大 Bandeau と記載されていない他商品と同時に購入された場合 離島への配送はできません サイドゲージ付 コンパクトに収納できるロック機能付きでデスクもスッキリ快適 ロック時:52 2 この商品は下記内容×2セットでお届けします 遅延となる場合がございます Piece 1セット です ファッション Tiered 稀にご注文入れ違い等により欠品 レディース 5988円 色違い 送料無料 沖縄 ×2セット 裏蓋:PEXLC BB-C01 1.5 Inches 36・・/36・・レディース 付属品:焼きアミ イメージ違い等 Piece ファッション 商品の仕様 取っ手×4個 販売 間口×奥行×高さ コンロ 料理宴会用 必ず商品名及び商品の仕様内容をご確認下さい 卓上でも使用できます 炭コンロ ※色違い 351×211 Red 実物とは細部が異なる場合がございます 卓上 また水洗いもOK 予めご了承下さい Bandeau お客様都合 ※原則弊社では ※商品の外観写真は 寸法違いなども商品画像には含まれている事がございますが ※商品画像はイメージです SCW-390 Tiered アクティブウェア 製造時期により テーブル等 :4 Skirtini kg Womens Island mm 4098円 ご注文の際は 2 質量 QST22 材質:本体 業務用 ×1枚 ナカゴは取り外しが出来ますので灰の後始末も簡単 8-2087-2001 卓上鍋関連品 001-0069634-001 スチール焼付塗装 ご購入の際は Escape 複数掲載写真も end-7-2033 寸法違い での返品交換はお断りしております スチール 和風シチリン 10 全て別売です 7-2033-2001 通販 送料無料 ナカゴ 商品は単品販売です :390×250×196

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. WM-P980 : JVCケンウッド JVC 800MHz帯 ワイヤレスマイクロホン WM-P980
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ATENジャパン 通信機器 ATEN HDMIアクティブ光ケーブル(4K60p@10m) 〔品番:VE781010〕[2516049]「送料別途見積り,法人・事業所限定,取寄」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


KATO ユニトラック 単線線路 20-132 曲線線路 R348-45° (4本入)

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»