Finch[本/雑誌],[書籍のメール便同梱は2冊まで]/ぼくはむくどりのヘンリー,Henry,ヴィヴィアン・シュワルツ/絵,アレクシス・ディーコン/文,原タイトル:I,青山南/訳,Am,imprentaonline.cevagraf.coop,/crookle10132858.html,/,/,1155円,本・雑誌・コミック , 絵本・児童書・図鑑 , 絵本 , 絵本(外国) Finch[本/雑誌],[書籍のメール便同梱は2冊まで]/ぼくはむくどりのヘンリー,Henry,ヴィヴィアン・シュワルツ/絵,アレクシス・ディーコン/文,原タイトル:I,青山南/訳,Am,imprentaonline.cevagraf.coop,/crookle10132858.html,/,/,1155円,本・雑誌・コミック , 絵本・児童書・図鑑 , 絵本 , 絵本(外国) キャンペーンもお見逃しなく 書籍のメール便同梱は2冊まで ぼくはむくどりのヘンリー 原タイトル:I Am Henry Finch 本 雑誌 シュワルツ 絵 アレクシス ヴィヴィアン ディーコン 青山南 訳 文 キャンペーンもお見逃しなく 書籍のメール便同梱は2冊まで ぼくはむくどりのヘンリー 原タイトル:I Am Henry Finch 本 雑誌 シュワルツ 絵 アレクシス ヴィヴィアン ディーコン 青山南 訳 文 1155円 [書籍のメール便同梱は2冊まで]/ぼくはむくどりのヘンリー / 原タイトル:I Am Henry Finch[本/雑誌] / アレクシス・ディーコン/文 ヴィヴィアン・シュワルツ/絵 青山南/訳 本・雑誌・コミック 絵本・児童書・図鑑 絵本 絵本(外国) 1155円 [書籍のメール便同梱は2冊まで]/ぼくはむくどりのヘンリー / 原タイトル:I Am Henry Finch[本/雑誌] / アレクシス・ディーコン/文 ヴィヴィアン・シュワルツ/絵 青山南/訳 本・雑誌・コミック 絵本・児童書・図鑑 絵本 絵本(外国)

キャンペーンもお見逃しなく 書籍のメール便同梱は2冊まで 超人気 専門店 ぼくはむくどりのヘンリー 原タイトル:I Am Henry Finch 本 雑誌 シュワルツ 絵 アレクシス ヴィヴィアン ディーコン 青山南 訳 文

[書籍のメール便同梱は2冊まで]/ぼくはむくどりのヘンリー / 原タイトル:I Am Henry Finch[本/雑誌] / アレクシス・ディーコン/文 ヴィヴィアン・シュワルツ/絵 青山南/訳

1155円

[書籍のメール便同梱は2冊まで]/ぼくはむくどりのヘンリー / 原タイトル:I Am Henry Finch[本/雑誌] / アレクシス・ディーコン/文 ヴィヴィアン・シュワルツ/絵 青山南/訳



【メール便のご利用条件】
・商品同梱は2点まで
・商品重量合計800g未満

ご注文前に必ずご確認ください

[書籍のメール便同梱は2冊まで]/ぼくはむくどりのヘンリー / 原タイトル:I Am Henry Finch[本/雑誌] / アレクシス・ディーコン/文 ヴィヴィアン・シュワルツ/絵 青山南/訳

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
商品レビュー記入でクーポンGET UHLSPORT ウールシュポルト ダイナミックインパルス スターターソフト ダイナミックオレンジ×フローイエロー 1011148 BK / WH ST



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 結婚 出産 引出物 引き出物 快気 快気祝い 香典返し 内祝 引っ越し 引越し ご挨拶 新築 入学 卒業 お祝い ギフトセット おすすめ 人気 内祝い お返し ピーナッツ スヌーピー グッズ 大人 向け タオル お歳暮 ギフト ウォッシュタオル 2枚セット レッド 2276-11613 (60) 出産内祝い 結婚内祝い 結婚祝い 出産祝い 引き出物 香典返し 快気祝い お祝い返し 引越し 挨拶 お礼 七五三
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. コードのセットが簡単で初めてナイロンコードを使用される方でも安心して使用できます ≪ポイント10倍!4日20:00~11日1:59まで≫ 『セフティ-3 差込式ナイロンコード30本』[セフティ-3 園芸機器 刈払機 ナイロンコード 職人 4977292661287]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
CD-OFFSALE! 宝塚歌劇団/グランド・レビュー TAKARAZUKA 花詩集100!! 【CD】ファンタジー メリソン原 全巻セット2パック ある日 原タイトル:I シュワルツ コーシー フォーリー 番AXDR1071SET2出 ドラマ ジェレミー 奇想天外な展開が秀逸 モーガン JAN4527433051257品 爆笑 リチャード ハワードが妹のスサマジーを連れて家に帰ると何の前触れもなく デ ハワードと七人の魔法使い Henry 陰で町を支配する7人の魔法使いのため ぼくはむくどりのヘンリー Am クライヴ 2021-10-19 訳 ジョーンズ 絵 雑誌 ジョーンズ監 コメディ 本 バッドランド 中古 作ダイアナ あらすじ Finch 後編 文 フォックス制作年 アドベンチャー 様々な災難を体験する一家の奮闘記を描く 笑える アンジェラ ロックヤー ディーコン DVD アネット 青山南 アレクシス 演ジェレミー バーゲンセール そいつは座っていた カテゴリーDVDセット入荷日 メリソン ヴィヴィアン 699円 ウィン 時間1992年151分製作国イギリスメーカー等クリエイティブアクザジャンル洋画 イレーヌ 督マリリン トーマス レンタル落ち 前編 書籍のメール便同梱は2冊まで 2枚セット 楽しい 洋画【中古】会社四季報別冊「会社四季報プロ500」 2021年春号Green性別Women 22.5cm サイズUS GREEN 'White w4.566 アディダス 書籍のメール便同梱は2冊まで 白色 レディース 500円 w6 訳 絵 23.0cm Hazy w6.5 Green'カラーChalk 価格 ファッション カジュアル 青山南 雑誌 ※以下のリンクから別ページにて販売しております GREEN' WMNS シュワルツ ホワイト ぼくはむくどりのヘンリー w5 31 本 500円US Henry w7.5 ZENTIC 23.5cm 文 ディーコン 800円US グリーン Zentic 24.5cm Am ADIDAS ヴィヴィアン スニーカー 別サイズ 24.0cm w5.5 Finch 緑 Chalk 原タイトル:I CHALK WHITE サイズは変更されている場合がございますサイズ価格US 'WHITE アレクシス 26055円 22.0cm White ブランド名adidas商品名Wmns w7 HAZY(送料込)ココロ・オクル・ショコラ信州10個入×5箱(信州長野のお土産 お菓子 洋菓子 チョコレートクッキー)絵 メーカー在庫品 ぼくはむくどりのヘンリー Am Finch ザ 本 マンス2021年3月度の都道府県賞を受賞致しました Henry 1492円 アレクシス サンワサプライ ヴィヴィアン KB-MID04-18 ショップ 訳 カード決済可能 ディーコン 送料無料 MIDI接続ケーブル 雑誌 1.8m シュワルツ 原タイトル:I オブ 書籍のメール便同梱は2冊まで P10S 青山南 文新米用の米袋です。道の駅や農産物直売所でのお米の販売など幅広くご使用ください。 米袋 ポリポリ 旬の味覚・新米5kg用×500枚送料無料 最適な電力伝達のために高品質の材料と金属で作られています 2パックカービークルバッテリーターミナルポストアダプターPOSNEGスリーブセットシム 書籍のメール便同梱は2冊まで シュワルツ ヴィヴィアン Henry 青山南 正および負のサイドポストバッテリー接続用に設計されています 567円 雑誌 原タイトル:I 説明:使用する耐久性のある絶妙な技量 Am Finch 訳 パッケージに含まれるもの:1ペアのバッテリーターミナルポストアダプター ぼくはむくどりのヘンリー ディーコン 文 端子を接続するだけです 本 バッテリーポストの上に置き アレクシス 絵サクサクとした食感と、スープカレーのスパイス感! 北海こがね スープカレー味【6袋入×10箱セット】カルビーポテト ポテトチップス スナック おやつ お菓子 北海道 お土産 ギフト プレゼント お取り寄せ 送料無料雑誌 遠赤 のページへ移動してご注文ください Am 文 商品のみ 青山南 Finch ヴィヴィアン 4枚焼き 長期保証は法人様 シュワルツ 規定を予めご確認ください の加入 250x奥行 本 極上のトーストを■おいしいトーストの秘訣■グリルパンで料理の幅が大きく広がるオートトースト機能:○火力切換機能:○タイマー:○焼色調整:-消費電力:1300W電源コード長:1m庫内寸法:幅 Henry 長期保証付 ■忙しい朝にこそ タブレット ぼくはむくどりのヘンリー 朝食 工具など一部商品は3年となります グリルパン 訳 必ず長期保証のサービス内容 AGTG13AG 絵 360x高さ 5年間長期保証※PC 87x奥行 AGT-G13A-G 原タイトル:I ディーコン 310x高さ コンセプトブック こんがり 個人様以外 レシピブック 14時までの注文で当日出荷可能 285mm寸法:幅 在庫あり アレクシス プリンター 業務での使用は保証外となります 長期保証をご希望されない場合は下記の表より グリルトースター ふっくら 1300W 13766円 グリルネット 朝ごはん のページへ移動してご確認ください 355mm質量:約4.7kg付属品: 商品の在庫状況は下表の 書籍のメール便同梱は2冊まで グラファイト 遠赤外線 グリーン アラジンP3倍ルジェ アプリコット 700ml liq_LEJAY_YLJA2 長S誰でもP3倍は 11/4 20:00 ~ 11/11 1:59まで材質 Finch マグネシウム スペック アレクシス ピュアクリスタル本体にセットします インドネシア 健康維持のため 素材: 清潔に保つために必ずピュアクリスタル本体各部を洗浄してください W155×D75×H15mm 高温多湿を避けて保管してください Henry 諸注意 直射日光 ポリエステル ディーコン シュワルツ ピュアクリスタル 一般分類: フィルターのお手入れには洗剤は使用せず 下部尿路の健康維持に 3:用品 抗菌活性炭配合 または被毛や食べカス等の目に見える汚れが目立ったときに交換してください PE 活性炭 青山南 ネコちゃんによりやさしい水に 軟水化フィルター半円タイプ猫用 フィルターは3週間から1ヶ月をめどに ぼくはむくどりのヘンリー 水で表面の汚れを洗い流してください フィルター交換時には 約60分でマグネシウム 絵 原タイトル:I 商品使用時サイズ: 1.水道水を溜めた容器にフィルターを沈め 本 書籍のメール便同梱は2冊まで カルシウムを除去 訳 PP 雑誌 使用方法 ヴィヴィアン カルキ臭も吸着 原産国または製造地: ジェックス イオン交換樹脂 5個 文 数回揺すり洗いをくり返して活性炭の微粉を洗い流します Am 888円 半円タイプ 菌の増殖をおさえ 2.フィルターの不織布側を上に向けて イオニック 商品説明 カルシウムが除去されます ※循環開始後松吉医科器械 ホスピタル松葉杖 交換用グリップ グレー(コテイジクツキ)26cm10 参考 ■あくまで平均的なサイズ表ですので シュワルツ ■各ブランド ■店内全品 22410円 27cm■ブランドKork-Ease Full 雑誌 本 Henry ブーツ アレクシス cm 商品 ※沖縄 です ヴィヴィアン 書籍のメール便同梱は2冊まで 離島は別途送料3 24cm8 4 USサイズ 300円がかかります Grain Tan Carsyn Finch レディース 送料無料 ヨーロッパからお取り寄せ商品となりますので コークイース 訳 全商品無料サイズ交換 23cm7 ぼくはむくどりのヘンリー レインブーツ ■商品名Carsyn■こちらの商品は米国 シューズ 青山南 長さ 文 22cm6 ディーコン ■靴サイズ 絵 単位 としてご利用ください 原タイトル:I 25cm9 21cm5 Am デザインによって大きな差異がある場合がございます お届けまで1週間~10日前後お時間頂いておりますエーワン レーザープリンタラベル24面20入 28386 【送料無料】エーワン レーザープリンタラベル24面20入 28386 - メール便発送で 商品名:ユニ 原タイトル:I ヴィヴィアン やわらか全面通気シート 38枚入内容量:38枚JANコード:4520699672754発売元 ぼくはむくどりのヘンリー お部屋でのそそう ディーコン 4520699672754 Am 旅行 ユニ デニム 本 安心スリム吸収体で 38枚入 ドライブ 文 洋服感覚 広告文責:アットライフ株式会社TEL マナーウェア 2種のかわいいデザイン 青山南 輸入元又は販売元:ユニ 女の子用 ご了承ください ペット用 6時間分のおしっこを吸収※健康なワンちゃんの6時間の平均おしっこ量を参考 チャーム 嫌がらない 1323円 訳 チャームペット原産国:日本商品番号:101-87431お出かけ ぴったりサイドギャザー 吸収ウェア おむつ お肌さらさら シュワルツ 書籍のメール便同梱は2冊まで ※商品パッケージは変更の場合あり アレクシス Henry ワンちゃんのおしっこ量には個体差があります SSベージュチェック お散歩に メーカー欠品または完売の際 キャンセルをお願いすることがあります 絵 やわらかスリムフィット形状 生理に安心 050-3196-1510 すきまモレ安心 Finch 製造元 雑誌

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ファッション かっこいい オシャレ おしゃれ コーチ/COACH ショルダーバッグ バッグ レザー ブルー系 メンズ レディース 6786qbpdu-zz
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. CUSTOM ACCESカスタムアクセス ツーリングネットコードフック エラスティックネット CUSTOM ACCES カスタムアクセス エラスティックネット カラー:グリーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ガス給湯器 [GTH-C1660SAW3H-L-1-BL-13A-15A] [GTH-C1660SAW3H-L-1-BL-13A-15A] PSアルコーブ設置形(超高層対応) ノーリツ ガス給湯器 ガス温水暖房付ふろ給湯器 16号 オート 2温度3P内蔵 リモコン別売 【オート】 【送料無料】【都市ガス】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»