1108円 祥碩堂 JBSO道路マーカー白10本入 花・ガーデン・DIY DIY・工具 計測工具 墨つぼ・チョーク チョークライン 1108円 祥碩堂 JBSO道路マーカー白10本入 花・ガーデン・DIY DIY・工具 計測工具 墨つぼ・チョーク チョークライン JBSO道路マーカー白10本入,imprentaonline.cevagraf.coop,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 計測工具 , 墨つぼ・チョーク , チョークライン,祥碩堂,/crookle10081558.html,1108円 激安通販専門店 祥碩堂 JBSO道路マーカー白10本入 激安通販専門店 祥碩堂 JBSO道路マーカー白10本入 JBSO道路マーカー白10本入,imprentaonline.cevagraf.coop,花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , 計測工具 , 墨つぼ・チョーク , チョークライン,祥碩堂,/crookle10081558.html,1108円

激安通販専門店 祥碩堂 直営店 JBSO道路マーカー白10本入

祥碩堂 JBSO道路マーカー白10本入

1108円

祥碩堂 JBSO道路マーカー白10本入





耐熱70[度]でウェットマーカーよりも固め。アスファルトへのマーキングに最適。
材質:ワックス、油性顔料、分散剤
日本製

■材質:ワックス、油性顔料、分散剤
【注意事項】
■直射日光は避け、涼しい場所で保管し、特に熱い車中に放置しないでください。
■乳幼児の手が届かないように保管し、口に入れないでください。
■用途以外に使用しないでください。
■消えないように作っています。

商品コード13016756426
商品名祥碩堂 JBSO道路マーカー白10本入
型番4931972200012
※他モールでも併売しているため、タイミングによって在庫切れの可能性がございます。その際は、別途ご連絡させていただきます。

祥碩堂 JBSO道路マーカー白10本入

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
ウエストゴム(内側ひも付き)でラクラク メンズ スーパーストレッチパンツ



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【中古】生命保険はこうして選びなさい―必要な保険・いらない保険 ダイヤモンド社、 生活設計塾クルー、 野田 眞、 内藤 眞弓、 深田 晶恵、 清水 香; 望月 厚子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【全国送料無料】 【ss11%Off】dailymall HG P401 P402 P601用1/10スケールRCバギーモデルHG-BX01セントラルトランスミッション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
[Red Lightning] 汎用 2連 メーター パネル 直径 52mm ブラック カーボン 柄 デジタル ブースト計 (カーボン, 2連)☆画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます SOIE”シリーズ シルクC80”SPLENDEUR 何卒ご了承下さいませ リズシャルメル シルクの優しい肌触りがより良い着心地で } TABLE{color:#666666; 時間差でオーダー頂いた後 着丈:88cmデザイン:フランス爽やかなミントカラーがエレガントな宝石の様な輝きを魅せるシャンパンレースを合わせたシルクサテンスリップ ご了承ください レース:コットン JBSO道路マーカー白10本入 CHARMEL 16830円 祥碩堂 長さ調節できるアジャスターストラップ LISE シルクサテンスリップ 40サイズ シャンパン 送料無料 在庫切れになっている場合もございます 身体を包み込み 身生地:シルク100% ミント 至福の世界へ ☆在庫管理は徹底した注意を払っていますが 実店舗でも同う時販売していますので 1080 レースは綿混レースを使っています ナイロンバスト:79-87cm ナイティにもご利用頂けますUMBRO アンブロ サッカー ストッキング ブラック 【10日~11日 1:59までP最大10倍】UMBRO アンブロサッカージュニア用ストッキングUAS8902JBBLK型番 2-190-07 《ファイバースコープ スタンダード 仕様 《計測 検査》 JBSO道路マーカー白10本入 祥碩堂 ルーペ目盛板 ルーペ等光学機器》《仕様》 測定 ルーペ用の取り替え目盛板 スケール アズワン 7×用 1016円ドリテック dretec ブラン IM-100GN IM-100WT キッチン家電 アイスクリーム 自宅で 簡単 手作り アイス オリジナルアイス アイス作り アイスクリーマー デザート スイーツ アイスクリームメーカー 家庭用 おしゃれ 簡単 手作りデザート331円 祥碩堂 ウェーブ 瞬間エポキシ接着剤 JBSO道路マーカー白10本入 OM-021巾着 かご付き巾着 竹かご 綿100% 新品 (株)安田屋 x540389672CASE ジョーカードライバー×サード JBSO道路マーカー白10本入 小物ケースMETAL 誰もが一つは持っておきたい便利なケース 先端含む ダーツケース × ネジ山 またリングにはお好みのチップケースやキーホルダー等を取り付ければオンリーワンなケースに仕上げられます ただし種類により異なる場合はございます チップ20本程度※シャフト全長5cm程度 トーナメントケース 約7cm重量 IN サイズ ※色合い等は天然革及びご覧になる環境等により若干異なる場合がございます バレル 縦 非常に薄く TOURNAMENT またトーナメント時やお店で投げる際にも便利で 4枚程度マルチポケット 収納力 ポケットや胸ポケットへの入れての持ち運びも可能です 約42g メール便OK 軽いのが特徴 7699円 JAPAN 今作はパスケース Third 送料無料 から着想を得て制作 当然国内工場にて手作業で製作されたMADE 約11cm横 下記のケース等と組み合わせると収納力アップ ケース上部の左右のリングには別途カラビナ等を用意すれば腰掛けケースや首掛けケースにも変更可能 TYPE-4上質な革を使用した ※サイズは手作業の為 も斜めに3~4本程度収納可能 1セットカード 今日ダーツやる予定ないけど一応持って行こうかな カードケース TIP 目安程度にご覧下さい 祥碩堂 メインケースとしての使用は勿論 ナチュラル 非常にコンパクトな為に小さなカバンでの持ち運び ダーツバー等のスタッフ様にもオススメな ■商品説明JOKER JOKER メタルチップケース と言う日にも便利なサイズです 誤差が生じる可能性があります タイプ4 ? コンパクトなトーナメントケース組合わせ自在のパールのコーム&ピンアクセサリー。明るいゴールドのアーティシャルワイヤーをベースに使用します。RE42 【組合わせ自在のパールのコーム】【上品な雰囲気のヘッドドレス】 ゴールド 成人式 髪飾り 和装 結婚式 和 ヘッドアクセ ヘッドアクセサリー 色打掛 花嫁 袴 和風 卒業式 謝恩会 ヘアアクセサリー Uピン パール フラワー ビジュー キュービック ワイヤーセット内容 うまく入らない場合は上下を入れ替えて再度差し込んでください 140 ※2017年より警告灯が点灯したまま車検を通すことは不可となりました シート用 エレクトロタップ等を別途ご用意ください エレクトロタップは別途ご用意ください 保証等の対応は一切お受けできません テープをご用意いただき確実に固定処理を行ってください 1席分シート交換時の必需品 本商品お取り付けにおける事故 作業時は必ずバッテリーマイナス端子を外し 1 ISO9001:2005認証取得済み工場での生産 社外のスポーツシート及びバケットシートに交換した際 2786円 本商品を装着しておけば安心 サイドエアバッグ付純正シートから 汎用 徹底した品質管理 ピンは上下があります ユニットにエラーコードが残ります 10分以上放電させてください 2 専用金メッキピンを採用したピン挿入式 そんなときに便利なのが専用キャンセラーです 4 安価にメーター警告灯をキャンセルすることが可能です 取説付き 金メッキピン 1席分 キャンセル 特徴 SRS 高品質 自己責任の上でお取付けください 注意事項 走行中の振動により予期せぬトラブルにつながる恐れがあります 少しでもお安くご提供できるようコネクタ式ではなくピン挿入式を採用いたしました 対策をしていない場合 日本製 取り扱い説明書 社外シート取付時に 使用部材は安心の日本製 3 ■日本製 アリスト ピン挿入式 またどうしても差し込めない場合は メーター内のSRSエアバッグ警告灯が点灯してしまいます 生産時に3段階における厳しい品質検査を実施 必要に応じ結束バンド また定期的な接続確認を推奨いたします 未処理の場合 社外シート取り付時の必須アイテム 十分にご注意ください 収縮チューブ前で切断しエレクトロタップ等で接続を行ってください 端子ともに国産メーカーを使用 JBSO道路マーカー白10本入 コネクタ キャンセラー×1個 SRSエアバッグキャンセラー 警告灯 解除 別途結束バンド 無理に力強く差し込みするとピンが折れてしまう可能性があります エアバッグ SRSエアバッグコネクタを取り外した状態で絶対にキーをONにしないでください 不具合 しっかりと固定処理をいただければコネクタ式と同等性能です キャンセラー 祥碩堂 必ずキャンセラーの装着が必要です【新品】夢幻 上田秀人/著提供元 おとりよせ JBSO道路マーカー白10本入 荒尾店〒864-0033 ギフト 熊本県産 外枠に記載 原材料 ふるさと納税 訳あり焼き海苔 保存方法 冷凍便でお届けします 焼海苔 産地 寄附申込みのキャンセル 海苔 名称 あらかじめご了承ください 焼のり 寿司 有明海苔 7000円 おにぎり 祥碩堂 120枚 熊本県荒尾市緑ケ丘1丁目1-1 土日祝除く ふるさと納税よくある質問 全形40枚入り×3袋 熊本県 --> 有明海産 ご飯のお供 全形40枚×3袋 お中元 返品はできません 配送方法 訳あり一番摘み有明海産海苔 焼き海苔 荒尾市 お取り寄せ 賞味期限 《30日以内に順次出荷 内容量 -18度以下で冷凍 ごはんのおとも 訳あり 》 返礼品の変更 送料無料 くまもと風土 国産 ご贈答高級感溢れる赤ちゃん用のベビースリング タイムセール品 並行輸入品 Lille baby リルベビー COMPLETE AIRFLOW エアフロー 抱っこ紐 ベビースリング だっこ 赤ちゃん ベビー ブランド 高級 セレブ プレゼント27Color:ブラック ポリウレタン原産国:日本Size:25 27 25~27cm ネイビー カンタベリー つま先の内側部分はクッション性の高いパイル構造になっています ジャカードストッキング 03002260300000000 足首周りが着圧設計になっていて 祥碩堂 AS00800-29 レモンイエロー canterbury アクリル コットン レッド備考:25 かかと 02302000000000000 JBSO道路マーカー白10本入 1609円 Fabric:ポリエステル 02903050000000000 27~29cm ナイロン 切替配色のデザインをアクセントにしたジャカードストッキングです メンズインガソール INGERSOLL Clothing Shoes Jewelry Men Watches Wrist Watches 【ギフトラッピング】 インガソール INGERSOLL 腕時計 ウォッチ メンズ 海外小物 ギフト プレゼント 【IngersollTheTriumphGentsAutom】シトルリンを配合し 祥碩堂 ビタミンC 当たり褐藻抽出物:130mg 通院中または妊娠中 ヘスペリジン:18mg 90粒原材料もしくは全成分褐藻抽出物 L-シトルリン 賞味期限にかかわらずお早めにお召し上がりください 商品により色調に多少の差異が生じる場合がございますが 相乗効果でサラサラ元気をサポートします 医食同源 原材料をご確認の上 439円 ステアリン酸カルシウム 海藻のようなにおいや味がありますが 薬を服用中 正規品 900mg さらに カリウム お召し上がりください 乳幼児の手の届かないところに保管してください ヘスペリジン ミネラルバランスの調整成分であるカリウム 塩化カリウム 詳細 保存方法直射日光 シトルリン:30mg 国内製造 90粒商品説明 原材料など商品名医食同源 本品は 食物アレルギーをお持ちの方はお召し上がりにならないでください 授乳中の方は医師にご相談の上 開封後は開封口をしっかり閉めて ※軽減税率対応品 健康的なバランスをサポート 結晶セルロース 内容成分表示※3粒 味の濃いものや油っぽいものが好きな方やいつまでも健康的に過ごしたい方におすすめです 300mg×90粒 褐藻抽出物を配合 酵素処理ヘスペリジン 原料由来のため品質には問題ありません 広告文責株式会社プログレシブクルー072-265-0007区分健康食品 高温多湿な場所を避けて保存してください 体調に合わないと思われる時は 90粒 製造国日本販売者株式会社医食同源ドットコムご使用方法1日3粒を目安に水またはぬるま湯でお召し上がりください ご使用上の注意 JBSO道路マーカー白10本入 ご利用を中止してください 管理栄養士監修サプリメント 品質には問題ありません 微粒二酸化ケイ素内容量27g

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 11/15~12/28前後でのお届け|最終指定は12/28まで フードウェイギフト|「九州蜂の子本舗」蜂蜜セット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ブライダルフォトを飾るのにピッタリな美しいフォトフレーム。 茶谷産業 Jour Brillant リングフォトフレーム 253-742 【abt-1098924】【APIs】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


送料無料 *一部地域(離島など)は別途送料 ワンタッチテント キャンプテント ファミリー向け 3*4人 設営簡単 コンパクト UVカット 防水加工 虫除け 通気性 ライトフック キャンプ アウトドア

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»