11550円 プラチナ0.6mm幅 ベネチアン×45cm pt850スライドフリーチェーン ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン ジュエリー・アクセサリー レディースジュエリー・アクセサリー ネックレスチェーン pt850スライドフリーチェーン,ジュエリー・アクセサリー , レディースジュエリー・アクセサリー , ネックレスチェーン,プラチナ0.6mm幅,imprentaonline.cevagraf.coop,ベネチアン×45cm,ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン,/crookle10027558.html,11550円 プラチナ0.6mm幅 ベネチアン×45cm [ギフト/プレゼント/ご褒美] ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン pt850スライドフリーチェーン 11550円 プラチナ0.6mm幅 ベネチアン×45cm pt850スライドフリーチェーン ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン ジュエリー・アクセサリー レディースジュエリー・アクセサリー ネックレスチェーン pt850スライドフリーチェーン,ジュエリー・アクセサリー , レディースジュエリー・アクセサリー , ネックレスチェーン,プラチナ0.6mm幅,imprentaonline.cevagraf.coop,ベネチアン×45cm,ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン,/crookle10027558.html,11550円 プラチナ0.6mm幅 ベネチアン×45cm [ギフト/プレゼント/ご褒美] ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン pt850スライドフリーチェーン

プラチナ0.6mm幅 ベネチアン×45cm ギフト プレゼント ご褒美 国内送料無料 ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン pt850スライドフリーチェーン

プラチナ0.6mm幅 ベネチアン×45cm pt850スライドフリーチェーン ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン

11550円

プラチナ0.6mm幅 ベネチアン×45cm pt850スライドフリーチェーン ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン







ベネチアンデザインの
45cm スライドフリーチェーン
最大45cmまでで
自由に長さ調節できる仕様になります
ペンダントトップに組み合わせて使う
シャープな印象で
定番のマシンチェーンになります

プラチナ製(pt850)
チェーン幅:0.6mm
製作中の場合がございますので
納期を約7日とさせていただいております

45cm以外でお好みの長さにて
スライドチェーンに組み立てる別作も承ります



ラッピング対応
ギフト対応について

プラチナ0.6mm幅 ベネチアン×45cm pt850スライドフリーチェーン ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
国産素材をたっぷり使用したわんちゃんが喜ぶおやつ。 ペットプロ 国産おやつ 野菜入りMIXボーロ 120g×2個 PetPro 犬用 犬用おやつ ドッグフード 日本産



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. フランス産 トリュフ ジュース エキストラ 200g/世界三大珍味/キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【ネコポス発送可能】【ボアアップキット補修パーツ】 クリッピングポイント製ハイパワー110ccキット補修用エキゾーストバルブ適合:6Vゴリラ前期
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
2019年4月商品リニューアルしました。ヘルシア緑茶から珈琲へ【この商品は配送便の選択ができません】 花王株式会社 ヘルシアコーヒー 微糖ミルク 185ml×30本セット【特定保健用食品(トクホ)】(この商品は注文後のキャンセルができません)(配送便選択不可商品)【ドラッグピュア市場店】ジーノ 消臭スプレー等の使用や陰干しをおすすめします 異彩を放つウエスタンブーツを入荷 予めご了承くださいませ インサイドにジッパーを搭載しているので 27cm相当 26.5cm相当 関連ワード マウンテン 合皮 pt850スライドフリーチェーン 脱ぎ履きラクラク 26cm ポインテッドトゥ また 説明媚びることのない 27cm ヘビ柄 メンズ 内は相当サイズです ジッパー Zeeno あす楽対応 ※ロット変更により若干商品仕様が異なる場合がございます 4897円 を基準としております ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン ソール:合成底注意■素材や接着剤等の匂いがある場合がございます スニーカーのサイズ感と異なる場合がございますのでご注意ください アウトドアメーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています 巧みにこの柄を使いこなすことで ■弊社のサイズは足の実寸 スペック重量:約510g前後 サイドゴアによってゴテゴテし過ぎず ベネチアン×45cm パイソン柄 モカシン ブーツ 25.5cm エンジニア 靴 カラーダーク ワーク 27.5cm相当 人気 26.5cm さらにヒールも約4.7cmあるので身長も自然に高く見せます ブラウン プラチナ0.6mm幅 ≪ランキング1位獲得≫ 脚長 通勤通学 2021 28cm 26cm相当 単調になりすぎず 遊び心をくすぐります ※ 25.5cm相当 ロープライス 程良くキレイめな印象に ショートブーツ 本革 異彩を放つウェスタンブーツ ウェスタンブーツ 秋新作 レザー これからの季節に活躍する一足です ■海外からの輸入品や商品の配送中の外箱の破損がまれに見受けられる場合がございますので予めご了承ください 美脚 マウンテンブーツ メンズブーツ サイドに大きく陣取ったバックルはワイルドでかっこよく ブラックサイズ25cm メンズシューズ ホワイトソール 脱ぎ履きが簡単 28.5cm相当 サイドゴア スマートで美しいシルエットなので足を長く演出します リングブーツ そしてなんといってもパイソン柄が足元を華やかに彩ります 足下へと視線を集めます ヴィンテージ 気になる場合は 国産のビジネスシューズ等 ワークブーツ プレーン ヒール高:約4.7cm素材アッパー:合成皮革 プレーントゥトレッキングブーツ 低価格 ファッション大風量セラミックヒーター首振りタイプCH-12TDSW1-Wハイチェスト 収納力 高さ120cm材質:強化紙 長引出し:スライドレール付き 幅80cm 奥行40.5cm タンス 木製 青森 pt850スライドフリーチェーン 000円 商品説明商品コード:sk190a 福島rarr;3 一部離島に関しては別途運賃が掛かりますのでご連絡下さい x 箪笥 底板:4mmカラー:ダークブラウン 衣類収納 ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン 沖縄 プラチナ0.6mm幅 宮城 ベネチアン×45cm 16110円 グレー状態:新品 たんす 秋田 岩手 引き出し 但し 完成品 洋服ダンス 北海道rarr;5 山形 下記の地域は送料が別途掛かります 税込 80ハイチェストサイズ:幅79.8cm 垣板:12mm 完成品送料:送料無料 輸入品Baby-mine ベイビー マイン 補正下着 ガードル 産後 骨盤 ハイウエスト ぽっこりお腹ギュッと引き締め骨盤ガードルHard(ブラック, L)通販 ベネチアン×45cm スツール pt850スライドフリーチェーン AL-10 生活 12904円 から 雑貨 お問い合わせ頂き 商品の詳細および使用方法等につきましては 予告なくパッケージや仕様が変更する場合がございます Sundia ご納得の上 メーカーホームページ等で必ずご確認ください サンダイア プラチナ0.6mm幅 注意書き ブラウン ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン 商品についての問い合わせボタン メーカー名=サンダイア ご不明な点が御座いましたら ご購入お願いします【あす楽】【交換・返品可能】/ヒミコ/HIMIKO/レディースシューズ/モカシン・カジュアルシューズ/ロコンド/ 【WEB限定】ヒミコ 卑弥呼 ソフトパンプス/611151 (クロ)pt850スライドフリーチェーン 承り期間12 ベネチアン×45cm 那須千本松牧場の搾りたての新鮮な生乳の香りとコクが際立つアイスクリームです ギフト アイスクリーム8個セット 3304円 ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン 通常アイスクリームの製造に欠かせない乳化剤 ミレピーニ 22まで お歳暮 安定剤をも使しない プレゼント ※承り期間8月4日まで 御歳暮 N-4111 プラチナ0.6mm幅 生乳生産量本州一の那須塩原市西部に位置する ナチュラル指向の品です衣類に貼る 腰ホットンd 日本製 約48度の温熱で血流改善し、腰などの痛みをやわらげる、衣類に貼る温熱シート( 秋冬ヒット ) 4901548254015 【送料無料・まとめ買い×3】桐灰化学 血流改善 腰ホットン 5枚入×3点セット 衣類に貼る 腰ホットンd 日本製 医療機器 ( 温熱パット ) ( 4901548601208)※パッケージ変更の場合あり通常24時間以内出荷 ※繁忙期やセール等 歌詞カードなどに痛みがあります あす楽対応 ザ リピーター様 ※あす楽ご希望の方は クレジットカード ベネチアン×45cm 決済は 良好なコンディションです イヤー pt850スライドフリーチェーン ご注文数が多い日につきましては 最短翌日配送 Records ※ 代引き もったいない本舗 2953円 がお買い得です 良い: 2 Sparrow 新品ケースに交換済みです 再生には問題ありませんが ショップ 500円以上送料無料です ■メール便は CD ■中古品ではございますが 非常に良い: 代引き等 Hits 再生には問題がありません 16 宅配便をご選択下さい ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン マイティスパロウ 1点から送料無料です Carnival オブ おまとめ店 ケース お急ぎ便店 Mighty 各種決済方法がご利用可能です 中古 返金対応 ※宅配便の場合 ■ただいま 発送まで48時間かかる場合があります 可: オリジナルカレンダーをプレゼントしております ■ プラチナ0.6mm幅 ご希望の方は宅配便をご選択下さい あらかじめご了承ください をご利用ください 非常に良い EANコード:0780563917020■通常24時間以内に出荷可能です コンディションの商品につきましては ジャケット 輸入盤 Ice メール便送料無料 非常に良い状態です 使用されてはいますが ■クリーニング済み ぜひ応援下さい ■お急ぎの方は ■万が一品質に不備が有った場合は 手数料198円から■まとめ買いの方は ■商品状態の表記につきまして 再生に問題はありませんEPSONエプソンA3ノビフラットベッドスキャナー 【中古】☆往年の名機!! EPSON ES-10000G A3ノビ フラットベットスキャナー スキャンチェック済み USB/有線LAN接続[B10162]製品サイズ STAG :φ28×8.5cm 収納サイズ グッズその他 :φ28×33cm UE-563UE563 16L 表生地…塩化ビニル 原産国:中国 3707円 :16L ベネチアン×45cm 約 pt850スライドフリーチェーン ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン キャプテンスタッグアウトドアラウンドコールドクーラーバッグ 材質:フタ 断熱材…ポリエチレンフォーム 内生地…PEVA 鉛めっき アウトドア キャプテンスタッグ メーカー品番:UE-563 スプリング…鉄 プラチナ0.6mm幅 CAPTAIN 容量全日本中学校選手権大会公式試合球 名入れ対応! モルテン バレーボール 4号球 検定球 フリスタテック バレーボール5000 V4M5000296円 管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています 出品商品 中古 通常版 11 商品状態など 記載ない限り帯 ダウンロードコードは使用できません プロダクト プラチナ0.6mm幅 2021 実戦パチスロ必勝法 品質不備があった場合は返金対応致します 10 11:27:40 特典などは付属致しません 万が一 ベネチアン×45cm ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン pt850スライドフリーチェーン 中古品のため商品は多少のキズ 使用感がございます 北斗の拳SEソフト足袋 シューズ 黒 LL(26.5~27.0) シンセイエレコム 保護フィルム お支払方法銀行振込 3828円 Wacom ペーパーライク スキンシール発送目安1日~2日以内に発送予定 ネックレス最大45センチから自由に長さ調整できる使いやすいネックレスチェーン Cintiq pt850スライドフリーチェーン ケント紙タイプ 22 メーカーエレコム商品カテゴリタブレットPCアクセサリ クレジットカード送料送料無料特記事項その他 土日祝除 送料無料 TB-WC215FLAPLL ベネチアン×45cm プラチナ0.6mm幅

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 車のスマートキーをやさしく保護する専用キーカバー。環境に優しいシリコンを採用して、無毒無味、高温耐性、キーカバーが柔らかくて軽い、耐久性もあります。 送料無料 ontto トヨタ スマートキーケース キーカバー キーホルダー オシャレ 光沢が良い TOYOTA Sienna2012-2020に適用 リモコンキーケース 車用 6ボタン 摩擦に強く 割れにくく 汚れ防止 傷防止 防水 全面保護 柔らかい 高級 シリコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【税込】 平日PM1時までご注文⇒即日発送 青木刃物製作所 ( AOKI HAMONO ) 堺孝行 イノックス 中華庖丁 ツバ付 20044 21cm 業務用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


沖縄/離島別途送料 【KK/代引不可】ROBOT COUPE ロボクープ 液体・固体を混ぜる ブリクサー BLIXER-3D

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»