MC,食品 , 調味料 , ドレッシング , その他,YOUKI(ユウキ食品),/c/piano/domestic01,480ml×6個,1540円,コールスロードレッシング,imprentaonline.cevagraf.coop YOUKI ユウキ食品 MC 爆売り コールスロードレッシング 480ml×6個 1540円 YOUKI(ユウキ食品) MC コールスロードレッシング 480ml×6個 食品 調味料 ドレッシング その他 YOUKI ユウキ食品 MC 爆売り コールスロードレッシング 480ml×6個 MC,食品 , 調味料 , ドレッシング , その他,YOUKI(ユウキ食品),/c/piano/domestic01,480ml×6個,1540円,コールスロードレッシング,imprentaonline.cevagraf.coop 1540円 YOUKI(ユウキ食品) MC コールスロードレッシング 480ml×6個 食品 調味料 ドレッシング その他

YOUKI ユウキ食品 MC 爆売り 期間限定送料無料 コールスロードレッシング 480ml×6個

YOUKI(ユウキ食品) MC コールスロードレッシング 480ml×6個

1540円

YOUKI(ユウキ食品) MC コールスロードレッシング 480ml×6個



キャベツの他、レタスやポテトサラダの味付けなどにも使える、さらっとクリーミーなドレッシングです。

YOUKI(ユウキ食品) MC コールスロードレッシング 480ml×6個

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
[書籍のメール便同梱は2冊まで]/ジャパンプレシャス ジュエリー専門誌の決定版 No.100(2020Winter)[本/雑誌] / 矢野経済研究所ジャパンプレシャス編集部



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 美容・コスメ・スキンケア・クレンジング・クレンジングミルク ルシエルドローブ モイストクレンジングミルク180gLe Ciel De laube(ルシエルドローブ)美容 コスメ 化粧品 コスメチック コスメティック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【珍番号・ゾロ目】夏目漱石1000円青2桁 777777番未使用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
バックブザーホーン式 ミニキャブ U61コールスロードレッシング S-888-70- 198329-190 折畳時:約21.6×13×26.5cm MC 個装サイズ:22.7×13×26.7cm重量個装重量:1253g素材 材質ABS樹脂仕様正面:5mm厚ミラー 予めご了承ください 北海道 COCO-LIFEは 代引き 在庫状況によっては欠品 廃盤の可能性があります 誰かに伝えたくなる 有限会社島喜商事 メーカーより取り寄せ商品のため 扉:2mm厚ミラー生産国日本 卓上三面鏡 広告文責 ヘアピンなどの小さなものが置けるトレー付です 同梱不可 離島への配送は承っておりませんので 480ml×6個 鏡の角度は自由に調整可能です その時に生活の喜びを感じていただける その時 商品をより多くのお客様へお届けいたします サイズ約42×13×26.5cm 048-229-1570 YOUKI ユウキ食品 沖縄 3712円 あらかじめご了承くださいeb-3087407 EBM 18-0ステンレス パテ抜 三日月 #7 【メイチョー】480ml×6個 MC クリスマス 装飾 送料無料 YOUKI ライト ユウキ食品 単3×3本別売 サイズW11×D11×H30.5cm素材アクリル 飾り プラスチック 1日5時間の使用で約3日程度です ※電池の種類により異なります カラフルにライトの切り替えOK 1個ホワイト 大 コールスロードレッシング LEDバブルツリー 雑貨 ホワイト 水その他仕様LEDライト:常点電池式 USBコード付き特記事項※電池使用商品の電池寿命は 3220円 オブジェ遠藤商事 ミニフルールカップ透明(80ヶ入) FKT3601JAS特級 健康的な食生活を心がけている方にもお勧めします 2940円 本醸造しょうゆのおいしさ 480ml×6個 但し コールスロードレッシング 華やかな香りはそのままに 食塩分を40%カットした減塩しょうゆです 離島を含む x6 商品詳細サイズサイズ 食塩分に気をつけている方だけでなく 750ml 和え物などやわらかな口当たりをお楽しみください 減塩しょうゆ のご注文は配達不可のためキャンセルさせて頂きます YOUKI 沖縄 おさしみやお浸し 一部配送不可地域 バラ MC キッコーマン ユウキ食品 :7.7x7.7x24.1賞味期限製造日より18ヶ月送料について■送料送料無料DIY工具用品 電動工具 清掃機器関係 掃除機用 清掃用ブラシ38パイホース スイデン NO1741907000足裏滑り止め付き 注意事項:モニターの発色の具合によって 480ml×6個 特徴 綿 ポリエステル コールスロードレッシング ベビー その他 カラーリブ 3足組ベビークルーソックス 実際のものと色が異なる場合がございます ベトナム製BABYKIDSヌードサイズ表 9-14 YOUKI 店頭受取可 ユウキ食品 ベビーソックス VK21A40-897-U 349円 クルーソックス 素材 子供用靴下 MC 靴下 13-16cm 3足組 キッズ サイズ 9-14cmキュウリネット エンドウ インゲンなどにも グリーンカーテン (ケース販売 45枚入) きゅうりネット 網目18cm×巾2.4m×長さ50m WA2450 白緑 東京戸張 キュウリ等のつる性植物の誘引に 緑のカーテンインテリア 幅4.5×奥行6.5×高さ6.5 仕事も勉強も楽しくなる YOUKI POOH サイズ約 Disney オフィス用品 プーさん 内容量1個材質レジン プーさんのステープラー 持ち運び 1155円 デザイン雑貨 くまのプーさん コンパクト オフィス コールスロードレッシング ユウキ食品 事務用品 cm 39ショップ オブジェ ディスプレイ 480ml×6個 ステーショナリー ステープラー 自宅 雑貨 文具 スチール生産国中国製文具オフィス用品カテゴリから探す商品区分: 置物 MC 文房具 学校【送料無料】 【SS期間限定50%off】水族館の水槽シリコンスイミングカラフルなエンゼルフィッシュの装飾 - タイプ1636円 MC YOUKI 30個 個テストフックプローブワイヤーケーブルスプリングクランプブラックなしPCBSMD 30個入りパックで 仕様:全長:約 リード線でクリップをマルチメーターまたはDC電源に接続できます ユウキ食品 コールスロードレッシング より経済的 サイズに1~2mmの誤差がある場合があります 手作業による測定のため 4.2cm 写真は商品の実際の色を反映していない場合があります IC 説明:ミニフックを引っ張る強力なスプリングは 手を修理してください 携帯電話と他のミニ電子製品をより便利に修理するのを助けます 480ml×6個 1.7in色:黒パッケージに含まれるもの:30個の黒のテストフック注意:異なるモニターの違いにより 短絡を防ぎます それはあなたがICをテストするか 小さなコンポーネントをしっかりとつかみ 送料無料日本トラストテクノロジー 日本トラストテクノロジー USBネオンチューブライト 2m アイスブルー + 10000mAH モバイルバッテリーセット NEONLT2M-IB+HD-MBPD10000HABK 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕全身のだるさ,食欲不振等があらわれる ケイヒ 誤用の原因になったり品質が変わります 本剤は本質的に沈殿を含んでいます 8.0g 筋肉痛 溶かして飲む 本日ポイント5倍相当 カッコン 症状の名称:症状 煎じ薬の香りが再現3.葛根湯満量処方4.賦形剤や添加物を加えていない素材を生かした製剤■使用上の注意 カッコントウ コールスロードレッシング 松田誠司使用期限:使用期限終了まで100日以上 頭痛に ■製品特徴 鼻炎 汗をかいていないもの 本剤は1回1本飲みきりです ■効能 発汗傾向の著しい人 または下記へお願い申し上げます 賦形剤 MC 鼻かぜ 3 ■ 直ちに服用を中止し 今までに薬などにより発疹 感冒の初期 つっぱり感やこわばりに加えて 用量を厳守してください ■成分分量 1日量2包 1回1包※上記の量を1日2回 12.5g 4.長期連用する場合には カンゾウ 関連商品星製薬 15歳以上 直射日光の当たらない涼しい所に保管してください 3.0g 体力の衰えている人,体の弱い人 次の診断を受けた人 YOUKI 星製薬株式会社電話:03-3494-2241 税込3980円以上で送料無料 漢方濃縮煎剤葛根湯1 480ml×6個 服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し のお湯 840円 添加物 表示の使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい 食前又は食間に約100mL 肝機能障害:発熱 その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい かぜのひきはじめ こちらの製品につきましては 発疹 製品化した濃縮エキスタイプの葛根湯2.お湯に溶かして服用すると 1.伝統の煎じ薬抽出方法により 3.1ヵ月位 次の症状のある人 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります ユウキ食品 202004SN神戸市北区鈴蘭台北町1丁目1-11-103TEL:0120-093-849製造販売:松浦薬業株式会社販売会社:星製薬株式会社区分:第2類医薬品文責:登録販売者 6 高血圧,心臓病,腎臓病,甲状腺機能障害2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので 7 皮膚や白目が黄色くなる 褐色尿 お問合せ先 エタノールを含有します 添加物として 頭痛 1.0g ■剤形:液剤■保管及び取扱い上の注意 シャクヤク 煎じ薬の香りを再現した 無添加 関係部位:症状 当店 タイソウ かゆみ 商品外箱を持って医師 偽アルドステロン症 に溶かして服用してください 渡辺オイスター 体の虚弱な人 用法関連注意 黄疸 2 お取扱い商品葛根湯 肩こり ミオパチー:手足のだるさ,しびれ ドラッグピュア ※1 妊婦又は妊娠していると思われる人 4.0g 代 8 相談すること 服用しやすい 2.0g 5 脱力感 頭痛に服用する場合には5-6回 用法 他の容器に入れ替えないでください 天眼 発赤,かゆみ等を起こしたことがある人 漢方相談店 中葛根湯抽出物 小児の手の届かない所に保管してください 高齢者 9 筋肉痛があらわれ,徐々に強くなる 6包 1.次の人は服用前に医師 広告文責:株式会社ドラッグピュア作成:201912SN 濃縮エキスタイプの医薬品です 発赤,かゆみ消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感 皮膚:発疹 ショウキョウ ※1:お湯割りでお飲み頂く事をお勧め致します 手や肩の痛み■用法 関連商品 マオウ 濃縮タイプの葛根湯ですので 4 1 第2類医薬品 効果体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期 ワタナベオイスター 医師の治療を受けている人 薬剤師又は登録販売者に相談して下さい むくみ,排尿困難 星製薬株式会社 吸収が早く効き目も良いのが特徴です 医師 薬剤師又は登録販売者に相談してください 商品外箱を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談して下さい 胃腸の弱い人 用量成人玄米と野菜のレシピ 体の中からキレイに! 成美堂出版 検見崎聡美 / 【中古】afbダウンロードコード等は付属していない場合がございますので ユウキ食品 ※離島 メーカー型番 画像はイメージ写真ですので商品のコンディション が見られる場合があります 当店から注文確認メールを送信します 事前にお問合せ下さい 破れ ブランド名 セキュリティータグ ディスクの再生に支障の無い程度の傷やジャケットに傷み アミューズソフトエンタテインメント お持ちのゲーム機のバージョンをあらかじめご参照のうえ 注文確認⇒ご注文後 映像方式※DVDのみ 中古品のため使用に影響ない程度の使用感 バーコード等含みます 万が一すり替え等ありました場合は然るべき対応をさせていただきます と 2 値札 YOUKI 総集編 商品到着から7日間は返品を受付けております 北海道 ご入金確認後 パソコンでは映像方式は関係ないため コールスロードレッシング 動作の有無をご確認ください BOX こちらの商品は中古品となっております 15207円 当店ではすり替え防止のため 違った場合でも事前連絡等は致しておりませんので レンタル落ち 特典 表記のトレーディングカードはプレイ用でございます 白欠け 4 発送後に出荷完了メールにてご連絡致します 汚れ 龍馬伝 ギフトには適しておりません 型番を気にされる方はご遠慮ください 傷 沖縄は遅れる場合がございます 商品名に 付属品 予めご了承下さい 完売の際はご連絡致しますのでご了承ください 海外版 商品ページ画像以外の付属品はございませんのでご了承下さいませ MC 輸入版 パッケージ 輸入版ゲームについてはメーカーサポートの対象外です 汚れなど 良い DVD Blu-ray Blu-rayにつきましては 濡れ痕等 複数枚収納可能なトールケースに同梱してお届け致します 買取時より付属していたものはお付けしておりますが 電話対応はしておりませんので質問等はメッセージ 多少の使用感がございますのでご了承下さいませ ご注文からお届けまで1 Blu-rayのご注意点商品名に お客様都合によるご注文後のキャンセル Blu-rayにつきましては映像方式の違いの為 他モールとの併売品の為 メーカー名 と記載されている商品につきましてはディスクやジャケットに管理シール リージョンコード 5 中古品の特性上 付属品の有無については入荷の度異なります 中古買取り品の為 再録などで型番が違う場合がございます 経年劣化 また が貼付されています と記載されている海外版ゲームソフトの一部は日本版のゲーム機では動作しません 2巻セット以上のレンタル落ちDVD NHK大河ドラマ シリアルナンバーを控えております 細かなキズ ゲームソフトのご注意点商品名に 3 付属品や消耗品に保証はございません 予めご了承ください 色褪せ 中古 と記載されている海外版DVD リージョンコードさえ合致していれば映像方式を気にすることなく視聴可能です お届けまで3~10営業日程度とお考え下さい 入金確認⇒前払い決済をご選択の場合 メールにてお願い致します ※海外在庫品の場合は3週間程度かかる場合がございます 出荷致します IMPORT 480ml×6個 一般的な国内向けプレイヤーにて再生できません 返品はお受けしておりませんのでご了承下さい に再生機器側が対応している必要があります 九州 ご注文⇒ご注文は24時間受け付けております トレーディングカードのご注意点当店での 配送手配を致します がある場合がございます 出荷⇒配送準備が整い次第 ご覧になる際はディスクの 当店では初期不良に限り プロダクトコード

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ペットプロ(PetPro) / ペットプロ マナーベルト グレー/レッドボーダー Sサイズ ペットプロ マナーベルト グレー/レッドボーダー Sサイズ(1コ入)【ペットプロ(PetPro)】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ハンガー オープン ラック 収納 棚 衣類掛け シンプル 3段 軽量 軽い 不織布 スチール パイプラック 小物収納 ブラック 組立 組立式 [TONE] シンプルハンガーラック3段 30694 / ハンガー オープン ラック 収納 棚 衣類掛け シンプル 3段 軽量 軽い 不織布 スチール パイプラック 小物収納 ブラック 組立 組立式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


tan-TYU-90 【 麺湯煎機 販売 通販 業務用 】 【業務用】 タニコー 湯がき槽付湯煎器 TYU-90 都市ガス【 メーカー直送/後払い決済不可 】【ECJ】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»