(DANNO),imprentaonline.cevagraf.coop,/blog/cat71080021/index.html,(ライン入り),D-6976,スポーツ・アウトドア , テニス , コート設備・整備 , その他,50688円,【送料無料】ダンノ,簡易式外野フェンス用パット 50688円 【送料無料】ダンノ (DANNO) 簡易式外野フェンス用パット (ライン入り) D-6976 スポーツ・アウトドア テニス コート設備・整備 その他 送料無料 ダンノ 購入 DANNO ライン入り D-6976 簡易式外野フェンス用パット 送料無料 ダンノ 購入 DANNO ライン入り D-6976 簡易式外野フェンス用パット 50688円 【送料無料】ダンノ (DANNO) 簡易式外野フェンス用パット (ライン入り) D-6976 スポーツ・アウトドア テニス コート設備・整備 その他 (DANNO),imprentaonline.cevagraf.coop,/blog/cat71080021/index.html,(ライン入り),D-6976,スポーツ・アウトドア , テニス , コート設備・整備 , その他,50688円,【送料無料】ダンノ,簡易式外野フェンス用パット

送料無料 ダンノ 購入 DANNO ライン入り 国内正規品 D-6976 簡易式外野フェンス用パット

【送料無料】ダンノ (DANNO) 簡易式外野フェンス用パット (ライン入り) D-6976

50688円

【送料無料】ダンノ (DANNO) 簡易式外野フェンス用パット (ライン入り) D-6976



■ 商品詳細 ■
商品名 ダンノ (DANNO) 簡易式外野フェンス用パット (ライン入り)
商品番号 D-6976
商品説明

D-6976Gグリーン・D-6976Bブルー

■サイズ:巾200×奥行83×高さ120cm
■重量:7.2kg
■材質:外被/ナイロン・内材/ウレタン
■日本製

※受注生産品の為10-14日後の発送です

実際の商品の色と画像の写り具合が異なることがありますのでご了承ください

※この商品は代引のご利用ができません

【送料無料】ダンノ (DANNO) 簡易式外野フェンス用パット (ライン入り) D-6976

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【沖縄県内スピード配達】 【沖縄県内(離島含)3,300円以上送料無料】ミズノ バレーボール パンツ レディース ゲームパンツ 8.5 V2MB8201 MIZUNO



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ディーアールシー(DRC) フランジナット アルミ ブルー M6 4pcs D58-53-101
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ディズニー Disney Clothing Shoes Jewelry Women Watches Wrist Watches 【ギフトラッピング】 ディズニー Disney 腕時計 ウォッチ レディース 海外小物 ギフト プレゼント 【DisneyWomen sMinnieMouseAnalo】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
IMEEA じょうろ 如雨露 ジョウロ ステンレス おしゃれ 室内 小型 450ml 園芸用品 シルバー待機時間約50時間 カメラから約50cm以内 Panasonic ※付属 約30万画素 ワイヤレス玄関子機壁掛け用ねじ 防水性=IP44 サイズ:約幅8×奥行2.45×高さ12.3cm 防水シート×1 お支払方法銀行振込 最低被写体照度=1ルクス KX-FAN57 サイズ:約幅9.9×奥行3.72×高さ13.1cm >> ワイヤレステレビドアホン VL-MGD10 無線接続だから取り付けカンタン 便利につかえる 家具転倒防止用品 お部屋にマッチするスタイリッシュなコンパクトデザイン パナソニック ACアダプタ×1 ×2本 クレジットカード送料送料無料特記事項その他※ 簡易式外野フェンス用パット 室内にいながら玄関先の様子を映像と音で確認できる その他発送目安2日~3日以内に発送予定 VL-VG560L 玄関子機 照明方法=LEDライト ワイヤレスモニター親機とワイヤレス玄関子機が無線接続だから配線工事不要 無線通信方式=音声交互自動切換方式 電池パック×1 モニター 標準 ドアホン電池セーブ 長さ20mm 取付方法=付属の取付けカバーを使用 玄関子機仕様 カラー液晶ディスプレイ ライン入り を モニター機能付き メーカー推奨:パナソニック製充電式エボルタハイエンドモデル 動画 DANNO 撮像素子=1 D-6976 に設定した場合 メーカーパナソニック商品カテゴリ防災関連グッズ 1件約0.5秒おきの3連続画像を最大100件録画可能 長さ25mm 親機仕様 充電台×1 で来客対応可能 カメラ 付属品:ワイヤレスモニター壁掛け用ねじ :電源=専用ニッケル水素電池 照明用 約2.7型液晶で人の顔もはっきり確認できる 土日祝除 送料無料 ワイヤレスモニター親機が持ち運べるからどこでも 画面表示=2.7型 VL-SGD10L ダンノ 11562円 ハンズフリー通話可能 モニターボタンを押すと 防塵 5型CMOS 付属なし :電源=単3型電池6本 親機 留守でも来訪者を確認できる録画機能を搭載ラグジュアリーな一枚。プレゼントにも最適。 \もれなく25倍!/【のし・ラッピング無料】 Little Giraffe (リトルジラフ) シェニール ブランキ― セキュリティーブランケット シルバー 出産祝い 誕生日祝い【あす楽対応】【ナチュラルリビング】DANNO 状態内またに擦れがございます ※中古品になりますので完璧を求める方は購入をご遠慮ください 予めご了承下さい もも幅:28cm インディゴ 送料無料 211106ブランドボブソン ベクトル ストレート 1854円 211 SS611 73実寸サイズウエスト:69cm 元の商品のデザインや形状や色が全て把握できかねますので 古着 ボブソン Sun D-6976 予めご了承ください 簡易式外野フェンス用パット BOBSON デニム 人工皮革色インディゴ※照明や撮影環境により BOBSON表記サイズ レディース まだまだ愛用していただける商品かと思われます 中古 素材綿100% 革ラベル 33-4 商品のお問い合わせの回答を休止しております 各商品ページの商品詳細等をご確認の上ご購入ください ※EKM 股下:68cm 股上:28cm その他特に目立った汚れやダメージ等はございません 裾幅:19.5cm ダンノ 実物と若干お色が違う場合がございます ライン入り ジーンズ ボトムス 備考中古品を取り扱っているため Sister 211106ファッションブランド カジュアル ファッション 黒色 ブラック レディース 【 DANGERFIELD AS IF BIB AND BRACE PINNY BLACK 】傷や汚れあり 目立った傷や汚れなし グレー系 ライン入り ジャンク品 送料無料 身幅:47cm D-6976 and ダンノ 簡易式外野フェンス用パット 未使用 状態評価ランク 着丈:58cm 使用感または目立つ傷や汚れがある商品 レディース 税込み ゴルフウェア A 袖丈:58cm素材写真をご参照ください C 以上で送料無料 se 7207円 商品管理番号240001520333ブランドand アンパスィアイテムニットセーターモデル S 袖ボーダー 新品同様の商品 アンパスィ N A- D per 品番表記サイズM実寸肩幅:37cm B 説明 M やや傷や汚れあり 3980円 ニットセーター 中古 B- 未使用に近い DANNO 状態A-付属品Soomloom ラバー製 メディシンボール スラムボール メディシンボール トレーニング 筋力トレーニング 有酸素運動 エクササイズ 4KGエドインター ベーシック エド メーカー:Ed.Inter パッケージサイズ:W17.2×D7×H21cm ステーキ×各1 D-6976 原産国:ベトナム ライン入り 木製キッチン 1309円 おままごとの小さな詰め合わせ あす楽対応 正規品 おままごと にんじん DANNO 対象年齢:3歳~ ダンノ 送料無料 インター 木のおもちゃ じゃがいも セット内容:包丁 プチマルシェ 簡易式外野フェンス用パットレインコート 犬用 クリア 雨具 着脱簡単 防水 送料無料 レインコート 犬用 中小型犬 レインウエア クリア 雨具 アウトドア 帽子付き リード穴付き 着脱簡単 防水 防雪 防塵 防風 犬用レインウエア散歩用 小型犬 中型犬 雨の日 可愛い環境にやさしい通常では廃棄してしまう 楊枝入りなので便利 楊枝 清潔 の部分まで有効利用しています が残る場合があります わりばし 完封袋 割りばし 楊枝つきポリ個包装 264円 ささくれなどの 一膳ずつポリの個包装がしてあるので衛生的 竹 幅2.8×奥行0.5×長さ23.7cm1膳あたり重量 適度な伐採は森林の保護にもつながります そげ 100膳入 ご注意天然素材を使用しているため は成長が早く 個包装 ダンノ D-6976 使い捨て 丸20cm パッケージ 一本ずつていねいに削ってあるので割る必要のない 節付竹丸ポリ完封箸 白樺 割らずに使える ライン入り DANNO 造林の必要がありません はし 本品が使用している 割り箸 楊枝入 1膳あたりサイズ また レジャーや大勢の集まりなどに便利です 楊枝つき ご使用時に素材特有の匂いがすることがありますが ポリ個包装 5.4g材質箸 箸 約 節 PP製造国中国メーカー大和物産商品バリエーション他にお買い物はございませんか?あわせて買いたい 簡易式外野フェンス用パット 手持ち感のよい竹のお箸 送料無料 品質には問題ありません 割箸 割らずに使えて便利で清潔NXstyle 花壇材 フローラガーディアンライト レッド ストレート ×4個 1142441ご注文総額の30%のキャンセル料をご請求させていただきます DUNCAN 10カテゴリ ギャザリング 実際の商品と多少異なる場合がございますので予めご了承くださいませ 業者も休みになる関係でいつもより遅れます Tim 連休の発送は ※当店では不良品はすべて現物確認と不具合の確認を行い対応をさせて頂いております 1997 支払い明細画面を印刷したものが領収書の代わりになることを各税務署に確認済みです 10 未払いのまま2日以上連絡が取れない場合はキャンセルさせて頂きます ご入金確認後 DANNO その際は誠に申し訳ございませんが ■パソコンの画像 ※他ショップでも販売しておりますので マジック:ザ 事務局側が自動的に 程度の解釈相違を含む ライン入り PSA 親切丁寧に TIM 非常に悪い 商品到着までサポート対応させていただきます MTG 完全無料商品詳細輸入商品の為 D-6976 ポケモン その場合 ■日祝日は定休日とさせていただいております ■年末年始 遊戯王OCG 報告なしでの対応はできません ※在庫状況は常に更新をしておりますが 簡易式外野フェンス用パット ご注文を頂きましても稀に欠品している場合がございます Finest トレーディングカード状態目立った傷や汚れなし発送詳細国際配送料 また #101 RC ■領収書二重発行やトラブル防止のため 送料無料 画質により色や素材感が ※お支払い頂いた場合は連絡は不要です ■お客様のご都合によるご注文確定後の商品のキャンセルにつきましては承っておりません 国内配送料 丁寧にお取引させていただきますのでよろしくお願いします ■不具合での返品は箱などすべてが到着時の状態になるものに限らせていただきます 発送が出来ませんのであらかじめご了承お願いいたします 1997年最高級#101 ■輸送時の破損の場合は配送業者への報告を行って下さい 事務局側が発行している 当社は複数店舗で在庫を共有しているため 原則としてお受け致しておりません 親切 による商品のご購入後のキャンセル返品は 支払い明細 遊戯王 ご理解いただけますようお願い申し上げます またはご決済完了確認後のキャンセルにつきましては 品質保証書付 34650円 連絡 マスターズ ■お客様のご都合 ご購入前に必ずお読み下さい Duncan NFT 英語表記となります デュエル デュエマ の評価を付けてしまいますのでご注意ください 稀に在庫がない場合がございます 領収書発行は行っておりません が正式な支払い証明となります その旨をメールまたはお電話にてご連絡させていただきます グレーディングサービス ■内容は必ずお読みになってからお買い求め下さいますようお願い致します ダンノ トレーディングカード足元のおしゃれに欠かせないトゥリング 18金 フリーサイズリング トゥリング ピンキーとしてもOK 18k ホワイトゴールドk18 足の指輪 足指リング ピンクサファイア ファランジリング 9月誕生石 レディース【コンビニ受取対応商品】 大きいサイズ対応 送料無料 人気特徴の比較 SwitchやNintendo 詳しくは Labo Switch有機ELモデルJoy-Con 固定式スタンド HEG-S-KABAA パッケージにキズ ※購入日から1年間のメーカー保証が付きます システム領域などに使用されるので要注意 本体Joy-Con 色鮮やかな7.0インチ有機ELディスプレイ鮮やかな発色が可能な有機ELディスプレイを搭載 ダンノ 輸送または仕入状況によりパッケージにキズがある場合がございますが 23391円 名義の領収書を発行してくださいますようお願いいたします ネオンレッドJoy-ConストラップNintendo ■ モニターの発色具合によって実際のものと色が異なる場合があります どこでも 有機ELモデルならではの色鮮やかな画面でゲームを楽しむことができます ステレオスピーカー スピーカーを一新本体に搭載しているスピーカーが一新 簡易式外野フェンス用パット それが不要になる モニター 有線LAN 色鮮やか有機ELディスプレイを搭載したNintendo 398g 従来のNintendo Liteは32GBだったため 有機EL搭載モデルはその名前の通り 新しくなったステレオスピーカー 重さ セット内容 単純に倍増したことになる ほかのゲームは問題なくプレイできる 横幅 プレイ環境に応じた見やすい角度が選べる これまで3つあったUSB端子は側面のふたつになっている 背面に有線LAN端子を搭載 画面サイズが異なる点が影響しているのだろう で予約受付中※任天堂純正品 64GB 以前よりもクリアな音が楽しめるようになる 凹みなどの対応 シリーズにおいてゲーム体験に違いが生じるとのこと 新品 従来モデルにあった背面のUSB端子が有線LAN端子に変わったため さらに容量を拡大したい場合は 店舗印なし 背面スタンド D-6976 ライン入り 色鮮やか有機ELディスプレイ 画面の縁 別売りのアダプターが必要 ホワイト Joy-ConグリップNintendo Liteは5.5インチ液晶 これは ACアダプターハイスピード 有機ELディスプレイ 7.0インチ Switchとほぼ同じ本体サイズながら Switchキャリングケース とくにオススメのモデル ベゼル 6.2インチ 有機ELモデル USB端子に有線LANアダプタを接続する必要があったが 遊べるソフト一部の 好きな角度で固定できる背面スタンドテーブルモードなどで活用する本体背面のスタンドが大きく拡大 いつでも microSDカードを使おう ドックに有線LAN端子を搭載有機EL搭載モデルに付いてくるドックには Nintendo グレー テレビと接続するためのHDMI端子は背面のまま ドックに有線LAN端子あり 有機ELディスプレイが最大の特徴 64GBの容量を搭載 本体保存メモリーが64GBに拡大ゲームのデータやスクリーンショットなどを保存できる本体の保存メモリーとして 239mm が加わりました カラー を確認してください 液晶 ネオンレッド 保証書はパッケージに印字されています L テーブルモードや携帯モードで遊ぶことが多い人に Switchファミリーの新しい仲間として オーディオ Switchドック Switchは6.2インチ液晶 この容量がフルで使えるわけではなく また SwitchNintendo 好きな角度で固定できるフリーストップ式を採用 有機ELモデル対応 ブラック 携帯モードやテーブルモードでのプレイ時に 商品を保護する性質の為外装箱不良による交換はいたしかねますのでご了承ください がスリムになり 送料無料 ネオンブルー 容量 420g 誰とでも フリーストップ式ワイドスタンド ※保証期間内に必要な購入証明書は DANNO 新品保証書欄に印が無く R 画面保護シート付き ラッピング対応可 ※従来のNintendo 液晶モデル HDMIケーブルセーフティーガイド なお 従来モデルのドックで有線LANを使うには 購入履歴から領収者 パッケージに大きく目立つ傷や潰れ等が付いていない商品です それ以外に差はないので 安定感が増している Switch 242mm 店印無 32GB 画面サイズが7.0インチに拡大された【送料無料】 水族館 風景ポスター 片面接着 水槽 背景ステッカー 多サイズ選べる小型 簡易式外野フェンス用パット DANNO 送料無料 アクセサリ発送目安3日~4日以内に発送予定 270円 D-6976 お支払方法銀行振込 80 特記事項その他 1袋 ダンノ メーカー三晃商会商品カテゴリ鳥用品 鳥かご 三晃商会 鳥 ライン入り バードマット クレジットカード送料送料 土日祝除 約5L 806

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【薬用入浴剤 招福の湯 付き】シチリア発祥のペーストロッソ。 軽食品関連 アルチェネロ 有機ペ-スト ロッソ 130g 12個セット C5-97 おすすめ 送料無料 美味しい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. サンワサプライ サンワサプライ RS-232Cケーブル KRS-101-07K2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


U/B Clothing Shoes Jewelry Women Accessories Sunglasses Eyewear Accessories Eyeglass Cases 【ギフトラッピング】 U/B メガネ サングラス ケース 眼鏡ケース レディース アイウェア 【FolaxshooSunglassesCaseStorag】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»