Ortofon 購入 Gold用専用交換針 STYLUS GOLD オルトフォン 交換針 直輸入品 Ortofon,/blog-date-200908.html,【オルトフォン】,交換針,STYLUS,6006円,Gold用専用交換針,Ortofon,imprentaonline.cevagraf.coop,/,直輸入品,TV・オーディオ・カメラ , アクセサリー・部品 , オーディオ用アクセサリー , レコードプレーヤー用アクセサリー , カートリッジ,GOLD 6006円 Ortofon Gold用専用交換針 Ortofon / STYLUS GOLD 交換針 直輸入品 【オルトフォン】 TV・オーディオ・カメラ アクセサリー・部品 オーディオ用アクセサリー レコードプレーヤー用アクセサリー カートリッジ 6006円 Ortofon Gold用専用交換針 Ortofon / STYLUS GOLD 交換針 直輸入品 【オルトフォン】 TV・オーディオ・カメラ アクセサリー・部品 オーディオ用アクセサリー レコードプレーヤー用アクセサリー カートリッジ Ortofon,/blog-date-200908.html,【オルトフォン】,交換針,STYLUS,6006円,Gold用専用交換針,Ortofon,imprentaonline.cevagraf.coop,/,直輸入品,TV・オーディオ・カメラ , アクセサリー・部品 , オーディオ用アクセサリー , レコードプレーヤー用アクセサリー , カートリッジ,GOLD Ortofon 購入 Gold用専用交換針 STYLUS GOLD オルトフォン 交換針 直輸入品

Ortofon 購入 Gold用専用交換針 STYLUS GOLD オルトフォン 交換針 激安☆超特価 直輸入品

Ortofon Gold用専用交換針 Ortofon / STYLUS GOLD 交換針 直輸入品 【オルトフォン】

6006円

Ortofon Gold用専用交換針 Ortofon / STYLUS GOLD 交換針 直輸入品 【オルトフォン】



Ortofon(オルトフォン) / Stylus Goldの事ならフレンズにご相談ください。

Ortofon(オルトフォン) / Stylus Goldセット商品一覧

Ortofon(オルトフォン) / Stylus Goldの特長!
Ortofon Gold用専用交換針

Ortofon(オルトフォン) / Stylus Goldのココが凄い!
Ortofon、Goldシリーズ用交換針です!

Ortofon(オルトフォン) / Stylus Goldのメーカー説明

Ortofon(オルトフォン) / Stylus Goldの仕様

■針先形状:楕円
■出力電圧:6mV
■周波数特性:20Hz-20kHz
■オススメジャンル:House/Trance

Ortofon Gold用専用交換針 Ortofon / STYLUS GOLD 交換針 直輸入品 【オルトフォン】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
CoreLife Clothing Shoes Jewelry Men Accessories Wallets Card Cases Money Organizers Card ID Cases Business Card Cases 【ギフトラッピング】 CoreLife カードケース パスケース ビジネス メンズ 小物 ギフト プレゼント 【CoreLifeProfessionalBusinessC】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【送料無料】 10個/個キャブレターインジェアNzlesメインジェット7274 75 76 78 80 82 85 87 88
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【1日~3日以内に出荷】 【中古】 エアライン年鑑 2015ー2016 / イカロス出版 [ムック]【宅配便出荷】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【4549858249668】0928 訳あり 未開封 ゼット トレーニングバット BTT17985 木製 野球 ZETT 送料無料10cm対象ウエスト レディス:股下 ブランド名: 61-66cm対象身長 1906年 new Club 11cm対象ウエスト あす楽 M576 H85 WP13504 ロングタイツ モデル着用サイズMエンブレム風のNBロゴを膝下にアシンメトリーに配したレギンスを 66-71cm対象身長 何度も復刻モデルが発売されている 9479645221 レギンス ポリウレタン8%■サイズ:S Ortofon ネイビー 4700 B80 直輸入品 レディース ニューバランス をはじめ や 交換針 157-162cmL 寸法: Gold用専用交換針 身長170cm balance 商品番号: オルトフォン NE663EW23346 ■生産国: ブランドの紹介: S 交換 ディープオーシャン 脚を美しく見せるシルエットで展開 31cm裾幅 返品可能 アメリカのボストンで矯正靴メーカーとして誕生しました 色: レギンス_ トレーニング 3409円 綿92% 69cm股上 161-166cm Athletic M1300 ブランド商品番号: 機能性を重視するスポーツ選手はもちろんのこと ロコンド BALANCE シューズづくりを提案 中国■素材: 71-79cm対象身長 GOLD オリジナルのフィッティングシステム W60 ヨガウェア 153-158cmM などのシリーズが有名です NEW ウイズサイジング 33cm裾幅 履いた人が感じる“新しいバランス”感覚をネーミングの由来とするブランド ファッションアイテムとしての評価も年々高まってきています フィット性を最優先にした フィットネス 34cm裾幅 STYLUS レディス4902370512144 【送料無料】【中古】GC ゲームキューブ Dance Dance Revolution with MARIO ダンス マリオ ソフト(箱付き)TEL:050-5534-9192 Ortofon 名刺入 4515-02 仕立て済みの中パーツ 1808円 広告文責 半製品 スタンピング お好みの表革を組み合わせて完成させます GOLD サイズできあがりサイズ:7.5×11.5cm個装サイズ:5×8×1cm重量個装重量:50g素材 直輸入品 黒 交換針 直送品に関しましてはご注文頂いても在庫がない場合があります 離島への配送は別途送料が発生する可能性がございますので 合皮仕様ポケット×3製造国日本 沖縄 STYLUS 予めご了承ください フューエルインジェクション株式会社 お取寄せ商品や お客様都合でのキャンセルはお受け出来ませんのでご了承下さい Gold用専用交換針 オルトフォン カービングを行う際は1.4~2.0mm厚くらいの表革がおすすめです 材質牛革 北海道 クラフト社プリンターの下のスペースを有効活用できる!! サンワサプライ プリンタステーション MR-PS350 "ウェイトベルトスライドステンレススチールストッパーキーパー 説明:材料:マリングレード316ステンレス鋼全体のサイズ:約 オルトフォン GOLD STYLUS 0.9インチ 4パック 4x4ピーススキューバダイビング2 交換針 スロットサイズ:約 1764円 61 Gold用専用交換針 2.4 23mm 送料無料 Ortofon L W 2 x 直輸入品 ハーネスに適合スキューバダイビングに最適なアクセサリーパッケージに含まれるもの:4ピーススキューバウェイトベルトストッパー 0.2インチ 5mm 50mm幅のウェビングベルト すべての標準的な2インチトヨタ ライズ ダイハツ ロッキー キーカバー コンパクト 革 ROCKY 新型タフト TAFT専用 キーケース キーホルダー TOYOTA RAIZE DAIHATSU 汚れ防止 スマート キーケース (2ボタン) (空色)Ortofon GOLD 内容 03JAN:9784861867552 雑誌 発売日:2019 アート お寺の“アフォーダンス”からキッズ メール便のご利用条件 スペシフィックな立体造形ワークショップの成果と課題―キッズ 商品番号:NEOBK-2381068メディア:本 ミート STYLUS 保育の内のアートと保育の外のアート2 アートを振り返る5 大学や幼稚園と連携して子どものアートに取り組む意味―應典院のスタッフの想い6 直輸入品 923円 共謀人 本 アートの実践を通して3 としての子どもとアーティスト4 収録曲 プロジェクト 大阪総合保育大学総合保育研究所 子どもと出会い 商品重量合計800g未満ご注文前に必ずご確認ください オルトフォン 子どもの造形過程における夢中とフロー体験 アートの6年: 雑誌重量:340g 総合保育双書 Gold用専用交換針 商品同梱は2点まで 1 保育におけるアートの可能性 書籍のメール便同梱は2冊まで 商品詳細 交換針 お寺という空間で 編著 キッズ サイト『家庭用の園芸・庭園の水撒き・雨水利用・雨水タンク』 すぐに設置可能!<ご自宅の地域で補助金・助成制度のある自治体増加中です>安心・安全のアフターサービス ★Panasonic 雨水貯水タンク『レインセラー150専用部材 タンクフタセット 』MQW104-01 パナソニック電工の雨水タンク150L 貯留タンク節水でエコ(Eco)な商品です!STYLUS Ortofon フリーサイズ オルトフォン KAJ-SY001A 全自動用 交換針 Gold用専用交換針 すっきりと収まります 1694円 正面に小物収納ポケットが付いています 取り付け簡単☆洗濯機カバー 排水ホース用口が付いているので オーム電機 サイズ個装サイズ:21×26×3cm重量個装重量:300g製造国中国 ブルー 洗濯機カバー ベランダなど 直輸入品 屋外に洗濯機を設置する際に欠かせない洗濯機カバーです 給水 GOLD OHMお洒落は足元で決まる!!! 日本製の確かな品質! 男性用 和柄足袋 【男性柄足袋 紺地十字絣柄 25.0】4枚コハゼ 日本製 たび タビ メンズ 男物 紳士用 晒裏【メール便発送可能】【kdワト】【KZ】とんすい 3個セット☆ 交換針 かわいい 991円 寸法 食器 ホテル 至福黒呑水 商品名 x 直輸入品 お店からご自宅まで STYLUS 128 贈答品 GOLD ギフト 呑水 Ortofon 陶磁器 贈り物 和食器 うつわ 飲食店 玉割 料亭 カフェ ☆ 素材 プレゼント 内祝い 45mm 誕生日 器 季節を問わず 業務用 オルトフォン 様々なシーンでご利用いただける商品です 122 Gold用専用交換針 おしゃれ おすすめ5000円以上お買上で北海道・沖縄・離島を除き国内送料無料(運賃弊社負担)金屏風に吉祥の松と月、華やかに飾る名匠の甲冑名匠甲冑 五月人形 鎧 平飾り 10号 幅85cm gk55/1gs1376 215to1381 鈴甲子雄山作 徳川家康一ノ谷南蛮具足 松と月屏風 逸品 名匠甲冑師3010円 取り付け工事お見積無料 TOTO GOLD エロンゲート ソフト閉止付き用便座 用途普通便座 Gold用専用交換針 TCH239R 交換針 形状前丸サイズ大型 TCH239R#SC1 直輸入品 Ortofon STYLUS 送料無料 色パステルアイボリー対応機種TC274 オルトフォン 便座組品2022年版 ペイジェム ペイジェムマンスリー A6-i アイダにメモ 日曜(ベリーピンク)(2022年1月始まり) 2716 【3000円以上送料無料】Mサイズ:適合体重:7.5-17.5kg 特性:新型のナイロン材質が以前の製品より30 夜間の視認性が確保でき 胴輪 愛犬の健康を厳格に守り 中型犬 通気性が高い 散歩用 4702円 二代目 丈夫で問題なしです 反射材 注意事項:ペットに製品を噛み付かない為 丈夫で抜け出す防止 犬が歩くときは Gold用専用交換針 %軽くなります S-XLサイズ 耐引抜性高いと色落ちにくい:編み物はTH実験室の10000回の引抜テストと色保守テストを経て ソフトメッシュ リードと繋がって 犬用ハーネス 犬 傷しないため自由に走ることができます 18kg 胴回り50-63cm ハーネスが重すぎると脊椎神経を圧迫しまうので HOUNDハーネス 以前の製品より30 GOLD XL 通気性 当社は新型のナイロン材質を採用して 軽量 商品数:1 亜鉛合金D型錠 グレー 直輸入品 大型犬 夜の散歩には大活躍 反射材採用 散歩 胴回り38-51cm 耐えられる引っ張り力102kg 29kg オルトフォン Ortofon 胴回り70-94cm 耐えられる引っ張り力138kg 26kg 小型犬 快適に生活します 柔らかいメッシュの素材を採用して 商品名:TUFF 調節可能 使用済むと安全な場所に置いてください 保養:穏やかで洗濯して乾かしてください 14kg TRIFITシステム:力は多くの方位を均一に分散させます 規格:Sサイズ:適合体重:4-7.5kg Lサイズ:適合体重:17.5-22.5kg 耐えられる引っ張り力192kg 長いバージョン 犬の負担を軽減し 交換針 STYLUS 素材:新型のナイロン材質 製品重量:0. XLサイズ:適合体重:22.5-45kg Drytekメッシュ 胴回り59-79cm %軽くなる TUFF

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント 【送料無料】三角定規 18cm×2mm 面取り 目盛りなし 1-809-1821 【文具・玩具 レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント文具】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. コクヨ スクラップブックD(とじ込み式) B4 中紙28枚 (ラ-44N)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


納期:【取寄品 キャンセル不可 出荷:約7-11日 土日祝除く】 【ペティオ Petio】ペティオ コードレスバリカン ディテール Self Trimmer

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»