/blastocolla9892875.html,imprentaonline.cevagraf.coop,高周波音で自動的に無駄吠えを抑制します!,Japan,PBC18-15491,室内用,インドアバークコントロール,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , しつけ用品 , 無駄吠え防止用品,むだぼえ防止,4840円,ペットセーフ,PetSafe 4840円 高周波音で自動的に無駄吠えを抑制します! PetSafe Japan ペットセーフ むだぼえ防止 室内用 インドアバークコントロール PBC18-15491 ペット・ペットグッズ 犬用品 しつけ用品 無駄吠え防止用品 4840円 高周波音で自動的に無駄吠えを抑制します! PetSafe Japan ペットセーフ むだぼえ防止 室内用 インドアバークコントロール PBC18-15491 ペット・ペットグッズ 犬用品 しつけ用品 無駄吠え防止用品 高周波音で自動的に無駄吠えを抑制します PetSafe Japan ペットセーフ PBC18-15491 インドアバークコントロール 年間定番 むだぼえ防止 室内用 /blastocolla9892875.html,imprentaonline.cevagraf.coop,高周波音で自動的に無駄吠えを抑制します!,Japan,PBC18-15491,室内用,インドアバークコントロール,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , しつけ用品 , 無駄吠え防止用品,むだぼえ防止,4840円,ペットセーフ,PetSafe 高周波音で自動的に無駄吠えを抑制します PetSafe Japan ペットセーフ PBC18-15491 インドアバークコントロール 年間定番 むだぼえ防止 室内用

高周波音で自動的に無駄吠えを抑制します PetSafe Japan ペットセーフ PBC18-15491 インドアバークコントロール 年間定番 むだぼえ防止 室内用 価格

高周波音で自動的に無駄吠えを抑制します! PetSafe Japan ペットセーフ むだぼえ防止 室内用 インドアバークコントロール PBC18-15491

4840円

高周波音で自動的に無駄吠えを抑制します! PetSafe Japan ペットセーフ むだぼえ防止 室内用 インドアバークコントロール PBC18-15491





・広告文責(クリスタルモール・0286804338)
有効距離内(8m)でワンちゃんがほえると、内蔵されたサウンドセンサーが吠え声を感知し、ほとんどの人間の耳には聞こえない高周波数の音を自動的に発します。高周波音に驚いて、ワンちゃんは無駄吠えをやめます。やがてワンちゃんは、無駄吠えとこの不快な高周波音を関連づけるようになります。生後6ヶ月以上の全犬種用。※聴力のない、あるいは聴覚に異常のある愛犬には、本製品の効果があらわれない場合があります。

サイズW4.5×D3.5×H7.5cm
個装サイズ:12.7×7.1×17.8cm
重量約38g
個装重量:77g
素材・材質ABS樹脂
セット内容インドアバークコントロールユニット×1
取付用の面テープ1組
3VリチウムCR2032電池×2
取扱説明書・保証書(保証期間1年)
生産国中国
「お取り寄せ商品のため、欠品の場合 お時間を頂く場合がございます。」

高周波音で自動的に無駄吠えを抑制します! PetSafe Japan ペットセーフ むだぼえ防止 室内用 インドアバークコントロール PBC18-15491

新しい技術

  • 髄膜炎ワクチンはすぐに来るかもしれない

    髄膜炎Bに対するワクチンはその有効性を示したばかりです。 これは、 髄膜炎 菌としてよりよく知られている細菌 Neisseria meningitidisを 標的とする。 2回の注射後、ほとんど全てのワクチン接種された人々は、4つの異なる株と戦う抗体を提示する。 まもなく Neisseria meningitidis として知られる 髄膜炎 菌性髄膜炎Bを防御する新しいワクチン。 この研究の研究者はまた、幼児のワクチンの有効性と安全性をテストし、すべてが期待どおりに機能することを確認しました。 髄膜炎は幼児に頻繁に影響するため、重要な検査です。 ©Sanofi Pasteur / PascalDolémieux、Flickr、cc by nc 2.0 まだ妊娠中です。 この髄膜(脳の保護包皮)の炎症はウイルス性または細菌性であり、平均して5回に1回致死的である。 関与する細菌の中で最も有名なものは、髄膜炎菌( Neisseria meningitidis)である 。 Cemicrobeseはすべての大陸で見つけられ、A、B、C、Y、W135という名前のいくつかの形で存在します。 ワクチンは、Bを除いて、すべての株について利用可能であり、多くの変種によって表される。 それでもヨーロッパとアメリカで優位を占めるのは彼女です。 Chiliont大学の研究者は、共通の構造を見出すために、すべ

    続きを読みます »
  • 髄膜炎ワクチンはすぐに来るかもしれない

    髄膜炎Bに対するワクチンはその有効性を示したばかりです。 これは、 髄膜炎 菌としてよりよく知られている細菌 Neisseria meningitidisを 標的とする。 2回の注射後、ほとんど全てのワクチン接種された人々は、4つの異なる株と戦う抗体を提示する。 まもなく Neisseria meningitidis として知られる 髄膜炎 菌性髄膜炎Bを防御する新しいワクチン。 この研究の研究者はまた、幼児のワクチンの有効性と安全性をテストし、すべてが期待どおりに機能することを確認しました。 髄膜炎は幼児に頻繁に影響するため、重要な検査です。 ©Sanofi Pasteur / PascalDolémieux、Flickr、cc by nc 2.0 まだ妊娠中です。 この髄膜(脳の保護包皮)の炎症はウイルス性または細菌性であり、平均して5回に1回致死的である。 関与する細菌の中で最も有名なものは、髄膜炎菌( Neisseria meningitidis)である 。 Cemicrobeseはすべての大陸で見つけられ、A、B、C、Y、W135という名前のいくつかの形で存在します。 ワクチンは、Bを除いて、すべての株について利用可能であり、多くの変種によって表される。 それでもヨーロッパとアメリカで優位を占めるのは彼女です。 Chiliont大学の研究者は、共通の構造を見出すために、すべ

    続きを読みます »