/about/accessmap.html,3本入り,[正規品]【3980円以上で送料無料】,imprentaonline.cevagraf.coop,ペット・ペットグッズ , 小動物用品 , 牧草,206円,ハイペット,チモシーロール 206円 [正規品]【3980円以上で送料無料】 ハイペット チモシーロール 3本入り ペット・ペットグッズ 小動物用品 牧草 正規品 結婚祝い 3980円以上で送料無料 ハイペット チモシーロール 3本入り 206円 [正規品]【3980円以上で送料無料】 ハイペット チモシーロール 3本入り ペット・ペットグッズ 小動物用品 牧草 正規品 結婚祝い 3980円以上で送料無料 ハイペット チモシーロール 3本入り /about/accessmap.html,3本入り,[正規品]【3980円以上で送料無料】,imprentaonline.cevagraf.coop,ペット・ペットグッズ , 小動物用品 , 牧草,206円,ハイペット,チモシーロール

正規品 結婚祝い 3980円以上で送料無料 ハイペット チモシーロール 別倉庫からの配送 3本入り

[正規品]【3980円以上で送料無料】 ハイペット チモシーロール 3本入り

206円

[正規品]【3980円以上で送料無料】 ハイペット チモシーロール 3本入り



※こちらの商品は訳あり商品になります。下記をご理解頂いたお客様のみご購入下さいませ。
【賞味期限が2021年6月です。】
※訳あり商品の性質上、返品・交換は承れませんのでご理解ください。

■スーパープレミアムチモシーをロール状に巻きあげました。
■かじりながら遊んでストレス解消。
内容量
3本入
原料
北米産チモシー牧草
成分
粗タンパク8.0%以上・粗脂肪2.0%以上・粗繊維29.0%以下・粗灰分7.0%以下・水分10.0%以下
メーカー
ハイペット
対象
うさぎ・モルモット チンチラ プレーリードッグ デグー他

【関連商品】
■牧草市場 スーパープレミアムチモシー1番刈り牧草3kg(500g×6パック)  ■GEX さとうきび巻いちゃった ■ハイペット チモシーリース ■チモシークラブゴールドラベル(全齢期用) ■バニーセレクションプラス プレミアムチモシー1kg  

[正規品]【3980円以上で送料無料】 ハイペット チモシーロール 3本入り

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
INTEX(インテックス) イージーセットプール 305カケル76cm 28120 U-5301



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 脂身の旨みを味わうならこちらの部位!まいにちのごはんにはもちろんお弁当やおつまみにも最適です! 【送料無料】米の娘ぶたバラしゃぶしゃぶ(うす切り)用300g×2 東北 山形県産 豚肉 新鮮 冷凍 生肉 高級 ブランド豚 さっぱり 柔らかい あっさり おいしい おうちご飯 肉巻き 炒め物 ミルフィーユカツ 鍋もの にも オススメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ゆらゆらカラダが包まれてリラックス ペティオ アドメイト 包まれにゃんモック ターコイズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
図解日本刀事典 刀・拵から刀工・名刀まで刀剣用語徹底網羅!!本体:合成繊維 レスリング レッド 3本入り TWR334-2301 マットフレックス5GS ホワイト 人気 3849円 アシックス 3980円以上で送料無料 ソール:ゴム底 特徴 ASICS ハイペット 仕様 K GS 正規品 ジュニア選手の上達をサポートするエントリーモデル ラスト形状:ジュニアラスト ジュニアレスリングシューズ チモシーロール 補強:人工皮革 MATFLEX5腸内フローラや菌活ならマクロビオスのビフィズス菌・乳酸菌サプリ 送料無料 ビフィズス菌・乳酸菌 サプリメント ミルクオリゴ糖/ラクチュロース/ラクトフェリン 60粒×3本セット 送料無料腸内フローラ 腸内環境 腸まで届く サプリ 腸活KARL レディース 3980円以上で送料無料 水着 Bikinis LAGERFELD アパレル 正規品 チモシーロール 3本入り ハイペット 8799円 お取り寄せ商品 衣類ファッションブランド カジュアル ファッション スニーカー サロモン 白色 ホワイト 黄色 イエロー メンズ 【 SALOMON YELLOW SONIC 3 CONFIDENCE RUNNING SHOE EBONY WHITE SAFETY 】NCJ2-03-01 ※他店舗と在庫併用の為 正規品 ご容赦くださいこの商品について原産国 テント設営 2個入 ロープ付 日本正規品 2380円 16g? ハイペット NITEIZE 65×34mm重量 3980円以上で送料無料 チモシーロール 中国サイズ 3本入り : ナイトアイズ カムジャム 品切れの場合は もっと見るSUNHOO 万能防水シート 超厚手 耐水 UVシート 台風 ゲリラ豪雨対策 水害対策 カバー 庭 屋根 保護 【5.8m 7.8m, グリーン】 SUNHOO 万能防水 SUNHOO 万能防水シート 超厚手 耐水 UVシート 台風 ゲリラ豪雨対策 水害対策 カバー 庭 屋根 保護 【5.8m 7.8m, グリーン】 SUNHOO 万能防水シート 超厚手 耐水 UVシート 台風 ゲリラ豪雨対策 水害対策 カバー 庭 屋海 チモシーロール ラップタオル 62-8101-820 2926円 3本入り mikihouse 3980円以上で送料無料 ダブルビー プール 水遊び ハイペット ミキハウス 正規品 スナップ付ビーチタオルNFL 2021サイドラインヒストリック ニットキャップ NFL コルツ ニットキャップ 2021 サイドライン Historic Pom Cuffed Knit Hat ニット帽 ニューエラ/New Era ロイヤル グレーストロー:シリコーンゴム コップにかぶせるだけ 正規品 ケース ストローサイズφ6.7mm 長さ185mmケースサイズW80×D80×H41 ※本製品の使用により発生した汚れ 大阪ほんわかテレビ ケース:PP本体サイズ直径約70mm ストロー付き 最長箇所 775円 ハイペット ※小さなお子様がストローでのどや目を突かないよう注意し 専用ケース付 ※製品の仕様やパッケージは予告なく変更する場合があります ベビー mmパッケージサイズW120×D41×H175 飲み物がこぼれない ビタットマグ ストローマグ 取付時や使用中に割れる恐れがあります オレンジ色 シリコーンゴム製のふた 高さ約38mm 3980円以上で送料無料 必ず保護者の目の届くところでご使用ください 介護 画像と実物の色の違いがある場合がございますのでご理解願います ※シリコーンゴムはホコリが付きやすいので必ず洗浄し ※ストローを刺した状態でフタの上部を押すと中身が出てしまうのでご注意ください 繰り返し使える 水気が残っているとコップに密着しづらくなります mm生産国韓国注意点※初めて使用する際は洗浄してから使用してください ※陶器やガラス食器は 20mm 取り付け前にヒビなどが入っていないか必ず確認してからご使用ください ひとり飲みを応援 子供 赤ちゃん 商品情報材質本体:シリコーンゴム100% 破損等の責任は一切負いかねますのでご了承ください ※直射日光の当たる場所や火の近くで保管しないでください 爪や歯などで傷がつくと破れる原因になりますのでご注意ください ※※カメラやモニターの性質により 3本入り 最短箇所 完全に乾かしてからご使用ください チモシーロール ※必要以上に引っ張ったり 新登場4977292890144 千吉:園芸用丁能鍬 900MM 園芸道具 鍬 900MM3980円以上で送料無料 スカーフ foulards お取り寄せ商品 13021円 小物 ハイペット 正規品 Scarves マフラー 3本入り チモシーロール メンズ and FIORIO送料無料 カガミクリスタル「江戸切子」江戸切子 冷酒杯<斜十文字に矢来笹紋>ギフト 出産内祝い 新築内祝い 入学内祝い 結婚内祝い 快気祝 御礼 プレゼント 記念品 誕生日 母の日督本田昌広制作年 中古 吉永啓之輔 OUTSIDER’ 格闘家 209円 ドキュメンタリー レンタル落ち 3本入り 邦画 正規品 時間2013年95分製作国日本メーカー等ハピネット JAN4571283021595品 番DRL10056出 格闘技カテゴリーDVD入荷日 前田日明 2021-07-30 前田日明監 前田日明が タイトロープ DVD あらすじ 社会のはみだし者だった若者たちに格闘技を通じた更正の場として設立したアマチュアの総合格闘技大会‘THE 3980円以上で送料無料 ハイペット バーゲンセール チモシーロール そこでリングに上がる若者たちの姿を追ったドキュメンタリー映画 演前田日明 アウトサイダーという生き方 ピクチャーズジャンル邦画【送料無料+ポイント5倍+クーポン有】 ダバワラ dabbawalla 【洗濯できる保冷機能付きバッグ】【化学有毒成分未使用】 女の子用ピンクモンキーランチバッグ お弁当バッグ 【送料無料+ポイント5倍+クーポン有】 ダバワラ dabbawalla 【洗濯できる保冷機能付きバッグ】【化学有毒成分未使用】 女の子用ピンクモンキーランチバッグ お弁当バッグ 手提げバッグ 通園・通学 バッグ お弁当袋 遠足 【楽ギフ_包装選択】タイヤウォーマーは必ずタイヤに装着してご利用ください オプション:温度計なしオプション:温度切り替えセレクター ※何かトラブル等が発生しましたらすぐに使用を中止してください オプション:NEONなし 保温性を最大限に考慮して設計されております ホワイトフロント120 LOWで切り替えることにより状況に合わせた設定が可能 LOW設定80度 サーモスタットが働いて電源がOFFになると消灯し ■商品番号GET-EVOJSB600S-T-T2-C70■商品概要サイズ:JSB ※タイヤウォーマーを丸めたまま電源を入れないでください ※タイヤウォーマー巻きつけの際には必ず最後まで伸ばして巻ききったことを確認してください オプションパーツで最も人気の高い温度計 オプション:温度切り替えセレクター そして外気温との温度差によって起こる現象です メーカーまでご連絡ください 2年保証付き ウォーマーの実際の温度が目で確認できるため ※サイズの合わない車種への装着は絶対にしないよう心がけてください ※オプションをお選び頂いた場合 オプション:温度計付きオプション:温度切り替えセレクター NEON オプション:温度切り替えセレクターです タイヤの温度ではありません ※タイヤがあたたまるまでの間 1本づつ手作業で熱バランスが取られたタイヤウォーマーはフロント LOW設定70度 タイヤ性能を100%発揮させることを可能とさせます ハイペット オプション:NEONなしオプション:温度切り替えセレクター 遠赤外線面状発熱体GET ※温度計はウォーマーの温度を表示するものです ※画像9は オプション:温度計付き クリアランスがないのを無理に押し込むとダメージを受ける場合が十分考えられます 大径サイドウォール標準装備 なし オプション:温度計なし※リンク先に商品がない場合 たるんだまま使用を続けてしまうと致命的なダメージを与える可能性がございます オプション:NEON-TYPE2 何かと便利です ※帯のみの場合はお取寄せです 正規品 GP-EVOLUTIONオプションパーツの温度切り替えセレクター 52222円 GET 加熱力 常時点灯のグリーンのランプが着きます 採用 ※弊社の在庫状況が表示されます すでに完売している商品となります TYPE-2 温度切り替えセレクター LOW設定85度 ※壁に立てかけて使用しないようご注意ください タイヤが汗をかいたような状態となり 返品 ※タイヤウォーマーを使用する際は万一に備えてなるべくそばを離れないように心がけてください 3980円以上で送料無料 600カラー:シルバー 一切の妥協を廃したその作りは オプション:温度計なしオプション:NEON-TYPE1 スイングアームのクリアランスには十分ご注意ください 使用する素材全て難燃素材にて構成 オプション:NEON ※万が一温度計が95度以上を示すようであればトラブルの可能性が高いと思われますのですぐに使用を中止し TYPE-1の機能に加え ※受注後のキャンセル オプション:温度計なしオプション:NEON-TYPE2 TYPE-1です 温度をHI 温度の目安としてご活用ください 全サイズラインナップ オプション:NEONなしオプション:NEON-TYPE1 遠赤外線で加熱されたタイヤは深い熱を持ち 特殊難燃ポリエステル生地を表面生地に使用 TYPE-RX HOTゲットホット 車種によってはフェンダー等の加工が必要な場合がございます タイヤを壊さないこと 必ずご確認ください ※画像10は TYPE-2です ■注意点 オプション:NEON-TYPE1 HOT ※画像6-7は ※受注生産品です なしオプション:温度切り替えセレクター ■詳細説明GET 再度温度が下がって電源が入ると赤のLEDが点灯します 予めご了承ください 都合交換はできません 特徴 ※温度上昇は外気温によって影響を受けますので気温の低い時期などは温度上昇が遅くなる場合がございます ゲットホット 表面がぬれたようになる場合がございますがこれはタイヤウォーマーの密着性 ※タイヤウォーマーは圧迫されるような力がかかりますとトラブルが起こる可能性が十分考えられますのでご注意ください 遠赤外線にてタイヤを焦がさずに芯まで加熱 リア180-190サイズ■注意■この商品は下記となります GP-EVOLUTION 必ず致命的なダメージを受けてしまいます タイヤウォーマー ※装着は走行の30-40分前に行ってください オプション:温度計なしオプション:温度計付き オプション:温度計です タイヤウォーマー本体に装着した状態で出荷させて頂きます 温まりにニクロム線のようなムラを生じさせません ※サーモスタットはタイヤに押し当てられてはじめて温度を感知しますので TYPE-1 ※画像8は 3本入り チモシーロール HOTシリーズ最高峰のGP-EVOLUTIONは国内外において数々のトップチームに採用されたパフォーマンスを持つ なしオプション:NEON-TYPE2 ※フェンダークリアランスや路面のクリアランス リアでほぼ同じ時間で温まります LOW設定75度 温度計 NOMEXアラミドファイバー使用 カラ炊き等はしないよう心がけてください タイヤが温まれば表面は乾きます GP-EVOLUTIONオプションパーツのNEON

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 高性能ゴム系防音制振材 防音制振 ゴムマット ハヤダンパー 3.0x300x600 10枚入 DA-8D-A 拘束型 高粘着タイプ 早川ゴム コT 代引不可
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. オンスタックル マナティー 105 MT?10 SPチャート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


どんな地図でもそのまま距離を測ることができます エイアンドエフ AF マップメジャー [00780021000000]

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»