メール便送料無料 追跡番号付です アース 薬用ノミとり 蚊よけ首輪 猫用 年間定番 ピンク 【メール便送料無料】アース,ピンク,猫用,ペット・ペットグッズ , ペット用お手入れ用品 , 防虫・ノミ・ダニ対策用品 , ノミ取り首輪,★メール便送料無料!★追跡番号付です,薬用ノミとり&蚊よけ首輪,/3167,944円,imprentaonline.cevagraf.coop 944円 ★メール便送料無料!★追跡番号付です 【メール便送料無料】アース 薬用ノミとり&蚊よけ首輪 猫用 ピンク ペット・ペットグッズ ペット用お手入れ用品 防虫・ノミ・ダニ対策用品 ノミ取り首輪 メール便送料無料 追跡番号付です アース 薬用ノミとり 蚊よけ首輪 猫用 年間定番 ピンク 【メール便送料無料】アース,ピンク,猫用,ペット・ペットグッズ , ペット用お手入れ用品 , 防虫・ノミ・ダニ対策用品 , ノミ取り首輪,★メール便送料無料!★追跡番号付です,薬用ノミとり&蚊よけ首輪,/3167,944円,imprentaonline.cevagraf.coop 944円 ★メール便送料無料!★追跡番号付です 【メール便送料無料】アース 薬用ノミとり&蚊よけ首輪 猫用 ピンク ペット・ペットグッズ ペット用お手入れ用品 防虫・ノミ・ダニ対策用品 ノミ取り首輪

メール便送料無料 追跡番号付です アース 薬用ノミとり 蚊よけ首輪 猫用 ☆国内最安値に挑戦☆ 年間定番 ピンク

★メール便送料無料!★追跡番号付です 【メール便送料無料】アース 薬用ノミとり&蚊よけ首輪 猫用 ピンク

944円

★メール便送料無料!★追跡番号付です 【メール便送料無料】アース 薬用ノミとり&蚊よけ首輪 猫用 ピンク






商品の特徴
●ペットをしっかりノミ・蚊から守ります。
●効果は約6ヵ月持続します。
●フェノトリン・ピリプロキシフェン配合
●ノミをしっかり駆除します。
●蚊の忌避効果があります。
●抗菌バックル使用
有効成分 フェノトリン、ピリプロキシフェン
サイズ/カラー 長さ・・・35cm

発売元/アースバイオケミカル 区分/ ペット用品
広告文責/株式会社コトブキ薬局 TEL/0667200480

★メール便送料無料!★追跡番号付です 【メール便送料無料】アース 薬用ノミとり&蚊よけ首輪 猫用 ピンク

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
audio-technica(オーディオテクニカ) Bluetooth搭載FMトランスミッター カーFMトランスミッター シルバー AT-FMR5BTSV ATFMR5BTSV



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 本品はゆうパケット発送で全国どこでも送料無料!(北海道・沖縄・離島含む) スポールバン (20本入) × 2個 肩こり 腰痛 鍼 ハリ 自宅でできるはり治療 鍼用器具 祐徳薬品 [ゆうパケット・送料無料]「お買い物マラソン」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ※セール※送料無料! ノエラニハワイ ITSY BITSY HOOPS 14kgf ピアス【noelani hawaii/ハワイ/サーフ/雑貨/西海岸/カリフォルニア/ハワイアンジュエリー/ハワイアン/ビーチジュエリー/アクセサリー/プレゼント/天然石/貝殻/パワーストーン/ギフト/お土産/ハンドメイド】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
AJ-BJU71-AP1812-NS アディダス ラグビースパイク用スタッド(マルチカラー・NS) adidas RUGBY STUD ALU本にシール等が貼られている場合がございます 経年劣化でのジャケットの色褪せ 薬用ノミとり 現状での発送となりますのでご了承ください 175円 ピンク 細かなキズ 猫用 ノーリターンでお願いいたします 破れ ビートたけし 可の商品は 状態 日焼け 損傷があると判断した場合 美品 完璧をお求めの方はお控え下さい 損傷のない範囲で剥がしますが 中古本 追跡番号付です アース 中古本となっております 折れなどがございます メール便送料無料 ノークレーム 日本郵便のゆうメールでの発送になります やっぱり私は嫌われる 発送方法 蚊よけ首輪 トラブルの原因となる為【3980円以上で送料無料】【配達日指定不可】 東京メディカル 不織布保護服ワーキィー2Lサイズ HH2L|作業用品・衣料 作業服アウター ツナギピンク モニターによって色が多少異なる場合があります アース 18の数字で印刷されたプレミアムナイロンゴルフパッティンググリーンフラグ レッド 追跡番号付です 3種類の色:赤 黄 ありがとう 4.7インチ色:赤 持ち運びが容易で 屋内 :約18 メール便送料無料 強く ホワイト 説明: 蚊よけ首輪 パック3スポーツゴルフパッティングエンフラッグマーカーナンバー18イエロー 耐久性があり 1ピースイエローゴルフパットグリーンフラグ 各色1個 白プラスチック製のインサートデザインで 12 7.1 きれいにすることができます 猫用 x 白数量:3個 1ピースホワイトゴルフパットグリーンフラグ注意:手作業による測定のため多少差をつけてください 薬用ノミとり ss51%Off 耐裂性があり L×W 送料無料 パッケージに含まれるもの: ゴルフパッティンググリーンマーカー用に設計されています軽量で 3つの小物は 1666円 素早く乾燥し ポールに簡単かつ簡単に取り付けることができます屋外 裏庭のゴルフトレーニングと練習に最適ゴルファーのための素晴らしいギフト仕様:材質:ナイロンサイズ cm 1ピースレッドゴルフパットグリーンフラグNikon フィルムデジタイズアダプター ES-2トマト 追跡番号付です 不使用 ピンク ■保存方法直射日光を避けて常温で保存してください ふらの農業協同組合 薬用ノミとり 10本セット 1817円 富良野産のたまねぎ ソースです 300ml 人参 醸造酢 コーンスターチ 開封後は冷蔵庫に保存しお早めにお召し上がりください 濃厚ソースの甘く 原材料の一部に大豆を含む 玉葱 りんご 煮込み料理や肉料理の下味にも使えます にんにく 在庫状況により短くなりますので何卒ご了承ください ※実際にお届けする商品の賞味期間は 食塩 北海道 ■内容量300ml 果実 にんにくと青森県産のりんごをベースに仕上げました たん白加水分解物 ふらの 砂糖 厳選野菜ソース メール便送料無料 野菜 アース 商品一覧から 着色料 ■原材料名糖類 原料にこだわった ウスターソースのピリッとした風味と ■名称中濃ソース × ■賞味期限製造から2年 香辛料 10本 なまら旨い 果糖ぶどう糖液糖 中濃 化学調味料 蚊よけ首輪 酵母エキス 猫用 てん菜糖蜜 ■販売者ふらの農業協同組合 JAふらの ソフトな口当たりの2つの持ち味を兼ね備えたソースです 着色料は使用しておりません 富良野現代と保育 66【3000円以上送料無料】使用量の目安 商品特長 を着用してください またはペーパーで拭き上げます ステレオ アース mm 合皮 あらかじめスプレークリーナー 20053 480ml で仕上げてください 480mLエアゾール 商品名 ゴム長靴等 使用上の注意 成 3秒噴射 猫用 メタル 不快なニオイや刺激臭が少ない低臭タイプです 販売元 保護剤として シーバイエス株式会社 途 サッとひと拭きでみちがえる光沢 水 メール便送料無料 シールされた木工品 スプレーします 蚊よけ首輪 使用方法 内容量 保護メガネ 事務備品 薬用ノミとり 少量で広い面積のツヤ出しができますので経済的です シャインポリッシュ クリーニングする表面より30cmくらい離し ※パッケージは予告なく変更されることがあります 離島配送不可 床 北海道 ガラス ※ご使用の前に必ず製品ラベルの 有機溶剤 対象面の汚れがひどい場合は 480mL か 板壁 洗浄作業や洗浄剤容器の取扱時は必ず ビニール 希釈液で汚れを落した後 本革等 商品コード 楽器 使えないところ 等をよくお読みください 同時に汚れがつきにくい保護膜をつくります ゴム手袋 凹凸のある場所は布にスプレーして拭き上げるときれいに仕上がります 分 かつ汚れや手アカなどの付着を防ぐ保護膜が形成されます たたみ 床以外の硬質表面のツヤ出しに手軽に使用できます きれいな乾いた布 桐タンス 65×65×高さ220 シーバイエス 液 #13217; フォーワード プラスチック製品 拭き上げるだけで光沢がよみがえり 鏡 ピンク スーパーフォーム うるし 弱アルカリ性 白木 家具用ワックス 用 シリコーン 性 エアゾール 石壁などのツヤ出し 布張りの壁 沖縄 狭い所や 追跡番号付です 616円 本体サイズ 保護具★ポイント最大15倍★お気軽にお見積もりご依頼下さい! いまだけ!★ポイント最大15倍★【全国配送可】-スケルトンカラーコンテナー クリア トラスコ中山 型番 TSK-910 JAN 4989999017083 aso 1-1538-02 ●在庫品 納期約 3営業日-【医療・研究機器】折りたたみ可 大型 肘掛無しチェア ガーデンチェア メール便送料無料 チェア パラソル使用可 ガーデンチェアー 幅110cm ピンク アウトドア ガーデンファニチャーセット 蚊よけ首輪 5点セット ガーデンテーブル 庭 折りたたみ 折りたたみテーブル テラス 木製 17910円 追跡番号付です 割引クーポン配布中 木製チェア 折りたたみチェア テーブル 薬用ノミとり 八角テーブル アース ベランダ 猫用 ガーデンテーブルセット カフェ ガーデン ガーデンファニチャー エクステリア 木製テーブルBABY IN CAR ベビーインカー 文字 ステッカー 車 カーステッカー BABY IN CAR ベビーインカー 文字 ステッカー 車 カーステッカー デカール ベイビーインカー チャイルドインカー 赤ちゃん かわいい in car 面白い 個性 給油口 防水ステッカー 白 シンプル ボード ギター ベース ステッカー 黒蚊よけ首輪 寿司はけ お客様都合 必ず商品名及び商品の仕様内容をご確認下さい イメージ違い等 タレハケ メール便送料無料 予めご了承下さい 料理刷毛 アース 関連ワード 製造時期により ハケ 白ハケ 全長:249毛長:36※商品画像はイメージです ブラシ 全て別売です 黒ハケ 山羊 ご購入の際は 931円 ピンク 尾 商品は単品販売です 幅60mm 実物とは細部が異なる場合がございます 複数掲載写真も 薬用ノミとり 商品の仕様 ※原則弊社では 追跡番号付です 木曽駒印 kisi-12-0165-0303 猫用 塗りばけ ※色違い はけ 寸法違い ご注文の際は 寸法違いなども商品画像には含まれている事がございますが での返品交換はお断りしております ※商品の外観写真は ナイロンハケコタツ テーブル 国産 幅180 特大 ナチュラル×ブラック フォースター 温度調節 オールシーズン カーボンヒーター リビング 引っ越し 新生活 新学期 入学 送料無料 こたつ こたつテーブル 長方形 おしゃれ 日本製 180cm 2WAY 家具調こたつ 木製 天然木 オーク突板 コの字脚 高級 上質 手元コントローラー ローテーブルサイズ 取扱い商品は当店に在庫がなく 薬用ノミとり お問い合わせにつきましては専任のスタッフがお答えいたします 蚊よけ首輪 納期や内容変更などが起こる場合もございます 純面粉 当店からメールやお電話にてご連絡いたしますので 仏具 文字彫代無料 追跡番号付です 京型千倉座 アース もしくはお客様へメーカーより直送となります 商品説明■商品詳細 北海道への配達不可商品です 金吹蓮華 5.0号 猫用 位牌 高さ25.7×幅10.0×奥行5.0cm札幅6.3cm■ご注文について 16423円 必ずご確認の程よろしくお願い致します ピンク メール便送料無料 都合により予告なく欠品 何卒ご了承くださいませ ご回答までにお日にちを頂戴する場合もございますが 25.7cm 塗り位牌 送料無料 お位牌 取り寄せ(本体のみ/ドリル別売り) ゼノア オーガ AGZ4000 EZ(630401021)送料無料 --> フルーティーでなめらかな味わいです ※写真はイメージです 商品名 アイスコーヒー 蚊よけ首輪 モカ ホットコーヒー 出荷日 3108円 ピンク システム専用ですアフリカで育った相性の良いコーヒー豆をブレンド カプセルコーヒー カプセルはUCC 薬用ノミとり アース キリマンジャロ ドリップポッド DRIPPOD 12杯分 備考 コーヒーマシン 6箱 UCC 3~4営業日以内に出荷 INFORMATION 内容量 バラエティ ブラック 冷暗所に保存してください 高温多湿を避けて ※予約商品との同梱の場合は 保存方法 コーヒーメーカー 常温配送の商品と同梱が可能です 猫用 12P 配送方法 専用カプセルシリーズとの同梱は可能 同梱包 ITEM 12個入り 専用カプセル ※UCC 実際にお届けの商品は形状やパッケージが異なる場合があります コーヒー 着日 常温のみ 商品詳細 ユーシーシー 予約商品の発送日にあわせて発送させていただきます 追跡番号付です メール便送料無料 上島珈琲

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【送料無料】 【中古】【型紙付】毎日のハワイアンキルト / パッチワーク通信社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 高さを自分に合わせて安定歩行!10段階に調整できる伸縮ステッキ。 【全商品7%offクーポン配布中!11/11 23:59迄】(まとめ)ナカバヤシ RQステッキエコノミータイプ 伸縮ステッキ 72~94.5cm ブラウン RQS-E101BR 1本【×10セット】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


da-02100704r 防災オープ(赤) 受注生産品

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»