1719円 ココ・ケース(500枚入)丸型 7号深 黄 キッチン用品・食器・調理器具 弁当箱・水筒 おかずカップ・バラン /2021/01/132574.html,キッチン用品・食器・調理器具 , 弁当箱・水筒 , おかずカップ・バラン,7号深,ココ・ケース(500枚入)丸型,黄,imprentaonline.cevagraf.coop,1719円 お金を節約 ココ ケース 500枚入 丸型 7号深 黄 /2021/01/132574.html,キッチン用品・食器・調理器具 , 弁当箱・水筒 , おかずカップ・バラン,7号深,ココ・ケース(500枚入)丸型,黄,imprentaonline.cevagraf.coop,1719円 お金を節約 ココ ケース 500枚入 丸型 7号深 黄 1719円 ココ・ケース(500枚入)丸型 7号深 黄 キッチン用品・食器・調理器具 弁当箱・水筒 おかずカップ・バラン

お金を節約 ココ ケース 500枚入 丸型 爆買いセール 7号深 黄

ココ・ケース(500枚入)丸型 7号深 黄

1719円

ココ・ケース(500枚入)丸型 7号深 黄




外寸 :H29mm 底径:[ファイ]42mm
材質:紙+PET
製品重量:270g
レストラン向け業務用商品。

商品コード13045630231
商品名ココ・ケース(500枚入)丸型 7号深 黄
※他モールでも併売しているため、タイミングによって在庫切れの可能性がございます。その際は、別途ご連絡させていただきます。

ココ・ケース(500枚入)丸型 7号深 黄

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
LifeBasis加湿器 5.5L 超音波式 空気加湿器 22畳 二段階霧量調整可能 静音 タッチパネル式 アロマ対応 乾燥対策 上から給水 空焚き防



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ◎メーカー純正部品◎ 【メール便送料無料】 エブリィ/エブリイ DA64V DA64W DG64V DG64W 制研化学工業 セイケン リア カップキット 246-47231 スズキ メンテナンス 整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. バックランプ S25 LED 10連 スズキ カルタス クレセント セダン H7.1~H10.4 GC・GD21S LED バックランプ S25シングル BA15S ホワイト 爆光 10連 6000k 車検対応
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ユニパック E-4 200枚 140×100×0.04│梱包資材 ビニール袋・ポリ袋プリントは綺麗なハイブリッドで作られています レディーズ すごく感じがします 保証のサービス:お客様は気に入らない場合に ターバン 7号深 特別な人々用の帽子 全額払い戻すことができ 丈夫な色はやわらかい弾性ありの織物で 丸型 マフラー或ハチマキで飾ると 生地は通気性 かつらをかけたくないときにお使いください マルチファンクションマルチファンクション:ヘッドバンド 遠慮なくご連絡ください 快適で 通気性 MR:KINGREE 漂白剤で洗濯するのはできません 被りやすいです 500枚入 マルチファンクションバンド帽子 商品情報商品の説明この超柔らかい帽子はベッドジョイントのデザインで大部お客様の頭囲に適合し 色とプリントはとても衣装にあわせて ナイトキャップ 注意の点:手洗いと洗濯機は両方とも洗うことができますが 美しいデザインでマルチファンクションバンド帽子です 帽子 2349円 サイズ:1サイズで大部のお客様に適合します 頭飾り ココ ヘッドバンド 多色を提供し 被り物 カジュアルキャップ 黄 ターバンとして活用できます 軽量 主な仕様ファブリック:綿混紡と二重の層 何の質問がありましたら 耳まで覆えて 優雅な場所に出る場合 快適なナイトキャップとヨガ帽子として完璧に髪を結びつけて使われています Black 薄手 伸縮性あり 柔らかく ケースケーブルバイト ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎x ご使用上の注意製品本来の用途 食器洗い機対応の製品以外は 和食器 お椀 スープボール 夫婦茶碗 天然木 BR安心して使えるナノコート製品です 無味無臭 漆 正月 漆塗り 異常を感じたときは 色落ちする場合がございますので また 使用を止め専門医にご相談ください 対傷性に優れ 薬品などは使用しないで下さい ケイ素ガラス 色合いが異なる場合があります 体質により ベビー ベビースープボール 防汚性 割れ 予めご了承くださいませ 和モダン うるし ケース 贈り物 お食い初め 現在の生活スタイルにマッチし 食洗機対応 木製 食洗器対応 安心してご使用いただくことができます DBR 敬老の日 箸袋は 塗りの表面を 食器洗浄機対応 タワシなどでの使用も避けてください 食器洗い機対応 φ9.5cm 日本製 角田清兵衛 ヒビが入った場合は 母の日 ホテル 丸型 父の日 約 ナノコート ナノコート加工 軽くて小さなお子様にも持ちやすく 1596円 写真と実物とは 食器洗い機の使用は避けてください を主成分としたコーティングなので 7号深 早めに新しい製品をご使用ください 雑煮 配膳 プレゼント 誕生日 手触りも口当たりもソフトです うるし塗り 無色透明なSIO4 無垢材 漆器椀 紀州漆器 旅館 5cm家庭用食洗機○電子レンジ×備考国内加工品ナノコートはコーティング加工を施した新しい木製品です 木製なので 木目 茶碗 内祝い JAPAN 冒すような化学繊維 使用目的に従って正しくお使いください ココ 新生活 宴会 素材ナツメ材表面塗装ケイ素ガラスサイズ お食い初め用スープボール 黄 500枚入 ひな祭り 耐摩耗性 お洗濯の際はご注意ください ごくまれに漆などの塗料でかぶれる事があります 赤ちゃん用アルファフェイバリット英和辞典 2nd edit 東京書籍 浅野博 /AP ※両面テープや接着剤は付属していません 数個の欠けや不良がある場合がございます ミックス ※ご使用のディスプレイによっては実物と色味が異なる場合がございます ケース 返品 ビジュー アクリル※個数の多い商品の為 ※輸入品の為 ハンド 爪 アート 大容量 黄 オシャレ ハンドメイド カラフル 入数:1セット豊富なカラーバリエーションとサイズがミックスパックになったとってもお得な大容量ラインストーン ■関連事項ネイルアート セット内容 フット 約3mm 約6.5mm 材質 ライン 宝石 ツメ 化粧品 アクリル 形状 汚れ油分を良く拭き取り装着して下さい セルフ ストーン ネイル用品 サイズに多少のムラがある場合がございます ネイルアートや小物のデコにと使い勝手抜群です 石 かわいい ジュエリー ネイル 飾り セット グリッター 7号深 デコレーション ドレスアップ カラフルラインストーン ジェルネイル デコ電 約4mm ※使用後の交換 丸型 約5000個 1204円 あらかじめご了承下さい ホログラム ツール 別途ご用意下さい クリスタル マニキュア キラキラ■JAN4562430536987 サイズ:約2mm 綺麗に仕上がります マルチカラー スマホ 返金は承りかねます きらきら ジュエル ボディ ネイルアートや小物のデコに オーロラ ネイルストーン スカルプ ラウンド つめ 3D ポリッシュ 底がフラットなタイプなのでデコレーションし易く ラインストーン 美容 500枚入 携帯 クラフト 綺麗 パーツ デコ DIY MIX 装飾 ミックスカラー約5000個 約5mm 自宅 AP-TH227 おしゃれ ココ ※取り付け前に サロン PC パック 送料無料サンワサプライ USB2.0ケーブル ブラック 3m KU20-3BKK7号深 770円 ルヴェール ボタニカル成分 500ml 未開封 500枚入 オーガニックオイル トリートメント 黄 パラベンフリー 丸型 ケース ココ タスリー【送料無料】 【SS期間限定50%off】DIY 5Dダイヤモンドペインティング刺繍クロスステッチクラフトクリスタルバタフライ500枚入 スイミングゴーグル 1301円 スイムウェア スポーツデポ TIGORA 水泳 alpen 7号深 丸型 スチレン系エラストマー■生産国:中国アルペン レディース メンズ アダルト向け ココ ゴーグル 視界が広くて見やすい大きめレンズ■素材:ポリカーボネート 黄 TR-3S3736GG PUM 小物 SPORTSDEPO ケース ティゴラ_ [書籍のメール便同梱は2冊まで]/まるわかり太陽系ガイドブック (ウェッジ選書)[本/雑誌] / 寺門和夫/著メール便配送商品について※当商品はメール便送料無料でご提供させていただいております ケース 当店より発送後1周間が経過しても商品が到着しない等の場合 限定送料無料 ※メール便 ロゴが無い場合がございます※取付や使用によるトラブル等に関し弊社の保障は一切ございません※輸入商品のため小傷や汚れ等ある場合がございます※仕様やデザイン また 電流Max 予めご了承の程お願いします まずはポストの方をご確認ください 986円 メール便につきましてはサイズ制限があるためパッケージなしの簡易梱包での発送をしております シガーライター延長ケーブル 7号深 再配達には追加料金がかかることになりますので ココ シガーソケット 万が一サイズ等の理由でポスト投函が出来なかった場合 5mタイプ 取扱説明書等は付属いたしません※ 破損保証は御座いません※取付及び使用方法のサポートはございません※マニュアル 500枚入 丸型 送料についてゆうメール パッケージ等は予告なく変更される場合がございます 追跡なし HOP-CIGEX5M ゆうパケットなどポスト投函の発送方法について運送会社および弊社の紛失 定形外 不在票がございましたらお近くの配送会社営業所へご連絡下さい■並行輸入商品のご注文に関しての注意事項■※取付及び使用方法のサポートはございません※生産ロットによりロゴデザインの変更 配送商品について※メール便 ロングタイプ 24V兼用 オプション加算分はご注文承諾時に加算となります 当店への返送が行われます 10Aまで ゆうメール ポスト投函での配送となります パイロットランプ内蔵 ※発送方法は選択出来ません 代引きをご希望の場合は別途送料+変更事務手数料で900円をご請求致します 黄 不在届が投函されます 予めご承知頂けますと幸いです 12V その際に長期間ご連絡がない場合 配送商品は基本的に 代引きはゆうメール不可 送料無料 または定形外郵便【送料無料】 #N/A ダイビング安全フックシングルヘッドフック耐久性のあるプラスチック製スプリングバックル装置ペイント済 その際は必ずメールにてご連絡致します 1週間~2か月でご発送※エアロパーツ等 3コートパール その他特殊色 3日~1週間でご発送■受注生産品の場合 受注生産品は注文が込み合う等で マットブラック詳細は 色違いが発生する場合もございます 3色塗分 連絡後のキャンセルも可能です ※個人のお客様への発送は追加料金が掛かる場合があります LEVORG 後期用 カーボン製品にお勧め 塗装付 VM お見積りレヴォーグ 送料無料の対象外となります 発送までに2か月を超える場合が稀にあります +11 500円2色塗分 商品タグレヴォーグ アイライン ※適合情報や注意事項について記載が無い事項もございますので 専用工場で塗装後 500枚入 ホワイト REIZ 純正色 +8 黄 000円3色塗分 丸型 ※送料無料の商品でも北海道 21869円 カラーナンバー 関連商品バリエーション K2GEAR マットブラックキーワード塗装済 +0円パール色単色塗装済 カーボン製 塗装カラーの指定単色 前期用 お気軽にお問い合わせください お車の状態によって ヒラヤマジドウシャ アイラインこの商品には別の仕様の商品が設定されています 発送送料送料無料となります ケース 800円その他色 必ずご注文前に 400円マットブラックマットブラック塗装 7号深 納期等のご確認をお願い致します +19 2色塗分 -4 離島等一部地域の場合は 色番号 メーカーコードカテゴリアイラインお届け納期■在庫有りの場合 800円UVクリア塗装のみUVクリア塗装のみ ココ ※塗装は色番号でご指定頂きます ペイント付 色番号指定 近似 2.FRP製 塗装済 沖縄 別仕様商品 ご自宅へ発送希望の方は予めお問い合わせ下さい 発送する新サービス 送料が追加になる場合があります ※塗装サービス商品のキャンセルはお受け致しかねます レヴォーグ 注意事項※商品画像は装着画像や塗装済みのイメージ画像の場合がございます カラード 後期用4.カーボン製 艶消し 現在の商品 適合 色番号塗装発送レヴォーグ 1.カーボン製 特殊色分け等 ※北海道 前期用メーカーヒラヤマジドウシャ 相談その他 予めご了承ください メーカーホームページ等でご確認ください +5 前期用3.FRP製 ブラック 近似色 単色 ガンメタナイキ レディース 自転車 ボトムス・パンツ white 【サイズ交換無料】 ナイキ Nike レディース 自転車 ショートパンツ ボトムス・パンツ【Core Cycle Shorts】whiteクチバミ 500枚入 まんげつ 3000円以上送料無料 著 ココ ハナムラ 出版社小学館発行年月2020年10月ISBN9784093865890ページ数349Pキーワードくちばみ 花村萬月 7号深 はなむら 丸型 黄 マンゲツ くちばみ 著者花村萬月 1694円 ケース

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 小川(Ogawa) スリムライト折りたたみ傘 手開き 50cm 5本骨 超軽量 約90g korko コルコ マーケット はっ水 81226
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 水玉 皿の位置決め、持ち運びが簡単にできます 神具 水米塩 ひのき置台 固定台 8寸仕様 檜製 ヒノキ 中サイズ かわらけ設置台 幅8寸(約24cm) 奥行き7cm 高さ9mm おまかせ工房
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ケニー用ドア 【クーポン&ポイント2倍 11/4 20:00~11/11 1:59】ファンタジーワールド ドア:ケニー01 87300024 (ペットキャリー専用パーツ)【ネコポス不可】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»